クイーンC2018データ分析 芦毛&早生まれが好成績!

更新日:


2/12(月)東京11R クイーンCのデータ分析です。阪神JF3着のマウレア、キャリア1戦でシンザン記念2着に好走したツヅミモン、ステファノスの全妹フィニフティなどが出走を予定しています。

━【PR】━━━━━━━━━━━━━━━━
高配当も無料予想も的中させる「みんなの万馬券」

夏競馬で「高配当」そして「無料予想」でも的中を出しているのが「みんなの万馬券
確かなデータをプロ集団が細かく精査していて毎週のように的中を積み上げています。



自由に使えるお金が欲しい!!
そんな気持ちを形にしてくれるのが「みんなの万馬券」です。

サイトを今すぐ見に行く!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

それでは2018年のクイーンC(GⅢ)のデータを分析していきたいと思います。


クイーンCが行われる東京芝1600mはスピード、スタミナ、底力が問われるため中距離を得意とする馬が好走しやすいコースです。差し・追い込みも届きますが開幕週に近いほど前が止まらず逃げ・先行馬が好走しやすい傾向にあります。
[blogcard url=” https://navi-keiba.com/2018/02/04/東京芝1600mの傾向/”]  


登録馬(オッズは予想)

 

馬名 オッズ 斤量 芝1600 東京芝
マウレア 3.3 54.0 2-0-1-0 2-0-0-0
ツヅミモン 5.4 54.0 1-1-0-0 0-0-0-0
オハナ 6.8 54.0 2-0-0-0 1-0-0-0
フィニフティ 7.9 54.0 1-0-0-0 0-0-0-0
テトラドラクマ 9.5 54.0 1-1-0-1 1-1-0-0
ソシアルクラブ 13.0 54.0 1-0-0-1 0-0-0-0
モデレイト 15.7 54.0 0-0-0-1 0-1-0-0
レッドベルローズ 19.0 54.0 1-0-1-0 1-0-0-0
アルーシャ 23.0 54.0 1-1-0-0 0-1-0-0
ライレローズ 26.8 54.0 1-1-0-1 1-1-0-0
ミュージアムヒル 28.3 54.0 1-3-0-0 0-3-0-0
ナラトゥリス 29.6 54.0 0-0-1-0 0-0-1-0
テンワールドレイナ 31.8 54.0 1-0-0-0 0-0-2-1
キャッチミーアップ 33.0 54.0 0-0-1-0 0-0-0-0
ロフティフレーズ 35.0 54.0 1-0-0-0 0-0-0-0
ハーレムライン 36.9 54.0 1-0-1-1 0-0-0-0
ハトホル 39.0 54.0 0-0-0-2 1-0-0-0
シャドウアイランド 40.5 54.0 0-0-0-0 1-1-1-0
アトムアストレア 55.0 54.0 0-0-0-0 0-0-0-0
ファストライフ 60.6 54.0 0-0-0-0 1-0-0-0
マルターズルーメン 69.8 54.0 1-0-3-0 0-0-3-0
カレンシリエージョ 77.0 54.0 0-0-0-0 0-0-0-0
セイウンリリシイ 83.8 54.0 0-0-0-0 0-0-0-1

阪神JFで3着のマウレアが1番人気になることが予想されますが、新馬戦→赤松賞と東京マイルを連勝していてコース適性は問題なし。ツヅミモンはシンザン記念でアーモンドアイの2着で今回デムーロ騎手に乗り替わり。この2頭が人気を集めそうです。

テトラドラクマは前走フェアリーSは1番人気を背負いながら6着と敗れましたが、東京マイルの未勝利戦を5馬身差で圧勝しており東京コースに戻る今回は期待大。他にもステファノスの全妹フィニフティ、ブエナビスタの娘ソシアルクラブがその血統背景から上位人気が予想されます。

2連勝中のオハナは出走回避情報もありましたが出走が決定しました。祖母は先月亡くなった名牝ノースフライトでそのドラマ性も相まって人気を集めそうです。

クイーンC 傾向データ分析

人気データ

・1番人気 5-1-1-3
・2番人気 3-1-3-3
・3番人気 0-3-0-7
・4番人気 2-0-2-6
・5番人気 0-2-1-7
・6番人気 0-0-2-8
・7番人気 0-1-0-9
・8番人気 0-1-2-7
・9番人気 0-0-0-10
・10-人気 0-1-0-67

1番人気、2番人気に推された馬は非常に堅実です。過去10年1着馬は4番人気以内となっており単勝オッズでは15倍以内に収まっています。2、3着馬には人気薄が入ることもありますが、9番人気以下で(0-1-0-77)となっており基本的には8番人気以内の組み合わせが無難です。

1~2番人気以内が予想される馬
○マウレア
○ツヅミモン

所属データ

・美浦 7-8-6-95
・栗東 3-2-4-24

基本的に関東馬の出走が多いので関東馬が中心になります。関西馬は4番人気以内が好走の目安。5番人気以下ではほぼ馬券外。例外として新馬勝ちから臨んできた馬は3着以内に入った事もあります。

5番人気以下が予想される関西馬
△フィニフティ
△ソシアルクラブ
×カレンシリエージョ
×キャッチミーアップ

ソシアルクラブ、フィニフティは微妙な所。当日4番人気以内に入れば買い、5番人気以下ならデータ的には消し。フィニフティは前走新馬勝ちなので人気に関わらず好走の可能性はありますが、4番人気以内に入ればより買いやすいデータです。

キャリアデータ

・1戦 0-1-2-10
・2戦 3-1-2-15
・3戦 4-3-2-18
・4戦 1-4-2-25
・5戦 1-1-1-18
・6戦 0-0-1-17
・7戦 1-0-0-11
・8戦以上 0-0-1-13

キャリア2~3戦が複勝率では一歩リード。キャリア1戦、4~5戦でも馬券内に来ることはありますがキャリア6戦以上は割引。また前走ダートは3着以内はありません。キャリア7戦で勝利したのは2009年ディアジーナ。7戦中6戦で3着以内と安定感のある馬でした。

キャリア2、3戦
○アルーシャ
○オハナ
○シャドウアイランド
○ソシアルクラブ
○ツヅミモン
○ナラトゥリス
○ハトホル
○マウレア
○ライレローズ
○レッドベルローズ
○ロフティフレーズ

キャリア1、4~5戦
△カレンシリエージョ
△キャッチミーアップ
△テトラドラクマ
△テンワールドレイナ
△ハーレムライン
△フィニフティ
△マルターズルーメン
△ミュージアムヒル
△モデレイト
×アトムアストレア(前走ダート)

キャリア6戦以上
×セイウンリリシイ
×ファストライフ

枠順データ

・1枠 0-2-1-16
・2枠 0-1-3-16
・3枠 4-1-1-13
・4枠 0-0-0-20
・5枠 3-2-2-13
・6枠 1-2-1-16
・7枠 0-1-3-16
・8枠 2-1-0-17

馬番データ

・01番 0-0-1-9
・02番 0-2-1-7
・03番 0-0-2-8
・04番 0-2-0-8
・05番 0-0-0-9
・06番 4-0-1-5
・07番 0-0-0-10
・08番 0-0-0-10
・09番 3-1-0-6
・10番 0-1-2-7
・11番 1-1-1-7
・12番 0-1-1-8
・13番 0-0-0-10
・14番 0-1-2-7
・15番 2-1-0-7
・16番 0-0-0-9

・奇数枠 6-3-4-66
・偶数枠 4-7-7-61

コース的には内外の有利不利は少ないですが、なぜか3枠と5枠が好成績です。逆にその間に挟まれた4枠が3着以内が1回もなしとなっていたりとオカルト要素もありますが基本的には枠順でそこまで割引く必要はありません。

脚質データ

・逃げ 1-0-1-8
・先行 5-2-3-28
・差し 4-5-4-46
・追込 0-3-3-45

先行・差しが中心になり、長い直線とは言っても極端に後方からになると良くて2着まで。今回の登録馬の中ではセイウンリリシイ、シャドウアイランド、ツヅミモンあたりが先頭集団か。中団からレースを進める馬が多そうなのでペースや上がり3Fにも注目です。

クイーンC 近走データ分析

前走クラスデータ

・GⅠ 3-4-2-12
・GⅡ 0-0-1-0
・GⅢ 3-2-4-22
・OP特別 0-1-1-17
・条件戦 4-1-1-37
・未勝利 0-1-0-21
・新馬戦 0-1-2-10

前走重賞・条件戦組が馬券に絡みやすい一方でOP特別組はやや苦戦。新馬・未勝利からは最高でも2着というデータです。オープンクラスでは阪神JF、フェアリーSからが好成績。500万では菜の花賞からが馬券に絡みやすいです。

前走人気・着順データ

・前走勝利  5-2-3-49
・負0.0秒  3-0-2-3
・負0.1-0.2 2-4-2-11
・負0.3-0.5 0-4-1-24
・負0.6-0.9 0-0-2-17
・負1.0以上 0-0-1-21

前走のクラスは関係なく、1着候補は前走勝ちか0.2秒差以内の負けまで。馬券内になると0.5秒以内の負けまでは買えますが0.6秒以上の負けになると買いづらいデータです。前走0.6秒以上のタイム差から巻き返したのは下記の3頭

・2015年ロカ(阪神JFで1.0秒差8着)
・2009年エイブルインレース(京王杯2歳Sで0.6秒差6着)
・2008年ラルケット(阪神JFで0.7秒差10着)

前走阪神JFであればタイム差不問です。

前走距離データ

・1200m 0-1-0-13
・1400m 0-0-1-16
・1600m 7-9-9-86
・1800m 0-0-1-7
・2000m 3-0-0-4

前走1600m以上が好成績

・同距離 7-9-9-86
・距離延長 0-1-1-30
・距離短縮 3-0-1-11

前走距離はほぼ1600m以上。1400m以下の馬は基本的には切って構いません。以上のデータを前走重賞・OP特別組と前走条件戦組に当てはめると下記のようになります・

前走重賞・OP特別

前走人気
・1番人気 1-1-3-8
・2番人気 2-0-2-4
・3番人気 0-1-0-8
・4番人気 1-0-0-1
・6-9人気 1-3-1-4
・10-人気 0-0-1-20

前走着順
・1着 1-0-1-7
・2着 3-2-2-6
・3着 1-1-1-4
・4着 1-1-1-4
・5着 0-1-0-6
・6-9着 0-2-2-19
・10-着 0-0-1-11

前走オープンクラスだった場合は10番人気以内、10着以内が目安。より好走率が上がるのは前走4着以内です。

前走重賞・OP特別組
○ソシアルクラブ(阪神JF・5番人気/8着・1.0秒差)
○ツヅミモン(シンザン記念・7番人気/2着・0.3秒差)
△テトラドラクマ(フェアリーS・1番人気/6着・0.5秒差)
△ハトホル(フェアリーS・14番人気/4着・0.4秒差)
◎マウレア(阪神JF・4番人気/3着・0.2秒差)
△ライレローズ(フェアリーS・4番人気/7着・0.6秒差)
○レッドベルローズ(フェアリーS7・番人気/3着・0.2秒差)

マウレアは人気・着順・タイム差共に問題なし。ツヅミモンは0.1秒の差ではありますが過去10年1着がない0.3秒差とややマイナス。テトラドラクマ、ライレローズは東京コースでの実績からある程度の人気にはなりそうですが2.3着付けで買うのがいいかもしれません。

前走条件戦

前走人気
・1番人気 2-1-2-10
・2番人気 0-0-0-16
・3番人気 1-1-0-10
・4番人気 0-0-0-5
・5番人気 0-0-0-4
・6番人気以下 1-1-1-23

前走着順(新馬・未勝利除く)
・1着 4-0-0-11
・2着 0-1-0-2
・3着 0-0-1-5
・4着 0-0-0-2
・5着 0-0-0-4
・6着以下 0-0-0-13

前走500万組からは1着なら期待できますが今年は1頭もいません。2~3着はデータは少ないですが可能性としては多少あり。

前走条件戦組
×アトムアストレア(新馬・9番人気/1着)
△アルーシャ(未勝利・1番人気/1着)
○オハナ(菜の花賞・1番人気/1着)
×カレンシリエージョ(福寿草特別・4番人気/8着・0.9秒差)
×キャッチミーアップ(500万・6番人気/3着・0.4秒差)
△シャドウアイランド(未勝利・1番人気/1着)
×セイウンリリシイ(500万・4番人気/5着・0.1秒差)
△テンワールドレイナ(未勝利・2番人気/1着)
×ナラトゥリス(赤松賞・5番人気/3着・0.1秒差)
×ハーレムライン(未勝利・4番人気/1着)
×ファストライフ(春菜賞・7番人気/6着・0.7秒差)
△フィニフティ(新馬・1番人気1着)
×マルターズルーメン(未勝利・5番人気1着)
×ミュージアムヒル(春菜賞・2番人気/2着・0.1秒差)
△モデレイト(つわぶき賞・7番人気/2着・0.2秒差)
△ロフティフレーズ(新馬・3番人気/1着)

オハナは500万を1番人気で1着と好走条件に合致。新馬戦を勝ったフィニフティ、ロフティフレーズは人気を考慮するとフィニフティのみ可能性がありそうです。他には前走を評価できる馬があまりおらず、ミュージアムヒルモデレイトはオッズ次第で紐に加えてもいいのですが前走1400mが割引要素。それならアルーシャ、テンワールドレイナ、ハーレムラインなどの未勝利で強い勝ち方をした馬を買うのもアリです。

早生まれの馬に注目

3歳牝馬同士の一戦となるからかクイーンCでは早生まれ・特に1月生まれの馬が好走傾向です。優勝馬10頭中9頭が3月までに生まれた馬となっており、唯一の例外ディアジーナは2歳6月デビュー、キャリア7戦としっかりレースを使われていました。

・1月 3-1-1-6
・2月 2-3-3-21
・3月 4-1-3-40
・4月 0-3-2-37
・5月以降 1-2-2-23

1月生まれの馬
◎ソシアルクラブ
◎マルターズルーメン

2.3月生まれの馬
○アルーシャ
○オハナ
○カレンシリエージョ
○キャッチミーアップ
○ツヅミモン
○テトラドラクマ
○テンワールドレイナ
○ナラトゥリス
○ハーレムライン
○フィニフティ
○マウレア
○ミュージアムヒル
○モデレイト
○レッドベルローズ

上位人気になりそうな中ではライレローズが4/28生まれ、勝率が高い1月生まれにはソシアルクラブ、マルターズルーメンの2頭が該当しました。

毛色に注目

オカルトデータになりますがクイーンCでは芦毛馬の成績が良く、反対に最も出走馬が多い鹿毛は2、3着は多いものの1着は1頭もいないというデータがあります。

・鹿毛 0-5-8-61
・栗毛 3-2-1-24
・芦毛 3-2-0-6
・黒鹿毛 3-1-1-16
・青鹿毛 0-0-1-15
・その他 1-0-0-5

芦毛の馬
○フィニフティ
○アルーシャ

この2頭が芦毛です。有力馬の毛色は次の通りです。

・マウレア 鹿毛
・ツヅミモン 黒鹿毛
・オハナ 青鹿毛
・テトラドラクマ 鹿毛
・ソシアルクラブ 栗毛
・モデレイト 鹿毛
・レッドベルローズ 青鹿毛
・ライレローズ 黒鹿毛

他にマイナスデータがほぼ無かったマウレアが鹿毛と最後の最後で微妙なデータが現れました(笑)

データ分析は以上です。
枠順確定前の全頭のデータ分析は下の結果になりました。

クイーンC 全頭評価(A~E)

ブログランキング画像クリックで空白部分が表示されます。PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

ランキング画像クリックで表示


—————————————
ブログランキング画像をクリックして頂くと空白部分が表示されます。

重賞の予想印(◎○▲☆△)
最強競馬ブログランキング
で公開しています。


最強競馬ブログランキングへ
公開予定時間は金曜12:00~になります。

応援クリックよろしくお願いします♪

競馬ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

人気・指数共に1位の馬が来ない札幌記念!今年は果たして・・・

来週は8月唯一のG2そして高額賞金のレース「札幌記念」が行われます。
昨年は20万間馬券となった札幌記念。
昨年1着のサクラアンプルールは5枠9番に入りました。連覇なるか!?
重賞勝ち馬10頭が出走する札幌記念は注目が集まりますね。

夏競馬は荒れる傾向にある中、今シーズンは割りと順当な結果が多いと感じます。
それでもなかなか読みにくいのが夏競馬。

そんな中、指数を使って4週連続、指数上位馬による的中を出しているサイトがあります。
そうです!いつも紹介している「うまとみらいと」の「うまコラボ」です。



先週の3連単的中率は58.3%!!
夏競馬でものすごい数字を叩き出しています!

今すぐこのデータを活用しに行く!

そこで、札幌記念の過去4年分の指数を調べてみました。
昨年は荒れましたが、それ以外は指数上位馬は2頭以上絡んできています。
2015年も20万越えでしたが見事指数値30以下の馬で決着しました。



< 注目ポイントです! >
①指数上位6頭は頭にいれる。
②赤文字30以下の馬も注目!(指数順位が7位以下でも赤文字は要チェック!)
③過去データをあてはめる。(札幌記念は過去オッズ、指数共に1位の馬は未勝利)
④運営者北条氏のブログで指数解説を見る。無料登録すれば毎週日曜日に見れます。

無料登録して札幌記念の指数データをチェックしましょう!

登録すれば「競馬の殿堂」「Hit Make」で「北九州記念」の情報を無料で見れます!
うまとみらいとなら豊富な無料情報で週末のレースをほぼ全て楽しめるのでおススメです。
札幌記念の指数を見に行く!

無料予想の的中が止まることを知らない!「匠の技×最新ロジック」

夏競馬でも安定して的中を積み重ねているのが「俺の競馬
知ってます?熱いサイトで人気沸騰中です!


一番の人気が「俺の無料
そうです!無料情報が毎週のように的中しているんです。
その的中と共に豊富な有料メニューでは万馬券をバシバシ提供するという
まさに「匠の技×最新ロジック」の為せる技でしょう。

俺の無料を見に行く!

高配当も無料予想も的中させる「みんなの万馬券」

夏競馬で「高配当」そして「無料予想」でも的中を出しているのが「みんなの万馬券
確かなデータをプロ集団が細かく精査していて毎週のように的中を積み上げています。


自由に使えるお金が欲しい!!
そんな気持ちを形にしてくれるのが「みんなの万馬券」です。

サイトを今すぐ見に行く!

札幌・新潟・小倉のメインレース全て的中!

毎週のように高配当がズラッと並ぶ「HIT THE MARK
先週は何と3会場メインレース全て的中!


「 HIT THE MARK=的中 」
今週末はHIT THE MARKと叫びましょう!

札幌記念で叫びに行く

-重賞データ分析

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.