エルムステークス2018予想|過去10年の傾向とデータ分析


2018年8月12日(日)
エルムステークス(GⅢ・札幌ダート1700m)

過去10年分のデータ分析です。函館・新潟で開催された年を除く過去10年分になります。

有力馬と予想オッズ

ハイランドピーク(3.0倍)
オープンクラスでは条件戦のように楽にはいきませんが、自分の形を作れたら強く今回は条件が合いそう。前走に続き鞍上には横山和騎手というのが不安要素か。

ミツバ(3.3倍)
マーキュリーCを連覇していますが中央では好走してもあと一歩足りない面もあります。距離は長い方が良いスタミナタイプなので、今回の短縮に対応できるかが鍵。

ドリームキラリ(5.8倍)
近走は短い距離を使われていますが、昨年のこのレースでもテイエムジンソクにハナ差の3着。能力上位ですが、距離延長組の成績がやや微妙なのが不安要素。

ロンドンタウン(7.8倍)
昨年はテイエムジンソクを抑えての1着ですがその後はパッとしないレースが続いています。4か月の休み明けで調子が戻っているかが重要です。

リーゼントロック(11.3倍)
マリーンSではハイランドピークより1kg重い56kgを背負いクビ差の3着。今年に入ってから中距離では安定しているのが魅力です。

エルムステークスのコースデータ

札幌ダート1700mの特徴


スタンド前からのスタートでコースを1周。ダート1000mは逃げ馬が断然有利ですが1700mでは総合力が求められます。ただしコーナー4つに高低差がなく直線も短いため、やはり先行馬が有利なコースです。

重賞ナビ

札幌競馬場・ダート1700mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、札…

過去5年の平均タイム

年度 タイム 前3F 後3F
2017年 1.40.9 29.2 35.9
2016年 1.43.5 30.3 36.3
2015年 1.43.0 29.6 37.2
2014年 1.41.9 29.6 36.3
2012年 1.42.2 29.7 36.3

枠順データ

枠順 着度数 勝率 複勝率
1枠 1-0-2-7 10.0% 30.0%
2枠 1-0-0-9 10.0% 10.0%
3枠 0-2-1-7 0.0% 30.0%
4枠 3-2-1-11 17.6% 35.3%
5枠 1-2-1-15 5.3% 21.1%
6枠 2-1-2-15 10.0% 25.0%
7枠 2-1-1-16 10.0% 20.0%
8枠 0-2-2-16 0.0% 20.0%

フルゲートでも14頭になり、枠順による有利不利はあまりありません。馬番では4~5番の複勝率がやや高めに出ており、偶数番号(7-4-4-45)複勝率25%に対して奇数番号(3-6-6-51)複勝率22.7%とこちらもあまり差はありません。

脚質データ

脚質 着度数 勝率 複勝率
逃げ 0-0-5-5 0.0% 50.0%
先行 7-10-2-10 24.1% 65.5%
差し 0-0-2-43 0.0% 4.4%
追込 0-0-1-37 0.0% 2.6%
マクリ 3-0-0-1 75.0% 75.0%

コーナー4つに直線264mと先行有利なコースになっており、道中後手を踏むと巻き返しは困難。4角4番手以内が(10-10-7-16)複勝率62.8%となっています。人気サイドではドリームキラリ、ハイランドピークあたりが前につけそうです。


今年の重賞は無料買い目絶好調のこのサイトで!

エリザベス女王杯:ラヴズオンリーユー軸で的中!
→3連複4,060×400=16,240円獲得◎(290%回収)
マイルCS:インディチャンプ軸で的中!
→3連複3,200×400=12,800円獲得◎(228%回収)
阪神JF:クラヴァシュドール軸で的中!
→3連複8,560×500=42,800円獲得◎(856%回収)

【Gプレミオ】この秋の重賞は小点数で高配当連発!


グロリアのお勧めコンテンツはコチラ↓
○重賞厳選無料買い目
○連続的中の【Gプレミオ】

今週は「日経新春杯」の厳選買い目を無料公開!

グロリアは毎週土日2鞍ずつの計4鞍無料配信です!
無料買い目を見る
↑無料買い目はメール登録で確認できます。エントリーはお早目に!

エルムステークスの傾向データ①

人気データ

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 2-1-3-4 20.0% 60.0%
2番人気 3-1-0-6 30.0% 40.0%
3番人気 2-1-1-6 20.0% 40.0%
4番人気 1-2-0-7 10.0% 30.0%
5番人気 1-2-0-7 10.0% 30.0%
6番人気 0-0-1-9 0.0% 10.0%
7-9番人気 1-3-3-23 3.3% 23.3%
10-番人気 0-0-2-27 0.0% 6.9%

1番人気の複勝率は60%で5番人気以内の回収値はまずまずです。穴狙いでも狙えるのは7~8番人気までで、9番人気以下になると期待値はかなり低めです。

馬齢データ

馬齢 着度数 勝率 複勝率
3歳 0-1-1-0 0.0% 100%
4歳 3-1-2-14 15.0% 30.0%
5歳 5-3-5-25 13.2% 34.2%
6歳 2-2-1-29 5.9% 14.7%
7歳 0-3-0-16 0.0% 15.8%
8歳上 0-0-1-12 0.0% 7.7%

4~5歳馬が中心ですが今年は6歳以上が多く、4~5歳はアンジュデジール、ノーブルサターン、ハイランドピーク、ロンドンタウンの4頭。

7歳以上になると1着がなく、7歳で連対した3頭はいずれも重賞勝ちの実績がありました。7歳馬は5頭が登録していますが重賞勝ち実績があるのはメイショウスミトモリッカルドの2頭です。

所属データ

所属 着度数 勝率 複勝率
美浦 5-3-3-30 12.2% 26.8%
栗東 5-6-7-59 6.5% 23.4%
地方 0-1-0-7 0.0% 12.5%

関西馬の方が出走数は多いですが、成績では関東馬の方がやや優勢です。アルタイル、ディアデルレイ、ハイランドピーク、ブラゾンドゥリス、モンドクラッセの5頭が関東馬です。

エルムステークスの傾向データ②

馬体重データ

馬体重 着度数 勝率 複勝率
~439 0-0-0-1 0.0% 0.0%
440-459 1-0-0-5 16.7% 16.7%
460-479 1-0-2-19 4.5% 13.6%
480-499 2-3-2-34 4.9% 17.1%
500-519 4-4-6-20 11.8% 41.2%
520~ 2-3-0-17 9.1% 22.7%

前走との馬体重差

馬体重 着度数 勝率 複勝率
今回増 3-2-3-35 7.0% 18.6%
増減無 2-1-2-17 9.1% 22.7%
今回減 4-7-5-41 7.0% 28.1%

馬体重500~519kgの馬の複勝率が41.2%と飛び抜けています。更に4番人気以内に絞ると(4-3-3-5)で複勝率66.7%となります。前走馬体重ではディアデルレイ、ノーブルサターン、リーゼントロックの3頭が当てはまります。

人気を集めそうなミツバ、ハイランドピークはダート戦では比較的軽い470kg前後の馬体ですが、480kg未満で勝った2例はいずれも2番人気馬だったので人気に推されていれば馬格は気にしなくても良さそうです。

エルムステークスの前走データ

前走クラス

クラス 着度数 勝率 複勝率
GⅠ 0-0-1-1 0.0% 50.0%
GⅡ 1-0-0-7 12.5% 12.5%
GⅢ 1-3-0-17 4.8% 19.0%
オープン 4-3-5-49 6.6% 19.7%
1600万 1-0-0-1 50.0% 50.0%
地方 3-4-4-19 10.0% 36.7%

前走オープン特別か地方組のシェアが高く、前走が中央重賞だった場合は当日5番人気以内が好走の目安です。

主な前走

・ブリーダーズGC(1-2-0-5)
・平安S(1-2-0-3)
・マリーンS(2-1-0-21)
・しらかばS(1-0-4-16)
・安達太良S(1-0-0-1)
・マーキュリーC(0-0-2-3)
・帝王賞(0-1-0-3)
・プロキオンS(0-1-0-3)
・アンタレスS(0-0-0-4)

前走人気

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 5-2-5-7 26.3% 63.2%
2番人気 1-1-1-22 4.0% 12.0%
3番人気 1-1-0-7 11.1% 22.2%
4番人気 1-1-1-9 8.3% 25.0%
5番人気 1-1-1-8 9.1% 27.3%
6-9番人気 0-3-1-22 0.0% 15.4%
10-番人気 0-1-1-16 0.0% 11.1%

前走1番人気馬の成績が抜群に良いのですが今年は該当馬無し。

前走着順

着順 着度数 勝率 複勝率
1着 4-3-1-18 15.8% 30.8%
2着 1-2-4-10 5.9% 41.2%
3着 1-2-1-9 7.7% 30.8%
4着 0-1-2-6 0.0% 33.3%
5着 1-1-0-5 14.3% 28.6%
6-9着 1-1-1-22 4.0% 12.0%
10-着 1-0-1-22 4.2% 8.3%

前走オープン特別

・3着以内(4-2-4-20)
・4着以下(0-1-1-28)

前走オープン特別は3着以内だった馬の成績が良く、ハイランドピーク、リーゼントロックの2頭が該当。

前走中央重賞

・5着以内(1-3-0-7)
・6着以下(1-0-1-18)

前走中央重賞は5着以内だった馬の成績が良く、ブラゾンドゥリス、モルトベーネの2頭が該当。

種牡馬データ

札幌ダート1700m 種牡馬データ


キングカメハメハ、ゴールドアリュール、アグネスデジタルあたりは狙いやすく、表には入っていませんがカネヒキリ産駒は(3-5-2-29)で勝率7.7%、複勝率25.6%となっています。エルムSではサンデー系、ロベルト系が活躍しておりミスプロ系は3着までが多い傾向があります。

以上エルムステークスのデータ分析でした。

にほんブログ村テーマ 馬(競馬)へ
馬(競馬) 中央競馬予想 JRA競馬予想 競馬予想 競馬(重賞中心)

エルムステークス データ推奨馬

ブログランキング画像をクリックすると下の空白部分が表示されます。PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

テキストのコピーはできません。