JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

鳴尾記念2018データ分析|阪神芝2000mは池江厩舎、過去10年の重賞(8-1-5-6)複勝率70%

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。


2018年6月3日(土)
鳴尾記念(阪神芝2000m)のデータ分析です。

鳴尾記念は開催時期や距離が度々変更になっています。現在の時期・距離になった2012~2017年の過去6年分のデータを分析します。

予想オッズ
・3.0倍 トリコロールブルー
・3.1倍 トリオンフ
・4.1倍 マルターズアポジー
・6.8倍 サトノノブレス
・8.2倍 タツゴウゲキ

今年に入って1600万、オープンと連勝中のトリコロールブルーが1番人気予想。休み明けも(3-1-0-0)と走れるタイプで昨年のステイインシアトルと同じステイゴールド産駒という血統も魅力です。

同じ阪神芝2000mの大阪杯で見せ場を作ったトリオンフは今回ルメール騎手に、ペースを作るであろうマルターズアポジーは武豊騎手に乗り替わり予定。

鳴尾記念のコース分析

阪神芝2000mの特徴


内回りコースを使用。スタート後すぐに直線の上り坂を迎えることとコーナー4つのためあまりペースは速くなりません。直線も357mと短めなため先行力やコーナリング力、またパワーを要する馬場状態になることが多いのが特徴です。

過去5年の平均タイム

年度タイム前3F後3F
2017年1.59.436.934.1
2016年1.57.635.935.1
2015年1.58.835.635.4
2014年1.59.135.735.0
2013年1.58.936.434.7

マルターズアポジー、ヤマカツライデンが逃げストロングタイタンやタツゴウゲキ、トリオンフが好位、トリコロールブルーは中団からの展開か。昨年はステイインシアトルの武豊騎手が61.6-57.8と前半スローに持ち込み逃げ切りましたが、今年は平均ペースになるのではないかと思われます。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠0-0-0-70.0%0.0%
2枠0-0-2-50.0%28.6%
3枠1-0-1-612.5%25.0%
4枠0-0-2-60.0%25.0%
5枠1-1-0-711.1%22.2%
6枠0-1-1-80.0%20.0%
7枠0-4-0-70.0%36.4%
8枠4-0-0-833.3%33.3%

フルゲートで行われることが少なく今年も登録時点で12頭となっていますが7~8枠の成績が良く馬番では8~12番が(5-5-0-15)と外寄りに固まっていますが比較的人気馬が多め。2枠からは13番人気3着のプランスペスカ、10番人気3着のフラガラッハなど大穴が出ています。

また偶数番号(3-5-4-24)、奇数番号(3-1-2-30)となっており複勝率では偶数番号に入った馬が優勢。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ2-0-0-625.0%25.0%
先行2-1-2-1311.1%27.8%
差し2-3-3-168.3%33.3%
追込0-2-1-190.0%13.6%
マクリ0-0-0-00.0%0.0%

脚質ごとの差はあまりありません。武豊騎手が過去6年中4頭の逃げ馬に騎乗しており3番人気ステイインシアトル、6番人気トウケイヘイローで優勝。今年も逃げ馬マルターズアポジーに騎乗します。

今週は3重賞の買い目を無料公開!


フローラS三連単8点344,040円
福島牝馬S三連単9点46,690円
皐月賞Gマイスター三連単6点35,120円
馬券師Gマイスターは先週も10点以下で的中させてきてましたね。



福島中央テレビ杯も12点的中!10番人気からの1着のカネトシブレス入れてきてましたね。
馬券師岩崎さんも元トラックマンなのでやはり頼りになりますね。 こんな的中が飛び交うので毎週楽しみなサイトさんなんです。
ただはじめての方はまずは無料情報からチェックしてみてください。

→(前日無料配信)重賞厳選買い目
メール送ると確認メールくるのでクリックしてログインしてみてください。

鳴尾記念の傾向データ

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気1-2-0-316.7%50.0%
2番人気2-1-0-333.3%50.0%
3番人気2-0-1-333.3%50.0%
4番人気0-0-1-50.0%16.7%
5番人気0-0-1-50.0%16.7%
6-10人気1-3-2-243.3%20.0%
11-人気0-0-1-110.0%8.3%

1着馬は1~3番人気に推された馬から出ることが多いですが、毎年のように中穴~大穴馬が1頭は馬券に絡み上位人気のみで決まることはあまりありません。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
4歳1-1-2-314.3%57.1%
5歳3-2-1-821.4%42.9%
6歳2-1-2-188.7%21.7%
7歳0-2-1-150.0%16.7%
8歳上0-0-0-80.0%0.0%

4~5歳馬の成績が良いのが特徴です。今年はトリコロールブルー、トリオンフ、アメリカズカップが4歳馬でストロングタイタンが5歳馬。ただ2016年、2017年は2年連続で6歳馬が2頭ずつ馬券に絡んでいるため6歳馬以上でも軽視はできません。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦0-0-1-50.0%16.7%
栗東6-6-5-499.1%25.8%

関東馬の出走はあまりありませんが今年はストレンジクォーク、ナスノセイカン、マルターズアポジー、モンドインテロの4頭が登録しています。

関東馬で3着に入ったのは2017年マイネルフロストで阪神の毎日杯勝ちの実績がありましたが今年の関東馬4頭は阪神勝ちの実績はありません。モンドインテロは昨年12月のチャレンジCで0.1秒差の4着がありますが、近2走はダートを使っているためオッズ的に美味しいかもしれません。

鳴尾記念の馬体重データ

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
439下0-0-0-10.0%100%
440-4590-1-0-40.0%20.0%
460-4790-2-1-120.0%20.0%
480-4994-3-3-1714.8%37.0%
500-5191-0-1-155.9%11.8%
520上1-0-0-614.3%14.3%

前走との馬体重差

馬体重着度数勝率複勝率
今回増0-3-3-210.0%22.2%
増減無0-0-1-100.0%9.1%
今回減6-3-2-2317.6%32.4%

目立つのが馬体重480~499kgの成績の良さ。前走時の馬体重が480~499kgなのはストレンジクォーク、タツゴウゲキ、トリコロールブルー、モンドインテロの4頭です。

また当日の馬体重が前走よりマイナスだった馬しか1着になっておらず、当日の馬体重には注意。

鳴尾記念の前走データ

前走クラス

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ2-1-0-333.3%50.0%
GⅡ3-1-2-1315.8%31.6%
GⅢ0-2-3-170.0%22.7%
オープン1-1-1-194.5%13.6%
1600万0-0-0-20.0%0.0%

前走の格が高い方が好成績です。前走レースは幅広く馬券に絡んでいますが1800~2000mが中心。

主な前走
・天皇賞・春(2-0-0-1)
・中山記念(2-0-0-0)
・福島民報杯(1-0-0-0)
・京王杯SC(1-0-0-0)
・新潟大賞典(0-1-3-11)
・産経大阪杯(0-1-1-5)
・都大路S(0-1-1-12)

前走人気

人気着度数勝率複勝率
1番人気1-0-0-0100%100%
2番人気2-0-0-625.0%25.0%
3番人気0-0-1-30.0%25.0%
4番人気0-2-0-10.0%66.7%
5番人気0-0-0-70.0%0.0%
6-9番人気2-2-3-188.0%28.0%
10-番人気1-1-2-194.3%17.4%

前走人気は幅広く、前走オープン特別で下位人気だった馬でもマジェスティハーツやプランスペスカなどの好走馬は出ています。

前走着順

着順着度数勝率複勝率
1着0-1-0-40.0%20.0%
2着0-0-1-30.0%25.0%
3着0-0-0-50.0%0.0%
4着0-2-0-20.0%50.0%
5着0-0-0-40.0%0.0%
6-9着3-0-3-1216.7%33.3%
10-着3-3-2-249.4%25.0%

好走馬の多くが前走6着以下からの巻き返しとなっています。特に好走率が高いのが前走0.6~0.9秒差で負けている馬で、今年はアメリカズカップとマルターズアポジーが該当します。

前走負けの場合の着差
・0.0秒(0-0-1-0)
・0.1~0.2秒(0-1-0-5)
・0.3~0.5秒(3-0-0-12)
・0.6~0.9秒(1-1-4-8)
・1.0~1.9秒(2-3-1-18)
・2.0秒以上(0-0-0-7)

池江厩舎の阪神芝2000m成績


池江厩舎は2015~2017年のラブリーデイ、サトノノブレス、ステイインシアトルで3連覇、2012年もトゥザグローリーで制しており過去6年で4勝を挙げています。阪神芝2000mの重賞に絞るとGⅡ時代の産経大阪杯はオルフェーヴルやドリームジャーニー、チャレンジCはサトノクロニクルやトーセンスターダムで勝っており過去10年で(8-1-5-6)で複勝率70%。

今年はサトノノブレスとストロングタイタンの2頭が登録しています。上位人気にはならなそうですが、鳴尾記念は宝塚記念の前哨戦としては間隔が短く仕上げ度合いも各馬バラつきがあるため、調教次第では十分狙えます。

以上鳴尾記念のデータ分析でした。
主な種牡馬データは下記リンク先で紹介していますので参考にして下さい。

にほんブログ村テーマ 馬(競馬)へ
馬(競馬) 中央競馬予想 JRA競馬予想 競馬予想 競馬(重賞中心)

血統に特化した新サイト「血統ウィナーズ」

1982~2015年まで中央現場記者が転身。
福島民報杯では好走したカデナ11人気をとらえて100万馬券的中!
━━━━━━━━━
的中率 :★★★★☆
回収率 :★★★★★
血統理論:★★★★★
地方予想:★★★☆☆
━━━━━━━━━
無料メルマガ登録のみで確認可能です。

→血統研究家の無料予想
確認メールきたらクリックしてログインしてみてください。

鳴尾記念 データ推奨馬



ブログランキング画像をクリックすると下の空白部分が表示されます。PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.