アーリントンC2018データ分析│道悪ならロードカナロア産駒ダノンスマッシュ!

投稿日:


2018年4月14日(土)
アーリントンCのデータ分析です。

今年からNHKマイルCのトライアルとして開催時期が変更になり、1回阪神の開幕週から2回阪神の最終週へ移動。3着に入るとNHKマイルCの優先出走権が与えられます。

予想オッズ
・2.1倍 タワーオブロンドン
・3.4倍 インディチャンプ
・6.0倍 ダノンスマッシュ
・6.2倍 レッドヴェイロン
・12.3倍 パクスアメリカーナ

京王杯2歳Sを勝ち朝日杯でも3着に入ったタワーオブロンドンがここから始動。コース実績もあり1番人気は間違いないかと思われます。前走毎日杯で◎を打つも後方からチグハグな競馬だったインディチャンプが2番人気予想。

他にはファルコンSを1番人気で大敗したダノンスマッシュやきさらぎ賞3着のラセットが出走予定。前走阪神1800mの未勝利戦で5馬身圧勝のレッドヴェイロン、昨年末の阪神マイルを1.34.2の好時計で圧勝したエアアルマスらの新勢力にも注目です。

それではアーリントンCの過去10年のデータ分析をしていきます。開催時期が変更になったため参考程度にご覧下さい。


アーリントンCのコース分析

阪神芝1600mの特徴

阪神・芝1600mは外回りを使用。コーナーが内回りに比べてゆったりしているため直線で横一線になりやすく、直線の長さが474mと長く坂もあるため差しや追い込みが決まりやすいコースです。

過去5年の平均タイム

年度 タイム 前3F 後3F
2017年 1.34.1 35.3 35.0
2016年 1.34.1 34.4 35.0
2015年 1.35.9 35.6 35.1
2014年 1.34.0 35.2 35.2
2013年 1.34.8 35.9 34.1

今週の土日は雨の予報が出ているため稍重~重馬場になるのではないでしょうか。馬場が渋るなら稍重のもみじSを3馬身差で勝っているダノンスマッシュ。ロードカナロア産駒の重馬場適性は高く好条件。

アドマイヤアルバも前走を含め稍重~重でも崩れない堅実さはありますが連闘になるため出走してくるかが不明。パクスアメリカーナは前走稍重のこぶし賞でニュージーランドT2着のケイアイノーテックを破っています。

枠順データ

枠順 着度数 勝率 複勝率
1枠 1-0-0-10 9.1% 9.1%
2枠 0-2-3-7 0.0% 41.7%
3枠 0-2-3-7 0.0% 41.7%
4枠 2-2-0-11 13.3% 26.7%
5枠 0-0-0-17 0.0% 0.0%
6枠 3-2-0-13 16.7% 27.8%
7枠 0-1-2-17 0.0% 15.0%
8枠 4-1-2-13 20.0% 35.0%

複勝率では2~3枠が優秀ですが、勝ち馬は中~外枠からが多く8枠が4勝を挙げています。ただしアーリントンCはフルゲートになることは少なく10~14頭立てになる事が多いです。

トライアルになったため出走頭数が増えると思われましたが現在の登録は15頭。アドマイヤアルバなど出走するのか微妙な馬もいるためほぼ例年通りの出走頭数になりそうです。

脚質データ

脚質 着度数 勝率 複勝率
逃げ 3-0-2-5 30.0% 50.0%
先行 2-5-2-24 6.1% 27.3%
差し 3-3-2-34 7.1% 19.0%
追込 2-2-4-31 5.1% 20.5%
マクリ 0-0-0-0 0.0% 0.0%

直線が長い阪神コースなので差し・追い込みも届きますが脚質による有利不利は少ないです。逃げ馬が残る事も多く、今年はラブカンプーが似げレッドヴェイロン、ウォーターパルフェあたりがその後につける展開か。

アーリントンCの傾向データ

人気データ

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 3-1-0-6 30.0% 40.0%
2番人気 1-1-0-8 10.0% 20.0%
3番人気 0-2-2-6 0.0% 40.0%
4番人気 2-0-1-7 20.0% 30.0%
5番人気 2-1-1-6 20.0% 40.0%
6-9番人気 2-3-5-30 5.0% 25.0%
10-番人気 0-2-1-32 0.0% 8.6%

1番人気の複勝率40%は信頼性に欠け、9番人気まで複勝率では大きな差はありません。10番人気以下になると好走率は下がりますが人気はアテにしない方がいいレースです。

所属データ

所属 着度数 勝率 複勝率
美浦 1-1-3-14 5.3% 26.3%
栗東 9-9-7-79 8.7% 24.0%

関東馬は出走は少ないですが複勝率ではほぼ変わりません。2015年ヤングマンパワー(9番人気/1着)、2010年レト(8番人気/3着)、2009年マイネルエルフ(12番人気/2着)と人気馬よりも穴馬の好走が目立ちます。

今年はタワーオブロンドン、ピースユニヴァース、イルルーメの3頭が関東馬。

キャリアデータ

戦績 着度数 勝率 複勝率
2戦下 1-1-2-14 5.6% 22.2%
3戦 1-2-1-15 5.3% 21.1%
4戦 4-1-1-22 14.3% 21.4%
5戦 1-1-1-14 5.9% 17.6%
6戦 2-4-2-17 8.0% 32.0%
7戦 1-0-3-4 12.5% 50.0%
8戦上 0-1-0-8 0.0% 16.7%

キャリア2戦以下で3着に入ったのは、2016年ロワアブソリュー(7番人気/3着)、2015年ヤングマンパワー(9番人気/1着)、マテンロウハピネス(7番人気/3着)、2010年ザタイキ(1番人気/2着)の4頭でこちらも穴馬が多いです。

今年はエアアルマスがキャリア2戦。12月の未勝利戦を1.34.2の好タイムで勝っているためそこそこ人気になりそうです。父マジェスティックウォリアーはベストウォーリアの活躍で2016年から日本で供用、2019年産駒デビュー。

キャリア7戦以上で馬券内に入った馬は、2008年のディープスカイを除き500万以上での勝利経験がありました。

キャリア7戦以上で500万以上での勝利経験なし
×イルルーメ
×ウォーターパルフェ
×ニシノベースマン

アーリントンCの馬体重データ

馬体重データ

馬体重 着度数 勝率 複勝率
439下 1-0-1-8 10.0% 20.0%
440-459 0-1-3-21 0.0% 16.0%
460-479 2-5-3-35 4.4% 22.2%
480-499 4-1-1-20 15.4% 23.1%
500-519 1-3-2-9 6.7% 40.0%
520上 2-0-0-2 50.0% 50.0%

馬体重 着度数 勝率 複勝率
今回増 4-5-2-30 9.8% 26.8%
増減無 1-0-3-13 5.9% 23.5%
今回減 5-5-5-51 7.6% 22.7%

440kg未満で勝ったのは2016年のレインボーライン(4番人気)。馬券内の多くは460kg以上で459kg未満の馬は当日8番人気以内なら買い。

前走馬体重459kg未満
×ニシノベースマン
×ラブカンプー

アーリントンCの前走データ

前走クラス

クラス 着度数 勝率 複勝率
GⅠ 0-3-0-11 0.0% 21.4%
GⅡ 1-0-0-1 50.0% 50.0%
GⅢ 4-2-5-14 16.0% 44.0%
オープン 2-2-1-16 9.5% 23.8%
500万 3-3-3-37 6.5% 19.6%
未勝利 0-0-0-7 0.0% 0.0%
新馬 0-0-1-4 0.0% 20.0%

開催時期変更により参考程度ですが朝日杯組が勝っていません。京王杯2歳S勝ちのボールライトニングも2番人気で8着に敗れています。

また未勝利勝ちも苦戦していますがそのほぼ全てが当日10番人気以下だったので、エアアルマスには当てはまらなそうです。

前走距離

距離 着度数 勝率 複勝率
1200m下 0-1-0-5 0.0% 16.7%
1400m 4-1-2-26 12.1% 21.2%
1600m 5-8-5-42 8.3% 21.7%
1800m 1-0-3-15 5.3% 21.1%
2000m上 0-0-0-7 0.0% 0.0%

前走は1400~1600mが中心。前走1800mで勝ったのは2012年2番人気のジャスタウェイで前走きさらぎ賞4着からのローテーションでした。

開催時期変更により毎日杯やきさらぎ賞、共同通信杯からのローテーションは増えてくると思われます。過去の傾向からは買いデータではありませんが、消しデータでもないので今年はあまり気にしなくていいかと。

前走人気

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 4-1-3-19 14.8% 29.6%
2番人気 1-3-2-10 6.3% 37.5%
3番人気 2-1-2-11 12.5% 31.3%
4番人気 1-2-1-11 6.7% 26.7%
5番人気 0-1-1-12 0.0% 14.3%
6-9番人気 2-1-1-24 7.1% 14.3%
10-番人気 0-1-0-8 0.0% 11.1%

前走人気に推されていた馬ほど好成績。

前走条件戦
・前走3番人気以内(3-2-4-27)
・前走4番人気以下(0-1-0-21)

前走条件戦で4番人気以下
×イルルーメ
×ニシノベースマン

前走着順

着順 着度数 勝率 複勝率
1着 4-3-2-37 8.7% 19.6%
2着 0-1-2-11 0.0% 21.4%
3着 2-1-0-3 33.3% 50.0%
4着 1-1-1-8 9.1% 27.3%
5着 1-0-2-9 8.3% 25.0%
6-9着 2-3-3-10 11.1% 44.4%
10-着 0-1-0-17 0.0% 0.0%

前走オープンクラスの場合は着順不問ですが、前走6~9着に敗れていた馬が(2-3-3-4)複勝率66.7%と好成績。時期変更前はシンザン記念やきさらぎ賞といった京都コースで敗れ、阪神変わりで巻き返すパターンが多く見られました。

前走条件戦
・前走1着(3-2-2-30)
・前走2着以下(0-1-2-18)

前走条件戦で2着以下
△イルルーメ
△ニシノベースマン

以上アーリントンCのデータ分析でした。
にほんブログ村テーマ 馬(競馬)へ
馬(競馬) 中央競馬予想 JRA競馬予想 競馬予想 競馬(重賞中心)

アーリントンC データ推奨馬

ブログランキング画像をクリックすると下の空白部分が表示されます。PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

重賞予想は「最強競馬ブログランキング」で公開中

予想印(◎○▲☆△)
最強競馬ブログランキングで公開しています。

最強競馬ブログランキングへ

公開予定時間は金曜12:00~になります。
ブログランキング参加中、クリックして頂けると励みになります。

-重賞データ分析
-,

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.