日経新春杯2018データ分析

更新日:


1/14(日)京都11R 日経新春杯のデータ分析です。昨年の覇者ミッキーロケットやこのレース次第でカタール遠征も視野に入れているモンドインテロなどが出走します。


日経新春杯が行われる京都芝2400mは1コーナーまでの距離が長いためペースが落ち着きやすく、スローの上がり勝負になることが多いです。1枠・2枠の成績がよく内を回ってのイン差しが決まりやすいコースです。


日経新春杯のデータ分析

1.人気データ

1番人気   2-4-1-3
2番人気   4-2-0-4
3番人気   1-3-0-6
4番人気   0-0-5-5
5番人気   0-0-0-10
6~9番人気  1-0-2-37
10番人気以下 2-1-2-50

人気通りに好走するケースが多く、4番人気以内で(7-9-6-18)とかなり高い複勝率です。
人気薄で勝ったのは2015年アドマイヤデウス、2013年カポーティスター、2009年テイエムプリキュアの3頭。

2.枠順データ

1枠 4-1-0-10
2枠 1-0-2-12
3枠 1-2-1-12
4枠 1-2-2-12
5枠 1-0-1-18
6枠 1-3-0-16
7枠 0-1-3-17
8枠 1-1-1-18

万遍なく走っていますが特に内枠の成績がいいです。

3.斤量データ

50kg以下 1-0-1-6
51.0kg  0-0-0-4
52.0kg  1-0-3-10
53.0kg  0-1-0-18
54.0kg  1-1-0-28
55.0kg  3-3-0-17
55.5kg  0-0-0-0
56.0kg  2-5-3-17
56.5kg  1-0-1-0
57.0kg  0-0-0-6
57.5kg  0-0-0-3
58kg以上  1-0-2-6

55~56.5kgが好成績。1番人気が予想されるミッキーロケットは昨年の55kg→57.5kg、モンドインテロは昨年の56.5kg→57kgとやや重いハンデを課されました。

55~56.5kgの出走馬

○ロードヴァンドール
○ヒットザターゲット
○ベルーフ

4.馬齢データ

4歳 6-5-2-23
5歳 2-4-5-21
6歳 1-1-3-24
7歳 1-0-0-28
8歳 0-0-0-19

若い馬ほど好走率アップ。これは速い上がりを必要とするコース形態とスローペースになりがちなことも関係してくるようです。

5.コース実績・前走データ

前走の上がり3ハロンタイム

5位以内   9-9-5-48
6位以下   1-1-5-67

○モンドインテロ
○アクションスター
○パフォーマプロミス
○ソールインパクト

前年以降、京都芝2000m以上での3着以内経験

あり  10-7-7-48
なし  0-3-3-67

○ロードヴァンドール
○モンドインテロ
○パフォーマプロミス
○ミッキーロケット

上記のデータで「なし」の馬の前走着順

3着以内  0-3-1-12
4着以下  0-0-2-55

△サンタフェチーフ
△ガンコ
△ソールインパクト
△カラビナ

前年以降のG1、G2で7着以内に入った経験

あり   9-7-7-50
なし   1-3-3-56

○ロードヴァンドール
○モンドインテロ
○トルークマクト
○ミッキーロケット
○ソールインパクト

6.京都2400mの種牡馬データ

左から勝率・複勝率
ディープインパクト 17.8%・41.1%
ハーツクライ    13.4%・34.3%
キングカメハメハ  13.4%・31.3%
ダイワメジャー   37.5%・50.0%

この条件で試行されるレースが少なく参考程度ですが、過去10年ではキングカメハメハ産駒が4勝となっています。唯一不安なのが2400mという距離ですがレース自体がスロー傾向で他に競りかける馬もいなさそうなので気持ちよく逃げられると予想。

日経新春杯のデータ推奨馬

こちらの画像をクリックして頂くと推奨馬が表示されます。PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

推奨馬(ランキング画像クリックで表示)

—————————————
ブログランキング画像をクリックして頂くと上の無料予想をご覧頂けます。

重賞予想は「最強競馬ブログランキング」で公開中

予想印(◎○▲☆△)
最強競馬ブログランキングで公開しています。

最強競馬ブログランキングへ

公開予定時間は金曜12:00~になります。
ブログランキング参加中、クリックして頂けると励みになります。

-重賞データ分析

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.