小倉大賞典2018最終予想 トリオンフは外枠も動きは抜群

更新日:


2/18(日)小倉11R 小倉大賞典 の枠順が確定しました。内枠有利のコースですがダノンメジャーが1枠2番、ダッシングブレイズが3枠6番。トリオンフとウインガナドルはそれぞれ7枠13番、14番に入りました。レース傾向やデータ分析・全頭評価は前回の記事で行なっているのでそちらもご覧ください。


小倉大賞典 調教&全頭分析

最終追切タイムと調教評価

1枠1番 スズカデヴィアス【B】

2/15(木) 栗東坂路(良)
一杯 52.3-37.7-24.4-12.1
 
調教は特に問題なく、調子はキープできていると思います。1枠を引いたことで期待が高まりますが意外にも小倉を含め1800mは初。またキングカメハメハ産駒の小倉1800mの成績も決していい方ではなく吉田隼騎手が初めての騎乗とややマイナス要素が強いでしょうか。

 

1枠2番 ダノンメジャー【B】

2/15(木) 栗東CW(良)
馬なり 68.2-52.0-37.6-11.8
 
データ分析でも1番手の評価でしたが過去10年最も複勝率の高い1枠2番に入りました。昨夏の小倉日経OPや平坦1800mの条件はベスト。調教での動きもよく今回枠に関係なく狙おうと思っていたのですがかなり人気になりそうです。

 

2枠3番 サトノスティング【C】

2/14(水) 小倉ダ(稍)
馬なり 74.6-59.1-43.5-13.3
 
調教内容としてはまずまず。前走は9番人気という低評価を覆して見事勝利。福島・中山など小回りの条件の方が合っていそうです。データ的には切りでいいのですが波乱を期待すると内枠ということもあり気になる一頭。

 

2枠4番 ストレンジクォーク【B】

2/15(木) 小倉ダ(重)
馬なり 70.2-54.1-38.9-12.0
 
前走中山金杯は10番人気ながら3着。前残りの展開ながらしっかり追い込んできた末脚は魅力で前走中山金杯組が好走しやすいレースという点はプラス。脚質が後方からなので馬群をさばけるかが鍵になります。

 

3枠5番 サトノアリシア【B】

2/14(水) 栗東坂路(稍)
馬なり 53.1-38.3-24.8-12.0
 
終い重視の内容をしっかり消化。雰囲気はいいです。前走ではギモーヴを相手に競り勝ち1800mという条件は合っています。軽ハンデの馬は悉く敗れているレースですが51kgというデータは(0-0-0-3)とサンプル数が少なく、脚質的にも3着以内の可能性があるかもしれません。

 

3枠6番 ダッシングブレイズ【B】

2/15(木) 栗東CW(良)
一杯 82.4-65.3-51.1-37.0-11.5
 
久々ですが一杯に追われ、調教内容やラップ自体は問題なく映りました。エプソムC勝ちもあり重賞で差のない競馬ができているのでここでも能力は上位。ハンデを課された馬の成績がいいレースで、データ的にも当てはまる点が多く枠的にもちょうどいい所に入りました。

 

4枠7番 ヒットザターゲット【C】

2/15(木) 栗東坂路(良)
一杯 53.1-38.1-25.0-12.6
 
調教内容からは決して評価はしづらく、上積みはありませんが何度となく低評価を覆して重賞で上位に食い込んだ実績もあり引退レースということもありつい買ってしまいそうです(笑)小牧騎手も今年未勝利でここで今年の初勝利となれば最高にドラマチックなんですが。

 

4枠8番 マサハヤドリーム【C】

2/15(木) 栗東坂路(良)
馬なり 56.0-41.1-26.3-12.7
 
動きそのものは平凡ですが平坦コースに強い点が魅力。ただ近走はスタートで後手を踏むことが多く昨年の博多Sでは11頭立てという頭数も味方しました。今回は16頭立てなので出遅れて外を回す競馬になると届かないのではないかと思います。

 

5枠9番 ケイティープライド【B】

2/14(水) 栗東CW(稍)
一杯 65.3-50.4-37.1-12.7
 

一杯に追われましたがタイム的には最後ラップが落ちる部分もあり強調しづらい内容です。一昨年の小倉大賞典では4着でしたが昨年は小倉で大敗続きのためさすがに狙いづらいです。

 

5枠10番 タイセイサミット【A】

2/14(水) 栗東坂路(稍)
強め 52.5-37.6-24.4-12.1
 
人気薄ですがデータ的になかなか見所のあるのがこの馬。ダイヤモンドSに出走するホウオウドリームと併せて先着と調教内容は上々。近3走は大敗続きですが今回復調気配を感じます。この条件で回収値の高いダイワメジャーということで狙ってみたい一頭です。

 

6枠11番 ヤマカツライデン【B】

2/14(水) 栗東CW(稍)
馬なり 79.4-64.3-50.5-37.0-11.9
 
この馬も久々になりますが終い重視で終われそれなりの仕上がりです。距離短縮組が強いレースですが天皇賞・春や2400m前後の距離を中心に使われてきたためスピード的に対応できるかが不安要素。

 

6枠12番 クラリティスカイ【B】

2/14(水) 小倉ダ(稍)
G一 66.6-52.2-37.6-12.1
 
前走はダートのポルックスSを使われましたが状態としては前走以上。今も人気はかなり落としそうですが昨年このレース3着、1800~2000mは比較的得意としています。ハンデも57kgとデータ的には好走してもおかしくないのですが枠を考えると今回は様子見か。

 

7枠13番 トリオンフ【A】

2/14(水) 栗東坂路(稍)
G強 53.1-38.3-24.2-12.1
 

調教でははラスト2ハロンは軽快な動きで非常にいい内容でした。近2戦はいずれも2着に差をつける素晴らしい勝ちっぷりでここが試金石。外枠という大きなハンデや人気馬がアテにならないこのレースをどう克服するか。

 

7枠14番 ウインガナドル【B】

2/9(金) 美浦南W(良)
直一 51.6-37.6-12.3
 
逃げ馬としては厳しい7枠14番。また最終追い切りが2/9となっているのが?です。決して状態が悪そうなわけでもなかったのですが、輸送で手間取ったり体調的な問題が発生したか色々不安視してしまいます。人気の一角には推されそうなので当日のパドックや馬体重には注意。

 

8枠15番 ハッピーユニバンス【C】

2/14(水) 栗東坂路(稍)
馬なり 52.9-38.3-24.7-12.3
 
この馬も今回が引退レース。そのためオーナーサイドからずっと調教に乗り続けている藤懸騎手へ騎乗依頼があったとのこと。調教は特筆すべき内容ではありませんでした。また枠や騎乗経緯、牝馬ということを考えても無事に回ってきてくれればいいという状態ではないでしょうか。

 

8枠16番 クインズミラーグロ【B】

2/14(水) 小倉ダ(重)
馬なり 73.9-57.4-41.6-12.6
 
軽めの調教でしたが動き自体は悪くはなく好仕上がりですが大外枠でかなりの割引。近走は大敗を繰り返していますし好走が続くときと凡走が続くときがはっきりしている馬なので狙いづらいです。

 

小倉大賞典 最終予想

画像をクリックして頂くと推奨馬が表示されます。
PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

ランキング画像クリックで表示


—————————————
ブログランキング画像をクリックして頂くと推奨馬が表示されます。バナーをクリックして頂いたらそのページはすぐ閉じてしまって構いません。

重賞予想は「最強競馬ブログランキング」で公開中

予想印(◎○▲☆△)
最強競馬ブログランキングで公開しています。

最強競馬ブログランキングへ

公開予定時間は金曜12:00~になります。
ブログランキング参加中、クリックして頂けると励みになります。

-重賞予想

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.