JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

プロキオンステークス2018予想|過去6年の傾向とデータ分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。


2018年7月8日(日)
プロキオンステークス(GⅢ・中京ダート1400m)

過去6年分のデータ分析です。中京競馬場改修後の2012~2017年のデータになります。

有力馬と予想オッズ

インカンテーション(3.7倍)
8歳馬ながらフェブラリーS、かしわ記念で3着と実績は断トツ。武蔵野SやレパードS優勝の実績もあり左回りは合っていますがダートでは1400mを走ったことがないのが不安材料。

ドリームキラリ(4.9倍)
欅Sではサンライズノヴァに1.3/4差をつける完勝。今年4戦は逃げて(1-0-2-1)と結果を残していますが、いずれもノーマークに近い逃げだったのでマークが厳しくなる今回はどうか。

サクセスエナジー(5.5倍)
昨年12月に500万下を勝ちそこから半年で一気に成長しかきつばた記念、さきたま杯を連勝。ただしかきつばた記念でキングズガード58kgに対し54kgで3/4差、今回は別定でGⅡ勝ちがあるため唯一の58kgと一気に斤量が厳しくなります。

キングズガード(7.3倍)
昨年のこのレースの覇者で一昨年も3着とコース適性は十分。確実に末脚を使えるのが魅力ですが脚質的に取りこぼしが多いのも特徴です。

ウインムート(9.0倍)
サクセスエナジーと同じく松山騎手のお手馬ですが、今回は和田騎手になるという情報。1年前の桶狭間SではプロキオンSのタイムを上回る1.22.8で優勝しておりコース・距離はベスト条件。

プロキオンステークスのコースデータ

中京ダート1400mの特徴

芝スタートとなり、最初の約200mが芝コースになるため前半のペースは速くなりがちです。芝スタートの割に枠の内外の差はそれほどありませんが、上級条件になると8枠の好走率がアップします。

過去5年の平均タイム

年度タイム前3F後3F
2017年1.22.934.236.9
2016年1.22.134.136.7
2015年1.22.534.635.9
2014年1.22.634.736.1
2013年1.21.934.136.3

ドリームキラリ、マテラスカイ、ドライヴナイトを始め激しい先行争いが予想されますが、直線が長いこともあり普段よりポジションを控える馬も。昨年は1~3着全てが差し・追い込み馬で決着しています。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠1-1-2-610.0%40.0%
2枠0-1-0-110.0%8.3%
3枠3-1-0-825.0%33.3%
4枠0-0-0-120.0%0.0%
5枠0-1-2-90.0%25.0%
6枠0-1-0-110.0%8.3%
7枠1-1-1-98.3%25.0%
8枠1-0-1-108.3%16.7%

芝スタートですが思ったほど外枠有利な傾向でもなく、どの枠からも好走馬が出ています。馬番では偶数(5-4-2-35)に対して奇数(1-2-4-41)となっており連対率では偶数番号に入った馬が優勢。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ1-1-0-416.7%33.3%
先行2-0-0-199.5%9.5%
差し2-5-4-275.3%28.9%
追込1-0-2-263.4%10.3%

馬券内に入るのは差し馬が多いのですが優勝馬は先行勢と追い込み勢で半々となっています。また前走である程度前につけていた馬の方が成績が良いのが特徴です。

前走4角位置

・5番手以内(5-3-3-42)
・6番手以下(1-2-3-33)
※2017年2着のカフジテイクは前走ドバイ

前走6番手以下だったのはダノングッド、ブライトライン、ルグランフリソンの3頭。

無料情報でダービー・ヴィクトリアマイル的中!
「競馬学会」さんは毎週土日1鞍ずつ無料配信。直近の無料配信で怒涛の的中ラッシュ!

実際配信された買い目がコチラ

5/11(土)京王杯SC
3連複6-7-9 3,780円的中 6人気リナーテ入線◎
5/12(日)ヴィクトリアマイル
3連複3-4-9 35,490円的中 11人気クロコスミア入線◎



さらに日本ダービーは破格の的中!
3連複1-7-13 12,050円的中!12人気ロジャーバローズ入線◎

今週はユニコーンSor函館SSどちらかを無料配信
ここの予想は参考にする価値ありです!

⇒今週の無料買い目はコチラから
メールアドレスを登録後、確認メールからログインして下さい。

プロキオンステークスの傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-1-2-133.3%83.3%
2番人気1-2-1-216.7%66.7%
3番人気0-1-0-50.0%16.7%
4番人気1-1-0-416.7%33.3%
5番人気1-1-0-416.7%33.3%
6番人気0-0-1-50.0%16.7%
7-9番人気0-0-1-170.0%0.0%
10-番人気1-0-1-382.5%5.0%

1~2番人気の信頼度は高く、馬券内に入っているのも5番人気以内の人気サイドが中心です。1週前の予想オッズではインカンテーションドリームキラリが1、2番人気となっています。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
3歳0-0-0-20.0%0.0%
4歳2-1-0-1114.3%21.4%
5歳1-3-2-135.3%31.6%
6歳3-1-0-1515.8%21.1%
7歳0-1-3-200.0%16.7%
8歳上0-0-1-140.0%6.7%

4~6歳までは連対率では横並び、7歳以上になると1着がありません。インカンテーション、キングズガード、エイシンヴァラー、ブライトラインの4頭が7歳以上。3勝を挙げている6歳馬の筆頭はドリームキラリか。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦2-0-0-918.2%18.2%
栗東4-6-6-625.1%20.5%
地方0-0-0-50.0%0.0%

関東馬で1着になったのは2016年1番人気のノボバカラ、2012年12番人気のトシキャンディの2頭。今年はブラゾンドゥリスのみが関東馬です。

プロキオンステークスの傾向データ②

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
440-4591-0-1-133.3%66.7%
460-4790-1-1-130.0%13.3%
480-4991-2-1-302.9%11.8%
500-5193-2-1-1613.6%27.3%
520~1-1-2-165.0%20.0%

前走との馬体重差

馬体重着度数勝率複勝率
今回増2-1-1-305.9%11.8%
増減無1-1-1-117.1%21.4%
今回減3-3-4-346.8%22.7%

500kgを超える大型馬が優勢です。479kg以下で馬券に入ったのはどちらもリピーターで2014-2015年のキョウワダッフィーと2016-2017年のキングズガード。

近3走の3着内回数

3着内回数着度数勝率複勝率
3回2-3-1-1012.5%37.5%
2回3-3-3-229.7%29.0%
1回1-0-1-204.5%9.1%
0回0-0-1-240.0%4.0%

近走での安定感が直結しやすいレースで、近走着外が続いている馬は軽視。近3走全て3着以内なのはドリームキラリのみ。1回以下なのはエイシンヴァラー、サイタスリーレッド、ダノングッド、ブラゾンドゥリス、ルグランフリソンの5頭です。

プロキオンステークスの前走データ

前走クラス

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ0-0-0-40.0%0.0%
GⅡ0-0-0-30.0%0.0%
GⅢ0-0-0-80.0%0.0%
オープン4-3-6-348.5%27.7%
1600万0-0-0-100.0%0.0%
地方2-2-0-179.5%19.0%
海外0-1-0-00.0%100%

前走は地方かオープン特別が殆どでそれ以外はほぼ馬券外。前走アハルテケSからはブラゾンドゥリス、天保山Sからはウインムート、サイタスリーレッド、ドライヴナイトが出走。

主な前走

・アハルテケS(1-1-2-7)
・天保山S(1-0-2-10)
・欅S(1-0-0-6)
・かしわ記念(1-0-0-1)
・北海道スプリントC(1-0-0-2)
・京葉S(1-0-0-0)
・栗東S(0-1-1-3)

前走人気

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-4-2-158.7%34.8%
2番人気2-1-2-325.0%62.5%
3番人気1-0-1-127.1%14.3%
4番人気0-0-0-70.0%0.0%
5番人気0-0-0-60.0%0.0%
6-9番人気1-0-1-175.3%10.5%
10-番人気0-0-0-150.0%0.0%

前走上位人気だった馬が強く前走1~2番人気が(4-5-4-18)で複勝率41.9%と高い数値。前走1番人気だったのはインカンテーション、キングズガード、サクセスエナジー、マテラスカイの4頭。前走2番人気だったのはブラゾンドゥリス1頭です。

前走着順

着順着度数勝率複勝率
1着1-3-3-213.6%25.0%
2着4-1-0-830.8%38.5%
3着0-1-0-60.0%16.7%
4着0-0-1-70.0%12.5%
5着0-1-0-60.0%16.7%
6-9着1-0-0-156.3%6.3%
10-着0-0-2-120.0%14.3%

こちらも前走連対馬が強く、特に前走2着馬が4勝を挙げています。前走1着はウインムート、サクセスエナジー、ドリームキラリ、ナムラミラクル、マテラスカイの5頭で今年は前走2着はキングズガード1頭のみ。

種牡馬データ

中京ダート1400m 種牡馬データ


シニスターミニスター、サウスヴィグラス、カジノドライヴはクラスが上がってもこのコースに強いのが特徴。キングカメハメハは条件戦を含めると成績は奮いませんがプロキオンSではアドマイヤロイヤルやキョウワダッフィーで(1-2-1-3)とこのレースを得意としています。

以上プロキオンステークスのデータ分析でした。

プロキオンステークス データ推奨馬


的中率抜群のコラボ@指数を使ってみよう!
前半1~6R+指定重賞は無料公開
指数6位以内or指数値30以下の馬に注目
⇒無料指数はコチラから

ブログランキング画像をクリックすると下の空白部分が表示されます。PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.