弥生賞2018データ分析 ダノンプレミアムとワグネリアンが激突!

更新日:


3/4(日)中山11R 弥生賞のデータ分析です。朝日杯FSを圧勝し2歳レーティングで歴代最高の117ポンドを得たダノンプレミアム、東スポ2歳Sを3馬身差で制したワグネリアン、シクラメンSを1.45.6という破格のタイムで勝利したオブセッションの無敗馬3頭が皐月賞を前にここで激突。他にもデイリー杯2歳Sの勝ち馬ジャンダルムや芙蓉Sの勝ち馬サンリヴァルなど重賞級のメンバーが揃い、本番さながらの盛り上がりを見せています。

にほんブログ村テーマ 馬(競馬)へ
馬(競馬) 中央競馬予想 JRA競馬予想 競馬予想 競馬(重賞中心)


中山・芝2000mの特徴


弥生賞が行われる中山・芝2000mは本番の皐月賞と同じコースで行われます。内回りでコーナーが4回、直線も310mと短いため小回り適性や最後の坂を駆け上がるパワーが求められるコースです。コーナーが多い分ペースが落ち着きやすいため穴を狙うなら先行勢から。力のある馬は後ろからでも問題ありません。

 

弥生賞 登録馬

馬名 馬齢 騎手 オッズ
ダノンプレミアム 牡3 川田将雅 2.0
ワグネリアン 牡3 福永祐一 2.8
オブセッション 牡3 ルメール 4.6
ジャンダルム 牡3 武豊 6.3
サンリヴァル 牡3 藤岡佑介 18.9
リビーリング 牡3 戸崎圭太 43.5
ヘヴィータンク 牡3 未定 64.8
トラストケンシン 牡3 内田博幸 89.0
アサクサスポット 牡3 武藤雅 128.4
ニシノトランザム 牡3 未定 164.1
アラウン 牡3 未定 207.4

上位5頭に人気が集中しそうですが、その中でも重賞勝ちの実績があるダノンプレミアムワグネリアンの2頭が抜けた人気になるのではないかと思われます。オブセッションはシクラメンSでのタイムは優秀ですが戦ってきた相手を考えると少し人気は落ちそうです。

ジャンダルムは前走で距離不安を覆し、管理する池江厩舎は昨年の皐月賞でもアルアイン、ペルシアンナイトのワンツーと中山2000mを非常に得意としています。武豊騎手も弥生賞7勝と人的要素は◎。サンリヴァルは先行勢総崩れのホープフルSを粘って4着と前走は着順以上の強さを見せ、先行すればしぶとい脚を使いそうです。

 

弥生賞 傾向データ

人気データ

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 5-2-0-3 50.0% 70.0%
2番人気 3-1-2-4 30.0% 60.0%
3番人気 0-0-1-8 0.0% 20.0%
4番人気 0-2-0-8 0.0% 20.0%
5番人気 0-1-3-6 0.0% 40.0%
6番人気 1-0-0-9 10.0% 10.0%
7番人気 0-1-3-6 0.0% 40.0%
8番人気 0-1-0-9 0.0% 10.0%
9番人気 1-0-0-9 10.0% 10.0%
10-人気 0-1-1-33 0.0% 5.7%

2番人気以内に推された馬は信頼度◎。3番人気以下になると複勝率は大きく落ち、5番人気と7番人気が複勝率40%となっています。馬券的には2頭軸からある程度人気薄まで流すやり方がいいのではないかと思います。単勝オッズでは1着候補は7.0倍以内、2.3着候補は20倍以上でも可能で穴馬は先行勢から出ることが多いです。

2番人気以内が予想される馬
○ダノンプレミアム
○ワグネリアン

 

所属データ

所属 着度数 勝率 複勝率
美浦 5-2-6-44 8.8% 22.8%
栗東 5-8-4-49 7.6% 25.8%

関東・関西で数字はほぼ変わりません。ダノンプレミアム、ワグネリアン共に関東遠征で結果を残しているので問題はないと思いますが当日の馬体重やパドックの状態には注意。

 

キャリアデータ

キャリア 着度数 勝率 複勝率
1戦 0-0-0-5 0.0% 0.0%
2戦 2-1-1-10 14.3% 28.6%
3戦 2-3-2-22 6.9% 24.1%
4戦 4-1-3-18 15.4% 30.8%
5戦 2-1-2-16 9.5% 23.8%
6戦 0-3-1-8 0.0% 33.3%
7戦 0-1-0-8 0.0% 11.1%
8戦 0-0-1-5 0.0% 0.0%
9戦以上 0-0-0-3 0.0% 0.0%

好走率が高いのは2~5戦。キャリア1戦や6戦以上の馬は1着がありません。また今年は未出走のヘヴィータンクが登録しています。調べてみたら2歳重賞と、3歳春GⅠのトライアル競走(弥生賞、チューリップ賞、青葉賞など)は未出走、未勝利馬の出走が認められているようです。キャリア1戦でも全滅なのにキャリア0戦では厳しいとは思いますが、注目してみたい1頭です。

キャリア2~5戦
○アラウン
○オブセッション
○サンリヴァル
○ジャンダルム
○ダノンプレミアム
○トラストケンシン
○リビーリング
○ワグネリアン

 

枠順データ

枠順 着度数 勝率 複勝率
1枠 1-0-1-9 9.1% 18.2%
2枠 1-2-2-7 8.3% 41.7%
3枠 1-2-3-6 8.3% 50.0%
4枠 1-1-3-9 7.1% 35.7%
5枠 0-1-1-15 0.0% 11.8%
6枠 2-0-0-17 10.5% 10.5%
7枠 1-4-0-15 5.0% 25.0%
8枠 3-0-0-17 15.0% 15.0%

枠順は内外での有利不利は少ないですが、弥生賞では勝率は外枠、複勝率は内枠が高い傾向にあります。

 

馬番データ

馬番 着度数 勝率 複勝率
1番 1-0-0-9 10.0% 10.0%
2番 0-2-3-5 0.0% 50.0%
3番 1-2-2-5 10.0% 50.0%
4番 1-1-4-4 10.0% 60.0%
5番 1-1-1-7 10.0% 30.0%
6番 1-0-0-9 10.0% 10.0%
7番 0-0-0-10 0.0% 0.0%
8番 1-0-0-9 10.0% 10.0%
9番 0-0-0-10 0.0% 0.0%
10番 2-2-0-6 20.0% 40.0%
11番 2-1-0-6 22.2% 33.3%
12番 0-0-0-7 0.0% 0.0%
13番 0-1-0-3 0.0% 25.0%
14番 0-0-0-2 0.0% 0.0%
15番 0-0-0-2 0.0% 0.0%
16番 0-0-0-1 0.0% 0.0%
17番 0-0-0-0 0.0% 0.0%
18番 0-0-0-0 0.0% 0.0%

馬番でも内枠の複勝率はパッと見高くは見えますが、過去4年間だと10番、11番の馬がそれぞれ3回複勝圏内に入っています。ちなみに2017年、2016年共に(11-10-4)で決まっていたりと近年は外枠の方が好走傾向となっています。

 

脚質データ

所属 着度数 勝率 複勝率
逃げ 1-1-0-8 10.0% 20.0%
先行 5-6-3-28 11.9% 33.3%
差し 3-2-6-21 9.4% 34.4%
追込 1-1-1-34 2.7% 8.1%
マクリ 0-0-0-4 0.0% 0.0%

脚質は先行・差しが安定。極端な追い込みは短い直線もあり届きません。今年はサンリヴァルがペースを作り先行集団にダノンプレミアム、中団からオブセッション、ジャンダルム、ワグネリアンという展開になると予想されます。

弥生賞 近走データ

前走クラスデータ

クラス 着度数 勝率 複勝率
GⅠ 1-3-3-5 8.3% 58.3%
GⅡ 0-0-0-3 0.0% 0.0%
GⅢ 6-3-6-31 13.0% 32.6%
OP特別 2-1-0-9 16.7% 25.0%
500万 1-2-1-31 2.9% 11.4%
未勝利 0-1-0-6 0.0% 14.3%
新馬 0-0-0-5 0.0% 0.0%

前走重賞組が中心です。GⅠは朝日杯FSのみのデータになりますが今年はホープフルS組がどのような結果を残すか。OPEN特別組は若駒Sのみになりそれ以外は苦戦。前走500万から勝利したのは2013年カミノタサハラ(6番人気)。前走500万のオブセッションは休み明けということもありややマイナスです。朝日杯組は複勝率は高いものの1着になったのは2011年サダムパテック(1番人気)。

前走レースは下のようになっています。ホープフルSは過去データがありませんがラジオNIKKEI杯の後継レースになりGⅠでもあるため○として扱います。

・ラジオNIKKEI杯2歳S(2-2-0-6)
・若駒S(2-1-0-2)
・朝日杯FS(1-3-3-5)
・京成杯(1-0-3-8)
・共同通信杯(1-0-1-6)
・きさらぎ賞(0-1-1-7)
・東スポ2歳S(1-0-0-1)
・京都2歳S(1-0-0-1)

前走が上記のいずれか
○サンリヴァル
○ジャンダルム
○ダノンプレミアム
○ワグネリアン

 

前走距離データ

距離 着度数 勝率 複勝率
1200m 0-0-0-1 0.0% 0.0%
1400m 0-0-0-3 0.0% 0.0%
1600m 1-4-5-17 3.7% 37.0%
1800m 3-3-2-33 7.3% 19.5%
2000m 6-3-3-37 12.2% 24.5%
2200↑ 0-0-0-3 0.0% 0.0%

距離 着度数 勝率 複勝率
距離短縮 0-0-0-3 0.0% 0.0%
同距離 6-3-3-37 12.2% 24.5%
距離延長 4-7-7-55 5.5% 24.7%

前走1400m以下からの連対は無し、1600mはほぼ朝日杯FS組を抑えあとは1800m以上からになります。前走ダートは(0-0-0-16)と複勝圏内に入っていないためアサクサスポットあたりは軽視で問題ありません。

前走ダートか朝日杯以外の距離延長組
×アサクサスポット
×アラウン
×ニシノトランザム
×ヘヴィータンク

 

前走人気データ

前走 着度数 勝率 複勝率
1番人気 6-3-2-15 23.1% 42.3%
2番人気 1-5-1-19 3.8% 26.9%
3番人気 1-1-2-12 6.3% 25.0%
4番人気 1-0-2-13 6.3% 18.8%
5番人気 0-0-1-5 0.0% 16.7%
6-9人気 1-1-2-23 3.7% 14.8%
10-人気 0-0-0-8 0.0% 0.0%

前走1番人気が全ての率でトップ。前走人気と弥生賞の着順はかなりリンクしています。上位人気の中ではダノンプレミアムとワグネリアンが前走1番人気です。

前走1番人気(ダート除く)
○ダノンプレミアム
○ワグネリアン

 

前走着順データ

前走 着度数 勝率 複勝率
1着 8-4-0-43 14.5% 21.8%
2着 0-2-5-7 0.0% 50.0%
3着 0-0-2-9 0.0% 18.2%
4着 1-2-1-6 10.0% 40.0%
5着 1-0-0-6 14.3% 14.3%
6-9着 0-2-1-17 0.0% 15.0%
10-着 0-0-1-7 0.0% 12.5%

前走着順は1着が圧倒的で、頭はここから選ぶのが無難です。前走4着が複勝率40%となっていますが下記の4頭。上に挙げたステップレース以外の所から選ぶのは危険です。トラストケンシンは前走1着ですが未勝利なのでその分マイナス評価です。

・2013年ミヤジタイガ(若駒S)
・2012年トリップ(ラジオNIKKEI杯)
・2012年アーデント(京成杯)
・2011年サダムパテック(朝日杯FS)

前走1着(ダート除く)
○オブセッション
○ダノンプレミアム
△トラストケンシン
○ワグネリアン

 

その他のデータ

連対率100%の馬に注目

過去4年の弥生賞では、過去のレースで連対率100%だった馬優勝しています。トリッキーな中山コースなのでどのような条件でも立ち回れる競馬の巧さが求められます。

連対率100%
○アサクサスポット
○オブセッション
○ジャンダルム
○ダノンプレミアム
○リビーリング
○ワグネリアン

 

単勝2番人気での勝利に注目

過去10年中9年では、5走前までに単勝2番人気で勝利を挙げていた馬が連対しています。穴を探すつもりが結局お前らかいというデータでした(笑)

単勝2番人気での勝利経験
○オブセッション
○ジャンダルム
○ダノンプレミアム
○ワグネリアン

データ分析は以上です。ダノンプレミアムとワグネリアンの2頭はデータから見ても鉄板級です。3番手がオブセッション、ジャンダルム、サンリヴァルのどれかという感じになりそうです。

弥生賞枠順確定前の全頭データ分析は下の結果になりました。

弥生賞 全頭評価

ブログランキング画像をクリックすると下の空白部分にデータ分析からの総合評価(A~Eの5段階)が表示されるので、予想の参考にしてみて下さい。PCの方はCtrl+Cが簡単です。

以上弥生賞のデータ分析でした。最終予想は枠順確定後に公開しますのでよろしくお願いします。

重賞予想は「最強競馬ブログランキング」で公開中

予想印(◎○▲☆△)
最強競馬ブログランキングで公開しています。

最強競馬ブログランキングへ

公開予定時間は金曜12:00~になります。
ブログランキング参加中、クリックして頂けると励みになります。

-重賞データ分析

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.