JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

ヴィクトリアマイル2018予想|リスグラシュー、レッドアヴァンセが調教◎も当日は雨50%予想で馬場状態は?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。


2018年5月13日(日)
ヴィクトリアマイルの予想です。

金曜日に枠順が発表され、過去10年で複勝率トップの1枠にはレッツゴードンキとミスパンテールが入りアエロリットは5枠10番、アドマイヤリードは6枠11番と真ん中あたり。リスグラシューは8枠16番とアルテミスSを勝った時と同じ馬番に入りました。

日曜日の東京は雨予想ですが、雨になると昨年上位のアドマイヤリード、デンコウアンジュ、ジュールポレールは人気を上げてきそうです。


ヴィクトリアマイルの傾向

・1枠の複勝率、3枠の勝率が優秀
・差し馬優勢
・1番人気は安定
・大穴狙いなら関東所属騎手
・4歳馬が強い
・関西馬が強い
・前走GⅡ以上が好成績
・前走1200mは当日6番人気以内
・1着馬は前走5番人気以内
・前年以降にJRAの左回りのGⅠで3着以内の経験
・もしくは同年の1400~1800mのJRA重賞で5着以内
・前走8枠
・3月生まれ

データ分析からは上記のような結果になりました。詳しいデータ分析は前回の記事をご確認ください。

[st-card id=6166] [st-card id=4953]

有力馬考察

リスグラシュー

2000m以下では4着以下がない安定感、昨年のデンコウアンジュを始め過去のヴィクトリアマイルの好走馬に共通する東京マイルや桜花賞の実績、道悪適性、東京得意のハーツクライ産駒とあらゆる面で死角が少ないこの馬。

不安要素として東京マイルで2勝を挙げてはいますが、クラシックで常に勝ちきれず12戦3勝という戦績もまた事実。舞台は違えどソウルスターリング、レーヌミノル、ラビットラン、ミスパンテールと後塵を拝した馬たちもここに集結しており、抜けた存在ではありません。

アエロリット

NHKマイルCを1.32.3の好タイムで制しており東京マイル適性は疑いようもなく、前走中山記念でも勝ち馬ウインブライトが56kgに対して55kgを背負いながらクビ差2着。馬体重の増減が大きい馬ですが確かな成長を感じさせる内容でした。

父クロフネという血統もプラス材料ですが、今回デビュー以来全レースで騎乗していた横山典騎手がミスパンテールに騎乗するため戸崎騎手へ乗り替わる点が不安材料。戸崎騎手もこのレースで2勝を挙げていますが、脚質的にもやはり横山典騎手の方が合いそうではあります。

アドマイヤリード

近走は奮いませんが府中牝馬Sでは目の外傷を追い、東京新聞杯ではアイシールドに戸惑うなどはっきりした敗因がありました。前走も窮屈な競馬で4着に敗れましたが、ミスパンテールやリスグラシューより2kg重い56kgを背負い0.1秒差、スローの上がり勝負ということを考えると負けてなお強しの内容だったと思います。

昨年は稍重のヴィクトリアマイルを制していますが良馬場での持ち時計が無いのが不安要素。前走は良馬場でしたがスローの上がり勝負のためタイムも遅く、東京マイルの1分32秒台という高速タイムに対応できるかが不安要素です。



ミスパンテール

調整の難しい牝馬でありながら重賞3連勝、しかも前からも後ろからも競馬ができる操縦性の高さは魅力。横山典騎手は昨年からエージェントをつけておらず、今回も最終的にアエロリットよりミスパンテールを選んだという決断こそが大きな買い要素かもしれません。ただしアエロリットは義弟の菊沢調教師なので、また次走からは簡単に手綱が戻る可能性も…。

不安要素としては近走が全てスローペース。キャリア2戦で挑んだ桜花賞は息の入らない流れで大敗しており、近走の好成績も絶対能力の違いというよりは展開や器用さを活かした面もあります。それはGⅠでも大きな武器ですが、東京マイルという舞台ではどうか。

レッツゴードンキ

国内スプリントGⅠで3連続2着とスピード能力は上位。ストレイトガールという先例もあり、あっさり突き抜けてもおかしくない能力を持っており、6歳になっても衰えは見られません。

不安材料は過去2年のヴィクトリアマイルで11着、10着と大敗している点。桜花賞勝ちの実績がありながらスプリントへシフトしていったのは気性面の問題もあります。パンパンの良馬場での上がり勝負ではやや分が悪そうで、多少馬場が渋るかハイペースなど好走条件が限られそうです。

その他の馬

調教内容が良く見えたのはディープインパクト産駒のジュールポレールレッドアヴァンセ。先週のNHKマイルCもケイアイノーテック、ギベオンとディープインパクト産駒のワンツーで決まっています。

デンコウアンジュはデータ的に福島牝馬Sからの1着が無いのがネックですが、この馬は外枠に入った時の方が良く8枠17番とこの馬にとっては好枠に入りました。



ー重賞2019ー
クイーンカップ/3連複10点9,100円
京都記念/3連単6点153,540円
根岸ステークス/3連単8点113,580円
愛知杯/3連複10点45,050円
日経新春杯/3連単9点52,650円
フェアリーS/3連単8点383,180円
シンザン記念/3連単9点677,400円
中山金杯/3連単12点865,480円
毎週6~15点内で重賞を的中させてくるのでちょっと見逃せませんね!


真ん中の緑色の無料情報を毎週末チェックしてみてください。
馬券師合同プランという2人の英知を詰め込んだ馬券も気になるところです。

中山記念買い目公開(無料)
メール送ると確認メールくるのでクリックしてログインしてみてください。
中山記念週は突如人気沸騰中のあのサイトで!かなり使えます「TAZUNA」
人気沸騰中のTAZUNA
人気の理由が一発でわかる的中の数々をご覧ください。

■直近の重賞的中実績
クイーンカップ(4点1,200円→58,200円)
京都記念☆  (6点1,000円→170,600円)
東京新聞杯  (6点1,000円→181,900円)
きさらぎ賞  (24点200円→ 283,920円)




この的中全てに言えること。
”少ない点数でドンピシャ的中!!”

フロックでも何でもない!!
今週は中山記念週。ここのサイトの本当の凄さを味わってください!
土・日重賞含めた4鞍無料提供!平場の1鞍ワイド馬券も2,3点勝負でプラスです。
この予想が無料なら登録して損はありません!

中山記念週の買い目を無料で見る!

ヴィクトリアマイル 予想



ブログランキング画像をクリックすると◎○▲が表示されます。PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

以上ヴィクトリアマイルのデータ分析でした。
ヴィクトリアマイルの推奨馬7頭の予想印(◎○▲☆△)、また京王杯SCの予想印は最強ブログランキングで金曜12時以降に公開しますのでそちらもご覧下さい。

この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.