青葉賞2018データ分析|サトノソルタスは危険な人気馬?前走1800mは過去6年(0-0-0-31)

投稿日:


2018年4月28日(土)
青葉賞のデータ分析・予想です。

━【PR】━━━━━━━━━━━━━━━━
昨年の宝塚記念の指数及び結果一覧です。



このサイトでは指数上位6頭を推奨していますが、
結果は3着に7位の馬が入ったということは要するに指数値30以下が注目馬です。

こちらは宝塚記念の過去4年のデータです。
2014年2着と2015年3着以外は全て指数値30以下の馬で決着しています。
宝塚記念の指数、要チェックだと思いませんか?



「うまコラボ」の指数は・・・適性指数×スピード指数×統計データ×血統理論
これらのデータを融合させていて、ここでしか出せない情報なのです。

宝塚記念は指数で的中を狙ってみましょう!!
自分の予想+指数予想で相乗効果させて予想精度をアップしませんか?

≪宝塚記念≫無料公開ー指数データを週末土曜日公開
ー宝塚記念の無料指数データはコチラー
メールアドレスを入力してリターンメールをクリックするだけで登録完了です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

弥生賞では4コーナーで大きく膨れ大敗したオブセッションがダービーの権利を目指しここに出走。他にはキャリア1戦で共同通信杯2着のサトノソルタスやアザレア賞で2400mを経験しているスーパーフェザーが出走を予定しています。

予想オッズ
・2.9倍 オブセッション
・3.6倍 サトノソルタス
・4.3倍 スーパーフェザー
・4.7倍 ダノンマジェスティ
・14.5倍 エタリオウ

先週のフローラSと同じく上位人気がディープ産駒。オブセッション、ダノンマジェスティは能力はあってもヤンチャな部分がまだあり、東京2400mという長丁場で折り合いをつけられるかが鍵。

サトノソルタスは今回もゆったり間隔を取り2か月半振りの出走。使い方を見ても本格化は秋以降と思います。また共同通信杯組のその後の成績を見るとややレベルには疑問も。スーパーフェザーは3年連続で勝ち馬を輩出しているアザレア賞からのローテーションです。

それでは青葉賞の過去10年のデータを分析していきます。


青葉賞のコース分析

東京芝2400mの特徴


ダービーやジャパンCなど日本を代表するGⅠが行われる舞台。直線の坂を上りきった地点からスタートし、前半1000mは平坦~下り坂となっています。スピード、スタミナ、底力など総合力が問われるコースでレースレベルが上がるほど人気馬が好走しやすい傾向があります。

過去5年の平均タイム

年度 タイム 前3F 後3F
2017年 2.23.6 35.5 35.2
2016年 2.24.2 35.9 35.8
2015年 2.26.9 36.2 34.3
2014年 2.26.5 35.8 34.8
2013年 2.26.2 36.6 34.7

先週のフローラSでは1.59.5(61.1-58.4)の速い時計が出ており、高速寄りの馬場であればやはりディープインパクト産駒。有力馬は差しタイプが多く、高速馬場でのキレとなるとスーパーフェザー、オブセッションが有利でしょうか。

青葉賞 枠順データ

枠順 着度数 勝率 複勝率
1枠 1-2-0-15 5.6% 16.7%
2枠 1-2-0-15 5.6% 16.7%
3枠 2-1-1-14 11.1% 22.2%
4枠 2-1-1-15 10.5% 21.1%
5枠 1-1-3-15 5.0% 25.0%
6枠 1-2-0-17 5.0% 15.0%
7枠 1-1-2-22 3.8% 15.4%
8枠 1-0-3-23 3.7% 14.8%

枠順では真ん中寄りの枠の3~5枠の複勝率が高めに出ています。全体的にはやや内寄りの枠に好走馬が集中しており、7~8枠に入った馬はやや割引き。

青葉賞 脚質データ

脚質 着度数 勝率 複勝率
逃げ 0-1-0-9 0.0% 10.0%
先行 2-2-0-28 6.3% 12.5%
差し 5-5-9-56 6.7% 25.3%
追込 2-2-1-42 4.3% 10.6%
マクリ 1-0-0-1 0.0% 0.0%

逃げ・先行馬は苦戦しており2014年以降は特に差し・追い込みタイプの馬が好走しています。

2017年も1着アドミラブルはコーナー通過順が(12-9-4)のマクリ勝ち、2着ベストアプローチは4コーナー通過9番手、3着アドマイヤウィナーは4コーナー通過が7番手と全て後方からの馬。

青葉賞の傾向データ

青葉賞 人気データ

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 5-1-2-2 50.0% 80.0%
2番人気 1-1-1-7 10.0% 30.0%
3番人気 0-0-1-9 0.0% 10.0%
4番人気 1-3-1-5 10.0% 50.0%
5番人気 0-1-1-8 0.0% 20.0%
6-9番人気 2-3-3-32 5.0% 20.0%
10-番人気 1-1-1-73 1.3% 3.9%

1番人気馬は複勝率80%と馬券の軸には最適です。今年はオブセッションかサトノソルタスのどちらかになると思われます。次いで成績が良いのは4番人気でこちらはダノンマジェスティかスーパーフェザーか。当日の人気には注目です。

青葉賞 所属データ

所属 着度数 勝率 複勝率
美浦 4-5-3-68 5.0% 15.0%
栗東 6-5-7-68 7.0% 20.9%

関西馬は人気馬が中心。関西馬+当日7番人気以下で馬券に絡んだのは2017年のアドマイヤウィナーと2012年のエタンダール。2頭とも芝2200mの500万勝ちの実績、芝1800m以上のオープンクラスのレースで3着以内という共通点がありました。

関西馬
・当日6番人気以内(6-4-6-21)
・当日7番人気以下(0-1-1-47)

×カフジバンガード
×シルヴァンシャー
×スズカテイオー
×ダブルフラット
×ノストラダムス

青葉賞 キャリアデータ

戦績 着度数 勝率 複勝率
2戦 1-1-2-6 10.0% 40.0%
3戦 2-2-2-18 8.3% 25.0%
4戦 4-0-2-26 12.5% 18.8%
5戦 1-4-1-29 2.9% 17.1%
6戦 2-3-2-25 6.3% 21.9%
7戦上 0-0-1-32 0.0% 3.0%

キャリア2~6戦に好走馬が集中しておりキャリア7戦以上はほぼ全滅。唯一の例外は2009年のトップカミング。シンザン記念、共同通信杯、若葉Sで3着の実績があり当日6番人気でした。

キャリア7戦以上
×カフジバンガード
×ノストラダムス
×マイネルサリューエ

青葉賞の馬体重データ

青葉賞 馬体重データ

馬体重 着度数 勝率 複勝率
439下 0-1-0-5 0.0% 16.7%
440-459 0-0-3-17 0.0% 15.0%
460-479 3-2-2-46 5.7% 13.2%
480-499 4-2-3-39 8.3% 18.8%
500-519 2-3-1-21 7.4% 22.2%
520上 1-2-1-8 8.3% 33.3%

前走との馬体重差

馬体重 着度数 勝率 複勝率
今回増 6-2-2-38 12.5% 20.8%
増減無 1-2-0-28 3.2% 9.7%
今回減 3-6-8-70 3.4% 19.5%

460kg未満の馬はやや苦戦しています。今回の有力馬ではエタリオウが微妙なラインですがその他は馬格については問題なし。また当日の馬体重は今回プラス体重の馬が勝率12.5%と高く、1着固定の馬券を買う場合に迷ったらプラス体重の馬を選ぶのも手です。

青葉賞の前走データ

青葉賞 前走クラス

クラス 着度数 勝率 複勝率
GⅠ 0-0-0-2 0.0% 0.0%
GⅡ 2-2-0-20 8.3% 16.7%
GⅢ 2-0-1-14 11.8% 17.6%
オープン 1-1-1-18 4.8% 14.3%
500万 5-7-8-71 5.5% 13.2%
未勝利 0-0-0-11 0.0% 0.0%

出走数も多いですが前走500万組が多く馬券に絡んでいます。ローテーション的に相性が良いのはアザレア賞、弥生賞、毎日杯、山吹賞、大寒桜賞辺りで前走は中山か阪神だった馬が好成績。

特にアザレア賞はアドミラブル、ヴァンキッシュラン、レーヴミストラルと3年連続で勝ち馬を輩出しています。

主な前走
・アザレア賞(3-0-1-4)
・弥生賞(2-1-0-4)
・毎日杯(2-0-1-7)
・山吹賞(1-2-1-14)
・若葉S(1-0-0-9)
・水仙賞(1-0-0-6)
・大寒桜賞(0-3-2-1)
・500万下(0-2-2-24)
・すみれS(0-1-1-3)
・スプリングS(0-1-0-15)
・ゆきやなぎ賞(0-0-1-6)
・ゆりかもめ賞(0-0-1-1)

前走ダート
×クレディブル
×テトラルキア
×マイネルサリューエ
×ミッキーポジション

青葉賞 前走距離

距離 着度数 勝率 複勝率
1600m下 0-0-0-4 0.0% 0.0%
1800m 2-1-1-54 3.4% 6.9%
2000m 3-2-1-29 8.6% 17.1%
2200m 2-7-4-25 5.3% 34.2%
2400m上 3-0-4-20 11.1% 25.9%

前走2000m以上が好成績。前走1800mから3着以内に入ったのは2011年のショウナンパルフェ、トーセンレーヴまで遡り過去6年は(0-0-0-31)。

1番人気レッドレイヴンや2番人気トリコロールブルー、プロディガルサンといった馬も4着以下に敗れており、今年該当するサトノソルタスやシルヴァンシャー、ゴーフォザサミット、カフジバンガード辺りには厳しいデータ。

前走芝1800m以下
×カフジバンガード
×ゴーフォザサミット
×サトノソルタス
×シルヴァンシャー
×ノストラダムス

青葉賞 前走人気

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 5-4-6-17 15.6% 46.9%
2番人気 4-2-2-21 13.8% 27.6%
3番人気 0-1-1-19 0.0% 9.5%
4番人気 0-0-0-13 0.0% 0.0%
5番人気 0-0-1-11 0.0% 8.3%
6-9番人気 1-2-0-33 2.8% 8.3%
10-番人気 0-1-0-22 0.0% 4.3%

前走1~2番人気が(9-6-8-38)とほぼ馬券内を占めています。前走4番人気以下の場合は当日6番人気以内が目安。

前走1~2番人気
○エタリオウ
○シルヴァンシャー
○スーパーフェザー
○ダノンマジェスティ
○ダブルフラット
○ディープインラヴ
○モンテグロッソ
○ユウセイフラッシュ

青葉賞 前走着順

着順 着度数 勝率 複勝率
1着 5-7-7-52 7.0% 26.8%
2着 1-0-0-11 8.3% 8.3%
3着 2-1-1-11 13.3% 26.7%
4着 0-1-1-9 0.0% 18.2%
5着 0-0-0-11 0.0% 0.0%
6-9着 2-1-1-28 6.3% 12.5%
10-着 0-0-0-0 0.0% 0.0%

前走1着馬が強いレースですが前走オープンクラスの場合は着順不問。前走条件戦の場合はほぼ1着が必須条件です。

前走500万で1着
○クレディブル
○スーパーフェザー
○ダノンマジェスティ
○マイネルサリューエ
○ミッキーポジション

以上青葉賞のデータ分析でした。
主な種牡馬データは下記リンク先で紹介していますので参考にして下さい。

にほんブログ村テーマ 馬(競馬)へ
馬(競馬) 中央競馬予想 JRA競馬予想 競馬予想 競馬(重賞中心)

青葉賞 データ推奨馬

ブログランキング画像をクリックすると下の空白部分が表示されます。PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

重賞の予想印(◎○▲☆△)
最強競馬ブログランキング
で公開しています。


最強競馬ブログランキングへ
公開予定時間は金曜12:00~になります。

応援クリックよろしくお願いします♪

競馬ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
PR )宝塚記念は今年も8枠が優勢か?!キセキゼーヴィントに注目!!

今週は宝塚記念があります。
暫くG1レースがないので、この宝塚記念は大いに盛り上がりましょう!
ある的中率が高い「指数サイト」が宝塚記念のステップレースである天皇賞・春を見事に万馬券的中させてます。

指数って知ってます?

過去のデータを集めて数値化したもので、宝塚記念に来そうな馬が一目でわかっちゃうんです!気になるでしょ?
後で指数の説明をするのでまずは宝塚記念の傾向を見てみましょう。

【前走天皇賞・春組に注目】
過去10年で馬券圏内に9回絡んでいます。
【ディープインパクト産駒の牝馬に要注意】
過去5年連続で馬券圏内に絡んでいます。
【8枠の馬が5連勝中】
過去10年の内、6勝を挙げています。ゼーヴィントとキセキの2頭が該当。

考察と指数を組み合わせると予想の精度がグーンと上がります。
それでは指数を紹介しますね。
あなたの宝塚記念の注目馬の指数はどうなってるでしょう?!

ー指数サイトを見るー
メールアドレスを入力してリターンメールをクリックするだけで登録完了です。
今週の土曜日に宝塚記念の指数予想が見れます。

昨年の宝塚記念の指数及び結果一覧です。



このサイトでは指数上位6頭を推奨していますが、
結果は3着に7位の馬が入ったということは要するに指数値30以下が注目馬です。

こちらは宝塚記念の過去4年のデータです。
2014年2着と2015年3着以外は全て指数値30以下の馬で決着しています。
宝塚記念の指数、要チェックだと思いませんか?



「うまコラボ」の指数は・・・適性指数×スピード指数×統計データ×血統理論
これらのデータを融合させていて、ここでしか出せない情報なのです。

宝塚記念は指数で的中を狙ってみましょう!!
自分の予想+指数予想で相乗効果させて予想精度をアップしませんか?

≪宝塚記念≫無料公開ー指数データを週末土曜日公開
ー宝塚記念の無料指数データはコチラー
メールアドレスを入力してリターンメールをクリックするだけで登録完了です。

-重賞データ分析
-,

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.