オークス2018データ分析|ノーザンF生産&当日2番人気以内で(3-4-2-0)複勝率100%|アーモンド、ラッキーは鉄板?

更新日:


2018年5月20日(日)
オークスのデータ分析です。

桜花賞ではレコードで完勝したアーモンドアイですが、ロードカナロア産駒のため距離不安説が囁かれています。ルメール騎手は桜花賞後に距離は問題ないとコメントしていましたが、血統的には決して距離が伸びて良いタイプではないので果たしてどうなるか。

予想オッズ
・2.0倍 アーモンドアイ
・2.9倍 ラッキーライラック
・4.3倍 サトノワルキューレ
・13.0倍 リリーノーブル
・24.9倍 マウレア

桜花賞を完勝したアーモンドアイが1番人気、2着のラッキーライラックが2番人気予想です。桜花賞組のリリーノーブルマウレアとは完全に勝負付けがついた感もあり、フローラSを好タイムで制したサトノワルキューレが3番人気に食い込みそうです。

それ以下は忘れな草賞を勝ったオールフォーラヴ、桜花賞4着のトーセンブレス、フラワーCを勝ったカンタービレが続きそうですが上位とはかなり離れた人気になりそうです。


オークスのコース分析

東京芝2400mの特徴


ダービーやジャパンCなど日本を代表するGⅠが行われる舞台。直線の坂を上りきった地点からスタートし、前半1000mは平坦~下り坂となっています。スピード、スタミナ、底力など総合力が問われるコースでレースレベルが上がるほど人気馬が好走しやすい傾向があります。

過去5年の平均タイム

年度 タイム 前3F 後3F
2017年 2.24.1 37.1 34.1
2016年 2.25.0 35.1 34.5
2015年 2.25.0 35.6 34.8
2014年 2.25.8 35.2 35.1
2013年 2.25.2 35.7 35.7

良馬場であれば2分25秒台のタイムが予想されます。前に行くのはサヤカチャン、トーホウアルテミス、ランドネ辺りでラッキーライラックやリリーノーブルは中団よりやや前、アーモンドアイとサトノワルキューレが後ろからという展開になりそうです。

枠順データ

枠順 着度数 勝率 複勝率
1枠 1-1-1-17 5.0% 15.0%
2枠 3-1-1-14 15.8% 26.3%
3枠 0-1-2-17 0.0% 15.0%
4枠 1-0-0-19 5.0% 5.0%
5枠 2-2-1-15 10.0% 25.0%
6枠 0-0-1-19 0.0% 5.0%
7枠 2-3-2-23 6.7% 23.3%
8枠 2-1-2-24 6.9% 17.2%

枠順では特に内外での有利不利はありません。2枠が全ての成績でトップですが比較的人気馬が入ることが多く、人気より着順を落としています。人気以上の着順になりやすいのは7枠。

脚質データ

脚質 着度数 勝率 複勝率
逃げ 0-1-0-9 0.0% 10.0%
先行 1-1-1-33 2.8% 8.3%
差し 7-5-9-64 8.2% 24.7%
追込 3-2-0-42 6.4% 10.6%

3歳牝馬には未知の長丁場になるため、道中のスタミナのロスを最小限に抑え直線で爆発させる差し・追い込み馬が好成績。有力馬の中ではラッキーライラックやリリーノーブルは好位につけるタイプですが当日どのような戦法を取るかも予想のポイントです。

オークスの傾向データ

人気データ

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 4-2-1-3 40.0% 70.0%
2番人気 1-3-2-4 10.0% 40.0%
3番人気 2-0-1-7 20.0% 30.0%
4番人気 1-0-1-8 10.0% 20.0%
5番人気 1-1-2-6 10.0% 40.0%
6-9番人気 2-2-3-33 5.0% 17.5%
10-番人気 0-1-0-87 0.0% 1.1%

1番人気の複勝率は70%と優秀で、過去5年は全て3着以内に入っておりアーモンドアイによっては好データ。人気馬が強いレースで10番人気以下は切り。唯一の例外であるエフティマイアは2008年で最も古い部類になります。

所属データ

所属 着度数 勝率 複勝率
美浦 4-5-4-72 4.7% 15.3%
栗東 7-4-6-76 7.5% 18.3%

関西馬の方がやや優勢ですが、関東or関西馬が3着以内を全て占めたのは2009年まで遡ります。アーモンドアイ、マウレア、トーセンブレスが関東馬の有力候補か。

キャリアデータ

戦績 着度数 勝率 複勝率
2戦 0-0-0-3 0.0% 0.0%
3戦 0-1-1-8 0.0% 20.0%
4戦 3-3-3-19 10.7% 32.1%
5戦 4-3-1-24 12.5% 25.0%
6戦 3-0-1-32 8.3% 11.1%
7戦 0-1-4-28 0.0% 15.2%
8戦上 1-1-0-29 3.2% 6.4%

好走馬の多くがキャリア4~5戦で、特に近年はその傾向が強いのが特徴です。マウレアはキャリア6戦なので有力馬の中では若干マイナス評価か。

キャリア4~5戦
○アーモンドアイ
○オハナ
○カンタービレ
○サトノワルキューレ
○トーセンブレス
○ラッキーライラック
○ランドネ
○リリーノーブル
○レッドサクヤ

オークスの馬体重データ

馬体重データ

馬体重 着度数 勝率 複勝率
419下 0-0-1-13 0.0% 7.1%
420-439 2-3-1-25 6.5% 19.4%
440-459 3-1-4-61 4.3% 11.6%
460-479 6-4-3-26 15.4% 33.3%
480-499 0-1-0-19 0.0% 5.0%
500-519 0-0-1-4 0.0% 20.0%

前走との馬体重差

馬体重 着度数 勝率 複勝率
今回増 6-4-4-56 8.6% 20.0%
増減無 1-1-2-28 3.1% 12.5%
今回減 4-4-4-64 5.3% 15.8%

桜花賞と最もリンクしないのが馬体重データ。桜花賞では馬格のある馬が強いデータがありましたがオークスでは480kg以上の馬の優勝がありません。

馬体重480kg以上で馬券になったのは2009年レッドディザイア(2番人気/2着)と2014年バウンスシャッセ(3番人気/3着)。人気より上の着順になることがほぼ無いためラッキーライラックやリリーノーブルにとっては嫌なデータ。

前走馬体重480kg以上
△ラッキーライラック
△リリーノーブル
×ゴージャスランチ
×シスターフラッグ

オークスの前走データ

前走クラス

クラス 着度数 勝率 複勝率
GⅠ 8-5-6-66 9.4% 22.4%
GⅡ 1-4-4-33 2.4% 21.4%
GⅢ 0-0-0-5 0.0% 0.0%
オープン 2-0-0-32 5.9% 5.9%
1600万 0-0-0-11 0.0% 0.0%

1着はやはり桜花賞組から多く出ており、2~3着は桜花賞組とGⅡ(フローラS)組が半々となっています。

過去のデータからは切りの500万組ですが、今年から500万下の矢車賞が2週早まり距離も1800→2200mに変更。昨年はディアドラが矢車賞1着からオークス4着に食い込みましたが、レース条件変更で穴の可能性があるとすれば矢車賞組でしょうか。

主な前走
・桜花賞(8-5-5-65)
・忘れな草賞(2-0-0-9)
・フローラS(1-4-4-33)

×ウインナラキラ
×ゴージャスランチ
×サヤカチャン
×シスターフラッグ
×トーホウアルテミス
×ランドネ
×ロサグラウカ

前走人気

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 6-2-3-15 23.1% 42.3%
2番人気 3-2-2-22 10.3% 24.1%
3番人気 0-2-0-18 0.0% 10.0%
4番人気 1-1-1-12 6.7% 20.0%
5番人気 1-0-1-9 9.1% 18.2%
6-9番人気 0-0-1-39 0.0% 2.5%
10-番人気 0-2-2-33 0.0% 10.8%

前走上位人気馬が強いレースで、前走5番人気以下の場合は桜花賞3着以内かフローラS1着なら買いです。

上記に当てはまらない馬
×ウインナラキラ
×ウスベニノキミ
×サヤカチャン
×スカーレットカラー
×トーセンブレス
×トーホウアルテミス
×パイオニアバイオ
×レッドサクヤ

前走着順

着順 着度数 勝率 複勝率
1着 6-3-2-41 11.5% 21.2%
2着 1-4-4-18 3.7% 33.3%
3着 2-1-1-14 11.1% 22.2%
4着 0-0-0-9 0.0% 0.0%
5着 0-0-1-10 0.0% 9.1%
6-9着 1-1-0-25 3.7% 7.4%
10-着 1-0-2-31 2.9% 8.8%

基本的には桜花賞は着順不問、フローラSは3着以内、それ以外のレースは1着が目安。

×ウインナラキラ
×ウスベニノキミ
×オハナ
×サヤカチャン
×パイオニアバイオ

社台とノーザンの運動会

オークスは特に社台とノーザンが圧倒的な成績を残しており、ノーザンファームと社台ファームで(10-8-7-56)とまず逆らえないデータです。

生産者
・ノーザンファーム(6-6-5-30)
・社台ファーム(4-2-2-26)
・その他の生産者(1-1-3-72)

ノーザンF生産
・当日2番人気以内(3-4-2-0)
・当日3番人気以下(3-2-3-30)

社台FかノーザンF生産馬
◎アーモンドアイ(ノーザンF)
◎ラッキーライラック(ノーザンF)
○オハナ(社台F)
○ゴージャスランチ(社台F)
○トーセンブレス(社台F)
○パイオニアバイオ(ノーザンF)
○リリーノーブル(ノーザンF)
○レッドサクヤ(社台F)
○ロサグラウカ(ノーザンF)

ノーザンファーム生産で当日2番人気以内だと複勝率100%というデータもあり、アーモンドアイとラッキーライラックにとっては鉄板データです。

社台F、ノーザンF以外で3着以内に入った馬
・メイショウマンボ(2013年9番人気/1着)
・モズカッチャン2017年6番人気2着)
・レジネッタ(2008年5番人気3着)
・アイスフォーリス(2012年9番人気3着)
・ホエールキャプチャ(2011年2番人気/3着)

アイスフォーリスを除く4頭は重賞勝ちの実績があり、アイスフォーリスもフローラSで2着に入っていました。今年の出走馬に当てはめるとサトノワルキューレは拾えますがマウレアやオールフォーラヴはやや厳しいか。

△サトノワルキューレ(フローラS1着)
△カンタービレ(フラワーC1着)
×ウインナラキラ
×ウスベニノキミ
×オールフォーラヴ
×サヤカチャン
×シスターフラッグ
×スカーレットカラー
×トーホウアルテミス
×マウレア
×ランドネ

以上オークスのデータ分析でした。
主な種牡馬データは下記リンク先で紹介していますので参考にして下さい。

にほんブログ村テーマ 馬(競馬)へ
馬(競馬) 中央競馬予想 JRA競馬予想 競馬予想 競馬(重賞中心)

オークス データ推奨馬

ブログランキング画像をクリックすると下の空白部分が表示されます。PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

重賞予想は「最強競馬ブログランキング」で公開中

予想印(◎○▲☆△)
最強競馬ブログランキングで公開しています。

最強競馬ブログランキングへ

公開予定時間は金曜12:00~になります。
ブログランキング参加中、クリックして頂けると励みになります。

-重賞データ分析
-,

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.