チューリップ賞2018データ分析 キャリア3戦&差し馬が好成績!

更新日:


3/3(土)阪神11R チューリップ賞のデータ分析です。桜花賞と同じ条件で行なわれトライアルの中でも最も本番に直結しやすいこのレース。3着に入ると桜花賞の優先出走権が与えられます。今年からGⅡに格上げとなり昨年の阪神JF1着のラッキーライラック、2着のリリーノーブル、3着マウレアが揃いました。他にもフェアリーS2着のスカーレットカラーやディープインパクト産駒サラキアなどが出走を予定しています。

にほんブログ村テーマ 馬(競馬)へ
馬(競馬) 中央競馬予想 JRA競馬予想 競馬予想 競馬(重賞中心)


阪神芝・1600mの特徴


チューリップ賞が行われる阪神芝・1600mは外回りコースを使用、直線は474mと長くゴール前には急坂があるため差しが届きやすいコースとなっています。以前は外枠不利なコースでしたが改修後はフラットな条件となり、逆に外枠の回収値が高くなっています。

 

チューリップ賞 登録馬

馬名 馬齢 騎手 オッズ
ラッキーライラック 牝3 石橋脩 2.0
リリーノーブル 牝3 川田将雅 3.4
マウレア 牝3 武豊 5.7
シグナライズ 牝3 ルメール 10.6
サラキア 牝3 池添謙一 14.1
スカーレットカラー 牝3 岩田康誠 17.6
レッドランディーニ 牝3 浜中俊 34.1
サヤカチャン 牝3 松田大作 38.5
カレンシリエージョ 牝3 松山弘平 49.6
ウインラナキラ 牝3 未定 77.4
ダンサール 牝3 未定 83.1
クリノフラッシュ 牝3 未定 114.9

阪神JF組3頭に人気が集まりそうですがマウレアは前走クイーンCでは1番人気に推されながら5着。ここで権利を取れないと桜花賞出走が微妙になりますが今回中2週に加えて遠征ということで不安が残ります。

ラッキーライラックリリーノーブルは前走3/4馬身差でラッキーライラックが抜けた力を持った訳ではなくこの2か月半の成長次第ではリリーノーブルが逆転する可能性も。またこのコースはやはりディープインパクト産駒が侮れない条件。マウレア以外にもレッドランディーニ、サラキアがディープインパクト産駒ということでこの2頭は要注意です。

 

チューリップ賞 傾向データ

人気データ

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 4-3-1-2 40.0% 80.0%
2番人気 1-1-3-5 10.0% 50.0%
3番人気 1-1-0-8 10.0% 20.0%
4番人気 1-1-0-8 10.0% 20.0%
5番人気 2-0-1-7 20.0% 30.0%
6番人気 0-0-2-8 0.0% 20.0%
7番人気 0-4-0-6 0.0% 40.0%
8番人気 0-0-2-8 0.0% 20.0%
9番人気 1-0-0-9 10.0% 10.0%
10-人気 0-0-1-53 0.0% 1.9%

1番人気の複勝率が80%と重賞の中でも特に1番人気の成績がいいレースです。1番人気で4着以下に敗れた2頭は2015年クルミナルと2013年レッドオーヴァル。ただしこの2頭は両方とも次走桜花賞で2着に巻き返しています。チューリップ賞で1番人気が4着以下に飛んだら逆に桜花賞では買いということは覚えておきましょう。2番人気も複勝率は50%とそこそこ安定していますが連対率では他と変わらないため、そこまで強調はできません。

1、2番人気が予想される馬
○ラッキーライラック
△リリーノーブル

 

所属データ

所属 着度数 勝率 複勝率
美浦 3-4-1-12 15.0% 40.0%
栗東 7-6-9-98 5.8% 18.3%

出走数が少ないのですが関東馬が健闘しています。5番人気以内の人気サイドに絞ると(3-3-1-4)となり、今回唯一の関東馬になるマウレアは5番人気以内に推されたら買いというデータ。

5番人気以内が予想される関東馬
○マウレア

 

キャリアデータ

キャリア 着度数 勝率 複勝率
1戦 0-1-0-7 0.0% 12.5%
2戦 1-2-3-19 4.0% 24.0%
3戦 5-2-1-19 18.5% 29.6%
4戦 2-3-3-25 6.1% 24.2%
5戦 2-2-3-21 7.1% 25.0%
6戦以上 0-0-0-23 0.0% 0.0%

勝率が抜けているのがキャリア3戦、複勝率はキャリア2~5戦が横並びですが6戦以上になると過去10年1度も3着以内に入っていません。

キャリア6戦以上
×サヤカチャン

 

枠順データ

枠順 着度数 勝率 複勝率
1枠 0-2-1-11 0.0% 21.4%
2枠 0-0-1-14 0.0% 6.7%
3枠 1-0-1-14 6.3% 12.5%
4枠 2-0-3-13 11.1% 27.8%
5枠 1-2-1-16 5.0% 20.0%
6枠 3-1-0-16 15.0% 20.0%
7枠 3-2-0-15 15.0% 25.0%
8枠 0-3-3-15 0.0% 28.6%

外目の枠が好成績です。1枠・2枠からは優勝馬が出ていないためここに入った場合はやや割引。有力馬が外目の枠に入った場合は1着固定を狙いやすいかもしれません。

 

馬番データ

馬番 着度数 勝率 複勝率
1番 0-1-1-8 0.0% 20.0%
2番 0-1-0-9 0.0% 10.0%
3番 1-0-1-8 10.0% 20.0%
4番 0-0-1-9 0.0% 10.0%
5番 1-0-2-7 10.0% 30.0%
6番 0-0-1-9 0.0% 10.0%
7番 1-2-1-6 10.0% 40.0%
8番 1-0-0-9 10.0% 10.0%
9番 0-1-0-9 0.0% 10.0%
10番 2-1-0-7 20.0% 30.0%
11番 1-0-0-9 10.0% 10.0%
12番 2-0-1-7 20.0% 30.0%
13番 0-2-0-6 0.0% 25.0%
14番 1-1-0-4 16.7% 33.3%
15番 0-0-2-3 0.0% 40.0%
16番 0-1-0-3 0.0% 25.0%
17番 0-0-0-1 0.0% 0.0%
18番 0-0-0-0 0.0% 0.0%

年によって頭数にバラつきはありますが7~14番枠あたり、真ん中より外に入った馬が狙い目です。今年は12頭が登録しているので7~12番枠に入った6頭はややプラス評価を与えてもいいでしょう。

 

脚質データ

所属 着度数 勝率 複勝率
逃げ 2-1-2-5 20.0% 50.0%
先行 0-3-3-31 0.0% 16.2%
差し 5-3-4-37 10.2% 24.5%
追込 3-3-1-41 6.3% 14.6%
マクリ 0-0-0-0 0.0% 0.0%

逃げ馬は好成績ですが、脚質では珍しく先行勢からの優勝馬がいません。基本は速い上がりを使える差し馬を軸に考えるのが◎。今年はサヤカチャン、ダンサールあたりが引っ張る流れになりそうです。逃げて3着以内に入った5頭のうちサクラミモザ以外の4頭はオープンクラスで3着以内の実績がありました。サヤカチャンはアルテミスS2着の実績があります。

・2015年レッツゴードンキ(2番人気/3着)
・2014年リラヴァティ(6番人気/3着)
・2013年クロフネサプライズ(3番人気/1着)
・2009年サクラミモザ(7番人気/2着)
・2008年エアパスカル(5番人気/1着)

チューリップ賞 近走データ

前走クラスデータ

クラス 着度数 勝率 複勝率
GⅠ 6-4-5-8 26.1% 65.2%
GⅡ 0-0-0-0 0.0% 0.0%
GⅢ 0-2-1-9 0.0% 25.0%
OP特別 1-1-2-32 2.8% 11.1%
500万 2-2-1-37 4.8% 11.9%
未勝利 1-0-1-15 5.9% 11.8%
新馬 0-1-0-7 0.0% 12.5%

前走は阪神JF組が断トツ。GⅢからは連対はあっても1着がありません。500万やオープン特別からも勝ち馬は出ていますが過去10年の3着以内30頭中15頭が阪神JF組なので逆らうのは難しいです。

・阪神JF(6-4-5-8)
・エルフィンS(0-1-2-20)
・紅梅S(1-0-0-9)
・フェアリーS(0-0-1-4)
・クイーンC(0-1-0-3)
・こぶし賞(1-0-0-3)

前走阪神JF
○ラッキーライラック
○リリーノーブル

 

前走距離データ

距離 着度数 勝率 複勝率
1200m 0-0-0-7 0.0% 0.0%
1400m 3-1-0-35 7.7% 10.3%
1600m 7-8-10-55 8.8% 31.3%
1800↑ 0-0-0-17 0.0% 0.0%

距離 着度数 勝率 複勝率
距離短縮 0-0-0-17 0.0% 0.0%
同距離 7-8-10-55 8.8% 31.3%
距離延長 3-2-0-42 6.4% 10.6%

前走は1600m組が好成績、次いで1400m組になりますが前走1400m、1600m以外の距離からの3着以内はありません。

前走1400~1600m以外
×ウインラナキラ
×カレンシリエージョ
×ダンサール

 

前走人気データ

前走 着度数 勝率 複勝率
1番人気 5-2-1-24 15.6% 25.0%
2番人気 0-4-4-16 0.0% 33.3%
3番人気 1-2-0-11 7.1% 21.4%
4番人気 2-0-3-15 10.0% 25.0%
5番人気 1-0-0-6 14.3% 14.3%
6-9人気 0-1-1-28 0.0% 6.7%
10-人気 1-1-1-13 6.3% 18.8%

前走人気では1~4番人気くらいまでが理想。5番人気以下になると複勝率が下がります。

前走4番人気以内
○カレンシリエージョ
○クリノフラッシュ
○サラキア
○シグナライズ
○ダンサール
○マウレア
○ラッキーライラック
○リリーノーブル

 

前走着順データ

前走 着度数 勝率 複勝率
1着 6-5-3-43 10.5% 24.6%
2着 2-2-2-5 18.2% 54.5%
3着 1-1-1-4 5.9% 17.6%
4着 0-1-1-9 0.0% 18.2%
5着 0-0-2-9 0.0% 18.2%
6-9着 0-1-1-19 0.0% 9.5%
10-着 1-0-0-14 6.7% 6.7%

前走着順は2着以内が安定。特に1着馬より2着馬の方が圧倒的な複勝率を残しています。

前走2着以内
○クリノフラッシュ
○サラキア
○スカーレットカラー
○ダンサール
○ラッキーライラック
○リリーノーブル

 

その他のデータ

デビュー戦に注目

過去10年のチューリップ賞では、デビュー戦で2~3番人気に推されて3着以内に入っていたという戦歴を持つ馬が2014年以外の9年間で連対しています。

該当馬
○スカーレットカラー
○マウレア
○ラッキーライラック
○リリーノーブル

 

馬体重に注目

これは桜花賞でも使えるデータですが、阪神1600mでは基本的に馬格がある馬が有利です。最も好走率が高いのは460~479kgの間となっており、480kg以上は1着こそありませんが複勝率40%と優秀な数字です。

馬体重 着度数 勝率 複勝率
419kg↓ 2-0-0-14 12.5% 12.5%
420-439 1-3-6-28 2.6% 26.3%
440-459 2-2-1-39 4.5% 11.4%
460-479 5-3-1-25 14.7% 26.5%
480-499 0-2-2-6 0.0% 40.0%
500kg↑ 0-0-0-2 0.0% 0.0%
前走460kg以上の馬
○カレンシリエージョ
○サヤカチャン
○シグナライズ
○ダンサール
○ラッキーライラック
○リリーノーブル

馬体重で見るとマウレア、レッドランディーニ、スカーレットカラーあたりが440kg前後の馬体のためデータ的には好走率が低くなり、ラッキーライラックとリリーノーブルはより好走を後押しするデータとなりました。

データ分析は以上です。
チューリップ賞枠順確定前の全頭データ分析は下の結果になりました。

チューリップ賞 全頭評価

ブログランキング画像をクリックすると下の空白部分にデータ分析からの総合評価(A~Eの5段階)が表示されるので、予想の参考にしてみて下さい。PCの方はCtrl+Cが簡単です。


以上チューリップ賞のデータ分析でした。最終予想は枠順確定後に公開しますのでよろしくお願いします。

重賞予想は「最強競馬ブログランキング」で公開中

予想印(◎○▲☆△)
最強競馬ブログランキングで公開しています。

最強競馬ブログランキングへ

公開予定時間は金曜12:00~になります。
ブログランキング参加中、クリックして頂けると励みになります。

-重賞データ分析

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.