JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

弥生賞2018予想 オブセッションはダービー向き?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。


3/4(日)中山11R 弥生賞の予想です。最終的に10頭立てとなりダノンプレミアムが8枠9番、ワグネリアンが7枠8番、オブセッションは1枠1番に入りました。3着までに皐月賞の優先出走権が与えられますが今年は未出走馬ヘヴィータンクが出走。1984年のグレード制導入以降、初めてのケースのようですがこの場合は2着に入ることで優先出走権が与えられます。

大混戦の菊花賞も指数で的中!


今週の無料提供レースは「菊花賞」です。
登録後、運営者北条氏のブログでレース当日に指数を公開します。

的中率抜群のコラボ@指数を使ってみよう!
前半1~6Rまでは無料で指数公開
有料プランは月額1980円で全レース公開!

まずは無料指数を見に行く!

弥生賞 データ分析

↓弥生賞のデータ分析は前回の記事を参考にしてください。
◆弥生賞 データ分析

・1.2番人気は堅実
・関東関西で差はない
・キャリア2~5戦が好走
・勝率は外枠、複勝率は内枠
・先行、差し馬
・前走重賞組が中心
・前走距離が長いほど○
・前走1番人気が◎
・前走1着が◎
・連対率100%が好走
・2番人気での勝利経験

データ分析からは以上のような傾向でした。特に好走率がアップするのが前走1番人気&1着で順調にここに臨んできた馬。今回無敗馬3頭がディープインパクト産駒と血統的にも近いのでどう印を打つか悩みます。

↓今回人気3頭のディープインパクト産駒についてはこちら
◆ディープインパクト産駒の特徴

にほんブログ村テーマ 馬(競馬)へ
馬(競馬) 中央競馬予想 JRA競馬予想 競馬予想 競馬(重賞中心)

9月29日 中山1R 2歳未勝利

【インフィニティ】三連単・軸1頭マルチ
10 → 01、04、14
点数:18点 推奨:1,000円
投資合計:18,000円 → 2,165,800円

⇒この3頭を選べる秘密は?


スプリンターズSも三連複65,370円的中!
的中率の高い無料情報「贈」をまずは試してみて下さい♪

⇒今すぐサイトを見に行く!

有力馬考察

1枠1番 オブセッション

 
2戦目のシクラメン賞で2歳の芝1800mのレコードとなる1.45.6(上がり33.5秒)のタイムで快勝。とにかくタイムが優秀なため同日チャレンジCが1.58.6のタイムなのでパッと見古馬クラスの力を持っていそうですがシクラメン賞は外回りのコーナー2つ、チャレンジCは内回りのコーナー4つなので単純な比較は危険。前走重賞組に比べて500万組が落ちるデータがややマイナスなのと、飛びが大きいのでコース適性が不安。皐月賞よりはダービー向きだと思います。

追い切り評価:B

美浦南W 馬なり【69.3-53.0-38.9-12.8】
ラストのタイムなど全体的には前走シクラメン賞の時と変わらず、休み明けですが概ね前走と同じような調整ができたと思います。

 

3枠3番 ジャンダルム

 
無敗のディープインパクト産駒3頭が注目を集めていることと、母ビリーヴという血統で実績より低い評価をされそうですが、前走ホープフルSで中山2000mを経験しているのはプラス材料。弥生賞7勝の武豊騎手と昨年の皐月賞でワンツーの池江厩舎というのも魅力です。

追い切り評価:A

栗東CW 馬なり【69.8-52.9-39.2-11.4】
武豊騎手が騎乗しシャルドネゴールドを追走し0.2秒先着。終い重視で非常に良い調教内容でした。

 

7枠8番 ワグネリアン

 
新馬戦では超スローペースからの上がり32.6秒、野路菊Sでは雨の重馬場、そして東スポ杯ではルーカスに3馬身差の完勝と1戦ごとにレベルアップを感じさせる内容。父ディープインパクト×母父キングカメハメハという血統はまだ産駒が少なくデニムアンドルビーくらいしか活躍馬がいないのですが、勝率や複勝率が非常に高いので血統的にも期待の1頭。やや小柄な馬体と、全姉テンダリーヴォイスが早熟馬だったのでこの3か月半でどこまで成長したかが気になります

追い切り評価:A

栗東坂路 馬なり【53.9-39.9-25.9-12.3】
軽めの調整でしたが脚さばきもよく好感触でした。休み明けですがしっかりと仕上げてきています。

 

8枠9番 ダノンプレミアム

 
朝日杯FSを3.1/2差の圧勝。グラスワンダーを越えるレーティングを得るなど怪物級の評価を得ましたが前走朝日杯組は2.3着が多く、弥生賞は前走距離が長い方が好成績なのがやや不安。阪神1800mの新馬戦を勝っているので距離はこなせると思いますが外枠からどう位置を取りに行くか。

追い切り評価:A

栗東CW 馬なり【85.0-68.2-52.4-38.0-11.6】
川田騎手が騎乗し迫力を感じさせる内容でした。CWでの追い切りは前走、前々走と同様で調整としては文句なし。

 

その他の馬

 
前走ホープフルSは4着に敗れましたがハイペースで先行し、先行勢では唯一の掲示板ということを考えるとサンリヴァルは粘れたら面白い存在。実質ダノンプレミアム、ワグネリアン、オブセッション、ジャンダルム、サンリヴァルの5頭かなと思いますが、昨年のマイスタイルと同じサンデー系×ミスプロ系のリビーリング、トラストケンシンあたりはレース展開次第。

あと気になるのがダートの新馬戦を勝ったアサクサスポット。前走ダートという時点で切りですが後方から上がり36.3秒で追い込んだ新馬戦は迫力がありました。ワークフォース産駒はアドマイヤウイナーやクィーンズベストなど芝の中距離以上が得意なので一発あるならこの馬かと。

 

無料買い目企画「俺の無料」

下位人気馬をうまく組み込む
点数少なめな3連系の特注情報が満載!

無料メルマガ購読はこちら

弥生賞 最終予想

ブログランキング画像をクリックすると下の空白部分に予想印が表示されます。PCの方はCtrl+Cが簡単です。


【買い目】
馬連:◎○▲☆△ BOX10点
馬単:◎○▲-◎○▲☆△注 フォーメーション15点
三連複:◎○▲☆△注 BOX20点
合計45点 3月は三連単は外して3種類で実験。弥生賞はかなりの確率でガミりそうですが(; ・`д・´)

以上弥生賞の予想でした

有料予想を管理人が自腹で検証!

有料サイトの検証を行なっているので
色んな有料予想を無料で見れちゃいます

無料メルマガ購読はこちら
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。
▼応援よろしくお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
   

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.