日本ダービー2018データ分析|皐月賞組は着順より人気重視・OPクラス勝利時の着差がカギ

更新日:


2018年5月27日(日)
日本ダービー(東京優駿)のデータ分析です。

━【PR】━━━━━━━━━━━━━━━━
昨年の宝塚記念の指数及び結果一覧です。



このサイトでは指数上位6頭を推奨していますが、
結果は3着に7位の馬が入ったということは要するに指数値30以下が注目馬です。

こちらは宝塚記念の過去4年のデータです。
2014年2着と2015年3着以外は全て指数値30以下の馬で決着しています。
宝塚記念の指数、要チェックだと思いませんか?



「うまコラボ」の指数は・・・適性指数×スピード指数×統計データ×血統理論
これらのデータを融合させていて、ここでしか出せない情報なのです。

宝塚記念は指数で的中を狙ってみましょう!!
自分の予想+指数予想で相乗効果させて予想精度をアップしませんか?

≪宝塚記念≫無料公開ー指数データを週末土曜日公開
ー宝塚記念の無料指数データはコチラー
メールアドレスを入力してリターンメールをクリックするだけで登録完了です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

予想オッズ
・2.7倍 ダノンプレミアム
・5.7倍 ブラストワンピース
・6.0倍 キタノコマンドール
・6.6倍 エポカドーロ
・8.7倍 ワグネリアン
・13.2倍 ステルヴィオ
・16.3倍 ジェネラーレウーノ
・22.7倍 ゴーフォザサミット
・24.9倍 サンリヴァル
・35.8倍 ステイフーリッシュ

1番人気予想は無敗のダノンプレミアム。挫跖で皐月賞を回避しましたが過去のレース振りから抜けた人気になりそうです。不安点は弥生賞以来となるローテーションですが、この辺りは最終追い切りを見てからの判断でしょうか。

皐月賞馬エポカドーロ、2着のサンリヴァルは展開の利もあったという見方も強く、キタノコマンドールワグネリアンなど皐月賞で上位人気だった馬がダービーでも人気になりそうです。

別路線組では無敗で毎日杯を勝ったブラストワンピース。2着のギベオンがNHKマイルCで2着に粘りレースレベルも問題なく、2走前には東京2400mを圧勝していることからここでも有力。

ゴーフォザサミット、ステイフーリッシュ、コズミックフォースは前走を勝っていますがそれ以前のレースで皐月賞組に負けているため中穴までの評価か。


日本ダービーのコース分析

東京芝2400mの特徴


ダービーやジャパンCなど日本を代表するGⅠが行われる舞台。直線の坂を上りきった地点からスタートし、前半1000mは平坦~下り坂となっています。スピード、スタミナ、底力など総合力が問われるコースでレースレベルが上がるほど人気馬が好走しやすい傾向があります。

過去5年の平均タイム

年度 タイム 前3F 後3F
2017年 2.26.9 37.1 33.8
2016年 2.24.0 35.6 34.2
2015年 2.23.2 35.4 34.6
2014年 2.24.6 34.9 34.4
2013年 2.24.3 35.0 35.2

オークスの勝ちタイムが2.23.8で前半1000mが59.6。皐月賞で逃げたアイトーンは白百合Sに向かう模様でケイティクレバーも除外対象。

明確な逃げ馬がおらず、オークス同様レースの上がりが35秒を切るくらいで勝ち馬が33秒台。2016年に近い展開になるのではないかと思います。

枠順データ

枠順 着度数 勝率 複勝率
1枠 5-2-1-12 25.0% 40.0%
2枠 1-1-3-14 5.3% 26.3%
3枠 1-0-0-19 5.0% 5.0%
4枠 0-3-2-14 0.0% 26.3%
5枠 1-1-1-17 5.0% 15.0%
6枠 1-2-1-15 5.3% 21.1%
7枠 1-1-1-27 3.3% 10.0%
8枠 0-0-1-28 0.0% 3.4%

過去10年で1枠が5勝を挙げています。特に1枠1番はディープスカイ、ロジユニヴァース、エイシンフラッシュ、キズナが勝っていて(4-2-1-3)と複勝率70%。

ダービーはCコースに替わるためインの芝の痛みが軽減され、さらにゲートが内枠2つ分空いています。そのため1枠1番に入った馬はスタート後にストレスなくポジションを取れる意味で断然有利。1枠1番の複勝率70%に対して1枠2番の複勝率が10%と大きく差があるのはこんな理由もあります。

比較的人気馬が1枠に入りやすかったというのもありますが、全体的には1~4枠が人気より上の着順になりやすい傾向があります。馬番で15~18番は割引きで昨年1番人気のアドミラブルも3着に敗れています。

脚質データ

脚質 着度数 勝率 複勝率
逃げ 0-0-1-8 0.0% 11.1%
先行 2-3-1-27 6.1% 18.2%
差し 5-6-6-69 5.8% 19.8%
追込 2-1-2-42 4.3% 10.6%
マクリ 1-0-0-0 100% 100%

差し馬が中心で、上がり3F1~2位の馬が馬券に絡む確率が高めです。今年も明確な逃げ馬が不在のため直線の末脚勝負になるのではないかと考えられます。

日本ダービーの傾向データ

人気データ

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 4-1-3-2 40.0% 80.0%
2番人気 2-1-0-7 20.0% 30.0%
3番人気 3-2-1-4 30.0% 60.0%
4番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0%
5番人気 0-4-0-6 0.0% 40.0%
6-9番人気 1-0-5-34 2.5% 15.0%
10-番人気 0-2-1-83 0.0% 3.5%

1番人気を中心に上位人気に推された馬が優勢です。4番人気以下での勝利は2010年のエイシンフラッシュのみ。

所属データ

所属 着度数 勝率 複勝率
美浦 3-3-4-44 5.6% 18.5%
栗東 7-7-6-102 5.7% 16.4%

関東馬と関西馬では成績にほぼ差はありません。

キャリアデータ

戦績 着度数 勝率 複勝率
3戦 0-0-0-3 0.0% 0.0%
4戦 2-1-2-18 8.7% 21.7%
5戦 3-4-1-22 10.0% 26.7%
6戦 2-3-5-42 3.8% 19.2%
7戦 1-0-1-31 3.0% 6.1%
8戦 1-1-1-12 6.7% 20.0%
9戦 0-1-0-9 0.0% 10.0%
10戦 1-0-0-5 16.7% 16.7%

キャリア4~6戦が中心ですが、好走馬は幅広く出ています。過去10年ではキャリア3戦で馬券内に入った馬がいませんが、3頭しか例が無く過去にはフサイチコンコルドのキャリア2戦という例もあるため、キタノコマンドールとブラストワンピースを割り引くまでは至らないかと。

日本ダービーの馬体重データ

馬体重データ

馬体重 着度数 勝率 複勝率
439下 0-0-0-8 0.0% 0.0%
440-459 1-2-0-22 4.0% 12.0%
460-479 1-3-2-47 1.9% 11.3%
480-499 5-3-1-45 9.3% 16.7%
500-519 3-2-4-18 11.1% 33.3%
520上 0-0-3-6 0.0% 33.3%

前走との馬体重差

馬体重 着度数 勝率 複勝率
今回増 5-3-5-63 6.6% 17.1%
増減無 0-2-1-21 0.0% 12.5%
今回減 5-5-4-62 6.6% 18.4%

優勝馬は480~519kgの範囲に多く、480kg未満で優勝した2頭は2011年のオルフェーヴルと2014年のキズナでどちらも1番人気でした。

また480kg未満で馬券内に入った9頭中8頭が5番人気以内となっており、例外は2008年12番人気で2着のスマイルジャック。オークスは軽量馬が馬券になりやすい傾向がありましたがダービーでは馬格も重要な要素です。

前走馬体重480kg未満
○ワグネリアン
△ステルヴィオ
×アドマイヤアルバ
×エタリオウ
×オウケンムーン
×コズミックフォース
×ステイフーリッシュ
×タイムフライヤー

ワグネリアンは恐らく5番人気以内は固いと思いますが、ステルヴィオはやや微妙か。

日本ダービーの前走データ

前走クラス

クラス 着度数 勝率 複勝率
GⅠ 9-7-5-91 8.0% 14.3%
GⅡ 1-3-4-40 2.1% 16.7%
GⅢ 0-0-0-2 0.0% 0.0%
オープン 0-0-1-12 0.0% 7.7%

主な前走
・皐月賞(8-7-4-62)
・京都新聞杯(1-1-1-18)
・NHKマイルC(1-0-1-28)
・青葉賞(0-2-3-22)
・プリンシパルS(0-0-1-10)

皐月賞組vs別路線組という構図は説明するまでもありませんが、今年はダノンプレミアムが弥生賞以来というローテーションがどうなるか。過去10年で10週以上の間隔が空いたのは2015年のアダムスブリッジただ1頭です。

前走人気

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 3-2-4-22 9.7% 29.0%
2番人気 0-6-0-17 0.0% 26.1%
3番人気 3-0-3-14 15.0% 30.0%
4番人気 2-1-0-12 13.3% 20.0%
5番人気 1-0-1-6 12.5% 25.0%
6-9番人気 0-1-2-35 0.0% 7.9%
10-番人気 1-0-0-40 2.4% 2.4%

皐月賞
・1番人気(1-1-2-5)
・2番人気(0-5-0-4)
・3番人気(3-0-1-6)
・4番人気(2-1-0-5)
・5番人気(1-0-0-2)
・6番人気以下(1-0-1-40)

前走皐月賞組は5番人気以内が好走の目安。皐月賞6番人気以下だったのはディーマジェスティとエイシンフラッシュで皐月賞3着以内。過去の傾向から見るとグレイル、タイムフライヤーはやや微妙です。

京都新聞杯
・2番人気以内(1-1-0-7)
・3番人気以下(0-0-1-11)

京都新聞杯組は人気馬が優勢。ステイフーリッシュとアドマイヤアルバは過去の傾向から見ると厳しいか。

青葉賞
・3番人気以内(0-1-2-8)
・4番人気以下(0-1-1-14)

青葉賞で6~9番人気だった馬がダービーでも穴を空けることがあり、ゴーフォザサミットとエタリオウは面白い存在。特にゴーフォザサミットは戦績としてはウインバリアシオンに似たものがあります。

前走着順

着順 着度数 勝率 複勝率
1着 4-4-4-30 9.5% 28.6%
2着 1-1-3-30 2.9% 14.3%
3着 2-1-0-14 11.8% 17.6%
4着 1-1-0-8 10.0% 20.0%
5着 1-0-0-6 14.3% 14.3%
6-9着 0-2-2-24 0.0% 14.3%
10-着 1-1-1-34 2.7% 8.1%

皐月賞
・1着(2-1-2-4)
・2着(1-1-0-8)
・3着(2-1-0-5)
・4着(1-1-0-6)
・5着(1-0-0-5)
・6着以下(1-3-2-34)

皐月賞は前走着順は不問です。

京都新聞杯
・1着(1-1-1-5)
・2着以下(0-0-0-13)

京都新聞杯2着のアドマイヤアルバは消し。

青葉賞
・1着(0-2-1-7)
・2着以下(0-0-2-15)

1着のゴーフォザサミットは残し、2着のエタリオウは来ても3着まで。

芝2000m以上の重賞での着順

過去10年の出走馬の重賞での成績をまとめると、芝2000m以上の重賞で1着になった経験のある馬がダービーでも好走しやすいデータがあります。

芝2000m以上の重賞での最高成績
・1着(8-5-5-26)
・2着以下(1-5-5-97)
・出走なし(1-0-0-25)

○エポカドーロ
○グレイル
○ゴーフォザサミット
○ジェネラーレウーノ
○ステイフーリッシュ
○タイムフライヤー
○ダノンプレミアム

オープンクラス勝利時のタイム差

過去10年の出走馬でオープンクラスの芝のレースで勝った時のタイム差をまとめると、0.2秒差以上で勝ったことがある馬が好走しやすいデータがあります。

OPクラス勝利時のタイム差
・0.1秒以内(1-2-3-58)
・0.2~0.5秒(8-6-5-40)
・0.6秒以上(1-2-0-7)
・未勝利(0-0-2-43)

○エポカドーロ
○ゴーフォザサミット
○サンリヴァル
○ジャンダルム
○ステイフーリッシュ
○タイムフライヤー
○ダノンプレミアム
○ブラストワンピース
○ワグネリアン

以上日本ダービーのデータ分析でした。
主な種牡馬データは下記リンク先で紹介していますので参考にして下さい。

にほんブログ村テーマ 馬(競馬)へ
馬(競馬) 中央競馬予想 JRA競馬予想 競馬予想 競馬(重賞中心)

日本ダービー データ推奨馬

ブログランキング画像をクリックすると下の空白部分が表示されます。PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

重賞の予想印(◎○▲☆△)
最強競馬ブログランキング
で公開しています。


最強競馬ブログランキングへ
公開予定時間は金曜12:00~になります。

応援クリックよろしくお願いします♪

競馬ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
PR )宝塚記念は今年も8枠が優勢か?!キセキゼーヴィントに注目!!

今週は宝塚記念があります。
暫くG1レースがないので、この宝塚記念は大いに盛り上がりましょう!
ある的中率が高い「指数サイト」が宝塚記念のステップレースである天皇賞・春を見事に万馬券的中させてます。

指数って知ってます?

過去のデータを集めて数値化したもので、宝塚記念に来そうな馬が一目でわかっちゃうんです!気になるでしょ?
後で指数の説明をするのでまずは宝塚記念の傾向を見てみましょう。

【前走天皇賞・春組に注目】
過去10年で馬券圏内に9回絡んでいます。
【ディープインパクト産駒の牝馬に要注意】
過去5年連続で馬券圏内に絡んでいます。
【8枠の馬が5連勝中】
過去10年の内、6勝を挙げています。ゼーヴィントとキセキの2頭が該当。

考察と指数を組み合わせると予想の精度がグーンと上がります。
それでは指数を紹介しますね。
あなたの宝塚記念の注目馬の指数はどうなってるでしょう?!

ー指数サイトを見るー
メールアドレスを入力してリターンメールをクリックするだけで登録完了です。
今週の土曜日に宝塚記念の指数予想が見れます。

昨年の宝塚記念の指数及び結果一覧です。



このサイトでは指数上位6頭を推奨していますが、
結果は3着に7位の馬が入ったということは要するに指数値30以下が注目馬です。

こちらは宝塚記念の過去4年のデータです。
2014年2着と2015年3着以外は全て指数値30以下の馬で決着しています。
宝塚記念の指数、要チェックだと思いませんか?



「うまコラボ」の指数は・・・適性指数×スピード指数×統計データ×血統理論
これらのデータを融合させていて、ここでしか出せない情報なのです。

宝塚記念は指数で的中を狙ってみましょう!!
自分の予想+指数予想で相乗効果させて予想精度をアップしませんか?

≪宝塚記念≫無料公開ー指数データを週末土曜日公開
ー宝塚記念の無料指数データはコチラー
メールアドレスを入力してリターンメールをクリックするだけで登録完了です。

-重賞データ分析
-,

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.