関屋記念2018予想|過去10年の傾向とデータ分析


2018年8月12日(日)
関屋記念(GⅢ・新潟芝1600m)

過去10年分のデータ分析です。

有力馬と予想オッズ

リライアブルエース(3.8倍)
京王杯SCではレコード決着の中0.2秒差の6着、中京記念でも後方から追い込み3着と能力は重賞級。確実に追い込んでくるので長い新潟で持ち味を発揮できれば上位必至です。

ウインガニオン(5.1倍)
昨年のこのレース2着馬。夏場を得意としていますが前走中京記念では8着大敗。斤量58kgも他の人気馬に比べると厳しい所があり、楽に単騎逃げできる展開なら。

フロンティア(5.6倍)
同コースの新潟2歳S勝ち馬で中京記念でもリライアブルエースとクビ差4着の左回り巧者。前回はハンデ戦でしたが今回は別定で古馬との斤量差も大きい点が魅力。

プリモシーン(7.2倍)
NHKマイルCではケイアイノーテックとほぼ同じ位置から追い込んだものの5着まで。ハンデ51kgは魅力的ですがスタートが悪い馬なので枠順もポイントになりそうです。

エイシンティンクル(8.9倍)
エイシンヒカリの全妹で春までは中距離を使われていましたが、距離短縮で連勝しオープン入り。高速馬場にも対応できる素質を秘めています。

関屋記念のコースデータ

新潟芝1600mの特徴


スタート後の直線が長いため前半はやや速めのペースになり、コーナーが坂になっているため一旦ペースが緩み日本最長の659mの直線を迎えます。枠順ではやや外寄りの枠が有利で差し馬が馬券になりやすいコースです。

重賞ナビ

新潟競馬場・芝1600mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、新潟芝…

過去5年の平均タイム

年度 タイム 前3F 後3F
2017年 1.32.2 35.2 34.3
2016年 1.31.8 34.4 34.7
2015年 1.32.6 36.4 33.3
2014年 1.32.5 34.9 34.4
2013年 1.32.5 34.5 34.6

勝ちタイムは1分32秒台前半~中盤くらいが多いですが、前半のペースはそこまで速くならないため昨年のウインガニオンレッドアリオンなど逃げ切りが決まる時もあります。

枠順データ

枠順 着度数 勝率 複勝率
1枠 1-0-1-15 5.9% 11.8%
2枠 1-1-1-14 5.9% 17.6%
3枠 0-0-0-17 0.0% 0.0%
4枠 0-2-1-14 0.0% 17.6%
5枠 0-1-4-15 0.0% 25.0%
6枠 0-2-0-18 0.0% 18.0%
7枠 4-0-2-18 16.7% 25.0%
8枠 4-4-1-16 16.0% 36.0%

7~8枠がとにかく有利で、人気薄でも外枠に入った馬には注意が必要です。また3枠は過去10年で3着以内が一度も無く昨年1番人気のメートルダールも12着に大敗しています。

脚質データ

脚質 着度数 勝率 複勝率
逃げ 3-0-1-5 30.0% 40.0%
先行 3-4-3-26 8.3% 27.8%
差し 2-1-4-58 3.1% 10.8%
追込 2-5-2-38 4.1% 19.1%

約659mの日本最長の直線ですが、仕掛け所も難しく末脚だけでは勝てません。逃げ・先行馬が残ることも多く昨年は4角4番手以内にいた3頭で決まりました。また最速上がり馬が(2-3-1-5)と他のコースに比べて上位の上がりをマークした馬があまり奮わないのも特徴です。


今年の重賞は無料買い目絶好調のこのサイトで!

エリザベス女王杯:ラヴズオンリーユー軸で的中!
→3連複4,060×400=16,240円獲得◎(290%回収)
マイルCS:インディチャンプ軸で的中!
→3連複3,200×400=12,800円獲得◎(228%回収)
阪神JF:クラヴァシュドール軸で的中!
→3連複8,560×500=42,800円獲得◎(856%回収)

【Gプレミオ】この秋の重賞は小点数で高配当連発!


グロリアのお勧めコンテンツはコチラ↓
○重賞厳選無料買い目
○連続的中の【Gプレミオ】

今週は「日経新春杯」の厳選買い目を無料公開!

グロリアは毎週土日2鞍ずつの計4鞍無料配信です!
無料買い目を見る
↑無料買い目はメール登録で確認できます。エントリーはお早目に!

関屋記念の傾向データ①

人気データ

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 2-3-1-4 20.0% 60.0%
2番人気 2-2-0-6 20.0% 40.0%
3番人気 1-0-2-7 10.0% 30.0%
4番人気 3-1-0-6 30.0% 40.0%
5番人気 0-2-1-7 0.0% 30.0%
6番人気 1-1-1-7 10.0% 30.0%
7-9番人気 1-1-3-24 3.4% 17.2%
10-番人気 0-0-2-66 0.0% 2.9%

直線部分が長く実力を発揮しやすいコースのため、人気サイドが強く10番人気以下の大穴はあまり期待できません。

馬齢データ

馬齢 着度数 勝率 複勝率
3歳 0-0-2-5 0.0% 28.6%
4歳 3-4-1-12 15.0% 40.0%
5歳 5-5-4-48 8.1% 22.6%
6歳 1-1-1-37 2.5% 7.5%
7歳 1-0-2-18 4.8% 14.3%
8歳上 0-0-0-7 0.0% 0.0%

4~5歳馬が中心で6歳以上になると成績が大きく落ちます。6歳以上なのはウインガニオン、チャンピオンルパン、ベルキャニオン、ヤングマンパワー、ロッカフラベイビーの5頭。

また6歳以上で勝った2頭はいずれも4番人気でした。2014年1番人気2着のダノンシャークの例もあり、ウインガニオンは人気に推されていれば残しても良さそうです。

所属データ

所属 着度数 勝率 複勝率
美浦 5-2-7-56 7.1% 20.0%
栗東 5-8-3-71 5.7% 18.4%

複勝率ではほぼ変わりません。大穴狙いなら関東馬が良く関西馬は9番人気以下での馬券圏内はありません。ただそれでも3着までというデータです。

9番人気以下

・関東馬(0-0-3-35)
・関西馬(0-0-0-40)

関屋記念の傾向データ②

馬体重データ

馬体重 着度数 勝率 複勝率
~439 1-0-1-6 12.5% 25.0%
440-459 0-1-2-15 0.0% 16.7%
460-479 1-1-1-25 3.6% 10.7%
480-499 4-5-3-47 6.8% 20.3%
500-519 1-2-0-23 3.8% 11.5%
520~ 3-1-3-11 16.7% 38.9%

前走との馬体重差

馬体重 着度数 勝率 複勝率
今回増 4-4-4-64 5.3% 15.8%
増減無 1-3-3-19 3.8% 26.9%
今回減 5-3-3-44 9.1% 20.0%

馬体重520kg以上の超大型馬の成績が良く、前走馬体重で該当するのはヤングマンパワー。近走は奮いませんが2015年3着、2016年1着、2017年4着とこのレースと非常に相性が良く人気薄でも怖い1頭です。

関屋記念の前走データ

前走クラス

クラス 着度数 勝率 複勝率
GⅠ 2-1-2-17 9.1% 22.7%
GⅡ 0-0-0-5 0.0% 0.0%
GⅢ 5-7-3-60 6.7% 20.0%
オープン 1-1-4-34 2.5% 15.0%
1600万 2-1-0-9 16.7% 25.0%

最も多いのが中京記念からのローテーションですが、率としては高くありません。前走米子Sも出走数は多い割に全く馬券に絡んでおらずジョーストリクトリ、チェッキーノには厳しいデータ。

主な前走

・中京記念(2-3-2-33)
・安田記念(2-1-0-6)
・ダービー卿CT(1-0-1-0)
・パラダイスS(1-0-0-2)
・エプソムC(0-3-0-8)
・NHKマイルC(0-0-1-3)
・米子S(0-0-0-14)
・マイラーズC(0-0-0-4)

前走人気

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 3-1-1-8 23.1% 38.5%
2番人気 4-1-1-11 23.5% 35.3%
3番人気 1-2-3-6 8.3% 50.0%
4番人気 0-2-0-10 0.0% 16.7%
5番人気 1-2-1-7 9.1% 36.4%
6-9番人気 0-2-3-31 0.0% 13.9%
10-番人気 1-0-1-54 1.8% 3.6%

前走3番人気以内が8勝を挙げており複勝率も優秀です。該当するのはウインガニオン、ショウナンアンセム、スターオブペルシャ、チェッキーノ、ロードクエスト、ワントゥワンの6頭。

前走中京記念

・5番人気以内(2-3-2-7)
・6番人気以下(0-0-0-26)

中京記念組は5番人気以内だった馬しか馬券に絡んでいません。2番人気ウインガニオン、3番人気ワントゥワン、4番人気リライアブルエースは問題ありませんが、7番人気だったフロンティアはここでは消しか。

前走着順

着順 着度数 勝率 複勝率
1着 3-2-1-15 14.3% 28.6%
2着 0-3-1-7 0.0% 36.4%
3着 0-0-1-9 0.0% 10.0%
4着 0-2-1-7 0.0% 30.0%
5着 0-1-1-9 0.0% 18.2%
6-9着 5-0-4-33 11.9% 21.4%
10-着 2-2-1-47 3.8% 9.6%

前走連対馬は安定している一方で前走6~9着馬が5勝を挙げていますが、全て前走重賞組となっています。前走連対しているのはエイシンティンクル、ショウナンアンセム、チャンピオンルパン、ロードクエストの4頭で、前走重賞で6~9着だったのはウインガニオン、ベルキャニオンの2頭です。

種牡馬データ

新潟芝1600m 種牡馬データ


実力を発揮しやすいコースなのでディープインパクトを始めリーディング上位種牡馬が強いコース。ハーツクライ産駒の勝率がやや高くなっています。関屋記念では1着はサンデー系、ノーザンダンサー系が占めていますが、複勝率が高いのがキングカメハメハ(0-2-1-4)とハーツクライ(0-2-1-3)です。

重賞ナビ

種牡馬ディープインパクトの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。ディープインパクト産駒の得意な距離やコースを芝・ダート…

重賞ナビ

種牡馬ステイゴールドの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。ステイゴールド産駒の得意な距離やコースを芝・ダート別にまと…

重賞ナビ

種牡馬ダイワメジャーの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。ダイワメジャー産駒の得意な距離やコースを芝・ダート別にまと…

以上関屋記念のデータ分析でした。

にほんブログ村テーマ 馬(競馬)へ
馬(競馬) 中央競馬予想 JRA競馬予想 競馬予想 競馬(重賞中心)

関屋記念 データ推奨馬

ブログランキング画像をクリックすると下の空白部分が表示されます。PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

テキストのコピーはできません。