きさらぎ賞2018データ分析 キャリア1戦ダノンマジェスティは飛ぶ?


2/4(日)京都11R きさらぎ賞(芝1800m)のデータ分析です。皐月賞馬アルアインの全弟で新馬戦を圧勝したダノンマジェスティ、デイリー杯2歳S2着のカツジ、デムーロ騎手騎乗のグローリーヴェイズ。このディープ産駒3頭が人気を集めそうな前評価です。

それでは2018年のきさらぎS(GⅢ)のデータを分析していきたいと思います。


きさらぎ賞が行われる京都芝1800mはスタートから3コーナーまでが約900mと非常に長く、下りからペースが上がるため直線だけで差し切るのは難しく逃げ・先行馬の回収率がいいコースです。ディープインパクト産駒・マンハッタンカフェ産駒が得意としています。
[pc]

◎無料買い目で春のGⅠ8戦6勝!

春のGⅠは8戦中6戦で的中!
桜花賞:3連複14点125.9倍→50,360円
皐月賞:3連複14点91.5倍→36,600円
天皇賞・春:3連複10点135.0倍→67,500円
ヴィクトリアM:3連複13点29.6倍→11,840円
日本ダービー:3連複9点24.8倍→14,880円
安田記念:3連複5点8.4倍→6,720円

実際に配信された無料買い目がコチラです。


いろいろ見てますが 4月からG1連勝してる無料情報は他に見当たりません。
ここの前日夜公開の3連複無料買い目は絶対チェックするべきです。

今週はCBC賞の無料買い目を公開!
推奨は1点4~500円ですが、100円ずつ買っても合計1000円前後に収まるので
少額で楽しむライトユーザーにもお勧めの予想サイトです。
≪毎週土日4レースを無料公開≫

登録馬(オッズは予想)

馬名 オッズ 斤量 芝1800 京都芝
ダノンマジェスティ 2.2 56.0 1-0-0-0 0-0-0-0
グローリーヴェイズ 5.2 56.0 1-0-0-0 0-0-0-0
カツジ 7.0 56.0 0-0-0-0 1-1-0-0
サトノフェイバー 8.1 56.0 0-0-0-0 1-0-0-0
レッドレオン 11.3 56.0 0-0-0-0 1-0-0-0
エポカドーロ 19.9 56.0 0-0-1-0 1-0-1-0
ノーブルカリナン 20.7 54.0 1-0-0-0 0-0-0-0
ニホンピロタイド 20.8 56.0 0-0-0-0 1-0-0-0
オーデットエール 31.0 56.0 0-1-0-0 0-1-0-1
ラセット 40.1 56.0 0-0-0-0 1-1-0-0
スラッシュメタル 50.1 56.0 0-0-0-0 1-0-0-1
メイショウヒサカタ 90.8 54.0 0-0-0-0 0-0-0-0
トーセンスーリヤ 99.6 56.0 0-0-0-1 0-0-0-0
スーサンドン 189.8 56.0 0-0-1-0 0-0-0-0
カクリョウ 204.1 56.0 0-0-0-0 0-0-0-1
[/pc] [nopc]

登録馬(オッズは予想)

馬名 オッズ 斤量 芝1800 京都芝
ダノンマジェスティ 2.2 56.0 1-0-0-0 0-0-0-0
グローリーヴェイズ 5.2 56.0 1-0-0-0 0-0-0-0
カツジ 7.0 56.0 0-0-0-0 1-1-0-0
サトノフェイバー 8.1 56.0 0-0-0-0 1-0-0-0
レッドレオン 11.3 56.0 0-0-0-0 1-0-0-0
エポカドーロ 19.9 56.0 0-0-1-0 1-0-1-0
ノーブルカリナン 20.7 54.0 1-0-0-0 0-0-0-0
ニホンピロタイド 20.8 56.0 0-0-0-0 1-0-0-0
オーデットエール 31.0 56.0 0-1-0-0 0-1-0-1
ラセット 40.1 56.0 0-0-0-0 1-1-0-0
スラッシュメタル 50.1 56.0 0-0-0-0 1-0-0-1
メイショウヒサカタ 90.8 54.0 0-0-0-0 0-0-0-0
トーセンスーリヤ 99.6 56.0 0-0-0-1 0-0-0-0
スーサンドン 189.8 56.0 0-0-1-0 0-0-0-0
カクリョウ 204.1 56.0 0-0-0-0 0-0-0-1
[/nopc]

今回は3歳馬のレースなのでコース適性や距離適性は未知の部分が多いですが、過去10年はディープインパクト産駒の4勝を始め1着はサンデーサイレンス系だけとなっています。ダノンマジェスティは和田騎手が騎乗停止となり松若騎手に乗り替わり。昨年アメリカズカップでこのレースを制覇している松若騎手×音無調教師です。

きさらぎ賞 傾向データ分析

人気データ

・1番人気 4-3-0-3
・2番人気 1-2-4-3
・3番人気 1-0-2-7
・4番人気 0-2-0-8
・5番人気 1-2-0-7
・6-9人気 3-1-3-30
・10-人気 0-0-1-15

1、2番人気が堅いレースです。人気薄が好走することもありますが1着となった3頭は2017年アメリカズカップ、2013年タマモベストプレイ、2008年レインボーペガサスの3頭で共通点はサンデー系、栗東所属、2勝馬となっていました。今年はそもそも2勝馬自体がメイショウヒサカタのみ、しかもダート馬で芝コースは初めてと何とも言えない出走馬ばかりです。

1.2番人気が予想される馬
○ダノンマジェスティ
△カツジ
△グローリーヴェイズ

ダノンマジェステはィ恐らく1番人気は間違いないと思われますが、カツジとグローリーヴェイズのどちらが2番人気になるのか注目ですね。

キャリアデータ

・1戦 0-0-0-8
・2戦 4-3-0-12
・3戦 3-4-5-9
・4戦 2-2-3-15
・5戦 0-1-2-5
・6戦 1-0-0-8
・7戦以上 0-0-0-16

キャリア1戦で臨んだ馬は全て4着以下に敗退しています。その中でも3番人気以内に推されながら敗退した馬は下の3頭。1番人気に推されながら大敗したリグヴェーダも入っています。サンプル数が少ないためあっさりダノンマジェスティが勝つ可能性もありますが、やや気になるデータです。

・2015年ロワアブソリュー(3番人気/7着)
・2012年リグヴェーダ(1番人気/8着)
・2010年インペリアルマーチ(3番人気/4着)

キャリア1戦
×サトノフェイバー
×ダノンマジェスティ
×レッドレオン

キャリア2~4戦
○エポカドーロ
○オーデットエール
○カツジ
○グローリーヴェイズ
○スラッシュメタル
○トーセンスーリヤ
○ノーブルカリナン
○メイショウヒサカタ
○ラセット

キャリア5戦以上
×カクリョウ
×スーサンドン
×ニホンピロタイド

所属データ

・美浦 1-1-1-4
・栗東 9-9-9-69

美浦所属の牡馬は翌週の共同通信杯に向かうことが多いため、出走数自体が少ないものの特に割引ではありません。

枠順データ

・1枠 1-1-0-8
・2枠 1-2-0-8
・3枠 2-1-2-6
・4枠 0-1-2-9
・5枠 1-2-0-10
・6枠 1-1-1-11
・7枠 2-1-3-9
・8枠 2-1-2-12

スタート後、3コーナーまで長い直線が続くため枠順の有利不利はほぼありません。今年は15頭が登録していますが例年小頭数になることが多く、枠順で判断するのは難しいです。

馬番データ

・01番 1-1-0-8
・02番 1-2-0-7
・03番 2-1-2-5
・04番 0-1-2-7
・05番 0-2-0-8
・06番 1-0-0-9
・07番 2-1-1-6
・08番 0-0-0-9
・09番 2-0-2-4
・10番 0-0-2-3
・11番 0-1-0-3
・12番 0-1-0-2
・13番 0-0-1-1
・14番 0-0-0-1
・15番 1-0-0-0
・16番 0-0-0-0
・17番 0-0-0-0
・18番 0-0-0-0

・奇数枠 8-6-6-35
・偶数枠 2-4-4-38

通常、枠入りが先になる奇数枠よりも後入れとなる偶数枠の方がゲート内で待たされることがないため若干有利と見られることが多いのですが、きさらぎ賞に限っては奇数枠が非常にいい成績です。

きさらぎ賞 近走データ分析

前走クラスデータ

・重賞 4-0-4-24
・OP特別 2-0-0-8
・500万 3-8-3-25
・未勝利 1-2-3-8
・新馬 0-0-0-8

前走500万、未勝利からでも馬券になっています。前走重賞・OP特別組は前走3番人気か3着以内でプラス評価。500万組は2番人気以内か3着以内が目安。未勝利組は前走1着は当然として1番人気以外は切り。特に500万以上のクラスで3番人気以内に押されていた馬は好走率アップ。

前走重賞・OP特別組
○カツジ(4番人気/2着)
△スラッシュメタル(11番人気/8着)

前走500万組
×オーデットエール(6番人気/5着)
×カクリョウ(9番人気/10着)
○グローリーヴェイズ(2番人気/2着)
×スーサンドン(8番人気/7着)
×トーセンスーリヤ(7番人気/4着)
△メイショウヒサカタ(5番人気/1着)

前走新馬・未勝利組
×エポカドーロ(4番人気/1着)
×サトノフェイバー(2番人気/1着)
○ダノンマジェスティ(1番人気/1着)
×ニホンピロタイド(4番人気/1着)
×ノーブルカリナン(3番人気/1着)
×ラセット(2番人気/1着)
○レッドレオン(1番人気/1着)

前走距離データ

・1400m以下 0-0-0-7
・1600m 3-0-5-22
・1800m 1-6-2-19
・2000m 6-4-3-24

前走2000mからの距離短縮組が好成績。1400m以下は3着以内がないため軽視でいいでしょう。1600m組と1800m組では勝率は1600m、連対率は1800m組。馬単や三連単のフォーメーションで迷った時には前走距離からチェックするのもいいかと思います。

前走2000m
○オーデットエール
○サトノフェイバー
○スラッシュメタル

前走1400m以下
×カクリョウ
×メイショウヒサカタ

4着以下に敗れた経験

過去10年の3着以内30頭24頭は、GⅠ・GⅡ・新馬戦以外では4着以下に敗れておらず、該当する馬の3着内率は50%以上と優秀な数字となっています。

GⅠ・GⅡ・新馬戦以外で4着以下に敗れたことのない馬
※1戦1勝の馬は除く

○エポカドーロ
○カツジ
○グローリーヴェイズ
○ノーブルカリナン
○ラセット

500万以上のクラスでの連対経験

過去5年の3着以内のべ15頭中13頭は、JRAの500万以上のレースで連対経験のある馬でした。

500万以上での連対経験
○オーデットエール(萩S2着)
○カツジ(デイリー杯2歳S2着)
○グローリーヴェイズ(こうやまき賞2着)

上がり3ハロンで(推定)1位になった経験

過去5年の3着以内のべ15頭は、いずれもJRAのレースで上がり3ハロンのタイム(推定)が1位になった経験がある馬でした。スピードの出やすい京都コースのため末脚のキレは重要です。

上がり3ハロン1位の経験
○オーデットエール
○カツジ
○グローリーヴェイズ
○スーサンドン
○ダノンマジェスティ
○ノーブルカリナン
○ラセット

デビュー戦1着

2011年以降の過去7回において、1着になった馬はいずれもデビュー戦を勝利していました。前走のみではなく新馬戦を勝利しているかに注目です。

デビュー戦を勝利した馬
※1戦1勝の馬は除く

○オーデットエール
○カツジ
○グローリーヴェイズ
○スーサンドン
○スラッシュメタル
○メイショウヒサカタ

◎重賞の無料買い目ならこのサイト

▼6/13~14の的中実績
灘S:3連単543,0800円(12点)
八王子特別:3連単1,054,050円(16点)
ジューンS:3連単2,534,320円(12点)
三浦特別:3連単1,954,080円(8点)
駒ヶ岳特別:3連単350,940円(8点)

雨の影響もあり波乱が目立った先週(6/13~14)。
3連単63万馬券のジューンSをはじめ帯封、高配当連発!

このキャンペーン情報の他に無料予想が毎週土日4鞍配信されます。

◆昨年に引き続き無料買い目でダービー的中!

10番人気ヴェルトライゼンデを買い目に入れる見事な予想。
負けない買い方がこのサイトの魅力です。

▼直近の無料買い目
安田記念:3連複4,200円
日本ダービー:3連複12,400円
ヴィクトリアマイル:3連複14,800円
青葉賞:3連複10,950円
フローラS:3連複62,300円
日経賞:3連複39,900円
などを的中させています。

毎週2レース無料買い目を公開中!
ここの無料予想はチェックする価値があります◎

無料メール登録のみでOKです。

きさらぎ賞 全頭評価(A~D)

ブログランキング画像クリックで空白部分が表示されます。PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

ランキング画像クリックで表示


—————————————
ブログランキング画像をクリックして頂くと空白部分が表示されます。

テキストのコピーはできません。