中山芝2500mデータ|血統・騎手・枠順・馬体重など8つの特徴を分析

更新日:


中山芝2500m・過去10年のデータ分析です。人気・脚質・枠順・馬体重別の成績や中山芝2500mを得意とする血統(種牡馬・母父)や騎手・調教師を分析しています。

中山競馬場 芝2500m
直線:310m


内回りコースを使用。年末のグランプリ・有馬記念の舞台です。スタート後すぐにコーナーに入る小回りのため内枠が有利。コーナー数も6つと多いため器用さが重要になります。

前半はスローで残り1000m前後からペースアップすることが多く、ロングスパートやマクリ気味の差しが決まることも多いです。最後の直線は310mで残り200mからは急坂が待ち構えています。パワーや小回り適性が必要なコースですが、9月開催だけは野芝で行われるため高速馬場になります。


中山芝2500mの傾向データ

中山芝2500m 人気データ


1番人気と2番人気では勝率などはほぼ変わらず、期待値では2番人気の方が上というデータに。さらに3番人気の勝率が異常に低く4番人気の方が好走するという、サンプル数が少ないながら異質なデータとなっています。有馬記念でも最後に3番人気で勝ったのは2001年マンハッタンカフェまで遡ります。

人気薄が激走することもあり近年では有馬記念のゴールドアクター(8番人気)や日経賞のネコパンチ(12番人気)、古くはマツリダゴッホやダイユウサクなど何が起きるか分からないコースです。

中山芝2500m 脚質データ

※特別レースを集計

6つのコーナーを回りカーブが続くコース形態から先行有利となっています。差し馬も届きますが4コーナー10番手以内は必須。2014年ジャスタウェイも4コーナー12番手から33.4秒の末脚を使うも4着が精一杯でした。

有馬記念では3~4コーナーで馬群が一団になることが多いのですが、短い310mという直線のため前の馬が壁になったり一度ブレーキをかけると取り戻せない事も多いです。

中山芝2500m 枠順・馬番データ

枠順

馬番

1枠に入った馬の成績が非常に良く、やや内枠有利となっています。有馬記念では2017年クイーンズリングや2009年エアシェイディなど内寄りの枠から激走する穴馬が目立ちます。

1度だけで廃止になりましたが、2014年にはJRA60周年を記念して有馬記念の枠順が公開ドラフト制で行われました。

外からのデータ分析よりも競馬関係者が選んだ順ということで非常に興味深い内容でしたが、結果1巡目のジェンティルドンナが1着、2巡目のトゥザワールドが2着という結果になりました。

2014年 有馬記念枠順公開抽選会 結果

①2枠4番 ジェンティルドンナ 1着
②3枠6番 トゥザワールド 2着
③1枠2番 ヴィルシーナ
④1枠1番 トーセンラー
⑤2枠3番 ワンアンドオンリー
⑥4枠8番 メイショウマンボ
⑦3枠5番 ラキシス
⑧4枠7番 ラストインパクト
⑨5枠10番 フェノーメノ
⑩5枠9番 ウインバリアシオン
⑪6枠11番 サトノノブレス
⑫6枠12番 デニムアンドルビー
⑬7枠14番 ゴールドシップ
⑭7枠13番 エピファネイア
⑮8枠15番 ジャスタウェイ
⑯8枠16番 オーシャンブルー

中山芝2500m 馬体重データ

※特別レースを集計

500kg以上の馬が連対率が高めに出ていますが、有馬記念では460~479kgが最も安定しています。条件戦であれば馬格を重視すべきですが、グランプリとなると馬体重の影響は少なそうです。

中山芝2500mの血統データ

中山芝2500m 種牡馬データ


オルフェーヴル、ドリームジャーニー、ゴールドシップを擁するステイゴールド産駒が圧倒的な勝利数を誇り、基本的にはサンデー系かロベルト系が強いコースです。

ディープインパクト産駒はこの距離はギリギリなのか、サトノダイヤモンドとジェンティルドンナが有馬記念を勝ってはいますがそれ以外ではかなり苦戦しています。

相性の悪い種牡馬
・タニノギムレット(1-1-1-21/連対率8.3%)
・グラスワンダー(1-0-1-12/連対率7.1%)
・ゼンノロブロイ(3-0-0-30/連対率9.1%)

他にはジャングルポケット産駒は勝利数では一応上位に入ってはいますが、重賞では(0-0-0-12)でオウケンブルースリ、トーセンジョーダン、ジャガーメイルなどGⅠレベルの馬で臨みながら結果が出ていません。

中山芝2500m 母父データ


母父サンデーサイレンスは勝率6%と勝ちきれず、サドラーズウェルズやダンシングブレーヴなどの欧州ノーザンダンサー系がコース適性が高そうです。

母父メジロマックイーンは説明不要レベルですが4勝全てが有馬記念。オルフェーヴル、ゴールドシップ、ドリームジャーニーといずれも父ステイゴールドです。

相性の悪い母父
・フレンチデピュティ(0-0-0-13/連対率0.0%)
・コマンダーインチーフ(1-0-0-19/連対率5.0%)
・ダンスインザダーク(1-1-1-21/連対率8.3%)

フレンチデピュティは母父としては数々の名馬を輩出していますが中山芝2500mは苦手なようで日経賞で2番人気に推されながら4着に敗れたレインボーラインなど人気馬はいますが3着以内無しという結果に。

中山芝2500mの騎手・調教師データ

中山芝2500m 騎手データ


戸崎騎手や松岡騎手が好成績。吉田隼騎手はゴールドアクターの有馬記念の印象そのままに穴馬を持ってくることも多く非常にお勧め。

有馬記念では池添騎手が過去10年で3勝を挙げています。ルメール騎手はサトノダイヤモンドで勝っている他、8番人気クイーンズリング、10番人気オーシャンブルー、7番人気エイシンフラッシュと穴馬を3度2着に導いています。

相性の悪い騎手
・武士沢友治(0-0-0-26/連対率0.0%)
・石橋脩(0-0-3-25/連対率0.0%)
・三浦皇成(1-2-2-38/連対率7.0%)

他には横山典騎手が(1-3-8-16)と3着が多い傾向で福永騎手も(0-2-3-16)と1着がありません。

中山芝2500m 調教師データ


ドリームジャーニー、オルフェーヴル兄弟を管理した池江厩舎が勝利数トップ。藤沢厩舎はかつてはゼンノロブロイやシンボリクリスエスで勝利していますが近年は有馬記念を回避する傾向にあり、条件戦が多いです。

驚異的な回収値の星野厩舎は12番人気ネコパンチ、15番人気グランデスバル、5番人気ケンブリッジサンと全て人気薄で勝っています。

相性の悪い調教師
・友道康夫(1-0-2-17/連対率5.0%)
・萩原清(1-0-0-12/連対率7.7%)
・堀井雅広(1-0-0-13/連対率7.1%)

友道調教師は長距離戦に強くシュヴァルグランやジュンスパーヒカルなど人気の一角にはなりますがあまり相性は良くなさそうです。

中山芝2500mの平均タイム

平均タイム(古馬)

クラス 平均タイム 前3F 後3F
500万 2.34.1 36.7 35.7
1000万 2.35.0 37.1 35.8
1600万 2.35.0 36.7 36.2
オープン 2.33.4 36.6 35.5

中山芝2500mで行われるレース
・有馬記念
・日経賞
・サンシャインS
・グレイトフルS

中山芝2500mまとめ

・2番人気、4番人気
・先行馬
・1枠
・父ステイゴールド
・母父サドラーズウェルズ、ダンシングブレーヴ
・戸崎圭太、吉田隼人、池添謙一、ルメール
・池江泰寿、藤沢和雄
・追い込み馬
・13~16番
・父ゼンノロブロイ、グラスワンダー、タニノギムレット
・母父フレンチデピュティ、コマンダーインチーフ、ダンスインザダーク
・武士沢友治、三浦皇成、石橋脩
・友道康夫、萩原清、堀井雅広


中山競馬場 芝コース
芝1200m 芝1600m 芝1800m 芝2000m 芝2200m 芝2500m 芝3600m

中山競馬場 ダートコース
ダ1200m ダ1800m ダ2400m

重賞予想は「最強競馬ブログランキング」で公開中

予想印(◎○▲☆△)
最強競馬ブログランキングで公開しています。

最強競馬ブログランキングへ

公開予定時間は金曜12:00~になります。
ブログランキング参加中、クリックして頂けると励みになります。

-中山競馬場 コースデータ
-,

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.