北九州記念2018予想|過去10年の傾向とデータ分析


2018年8月19日(日)
北九州記念(GⅢ・小倉芝1200m)

過去10年分のデータ分析です。

有力馬と予想オッズ

ダイメイプリンセス(3.2倍)
アイビスSDでは他馬を寄せ付けずに初重賞制覇。直千専用な感もありますがアイビスSDからのローテーションは相性が良く、充実期を迎えた今ならここでも好勝負が期待できます。

ラブカンプー(3.9倍)
サクラバクシンオー産駒が強かったこのレースですが、父ショウナンカンプは昨年のナリタスターワンが14番人気2着と孫世代でも血統的な魅力は十分です。

ダイアナヘイロー(5.0倍)
好走か大敗か極端な馬ですが、昨年は4連勝でこのレースを勝利。阪急杯勝ちはありますが本来は小倉や京都などスピードを活かせる平坦コースが合っています。

アサクサゲンキ(5.8倍)
2戦続けて後方からの競馬ですが古馬相手のCBC賞でも4着好走。昨年の小倉2歳Sの勝ち馬でコース実績は十分。スタートさえ決まれば能力は重賞級です。

ゴールドクイーン(7.7倍)
葵Sを9番人気で制し、バーデンバーデンCも2着に好走。ダートを使うなどキャリアが浅い面もありますが葵Sではラブカンプーに一度も並ばせず完勝したのは評価に値します。

北九州記念のコースデータ

小倉芝1200mの特徴


2コーナーのポケットからのスタート。前半の直線が長く、スタート後下り坂になっているためかなりの前傾ラップになるのが特徴。コースも下りと平坦な直線のみなのでスピードの絶対値が重要になります。

重賞ナビ

小倉競馬場・芝1200mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、小倉芝…

過去5年の平均タイム

年度 タイム 前3F 後3F
2017年 1.07.5 32.8 34.7
2016年 1.08.5 33.6 34.9
2015年 1.07.3 32.7 34.6
2014年 1.07.5 33.1 34.4
2013年 1.06.7 32.2 34.5

枠順データ

枠順 着度数 勝率 複勝率
1枠 1-0-0-17 5.6% 5.6%
2枠 3-0-1-15 15.8% 21.1%
3枠 0-2-2-15 0.0% 21.1%
4枠 1-4-1-14 5.0% 30.0%
5枠 2-0-0-18 10.0% 10.0%
6枠 1-1-2-16 5.0% 20.0%
7枠 0-2-1-22 0.0% 12.0%
8枠 2-1-3-20 7.7% 23.1%

1枠の複勝率が低いのを除けば全体的には枠順による差はありません。馬番で見ても大きな偏りはありませんが比較的堅実なのは4~9番辺りです。また4枠からは2014年のメイショウイザヨイ、カイシュウコロンボ、2012年のシゲルスダチと10番人気以下の超大穴が3頭馬券に絡んでいます。

脚質データ

脚質 着度数 勝率 複勝率
逃げ 0-0-0-10 0.0% 0.0%
先行 5-5-4-29 11.6% 32.6%
差し 4-4-4-55 6.0% 17.9%
追込 1-1-1-43 2.2% 6.5%
マクリ 0-0-1-0 0.0% 100%

テンの3Fが32秒台になることが多いため、直線平坦のスピード重視とは言え逃げ切りは難しく過去10年で1度も3着以内がありません。ゴールドクイーン、ラブカンプーの3歳牝馬2頭に加えトウショウピスト、ナインテイルズ、ダイアナヘイロー、セカンドテーブルらの先行争いが予想されます。

2020年重賞3週連続V◎

昨年も重賞が強かったですが今年も健在みたいですね!
また、今月はメインレースでも強さが目立っています。



先週は愛知杯+京成杯を的中!
特に愛知杯は9→5→11人気の入線で大波乱!これを32点で獲ったのは見事ですね!

【Gプレミオ】昨年の的中実績


グロリアのお勧めコンテンツはコチラ↓
○重賞厳選無料買い目
○連続的中の【Gプレミオ】

今週は「東海S」の厳選買い目を無料公開!

グロリアは毎週土日2鞍ずつの計4鞍無料配信です!
無料買い目を見る
↑無料買い目はメール登録で確認できます。エントリーはお早目に!

北九州記念の傾向データ①

人気データ

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 1-2-2-5 10.0% 50.0%
2番人気 1-2-1-6 10.0% 40.0%
3番人気 1-2-1-6 10.0% 40.0%
4番人気 0-0-2-8 0.0% 20.0%
5番人気 1-1-0-8 10.0% 20.0%
6番人気 1-0-2-7 10.0% 30.0%
7-9番人気 5-0-0-25 16.7% 16.7%
10-番人気 0-3-2-72 0.0% 6.5%

8番人気馬が(5-0-0-5)と抜群に勝率が高いのですが、そのうち3頭がサクラバクシンオー産駒です。後で紹介しますがこのレースはとにかくサクラバクシンオー産駒が強いレースなので、人気順のみで抑えるのは危険です。2012年や2014年のように大荒れする年もありますが、過去10年で5番人気以内から2頭馬券に絡んだのは7回と人気馬はある程度は信頼できます。

馬齢データ

馬齢 着度数 勝率 複勝率
3歳 0-2-1-15 0.0% 16.7%
4歳 4-5-4-19 12.5% 40.6%
5歳 3-3-2-41 6.1% 16.3%
6歳 2-0-2-36 5.0% 10.0%
7歳 1-0-1-19 4.8% 9.5%
8歳上 0-0-0-7 0.0% 0.0%

特に4歳牝馬が(3-2-3-6)で複勝率57.1%となっていますが今年は4歳馬の登録がありません。今年は有力3歳馬が揃っていますが、過去3着以内に入ったのは2012年12番人気2着のシゲルスダチ、6番人気3着のエピセアローム、2009年2番人気2着のレディルージュの3頭で3頭とも小倉での連対実績かつ小倉2歳Sの出走歴がありました。

両方とも満たすのはアサクサゲンキ1頭。アンヴァル、ゴールドクイーン、ラブカンプーは小倉での連対実績はありますが小倉2歳Sには出走していません。

北九州記念の傾向データ②

馬体重データ

馬体重 着度数 勝率 複勝率
~439 0-2-1-8 0.0% 27.3%
440-459 1-1-1-20 4.3% 13.0%
460-479 3-3-4-38 6.3% 20.8%
480-499 3-1-2-38 6.8% 13.6%
500-519 2-0-1-23 7.7% 11.5%
520~ 1-3-1-10 6.7% 33.3%

前走との馬体重差

馬体重 着度数 勝率 複勝率
今回増 8-5-7-66 9.3% 23.3%
増減無 0-0-2-26 0.0% 7.1%
今回減 2-5-1-45 3.8% 15.1%

直線に坂が無いため軽量馬でも割り引く必要はありません。また当日馬体重では前走よりプラス体重で臨んだ馬の方が成績が良いのが特徴です。

斤量データ

斤量 着度数 勝率 複勝率
~52.0 2-4-2-38 4.3% 17.4%
53.0 2-2-2-27 6.1% 18.2%
54.0 2-1-2-26 6.5% 16.1%
55.0 3-2-0-16 14.3% 23.8%
55.5 0-0-1-0 0.0% 100%
56.0 1-1-3-18 4.3% 21.7%
56.5~ 0-0-0-12 0.0% 0.0%

前走からの斤量差

斤量 着度数 勝率 複勝率
今回増 2-2-3-12 10.5% 36.8%
増減無 3-0-4-57 4.7% 10.9%
今回減 5-8-3-68 6.0% 19.0%

56.5kg以上の斤量を背負った馬は過去10年3着以内が無く、51kg以下で最後に馬券になったのは2009年とデータの中でも古い部類になります。

今回ハンデが軽くなる場合

・1.0~1.5kg減(1-1-0-19)
・2.0~2.5kg減(4-3-1-14)
・3.0kg以上減(0-4-2-34)

今回ハンデが重くなる馬は複勝率36.8%と高い数字ですが、今回ハンデが軽くなる馬の中で2.0~2.5kg減の馬も複勝率36.4%とこれに匹敵する成績を残しています。また3.0kg以上軽くなる馬は2~3着付けが狙い目です。

今回ハンデが前走より重くなるのはダイアナヘイロー、アレスバローズ、ダイメイプリンセスの3頭。2.0~2.5kg減になるのはナインテイルズ、3.0kg以上減になるのはアンヴァル、スカイパッションになります。

北九州記念の前走データ

前走クラス

クラス 着度数 勝率 複勝率
GⅠ 0-0-1-5 0.0% 16.7%
GⅡ 0-0-0-2 0.0% 0.0%
GⅢ 4-2-6-78 4.4% 13.3%
オープン 4-1-1-27 12.1% 18.2%
1600万 1-6-1-20 3.6% 28.6%
1000万 1-1-1-5 12.5% 37.5%

ハンデ戦らしく前走1000万、1600万クラス+軽ハンデの馬が穴を空ける事が多いのが特徴です。また性別にも特徴があり牡馬は1000万かオープン特別から、牝馬は1600万かGⅢからというローテーションから好走馬が多く出ています。

主な前走

・アイビスSD(3-2-3-41)
・バーデンバーデンC(2-0-1-15)
・佐世保S(0-1-1-3)
・CBC賞(1-0-3-24)
・米子S(1-0-0-1)
・北九州短距離S(0-2-0-6)
・函館スプリントS(0-0-0-8)

前走人気

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 3-6-2-8 15.8% 57.9%
2番人気 2-0-1-10 15.4% 23.1%
3番人気 1-1-7-10 10.0% 30.0%
4番人気 1-0-1-14 6.3% 12.5%
5番人気 0-0-2-15 0.0% 11.8%
6-9番人気 3-2-1-39 6.7% 13.3%
10-番人気 0-1-2-43 0.0% 6.5%

前走1番人気馬が強いレースです。該当するのはゴールドクイーン、ダイメイプリンセスの2頭。

前走アイビスSD

・1番人気(2-1-1-1)
・2番人気以下(1-1-2-39)

前走CBC賞

・5番人気以内(1-0-2-9)
・6番人気以下(0-0-1-15)

今年は前走アイビスSDから4頭、CBC賞から7頭が登録していますがアイビスSDで1番人気だった馬は(2-1-1-1)で複勝率80%という成績で、ダイメイプリンセスにとっては好データ。CBC賞組は直結しにくい傾向ですが、5番人気以内だった馬はアサクサゲンキアレスバローズの2頭です。

前走着順

着順 着度数 勝率 複勝率
1着 4-5-5-20 11.8% 41.2%
2着 0-2-0-10 0.0% 16.7%
3着 1-0-0-5 0.0% 16.7%
4着 2-0-1-11 14.3% 21.4%
5着 0-0-0-8 0.0% 0.0%
6-9着 2-3-1-37 4.7% 14.0%
10-着 1-0-3-45 2.0% 8.2%

前走1着馬が強く、今年該当するのはアレスバローズダイメイプリンセスの2頭のみです。前走負けている場合はタイム差0.2秒差以内が(3-2-1-14)で複勝率30%となっています。該当するのはゴールドクイーン、ナガラフラワー、ラブカンプーの3頭。

種牡馬データ

小倉芝1200m 種牡馬データ


コース適性が高いのはキングカメハメハやアドマイヤムーン、ダイワメジャー、ヨハネスブルグ辺りです。北九州記念に絞るとサクラバクシンオー産駒が(4-3-2-17)と圧倒的な成績を残していますが産駒数は年々減少しており今年はグレイトチャーター1頭のみ。孫世代のショウナンカンプ産駒はラブカンプーナリタスターワン

重賞ナビ

種牡馬ディープインパクトの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。ディープインパクト産駒の得意な距離やコースを芝・ダート…

重賞ナビ

種牡馬キングヘイローの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。キングヘイロー産駒の得意な距離やコースを芝・ダート別にまと…

重賞ナビ

種牡馬ショウナンカンプの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。ショウナンカンプ産駒の得意な距離やコースを芝・ダート別に…

以上北九州記念のデータ分析でした。

北九州記念 データ推奨馬

ブログランキング画像をクリックすると下の空白部分が表示されます。PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

テキストのコピーはできません。