JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

マーメイドS2018データ分析|波乱狙いで穴馬探し、前走条件戦4着以内&軽斤量馬を狙え!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。


2018年6月10日(日)
マーメイドS(GⅢ・阪神芝2000m)

過去10年分のデータ分析です。

大混戦の菊花賞 フィエールマンを指数でキッチリ抑えてます

無料登録で天皇賞・秋の指数を公開!
今週の無料提供レースは「天皇賞・秋」です。
日曜のお昼過ぎに全頭の指数が公開されます

  1. コチラのページ内から空メールを送信(登録無料)
  2. 返信メールが届くので、その中のURLからマイページにアクセス
  3. マイページ内の「北条ブログを見る」から指数を見れます。(青いバナーです)
2018夏~秋 指数1位馬実績
秋華賞1着/東京HJ1着/サウジアラビアRC1着/スプリンターズS1着/セントウルS1着/京成杯AH3着/紫苑S1着/新潟記念1着/新潟2歳S1着/キーンランドC1着/札幌記念1着/北九州記念1着/関屋記念3着/エルムS3着/小倉記念1着/アイビスSD1着


的中率抜群のコラボ@指数を使ってみよう!
前半1~6Rまでは無料で指数公開
有料プランは月額1980円で全レース公開!

まずは無料指数を見に行く!

予想オッズ
・3.3倍 キンショーユキヒメ
・4.0倍 ミリッサ
・4.3倍 トーセンビクトリー
・6.6倍 エテルナミノル
・6.7倍 レイホーロマンス

ハンデ重賞らしく予想オッズも割れていますが、前走福島牝馬Sで重賞初制覇のキンショーユキヒメが1番人気予想となっています。

他にはミリッサトーセンビクトリーエテルナミノルなど牝馬重賞の常連が上位人気になりそうですが、エマノンルネイションアンドリエッテなど条件戦で好走している面子も揃いハンデ戦らしい混戦になりそうです。

マーメイドSのコース分析

阪神芝2000mの特徴


内回りコースを使用。スタート後すぐに直線の上り坂を迎えることとコーナー4つのためあまりペースは速くなりません。直線も357mと短めなため先行力やコーナリング力、またパワーを要する馬場状態になることが多いのが特徴です。

過去5年の平均タイム

年度タイム前3F後3F
2017年1.59.536.035.0
2016年1.59.334.935.7
2015年2.00.536.634.7
2014年1.59.435.934.8
2013年1.59.436.635.0

過去5年は良馬場で行われていますが今年は1週前の段階では雨予報となっています。明確な逃げ馬不在のため前半はスローで流れ直線勝負になりそうです。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠2-0-2-915.4%30.8%
2枠0-1-1-110.0%15.4%
3枠1-0-0-165.9%5.9%
4枠0-3-2-130.0%27.8%
5枠1-2-2-155.0%25.0%
6枠2-1-1-1610.0%20.0%
7枠2-2-1-1510.0%25.0%
8枠2-1-1-1610.0%20.0%

内寄りの2~3枠の成績が悪いのが特徴で、人気以上の着順になりやすいのが5~7枠。馬番では偶数番号が(6-8-2-54)に対して奇数番号が(4-2-8-57)と偶数番号が優勢です。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ1-3-0-610.0%40.0%
先行3-2-1-308.3%16.7%
差し4-3-5-427.4%22.2%
追込2-2-4-325.0%20.0%
マクリ0-0-0-10.0%0.0%

脚質はどこからでもOKですが、上がり3F1位だった馬が(4-2-2-3)と断トツの成績。スローだった2015年こそ1着シャトーブランシュの上がり3Fは33.6でしたが例年なら34秒台前半の上がりが目安。

内回りコースで直線の長さは356mと短いため、東京や京都競馬場よりも中山競馬場や右回りのローカルでの末脚を参考にした方が良いかもしれません。

9月29日 中山1R 2歳未勝利

【インフィニティ】三連単・軸1頭マルチ
10 → 01、04、14
点数:18点 推奨:1,000円
投資合計:18,000円 → 2,165,800円

⇒この3頭を選べる秘密は?

スプリンターズSも三連複65,370円的中!
的中率の高い無料情報「贈」をまずは試してみて下さい♪

マーメイドSの傾向データ

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-1-1-620.0%40.0%
2番人気1-1-2-610.0%40.0%
3番人気2-0-0-820.0%20.0%
4番人気0-1-1-80.0%20.0%
5番人気0-0-2-80.0%20.0%
6番人気1-0-1-810.0%20.0%
7-9番人気3-3-0-2410.0%20.0%
10-番人気1-4-3-432.0%15.7%

ハンデ戦らしく上位人気の信頼度は低く、7番人気以下が(4-7-3-67)と穴馬の好走が目立ちます。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
3歳0-0-0-30.0%0.0%
4歳2-1-4-305.4%18.9%
5歳7-6-4-559.7%23.6%
6歳1-3-1-184.3%21.7%
7歳0-0-1-40.0%20.0%
8歳上0-0-0-10.0%0.0%

5歳馬が中心ですが出走数も非常に多いため、複勝率ではそれほど抜けていません。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦0-5-3-340.0%19.0%
栗東10-5-7-7710.1%22.2%

関東馬は1着こそありませんが2~3着にはそこそこ入っています。また関東馬の場合は騎手も関東騎手の方が良く、関東厩舎×関東騎手で(0-3-2-9)複勝率35.7%に対して関東厩舎×関西騎手では(0-2-1-24)複勝率11.1%という数字。

今年はワンブレスアウェイが津村騎手を予定しておりで唯一の関東×関東パターンです。

マーメイドSの馬体重データ

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
439下1-2-2-164.8%23.8%
440-4595-3-1-2216.1%29.0%
460-4793-3-7-297.1%31.0%
480-4991-2-0-312.9%8.8%
500-5190-0-0-80.0%0.0%
520上0-0-0-50.0%0.0%

前走との馬体重差

馬体重着度数勝率複勝率
今回増2-4-6-473.4%20.3%
増減無1-2-2-194.2%20.8%
今回減7-4-2-4512.1%22.4%

馬格のある馬が苦戦しているのがこのレースで、480kg以上で最後に馬券になったのは2013年2着のアグネスワルツまで遡ります。2016年は1番人気シュンドルボン、2番人気ハピネスダンサーが揃って4着以下に敗れています。

前走480kg以上に該当するのはエマノン、キンショーユキヒメ、マユキの3頭。ワンブレスアウェイヴァフラームも基本的には480kg台なのでやや割引きか。

斤量データ

斤量着度数勝率複勝率
52.0下1-5-2-491.8%14.0%
53.06-2-3-2218.2%33.3%
54.00-1-2-110.0%21.4%
55.02-1-1-1411.1%22.2%
55.50-0-0-10.0%0.0%
56.01-1-1-136.3%18.8%
56.50-0-1-00.0%33.3%
57.00-0-0-10.0%0.0%

前走からの斤量差

斤量着度数勝率複勝率
今回増2-3-4-236.3%28.1%
増減無2-3-1-198.0%24.0%
今回減6-4-5-697.1%17.9%

53kg以下の軽ハンデ馬の好走が多く、その中でも非常に成績の良い53kgの斤量なのがミリッサとワンブレスアウェイの2頭。

前走からの斤量差では1.0~1.5kg減の馬が(1-1-2-12)、前走から2.0~2.5kg減の馬が(4-0-2-19)、3.0kg以上減の馬が(1-3-1-38)と1着馬が多く出ているのは前走から2.0~2.5kg減の範囲です。

今回の登録馬の中ではフェイズベロシティ、レイホーロマンス、ヴァフラームの3頭が該当しますがこの3頭は過去10年で好走はあっても勝利の無い50~52kgの範囲とやや信頼性には欠けます。

マーメイドSの前走データ

前走クラス

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ0-1-3-220.0%15.4%
GⅡ1-0-2-89.1%27.3%
GⅢ1-2-0-184.8%14.3%
オープン3-2-1-1315.8%31.6%
1600万3-3-3-386.4%19.1%
1000万2-2-1-1013.3%33.3%

前走重賞組よりも1000万~オープン特別を走っていた馬の成績が良いのが特徴です。

主な前走

・パールS(3-1-2-18)
・金鯱賞(1-0-0-3)
・メイS(1-0-0-2)
・愛知杯(1-0-0-1)
・都大路S(0-2-0-6)
・ヴィクトリアマイル(0-1-3-20)
・福島牝馬S(0-1-0-9)
・阪神牝馬S(0-0-1-3)

京都芝1800mのパールSからのローテーションが相性が良く、今年はアンドリエッテが該当。前走ヴィクトリアマイルや福島牝馬Sからの1着が無く、エテルナミノル、キンショーユキヒメ、トーセンビクトリー、レイホーロマンス、ワンブレスアウェイあたりは過去の傾向からは頭では買いづらいです。

前走人気

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-1-1-620.0%40.0%
2番人気1-2-1-610.0%40.0%
3番人気1-1-1-117.1%21.4%
4番人気1-1-0-99.1%18.2%
5番人気2-0-0-1016.7%16.7%
6-9番人気2-1-3-198.0%24.0%
10-番人気0-3-2-270.0%15.6%

条件戦の下位人気だった馬でも好走することはあり、前走人気で絞り込むのはかなり難しいです。

前走着順

着順着度数勝率複勝率
1着2-4-2-178.0%32.0%
2着1-0-0-614.3%14.3%
3着1-1-0-320.0%40.0%
4着1-1-0-117.7%15.4%
5着0-1-1-60.0%25.0%
6-9着3-2-4-288.1%24.3%
10-着2-1-3-404.3%13.0%

前走条件戦の場合は上位着順だった馬が優勢、前走オープンだった馬は5着以下だった方が優勢という傾向に。この辺りは前走重賞で好走しハンデを課されやすいということもありそうです。

前走オープンクラス

・4着以内(1-1-0-12)
・5着以下(4-4-6-49)

4着以内に該当するのはキンショーユキヒメ、トーセンビクトリーの2頭。前者は重賞勝ちの勢いで、後者は牝馬戦での安定感からどちらも上位人気になりそうですが軸にはしづらいです。

前走条件戦

・4着以内(4-5-2-25)
・5着以下(1-0-2-25)

4着以内に該当するのはアルジャンテ、アンドリエッテ、エマノン、ルネイション、ヴァフラーム、フェイズベロシティの6頭が該当。

にほんブログ村テーマ 馬(競馬)へ
馬(競馬) 中央競馬予想 JRA競馬予想 競馬予想 競馬(重賞中心)
口コミで話題「俺の無料」でプラス収支!

下位人気馬をうまく組み込む
点数少なめの3連系特注情報が満載!

土日見れる無料買い目でプラス収支へ
そしてG1の軍資金をココで稼ぎましょう!

⇒無料メルマガ購読はこちら

マーメイドS データ推奨馬

ブログランキング画像をクリックすると下の空白部分が表示されます。PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

有料予想を管理人が自腹で検証!

有料サイトの検証を行なっているので
色んな有料予想を無料で見れちゃいます

無料メルマガ購読はこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。
▼応援よろしくお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
   

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.