ラジオNIKKEI賞2018予想|過去10年の傾向とデータ分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。


2018年7月1日(日)
ラジオNIKKEI賞(GⅢ・福島芝1800m)

過去10年分のデータ分析です。2011年は中山で行われているので2007年を含め福島で開催された10年分のデータになります。

17日中山は無料情報の上位6頭BOXで299,350円プラス!


メールアドレスを入力して、確認メールのURLをクリックすれば登録完了です。

的中率抜群のコラボ@指数を使ってみよう!
前半1~6Rまでは無料で指数公開
有料プランは月額1980円で全レース公開!

まずは無料指数を見に行く!

有力馬と予想オッズ

フィエールマン(3.5倍)
サンデーレーシングの期待馬で、体質が弱く間隔を空けながらも東京・中山と異なる競馬場でデビュー2連勝。このレースに強いディープインパクト産駒という血統、斤量面でも恵まれそうで人気になりそうです。

メイショウテッコン(4.8倍)
前走白百合Sでは逃げて3馬身差の圧勝。京都新聞杯でも12番人気ながら逃げて掲示板を確保しており脚質的にもこのレースに合っています。初の関東遠征が課題になりそうです。

イェッツト(6.3倍)
プリンシパルSではタイム差無しの3着ですが1着のコズミックフォースがダービー3着、2着のブレイステイキングも条件戦をあっさり勝っておりこの馬も能力はオープン級。

ケイティクレバー(7.7倍)
2月定年の目野厩舎から新人の安田厩舎に移籍、そこから僅か3か月足らずで杉山厩舎に転厩しています。すみれSまで手綱を取っていた小林徹弥騎手とコンビ復活という点でも気になる一頭。

エイムアンドエンド(10.4倍)
共同通信杯3着から4か月半振りのレース。東京コースは合っていそうですが小回りの中山で行われた京成杯で10着と大敗しているのが不安点。

ラジオNIKKEI賞のコースデータ

福島芝1800mの特徴


直線スタンド前からスタートしコースを1週するコース。直線が短く前に行く馬が有利なので先行争いが激しくなりテンが速くなりがちです。

開催後半になると内側の馬場の痛みが顕著になり、内は全く伸びず外差しが決まりやすくなります。福島の芝コースは開催前半か後半かで傾向がガラッと変わるので注意。

過去5年の平均タイム

年度タイム前3F後3F
2017年1.46.635.335.4
2016年1.47.035.335.0
2015年1.46.435.035.1
2014年1.45.934.235.4
2013年1.47.935.835.2

登録馬14頭とやや小頭数になりそうな今年のラジオNIKKEI賞ですがキボウノダイチ、シセイヒテン、メイショウテッコンをはじめ前に行く馬が多く先行争いは激化しそうです。その中では2戦続けて速めのペースで粘っていてスタミナもあるメイショウテッコンがやはり展開の中心か。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠1-0-1-175.3%10.5%
2枠2-3-3-1110.5%42.1%
3枠1-1-3-145.3%26.3%
4枠0-2-0-170.0%10.5%
5枠1-0-0-195.0%5.0%
6枠1-3-0-165.0%20.0%
7枠2-0-0-1810.0%10.0%
8枠2-1-3-1410.0%30.0%

2枠の複勝率が42.1%と優秀です。2枠に比べ1枠は微妙に見えますが人気薄が入ることが多く、1~3枠は人気より上の着順になりやすい傾向があります。やはり開幕週だけあって人気と照らし合わせると内有利という印象。

人気より着順を落としがちなのが4~6枠ですが、馬番では2番・10番が(0-0-0-10)となっている以外はどこからでも好走馬は出ています。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ0-2-2-90.0%30.8%
先行5-4-3-3111.6%27.9%
差し4-3-2-378.7%19.6%
追込1-1-3-481.9%9.4%
マクリ0-0-0-10.0%0.0%

直線は292mと短く前につけた馬が有利なコースです。差し馬も馬券になっていますが直線のみの末脚では届かず、コーナーで加速できる小回り適性が重要です。

前走4角の位置取り

・3番手以内(0-6-3-42)
・4番手以下(10-4-7-84)

ただし前走4コーナーで3番手以内だった馬は2~3着が多くても1着がありません。今年は前走4番手以下だった馬が5頭しかいません。イェッツト、キューグレーダー、フィエールマン、マルターズルーメン、ロードアクシスの5頭が前走4番手以下となっています。

ラジオNIKKEI賞の傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-2-1-520.0%50.0%
2番人気3-1-1-530.0%50.0%
3番人気1-0-0-910.0%10.0%
4番人気0-1-1-80.0%20.0%
5番人気2-0-2-620.0%40.0%
6番人気0-1-1-80.0%20.0%
7-9番人気2-2-2-246.7%20.0%
10-番人気0-3-2-610.0%7.6%

1番人気、2番人気に推された馬は複勝率50%とまずまずの成績ですが、ハンデ戦ということもあり人気通りに収まらないことが多く、人気薄が2~3着によく入ります。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦9-7-9-719.4%26.0%
栗東1-3-1-541.7%8.5%
地方0-0-0-10.0%0.0%

出走数では関西馬も多く人気にも押されるのですが、昨年1番人気で6着に敗れたサトノクロニクルをはじめ人気を背負って飛ぶケースが多く過信は禁物です。

キャリアデータ

戦績着度数勝率複勝率
2戦2-0-1-240.0%60.0%
3戦0-0-0-40.0%0.0%
4戦1-0-1-108.3%16.7%
5戦3-0-1-1317.6%23.5%
6戦0-3-1-190.0%17.4%
7戦1-2-1-233.7%14.8%
8戦1-2-1-214.0%16.0%
9戦1-1-0-127.1%14.3%
10戦上1-2-4-223.4%24.1%

キャリアに関係なく馬券になっていますが、キャリア3戦以下の場合は当日2番人気以内のみ。キャリアが多いほど穴馬の資質が上がります。フィエールマンは人気に推されそうですが2番人気以内であれば問題ありません。

ラジオNIKKEI賞の傾向データ②

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
~4391-0-2-117.1%21.4%
440-4591-2-5-253.0%24.2%
460-4791-5-1-412.1%14.6%
480-4995-3-0-3112.8%20.5%
500-5190-0-1-110.0%8.3%
520~2-0-1-720.0%30.0%

前走との馬体重差

馬体重着度数勝率複勝率
今回増3-8-3-544.4%20.6%
増減無2-1-1-198.7%17.4%
今回減5-1-6-537.7%18.5%

好走率が高いのが480~499kgの馬で、1着候補はある程度馬格が欲しい所。3着になると460kg以下から7頭が入っていますが、2着以内を選ぶのならデータ的には460kg以上からが無難です。

フィエールマンメイショウテッコン、エイムアンドエンドは480~499kgの馬体でここでも期待できますが、グレンガリーケイティクレバーは440kg前後の馬体でデータ的には2~3着まで。

斤量データ

斤量着度数勝率複勝率
~52.01-0-0-263.7%3.7%
53.01-3-4-342.4%19.0%
54.05-1-2-2913.5%21.6%
55.01-5-2-144.5%36.4%
56.01-0-2-175.0%15.0%
56.51-0-0-0100%100%
57.00-1-0-60.0%0.0%

斤量53~55kgで(7-9-8-77)と馬券内の大部分を占めます。ハンデ52kg以下は基本的には消しで、唯一1着になったのは2007年のロックドゥカンブで当日2番人気でした。

ラジオNIKKEI賞の前走データ

前走クラス

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ0-2-4-220.0%21.4%
GⅡ2-0-0-1115.4%15.4%
GⅢ0-0-0-70.0%0.0%
オープン2-5-2-236.3%28.1%
1000万3-1-2-1812.5%25.0%
500万3-2-2-445.9%13.7%

前走重賞組よりもオープン特別以下からのローテーションが有力です。特に前走が東京競馬場だった馬が(8-7-8-67)と馬券内の多くを占め、その中でも東京芝2000mだった馬は(3-3-1-9)で複勝率43.8%という成績。前走が東京芝2000mだったのはイェッツト、グレンガリーの2頭です。

主な前走

・プリンシパルS(2-2-1-7)
・エーデルワイスS(2-1-0-9)
・青葉賞(2-0-0-4)
・500万下(1-0-1-10)
・早苗賞(1-0-0-4)
・稲村ヶ崎特別(1-0-0-0)
・マカオJCT(1-0-0-0)
・白百合S(0-3-0-12)
・NHKマイルC(0-1-4-6)

前走人気

人気着度数勝率複勝率
1番人気5-2-2-1818.5%33.3%
2番人気1-0-1-146.3%12.5%
3番人気2-0-0-918.2%18.2%
4番人気0-2-0-110.0%15.4%
5番人気0-0-0-110.0%0.0%
6-9番人気0-3-7-320.0%23.8%
10-番人気2-3-0-315.6%13.9%

前走1番人気に推されていた馬が5勝を挙げています。前走6~9番人気は全頭が1000万条件以上のレース、前走10番人気以下は全頭がオープンクラスのレースでした。前走1番人気だったのはキューグレーダー、フィエールマンの2頭。

前走着順

着順着度数勝率複勝率
1着5-2-2-498.6%15.5%
2着0-2-0-50.0%28.6%
3着1-1-0-320.0%40.0%
4着1-1-1-89.1%27.3%
5着0-1-0-70.0%12.5%
6-9着2-2-3-226.9%24.1%
10-着1-1-4-322.6%15.8%

前走1着馬が5勝を挙げておりキボウノダイチ、キューグレーダー、グレンガリー、フィエールマン、メイショウテッコンの5頭が該当。

種牡馬データ

福島芝1800m 種牡馬データ


ディープインパクト産駒が頭一つ抜けた成績。特にラジオNIKKEI賞は過去6年間でゼーヴィント、アンビシャス、ファイナルフォームの3勝、孫のセダブリランテスも勝っており相性抜群です。

今年はフィエールマンのみがディープインパクト産駒。マンハッタンカフェ産駒もそれなりに走りますが、ハービンジャー産駒は福島芝では2~3着が多いのが特徴。

以上ラジオNIKKEI賞のデータ分析でした。

にほんブログ村テーマ 馬(競馬)へ
馬(競馬) 中央競馬予想 JRA競馬予想 競馬予想 競馬(重賞中心)

ラジオNIKKEI賞 データ推奨馬

ブログランキング画像をクリックすると下の空白部分が表示されます。PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

重賞の最終予想は最強競馬ブログランキングで週末公開しています。


人気ブログランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
17日中山は無料情報の上位6頭BOXで299,350円プラス!


前半6Rは出走する馬も詳しく分からないけど…
無料情報のみでプラス収支になればメインレースの軍資金も増えますよね!?

メールアドレスを入力して、確認メールのURLをクリックすれば登録完了です。

的中率抜群のコラボ@指数を使ってみよう!
前半1~6Rまでは無料で指数公開
有料プランは月額1980円で全レース公開!

まずは無料指数を見に行く!
無料登録で使える予想サイト

自由に使えるお金が欲しい!そんな気持ちを形にしてくれるのが「みんなの万馬券」
無料情報「贈」で買い目見れるのでレース当日要CHECKです。
そのままの推奨券種で買うもよし!ひねるもまた一興!おすすめです。

⇒まずは無料登録でCHECK!



毎週2回の更新でユーザーを楽しませてくれている「柴ブロ」
★毎週火曜日 先週の重賞結果から次週の重賞注目馬について「柴崎節」が炸裂!
★毎週金曜日 登録確定後に週中に入った極上の情報と柴崎氏注目馬を公開!

⇒まずは無料登録でCHECK!



穴馬の入れ込み方+点数の低さに驚き中検証中の「競馬学会」
土日最大4鞍の「無料参考情報」も提供しています。予想の参考にどうでしょう!?
担当がついてくれるのでしっかりサポートを受けられます。

⇒まずは無料登録でCHECK!



★毎週火曜日 週末の重賞レースの注目馬をご紹介!!
★毎週木曜日 プロ目線から今週激走率の高いダークホースをご紹介!!
★金・土20時頃 高確率で馬券に絡む注目馬をご紹介!!

⇒まずは無料登録でCHECK!

中山7Rスマートガイア72.1倍が3着!30点で3連単250万強の実績


中山10R浦安特別ダイワスキャンプ14.3倍2着!9点で100万オーバー!



昔から見てますが、穴馬の入れ込み方、点数の絞り方に一日の長ありの予想かなと
毎週重賞や自信ありの厳選レース無料買い目が0円でお試し可能!おすすめ!
コチラ(無料)

無料で今週の3連単情報を入手する!
   

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.