NHKマイルカップ2018データ分析|タワーオブロンドンは鉄板?前走1600m組は4角7番手以内・0.5秒差以内を狙え!

更新日:

2018年5月6日(日)
NHKマイルカップのデータ分析です。

━【PR】━━━━━━━━━━━━━━━━
昨年の宝塚記念の指数及び結果一覧です。



このサイトでは指数上位6頭を推奨していますが、
結果は3着に7位の馬が入ったということは要するに指数値30以下が注目馬です。

こちらは宝塚記念の過去4年のデータです。
2014年2着と2015年3着以外は全て指数値30以下の馬で決着しています。
宝塚記念の指数、要チェックだと思いませんか?



「うまコラボ」の指数は・・・適性指数×スピード指数×統計データ×血統理論
これらのデータを融合させていて、ここでしか出せない情報なのです。

宝塚記念は指数で的中を狙ってみましょう!!
自分の予想+指数予想で相乗効果させて予想精度をアップしませんか?

≪宝塚記念≫無料公開ー指数データを週末土曜日公開
ー宝塚記念の無料指数データはコチラー
メールアドレスを入力してリターンメールをクリックするだけで登録完了です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近は低メンバー化が進みレーティングがGⅠを維持できるギリギリとのこと。そのためJRAは今年からアーリントンCをトライアルに据えメンバーの充実を図っています。JRA的には高レート馬の接戦になるのが理想ですね。

予想オッズ
・2.3倍 タワーオブロンドン
・5.7倍 テトラドラクマ
・6.5倍 ケイアイノーテック
・7.8倍 ギベオン
・10.8倍 カツジ

朝日杯3着でアーリントンC、京王杯2歳Sを勝っているタワーオブロンドンが1番人気。今年ファインニードルでGⅠを初制覇したゴドルフィンの所有馬です。

2番人気以下は接戦で東京マイル得意のテトラドラクマ、ニュージーランドTでは不利な外枠から2着に入ったケイアイノーテック、毎日杯でブラストワンピースの2着に入ったデムーロ騎手騎乗のギベオンが続きます。


NHKマイルカップのコース分析

東京芝1600mの特徴


スタート後直線が続くため枠順による有利不利は小さいコースです。他の競馬場ならペースが落ち着く3ハロン目辺りから下り坂になってコーナーに入るため、息が入らない流れになりがちです。

結果的に距離以上のスタミナを要求されるため逃げ馬には苦しく、中距離を得意とする馬が好走しやすい傾向にあります。近年はロゴタイプやメジャーエンブレムのような逃げ切りも見られます。

過去5年の平均タイム

年度 タイム 前3F 後3F
2017年 1.32.3 34.5 34.4
2016年 1.32.8 34.3 35.1
2015年 1.33.5 35.3 34.2
2014年 1.33.2 34.6 34.8
2013年 1.32.7 34.4 34.9

良馬場であれば1.33.0前後のタイムが想定されます。レースの上がりは34.5前後で上がり最速馬は33秒台後半が目安。

今年はカシアスがペースを作りテトラドラクマ、ミスターメロディが好位、タワーオブロンドンやケイアイノーテックが中団といった展開になりそうです。カツジは前走はスタートでダッシュかつかず後方からになりましたが、基本的には中団より前か。

枠順データ

枠順 着度数 勝率 複勝率
1枠 0-2-2-16 0.0% 20.0%
2枠 2-0-1-17 10.0% 15.0%
3枠 1-2-1-15 5.3% 21.1%
4枠 2-0-0-17 10.5% 10.5%
5枠 2-1-1-16 10.0% 20.0%
6枠 0-0-3-17 0.0% 15.0%
7枠 2-2-1-25 6.7% 16.7%
8枠 1-3-1-25 3.3% 16.7%

枠順による有利不利はあまり無く、どの枠からも3着以内に入っています。若干ではありますが4~8枠に入った馬の方が人気よりやや上の着順になることが多く、2枠は昨年1番人気17着のカラクレナイ、4番人気13着のアウトライアーズなど人気より着順を落としがちです。

また、馬番で見ても内外で大きな差はありませんが過去10年3着以内が無いのは11番と15番となっています。

脚質データ

脚質 着度数 勝率 複勝率
逃げ 3-0-1-6 30.0% 40.0%
先行 2-3-2-31 5.3% 18.4%
差し 3-5-6-67 3.7% 17.3%
追込 2-2-1-44 4.1% 10.2%

差し馬が中心ですが近年はメジャーエンブレムやミッキーアイル、カレンブラックヒル、アエロリットなど強い逃げ・先行馬が目立っています。

最近の差し馬は人気薄での2~3着がよく出ており2017年13番人気2着のリエノテソーロ、2016年12番人気3着のレインボーライン、2014年17番人気2着のタガノブルグ、12番人気3着のキングズオブザサンなど。

NHKマイルカップSの傾向データ

人気データ

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 6-0-0-4 60.0% 60.0%
2番人気 1-2-1-5 11.1% 44.4%
3番人気 1-2-1-6 10.0% 40.0%
4番人気 0-1-1-8 0.0% 20.0%
5番人気 0-2-0-8 0.0% 20.0%
6-9番人気 0-1-2-37 0.0% 7.5%
10-番人気 2-2-5-80 2.2% 10.1%

1番人気が強いレースですが勝つか負けるかはっきりしています。2~3番人気の成績はまずまずですが、4番人気以下はほぼ横並び。特に3着に大穴が入る事が多いのが特徴。

所属データ

所属 着度数 勝率 複勝率
美浦 3-6-3-64 3.9% 15.8%
栗東 7-4-7-84 6.9% 17.6%

やや関西馬が優勢。どちらも人気サイドが中心ですが大穴なら関西馬の3着狙いです。

関東馬
・6番人気以内(2-5-2-18)
・7番人気以下(1-1-1-46)

関西馬
・6番人気以内(6-3-2-21)
・7番人気以下(1-1-5-63)

キャリアデータ

戦績 着度数 勝率 複勝率
2戦 0-0-0-3 0.0% 0.0%
3戦 1-1-1-3 16.7% 50.0%
4戦 1-3-2-15 4.8% 28.6%
5戦 2-2-2-25 6.5% 19.4%
6戦 2-1-1-22 7.7% 15.4%
7戦 1-1-3-23 3.6% 17.9%
8戦 1-1-0-21 4.3% 8.7%
9戦 2-1-1-23 7.4% 14.8%
10戦 0-0-0-8 0.0% 0.0%

キャリアで目星をつけるのはかなり難しく、キャリア3戦から9戦まで幅広く馬券に絡んでいます。

キャリア4戦以内
・当日6番人気以内(2-4-3-10)
・当日7番人気以下(0-0-0-11)

○カツジ
○ギベオン
×アンコールプリュ
×デルタバローズ
×プリモシーン
×ルーカス
×ロックディスタウン

予想オッズの段階になりますがキャリア4戦以下は上記の7頭です。カツジとギベオンが6番人気以内予想。

NHKマイルカップの馬体重データ

馬体重データ

馬体重 着度数 勝率 複勝率
439下 0-1-2-8 9.1% 27.2%
440-459 0-2-1-35 0.0% 7.9%
460-479 5-1-4-45 9.1% 18.2%
480-499 3-1-3-37 6.8% 15.9%
500-519 2-4-0-15 9.5% 28.6%
520上 0-1-0-8 11.1% 11.1%

前走との馬体重差

馬体重 着度数 勝率 複勝率
今回増 3-3-2-50 5.2% 13.8%
増減無 2-0-2-36 5.0% 10.0%
今回減 5-7-6-62 6.3% 22.5%

馬体重460kg未満の1着がありません。2009年1番人気10着のブレイクランアウトも含まれますが実は大穴狙いなら軽量馬がお勧め。過去10年460kg未満で3着以内に入った6頭は下のようになります。

馬体重460kg未満で3着以内に入った馬
・リエノテソーロ(13番人気2着)
・ロードクエスト(2番人気2着)
・ダノンゴーゴー(14番人気3着)
・レインボーライン(12番人気3着)
・タガノブルグ(17番人気2着)
・グランプリエンゼル(13番人気3着)

前走馬体重460kg未満
注アイスフィヨルド
注アルジャーノン
注アンコールプリュ
注ケイアイノーテック
注トーセンブレス
注フロンティア

フロンティアは新潟2歳S勝ちの実績もあり、左回りは全て3着以内、右回りは4着以下と分かりやすく左回りが向いていそうですが予想12番人気と低評価。ダイワメジャー産駒ということもありこの人気なら狙ってみたいですが。

NHKマイルカップの前走データ

前走クラス

クラス 着度数 勝率 複勝率
GⅠ 3-2-2-27 8.8% 20.6%
GⅡ 4-3-6-61 5.4% 17.6%
GⅢ 3-3-1-23 10.0% 23.3%
オープン 0-2-1-32 0.0% 8.6%
500万 0-0-0-5 0.0% 0.0%

前走オープン特別、500万からは1着がありません。前走桜花賞・皐月賞のGⅠ組かニュージーランドT、毎日杯、スプリングSからのローテーションが相性が良さそうですが今年はアーリントンCの時期が変更になったためこの辺りの傾向も若干変わってくると思われます。

主な前走
・ニュージーランドT(4-1-4-55)
・毎日杯(2-1-0-6)
・桜花賞(2-0-0-10)
・皐月賞(1-2-2-15)
・アーリントンC(1-0-0-3)
・スプリングS(0-2-1-4)
・橘S(0-1-1-14)
・ファルコンS(0-1-0-9)
・フラワーC(0-1-0-1)
・アネモネS(0-1-0-0)
・弥生賞(0-0-1-1)
・京成杯(0-0-1-0)

前走距離

距離 着度数 勝率 複勝率
1200m下 0-0-1-7 0.0% 12.5%
1400m 0-2-0-34 0.0% 5.6%
1600m 7-2-4-75 8.0% 14.8%
1800m 2-4-1-14 9.5% 33.3%
2000m上 1-2-4-18 4.0% 28.0%

前走1600m以上が中心で、1400m以下は橘SとファルコンSからのローテーションで前走1着のみが馬券圏内に入っています。今年は登録22頭中17頭が前走1600mということで、前走1600mをもう少し細かく分析していきます。

前走1600m+前走4コーナー通過順

・7番手以内(6-2-2-35)
・8番手以下(1-0-2-40)

前走ではある程度の位置で競馬を進めていた馬が優勢で、タワーオブロンドンやカツジは前走8番手以下とやや厳しいデータです。

×アイスフィヨルド
×アンコールプリュ
×カツジ
×タワーオブロンドン
×トーセンブレス
×ファストアプローチ
×プリモシーン
×リョーノテソーロ
×レッドヴェイロン

前走1600m+前走上がり3Fの順位

・1位(0-0-0-10)
・2位(1-1-1-9)
・3位(1-0-0-8)
・4~5位(3-1-1-14)
・6位以下(2-0-2-34)

前走上がり上位だった馬が人気を背負って飛ぶことが多く、前走の上がり4位以下の馬がNHKマイルカップでは活躍しています。

○デルタバローズ
○アイスフィヨルド
○ファストアプローチ
○カシアス
○リョーノテソーロ
○アンコールプリュ
○パクスアメリカーナ
○ダノンスマッシュ
○テトラドラクマ

前走1600m+敗れていた場合のタイム差

・負0.0秒(0-0-0-5)
・負0.1~0.2秒(2-1-2-6)
・負0.3~0.5秒(3-1-2-19)
・負0.6秒以上(0-0-0-32)

前走大きく負けていた馬は割引きです。

×アンコールプリュ
×トーセンブレス
×プリモシーン
×リョーノテソーロ

前走人気

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 4-2-1-19 15.4% 26.9%
2番人気 0-5-0-17 0.0% 22.7%
3番人気 2-0-1-13 12.5% 18.8%
4番人気 1-1-2-16 5.0% 20.0%
5番人気 0-1-2-10 0.0% 23.1%
6-9番人気 2-1-1-40 4.5% 9.1%
10-番人気 1-0-3-32 2.8% 11.1%

前走1番人気に推されていた馬がやや優勢で、前走2番人気は2着ばかりなのも特徴。人気で絞り込むのはやや難しいですが、前走1番人気で今回も当日1番人気に推された馬は比較的堅実です。タワーオブロンドンにとっては心強いデータ。

前走1番人気
・当日1番人気(4-0-0-2)
・当日2番人気以下(0-2-1-17)

○タワーオブロンドン

前走着順

着順 着度数 勝率 複勝率
1着 4-3-1-36 9.1% 18.2%
2着 0-3-0-18 0.0% 14.3%
3着 2-0-1-14 11.8% 17.6%
4着 1-1-0-9 9.1% 18.2%
5着 2-0-1-10 15.4% 23.1%
6-9着 1-2-3-27 3.0% 18.2%
10-着 0-1-4-33 0.0% 13.2%

こちらも人気同様、前走1着で当日1番人気に推された馬は堅実です。

前走1着
・当日1番人気(4-0-0-2)
・当日2番人気以下(0-3-1-34)

○タワーオブロンドン

以上NHKマイルカップのデータ分析でした。
主な種牡馬データは下記リンク先で紹介していますので参考にして下さい。

にほんブログ村テーマ 馬(競馬)へ
馬(競馬) 中央競馬予想 JRA競馬予想 競馬予想 競馬(重賞中心)

NHKマイルカップ データ推奨馬

ブログランキング画像をクリックすると下の空白部分が表示されます。PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

重賞の予想印(◎○▲☆△)
最強競馬ブログランキング
で公開しています。


最強競馬ブログランキングへ
公開予定時間は金曜12:00~になります。

応援クリックよろしくお願いします♪

競馬ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
PR )宝塚記念は今年も8枠が優勢か?!キセキゼーヴィントに注目!!

今週は宝塚記念があります。
暫くG1レースがないので、この宝塚記念は大いに盛り上がりましょう!
ある的中率が高い「指数サイト」が宝塚記念のステップレースである天皇賞・春を見事に万馬券的中させてます。

指数って知ってます?

過去のデータを集めて数値化したもので、宝塚記念に来そうな馬が一目でわかっちゃうんです!気になるでしょ?
後で指数の説明をするのでまずは宝塚記念の傾向を見てみましょう。

【前走天皇賞・春組に注目】
過去10年で馬券圏内に9回絡んでいます。
【ディープインパクト産駒の牝馬に要注意】
過去5年連続で馬券圏内に絡んでいます。
【8枠の馬が5連勝中】
過去10年の内、6勝を挙げています。ゼーヴィントとキセキの2頭が該当。

考察と指数を組み合わせると予想の精度がグーンと上がります。
それでは指数を紹介しますね。
あなたの宝塚記念の注目馬の指数はどうなってるでしょう?!

ー指数サイトを見るー
メールアドレスを入力してリターンメールをクリックするだけで登録完了です。
今週の土曜日に宝塚記念の指数予想が見れます。

昨年の宝塚記念の指数及び結果一覧です。



このサイトでは指数上位6頭を推奨していますが、
結果は3着に7位の馬が入ったということは要するに指数値30以下が注目馬です。

こちらは宝塚記念の過去4年のデータです。
2014年2着と2015年3着以外は全て指数値30以下の馬で決着しています。
宝塚記念の指数、要チェックだと思いませんか?



「うまコラボ」の指数は・・・適性指数×スピード指数×統計データ×血統理論
これらのデータを融合させていて、ここでしか出せない情報なのです。

宝塚記念は指数で的中を狙ってみましょう!!
自分の予想+指数予想で相乗効果させて予想精度をアップしませんか?

≪宝塚記念≫無料公開ー指数データを週末土曜日公開
ー宝塚記念の無料指数データはコチラー
メールアドレスを入力してリターンメールをクリックするだけで登録完了です。

-重賞データ分析
-,

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.