桜花賞2018予想|アーモンドアイ/ロードカナロア産駒の阪神相性、稍重適性◎!

更新日:


2018年4月8日(日)
桜花賞の予想です。

断然人気予想のラッキーライラックが
桜花賞の死に枠・1枠1番に入りました。

前回の記事で分析しましたが、1枠・2枠はラッキーライラックのような順調なローテーションを経た人気馬が入ったことがなく、あまり気にすることはないという結論。

むしろ雨が怖かったのですが関西は金曜日が雨、土日は晴れときどき曇りという予報。土曜は前日の雨の影響もあるかもしれませんが日曜は恐らく良馬場、悪くても稍重になるのではないでしょうか。


桜花賞データ分析

・1~2枠はやや厳しい
・差し馬の成績が良い
・3番人気まではある程度信頼
・キャリア3~6戦
・関西馬有利
・関東馬は当日7番人気以内
・馬体重480~499kgが好成績
・440kg未満は当日6番人気以内
・前走チューリップ賞
・前走2番人気以内
・前走3着以内
・4着以下はチューリップ賞組のみ買い

データ分析からは上記のような結果に。
ラッキーライラックは1枠、アーモンドアイとプリモシーンは前走からの間隔がデータ的には不安要素です。かと言ってリリーノーブルやマウレアの逆転勝利というイメージも沸きづらいですね。

詳しいデータ分析はリンク先の記事をご覧下さい。

有力馬考察

それでは桜花賞の有力馬を見ていきます。

ラッキーライラック

最終追い切り:B
栗東CW 馬なり
84.8-67.1-52.3-38.2-11.6

ローテーション・馬格共に文句無し。レース振りにも安定感があり1戦ごとにタイムを縮めているのも好材料。前走もマウレア、リリーノーブルに影を踏ませず危なげない勝利。

余程ハイペースにならなければ軸には最適ですが、1枠に入った事で他騎手は内に閉じ込めようとする可能性はあり。内で包まれ直線上手く抜け出せないと沈む可能性はありますがスタートも無難にこなし、不安要素が無い訳ではありませんが他馬に比べれば断然少ないです。

石橋脩騎手もこの馬も同じ4/3生まれ、昨年石橋騎手は自己最多の67勝を挙げておりこの馬との出会いでもう一皮剥けることができるか。オルフェーヴル初年度産駒が無敗でクラシックを制すというのはシンボリルドルフとトウカイテイオーにも通ずるものがあり、予想抜きに応援したい馬です。

データ不足は承知の上で、無いよりはマシかもしれませんw

リリーノーブル

最終追い切り:A
栗東CW 強め
66.8-51.3-36.9-11.5

前走はマウレアを捉えられず3着でしたが、相手が権利取りの仕上げに対してこちらは前哨戦仕上げでした。順調にローテーションをこなし枠順も最適。

ルーラーシップ産駒は阪神の成績は決して良くはありませんが阪神JF、チューリップ賞を見る限り問題ないでしょう。ただ稍重よりは良馬場でこそ能力を発揮できるので馬場状態によってはやや割引。

本来マイルよりも中~長距離向きなんですが、パッと見オークス向き。

マウレア

最終追い切り:A
栗東CW 馬なり
81.6-66.1-52.1-37.8-12.0

前走は桜花賞の権利取りで3着以内を必ず取らなければならず、クイーンCから中2週の強行ローテ。桜花賞から逆算していた上2頭に比べるとやはり前走から大きな上積みは考えづらいのではないかと思います。

チューリップ賞は栗東留学で調整しているため輸送が無い点は好材料ですが、小柄な馬体やローテーションを考えると頭では厳しいという印象です。

ディープ産駒はもう説明するまでもありませんね。

アーモンドアイ

最終追い切り:B
美浦南W(モヤのため計時不能)

ロードカナロア産駒の阪神コース相性、稍重適性は抜群で桜花賞に多い差し切り勝ちというパターンに最も当てはまるのがこの馬。シンザン記念の末脚は圧巻でしたが3か月間隔が空いた事と時計的な裏付けに乏しいのが不安要素。

追い出してからのスピードに乗った走りは迫力十分で、一発あるとしたらチューリップ賞のリリーノーブルやマウレアよりも末脚の破壊力があるこの馬か。

オルフェーヴルより勝ち上がり率が良いのが救い。マイル、稍重、坂は得意です。

プリモシーン

最終追い切り:B
美浦南W 仕掛(モヤのため計時不能)

アーモンドアイと似たローテーションでフェアリーS以来3か月振りの実践。フェアリーSという本番に繋がりにくいレースのためアーモンドアイの劣化版に見られますが、フェアリーSでは外枠からコーナーで位置を押し上げそのまま抜け出す完勝。

初の関西遠征という点でも不安要素は大きいですが、ディープ産駒に加えて480kg前後の馬体重は桜花賞の好走条件をクリアしています。

ディープ産駒。

その他の馬

アンコールプリュは前走フィリーズレビューでは最後方から最速の上がりで2着。小柄な馬なので距離は1400mよりもマイル以上が合っていそうで2.3着なら可能性アリ。

レッドサクヤ、フィニフティは今年絶好調の藤原厩舎。キャリア1戦でクイーンC2着という未知の魅力からフィニフティの方が人気になりそうですが、マウレアやインディチャンプ相手に接戦を演じてきたレッドサクヤの方が面白い存在。母がサクラサクといかにも罠っぽい感じはありますがw

あと1頭挙げるとすればトーセンブレス。稍重の新馬戦では出遅れてダッシュがつかず残り600mから一気にコーナーで加速し直線でも一度進路を替えながらあっさり差し切り、プリモシーンに0.3秒差をつける完勝。

阪神JF、休み明けのフラワーCでも最速の上がりを記録しておりスタートや展開に注文はつきますが純粋な速さで言えば無視できない存在です。ただ鞍上が今年3勝の52歳先生…

桜花賞 予想

ブログランキング画像をクリックすると◎○▲が表示されます。PCの方はCtrl+クリックが簡単です。


以上桜花賞のデータ分析でした。
推奨馬7頭の予想印(◎○▲☆△)は最強ブログランキングで公開していますのでそちらもご覧下さい。

重賞予想は「最強競馬ブログランキング」で公開中

予想印(◎○▲☆△)
最強競馬ブログランキングで公開しています。

最強競馬ブログランキングへ

公開予定時間は金曜12:00~になります。
ブログランキング参加中、クリックして頂けると励みになります。

-重賞予想
-,

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.