フェブラリーS2018データ分析 大型馬&若い馬が抜群の成績!

更新日:


2/18(日)東京11R フェブラリーSのデータ分析です。昨年の春秋統一ダート王者ゴールドドリーム、チャンピオンズC2着のテイエムジンソク、前走根岸Sで2年以上振りの勝利を挙げたノンコノユメなどが出走を予定しています。

━【PR】━━━━━━━━━━━━━━━━
こちらは、2016年のアイビスサマーダッシュの指数及び結果一覧と過去4年のデータです。

うまコラボは、指数上位6頭を推奨しています。
2016年の結果は…指数順位3位までの馬で決着しています。
指数上位馬と数値が30以下の馬は要注目ですよ。

うまとみらいとは、3つのコンテンツであなたの競馬ライフを全力サポート!


あなたの競馬のみらいは「うまとみらいと」にあります。

無料登録するとアイビスサマーダッシュの指数データが見れます。
週末は指数を見まくってアイビスサマーダッシュを取りましょう!

ー指数サイトを見るー
メールアドレスを登録してリターンメールクリックするだけ!
迷惑メールフォルダに入ってたりするので良くチェックしてください!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


フェブラリーSが行われる東京ダート1600mはスタート後芝コースを横切ってダートコースに入ります。そのため外枠の方がダッシュがつきやすく有利な傾向があります。スピードが出易いコーナーなのでダート戦にしては差し・追い込みが決まりやすくクラスが上がるほど逃げ・先行馬が残りにくいコースです。


登録馬(単勝オッズは予想)

馬名 単勝 ダ1600 東京ダ
テイエムジンソク 2.7 0-0-0-0 0-0-0-0
ゴールドドリーム 3.4 3-1-0-1 3-1-0-0
サンライズノヴァ 6.5 2-0-0-1 3-1-0-1
ノンコノユメ 7.8 4-1-1-3 5-1-1-2
ケイティブレイブ 12.4 0-0-1-2 0-0-1-2
アウォーディー 23.0 0-0-0-0 0-0-0-0
サウンドトゥルー 28.9 3-1-4-6 4-3-5-7
レッツゴードンキ 33.9 0-1-0-0 0-0-0-0
インカンテーション 36.6 1-2-0-2 1-1-0-2
ロンドンタウン 37.8 0-0-0-2 1-0-0-3
ベストウォーリア 70.4 5-4-3-5 3-3-2-3
キングズガード 80.9 0-0-1-3 0-1-1-5
ニシケンモノノフ 88.9 0-0-0-5 0-1-0-5
メイショウスミトモ 99.8 0-0-0-3 0-0-0-4
ララベル 102.5 3-3-0-0 0-0-0-0
ノボバカラ 146.6 2-4-1-5 2-3-2-7

テイエムジンソク、ゴールドドリームが人気を集めそうですがテイエムジンソクは初の東京コース。昨年のチャンピオンズCでも左回りを不安視されながら差のない2着に粘っているのでマイナス要素とは言えませんが逆に東京コースで実績のあるゴールドドリームと比べると不安要素もあります。他に東京を得意としているのはノンコノユメ、サンライズノヴァ、ベストウォーリアあたり。ケイティブレイブ、アウォーディーは地方では実績がありますが中央ではどうか。

フェブラリーS 傾向データ

人気データ

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 4-1-3-2 40.0% 80.0%
2番人気 2-1-2-5 20.0% 50.0%
3番人気 1-2-2-5 10.0% 50.0%
4番人気 0-1-1-8 0.0% 20.0%
5番人気 0-3-0-7 0.0% 30.0%
6番人気 1-0-0-9 10.0% 10.0%
7番人気 1-1-2-6 10.0% 40.0%
8番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0%
9番人気 0-1-0-9 0.0% 10.0%
10-人気 1-0-0-68 1.4% 1.4%

1~3番人気に推された馬を中心に基本的には固い決着となることが多いです。2014年こそコパノリッキーの激走によって高配当になりましたが、7番人気以内を抑えておけば比較的取りやすいレースです。単勝オッズでは30倍以内が3着以内の目安。2012年1着のテスタマッタ、2009年1着のサクセスブロッケンは共に単勝オッズは20倍以上でした。また、過去10年単勝オッズが2.0~2.9倍の馬は5頭いましたが(2-1-2-0)の複勝率100%。

今回はテイエムジンソク、ゴールドドリームの2頭は3番人気以内が濃厚ですがあと1頭が微妙なところです。ノンコノユメ、サンライズノヴァ、ケイティブレイブが3~5番人気でしょうか。

3番人気以内が予想される馬
○テイエムジンソク
○ゴールドドリーム
△ノンコノユメ
△サンライズノヴァ
△ケイティブレイブ

馬齢データ

馬齢 着度数 勝率 複勝率
4歳 4-3-1-28 11.1% 22.2%
5歳 4-2-4-17 14.8% 37.0%
6歳 2-1-3-32 5.3% 15.8%
7歳以上 0-4-2-52 0.0% 14.3%

4歳~6歳馬が中心で特に5歳馬が好走傾向。これは芝スタートとなりテンのスピードも要求される点も関係するためでしょうか。7歳以上になると3着には入ることはあっても頭では買えません。ゴールドドリームはデータ的に後押しのある5歳馬。中央ダートGⅠを3連勝となるとトランセンド以来の快挙。トランセンドはJCD→フェブラリーS→マイルCS南部杯(東京開催)→JCDと実質4連勝でした。

5歳馬
○ケイティブレイブ
○ゴールドドリーム
○ロンドンタウン
4歳馬
△サンライズノヴァ

性別データ

性別 着度数 勝率 複勝率
牡・セン 10-10-10-120 6.7% 20.0%
0-0-0-9 0.0% 0.0%

チャンピオンズCはサンビスタが勝利したこともありますがフェブラリーSでは牝馬は苦戦。今回牝馬の出走はララベル、レッツゴードンキの2頭。

牝馬
×レッツゴードンキ
×ララベル

所属データ

所属 着度数 勝率 複勝率
美浦 0-2-1-23 0.0% 11.5%
栗東 10-7-9-100 7.9% 20.6%

関東馬は割引。過去10年3着以内に入ったのは2016年ノンコノユメ(1番人気/2着)、2009年カジノドライヴ(3番人気/2着)、2008年ワイルドワンダー(3番人気/3着)の3頭。人気サイドでないと厳しくサウンドトゥルー、ノボバカラは消しか。ノンコノユメは人気次第では可能性アリ。

関東所属馬
×サウンドトゥルー
×ノボバカラ
×ノンコノユメ

枠順データ

枠順 着度数 勝率 複勝率
1枠 1-0-1-18 5.0% 10.0%
2枠 3-2-1-14 15.0% 30.0%
3枠 0-1-2-17 0.0% 15.0%
4枠 0-1-0-19 0.0% 5.0%
5枠 0-2-4-13 0.0% 31.6%
6枠 1-0-1-18 5.0% 10.0%
7枠 2-3-0-15 10.0% 25.0%
8枠 3-1-1-15 15.0% 25.0%

馬番データ

馬番 着度数 勝率 複勝率
1番 0-0-0-10 0.0% 0.0%
2番 1-0-1-8 10.0% 20.0%
3番 1-2-0-7 10.0% 30.0%
4番 2-0-1-7 20.0% 30.0%
5番 0-0-1-9 0.0% 10.0%
6番 0-1-1-8 0.0% 20.0%
7番 0-1-0-9 0.0% 10.0%
8番 0-0-0-10 0.0% 0.0%
9番 0-1-0-9 0.0% 10.0%
10番 0-1-4-4 0.0% 55.6%
11番 0-1-0-9 0.0% 10.0%
12番 1-0-0-9 10.0% 10.0%
13番 1-1-0-8 10.0% 20.0%
14番 1-2-0-7 10.0% 30.0%
15番 2-1-0-7 20.0% 30.0%
16番 1-0-1-8 10.0% 20.0%

芝スタートでダートに入るというコース形態の影響で外枠優勢。内枠では2枠に入った馬は要注意です。しかし年に2回しかない中央ダートGⅠの1つが芝スタートというのはそろそろ何とかできませんかね(*’ω’*)

脚質データ

所属 着度数 勝率 複勝率
逃げ 1-0-0-9 10.0% 10.0%
先行 6-4-2-28 15.0% 30.0%
差し 2-3-6-49 3.3% 18.3%
追込 1-3-2-42 2.1% 12.5%
マクリ 0-0-0-0 0.0% 0.0%

勝率では先行馬が好成績ですが2、3着には後方策の馬が入る事が多いです。3着以内が3頭とも同脚質で決まることは少ないため、三連系の馬券を買うなら軸に選んだ2頭とは異なる脚質の馬を相手に入れるのもアリです。

フェブラリーS 近走データ

前走クラスデータ

クラス 着度数 勝率 複勝率
GⅠ 3-1-2-11 17.6% 35.3%
GⅡ 2-1-1-11 13.3% 26.7%
GⅢ 2-2-2-69 2.7% 8.0%
OP特別 1-0-0-10 9.1% 9.1%
1600万 0-1-0-1 0.0% 50.0%
地方 2-5-5-26 5.3% 31.6%

前走レース別データ

レース 着度数 勝率 複勝率
川崎記念 2-3-2-8 13.3% 46.7%
根岸S 2-2-2-51 3.5% 10.5%
東海S 2-1-1-9 15.4% 30.8%
チャンピ 3-1-2-6 25.0% 50.0%
東京大賞 0-2-3-9 0.0% 35.7%
その他 1-1-0-46 2.0% 4.1%

前走距離データ

距離 着度数 勝率 複勝率
1300m↓ 0-0-0-6 0.0% 0.0%
1400m 2-2-2-58 3.1% 9.4%
1600m 0-0-0-8 0.0% 0.0%
1800m 6-3-3-32 13.6% 27.3%
2000m 0-2-3-12 0.0% 29.4%
2100m↑ 2-3-2-12 10.5% 36.8%

距離 着度数 勝率 複勝率
距離短縮 8-8-8-57 9.9% 19.8%
同距離 0-0-0-8 0% 8.6%
距離延長 2-2-2-64 9.9% 29.6%

前走は基本的には重賞、格が高いレースの方が好ましいです。前走OP特別以下で連対した2頭はは2014年コパノリッキー(16番人気1着)、2009年カジノドライヴ(3番人気/2着)。2頭ともかなりの例外なので参考にはしづらいデータです。チャンピオンズC(JCダート含む)、川崎記念、東京大賞典、東海S組が中心です。根岸Sを含む距離延長組は苦戦傾向。

前走が上記4レースのいずれか
○アウォーディー(川崎記念)
○インカンテーション(東京大賞典)
○ケイティブレイブ(川崎記念)
○ゴールドドリーム(チャンピオンズC)
○サウンドトゥルー(川崎記念)
○テイエムジンソク(東海S)
○メイショウスミトモ(川崎記念)
○ロンドンタウン(東京大賞典)

前走根岸S
△キングズガード
△サンライズノヴァ
△ノボバカラ
△ノンコノユメ
△ベストウォーリア(出走取消)

前走人気・着順データ

前走 着度数 勝率 複勝率
1番人気 4-3-4-24 11.4% 31.4%
2番人気 2-0-1-24 7.4% 11.1%
3番人気 1-4-2-17 4.2% 29.2%
4番人気 1-3-1-16 4.8% 23.8%
5番人気 1-0-1-8 10.0% 20.0%
6-9人気 0-0-1-19 0.0% 5.0%
10-人気 0-0-0-20 0.0% 0.0%

前走 着度数 勝率 複勝率
1着 5-4-6-23 13.2% 39.5%
2着 0-2-2-21 0.0% 16.0%
3着 2-2-1-11 12.5% 31.3%
4着 0-0-0-12 0.0% 0.0%
5着 0-2-0-12 0.0% 14.3%
6-9着 1-0-0-29 3.3% 3.3%
10-着 1-0-1-21 4.3% 8.7%

前走5番人気以内、3着以内が目安。1番人気&1着の馬はプラス評価です。前走6番人気以下は連対が無いというデータですがゴールドドリームが前走チャンピオンズC8番人気のため評価しづらい結果に。戦績にムラがあるため評価に迷う馬ですが、中央では2016年チャンピオンズCの12着以外は全て3着以内と逆に安定感アリ。単に地方の砂が合わないという見方でいいのではないかと思います。

前走6着以下から巻き返したのは2017年ゴールドドリーム(2番人気/1着・前走チャンピオンズ12着)、2015年ベストウォーリア(3番人気/3着・前走チャンピオンズC11着)、2014年コパノリッキー(16番人気/1着・前走フェアウェルS9着)前走4着以下から巻き返せるのは基本的には人気サイドであり、前走チャンピオンズCのローテーションです。何度も言いますがコパノリッキーは例外中の例外(笑)また、前走人気で6番人気以下は勝っていません。

両方満たす馬
◎テイエムジンソク(1番人気/1着)
◎ケイティブレイブ(1番人気/1着)
○アウォーディー(3番人気/3着)
○サンライズノヴァ(1番人気/2着)

どちらか一方を満たす馬
△ゴールドドリーム(8番人気/1着)
△ノンコノユメ(6番人気/1着)
△インカンテーション(4番人気/7着)
△キングズガード(3番人気/6着)
△サウンドトゥルー(2番人気/5着)
△ベストウォーリア(3番人気/7着)
△メイショウスミトモ(5番人気/7着)
△ララベル(3番人気/4着)
△レッツゴードンキ(3番人気/6着)

近走のダート1600m以上の成績に注目

過去10年の出走馬について、過去4走でダート1600m以上のレースで3着以内に入った回数が多い馬ほど成績が良い傾向があります。距離と着順が安定しているほど好走傾向というデータ。

回数 着度数 勝率 複勝率
4回 2-3-2-7 14.3% 50.0%
3回 4-2-2-11 21.1% 42.1%
2回 3-2-3-27 8.6% 22.9%
1回 1-3-3-28 2.8% 20.0%
0回 0-0-0-56 0.0% 0.0%
3~4回
○インカンテーション
○ケイティブレイブ
○テイエムジンソク

年明けの戦績に注目

過去5年の優勝馬5頭中3頭は年明け1戦1勝、2頭は年明け不出走でした。この条件に当てはまる馬は馬単・3連単の頭にはしやすいですね。

該当馬
○インカンテーション
○ケイティブレイブ
○ゴールドドリーム
○テイエムジンソク
○レッツゴードンキ
○ロンドンタウン
△ベストウォーリア(出走取消のため)

大型馬に注目

フェブラリーSでは過去10年大型馬が好成績を残しており、最軽量の優勝は2010年エスポワールシチーの498kg。優勝馬の前走馬体重で見ると500kg以上が圧倒的な成績を残しています。500kg以上の馬が実に(9-6-7-72)となっているため素直に大型馬はプラス評価、軽量馬はマイナス評価。

馬体重 着度数 勝率 複勝率
459kg↓ 0-1-1-8 0.0% 20.0%
460-479 0-1-0-19 0.0% 5.0%
480-499 0-2-2-30 0.0% 11.8%
500-519 5-5-3-34 10.6% 27.7%
520kg↑ 4-1-4-38 8.5% 19.1%
前走馬体重500kg以上
○アウォーディー
○インカンテーション
○ケイティブレイブ
○ゴールドドリーム
○サンライズノヴァ
○ニシケンモノノフ
○ノボバカラ
○ベストウォーリア
○ララベル
○レッツゴードンキ
○ロンドンタウン

このデータを当てはめるとキングズガード、サウンドトゥルー、ノンコノユメ、メイショウスミトモは頭では買えません。テイエムジンソクが微妙なラインで前走498kg。今回も同じか500kg台の馬体重なら買いでいいのですが過去500kgを越えたことのない馬なので当日の馬体重には注意です。

データ分析は以上です。
フェブラリーS枠順確定前の全頭データ分析は下の結果になりました。

フェブラリーS 全頭評価(A~E)

ブログランキング画像クリックで空白部分が表示されます。PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

ランキング画像クリックで表示


—————————————
ブログランキング画像をクリックして頂くと空白部分が表示されます。

重賞の予想印(◎○▲☆△)
最強競馬ブログランキング
で公開しています。


最強競馬ブログランキングへ
公開予定時間は金曜12:00~になります。

応援クリックよろしくお願いします♪

競馬ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
PR)韋駄天Sと駿風S勝ち馬「ダイメイプリンセス」がアイビスサマーダッシュに挑む!

さあ!夏競馬といえばアイビスサマーダッシュ
直線コースのみで施行される重賞レースです。
あっという間に終わっちゃうので目が離せません。

アイビスサマーダッシュ
のステップレースでもある「韋駄天S」「駿風S
勝ち馬は「ダイメイプリンセス」でした!
前走のCBC賞では後方からの競馬になってしまい9着という結果に敗れました…。
今回は、どんな走りを見せてくれるのか期待が高まります。

アイビスサマーダッシュをもっと楽しみたい方に必見!

指数サイト「うまとみらいと」をオススメします!

このサイトの指数は・・・
【スピード指数】×【適性指数】×【統計データ】×【血統理論】
この4つから弾き出された高精度の指数なんです。

予想時間が短縮されるのはありがたい・・・!

今週末に行われるアイビスサマーダッシュの気になる馬の指数を見てみませんか?

ー指数サイトを今すぐ見に行く!ー
メールアドレス登録してリターンメールクリックするだけ!
迷惑メールフォルダに入ってたりするので良くチェックしてください!

こちらは、2016年のアイビスサマーダッシュの指数及び結果一覧と過去4年のデータです。

うまコラボは、指数上位6頭を推奨しています。
2016年の結果は…指数順位3位までの馬で決着しています。
指数上位馬と数値が30以下の馬は要注目ですよ。

うまとみらいとは、3つのコンテンツであなたの競馬ライフを全力サポート!


あなたの競馬のみらいは「うまとみらいと」にあります。

無料登録するとアイビスサマーダッシュの指数データが見れます。
週末は指数を見まくってアイビスサマーダッシュを取りましょう!

ー指数サイトを見るー
メールアドレスを登録してリターンメールクリックするだけ!
迷惑メールフォルダに入ってたりするので良くチェックしてください!

-重賞データ分析

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.