JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

キーンランドカップ2018予想|過去10年の傾向とデータ分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。


2018年8月26日(日)
キーンランドカップ(GⅢ・札幌芝1200m)

過去10年分のデータ分析です。函館で開催された2013年を除く2007~2017年の過去10年分のデータになります。

有力馬と予想オッズ

レッツゴードンキ(3.2倍)
国内スプリントGⅠは3戦連続2着とスプリント実績は断トツ。2016年は函館SS、キーンランドCで3着に入っており洋芝適性も問題なさそうです。

ナックビーナス(3.9倍)
昨年のこのレース3着馬で、近走も高松宮記念3着を含め常に掲示板に乗る安定感が魅力。中山得意なので目標はここではなくやはりスプリンターズSでしょうか。

ムーンクエイク(5.3倍)
前走は京王杯SCをレコード勝ち。これまではマイルを中心に使われ前走が初の1400m、そして今回は更に短縮で1200mと能力は上位ながら初のスプリント戦が不安要素。

ダノンスマッシュ(7.8倍)
前走函館日刊スポーツ杯では初の1200mながら1馬身半差の完勝。3歳春はもどかしいレースが続いていましたがスプリント路線変更で活路を見出し、初重賞制覇を狙います。

ヒルノデイバロー(10.9倍)
前走函館スプリントSでは10番人気ながら2着。人気薄の激走が多く人気になると不安な面もありますが、2~3着には入れておかないと怖い馬です。

キーンランドカップのコースデータ

札幌芝1200mの特徴


向こう正面のポケットからスタート。3コーナーまでの直線は約410mですが最後の直線は270m弱と長く、高低差も殆どないので先行馬が有利なコースです。また洋芝で行われるため時計がかかり、欧州血統やパワーのある馬が活躍する傾向があります。

過去5年の平均タイム

年度タイム前3F後3F
2017年1.09.033.535.5
2016年1.08.534.134.4
2015年1.08.634.034.6
2014年1.09.034.134.6
2012年1.07.633.534.1

洋芝のためタイムも1分8秒台後半が多く、昨年は12番人気のエポワスが優勝しましたが過去の勝ち馬も札幌、函館で好走実績のある馬には注意が必要です。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠0-0-1-160.0%5.9%
2枠1-0-2-145.9%17.6%
3枠1-2-0-165.3%15.8%
4枠2-1-1-1610.0%20.0%
5枠1-1-2-155.3%21.1%
6枠2-2-1-1510.0%25.0%
7枠2-2-3-1310.0%35.0%
8枠1-2-0-175.0%15.0%

開催後半になるためやや外枠が有利な傾向で、最内の1枠は過去10年で3頭の1番人気馬がいましたが、2008年に3着になったキンシャサノキセキ以外は全て4着以下に敗れています。また直近3年は7枠から1頭は馬券に絡んでいます。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ1-2-1-610.0%40.0%
先行5-4-4-2911.9%31.0%
差し4-3-4-457.1%19.6%
追込0-1-1-420.0%4.5%

直線の長さは266mと短く、前傾ラップにはなりますがそれでも逃げ・先行馬が有利なコースです。差し馬でも直線のみの末脚では届かず4角7番手以内が目安になります。

彗星の如く現れた人気の競馬サイト「GLORIA(グロリア)」


夏の重賞は絶好調!毎週点数を絞って高額配当Get!
北九州記念/20点で3連単58万9500円的中!
エルムS/24点で3連単42万9000円的中!
レパードS/32点で3連単55万8080円的中!
小倉記念/16点で3連単18万6600円的中!
クイーンS/15点で3連単19万7900円的中!
アイビスSD/10点で3連単27万1000円的中!
函館2歳S/12点で3連単44万1420円的中!
七夕賞/16点で3連単68万9160円的中!
函館記念/9点で3連単52万1400円的中!
CBC賞/10点で3連単13万400円的中!
ラジオNIKKEI賞/30点で3連単56万8560円的中!

そんな新星予想さんのおすすめはコチラ↓
○重賞厳選無料買い目
○連続的中の【Gプレミオ】


毎週土日2鞍ずつ計4鞍を無料配信!毎週の無料予想も絶対に見た方が良いです! もちろん毎週のように重賞的中のGプレミオも注目です!!

GLORIAの無料予想を受け取る(無料)
(無料買い目は前日夜22時頃に配信)
↑無料メール登録で前日夜に重賞の買い目が確認できます。返信メール内のURLクリックで登録完了!

キーンランドカップの傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気1-3-3-310.0%70.0%
2番人気3-3-0-430.0%60.0%
3番人気2-0-2-620.0%40.0%
4番人気1-0-2-710.0%30.0%
5番人気0-0-2-80.0%20.0%
6番人気0-2-0-80.0%20.0%
7-9番人気1-1-1-273.3%10.0%
10-番人気2-1-0-593.2%4.8%

1番人気馬の勝率が低いのが気になりますが、1~3番人気馬の信頼度は高く比較的固いレースです。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
3歳2-1-1-208.3%16.7%
4歳3-3-4-1412.5%41.7%
5歳3-1-3-288.6%11.4%
6歳0-4-1-320.0%13.5%
7歳0-1-1-180.0%10.0%
8歳上2-0-0-1016.7%16.7%

12番人気で優勝した9歳馬エポワス、16番人気で優勝した8歳馬タニノマティーニの例はありますが基本的には若い馬が優勢です。ただし牡馬・セン馬はあまり年齢には左右されませんが牝馬は3~4歳が強く、5歳以降は成績を落としています。

牝馬

・3歳(2-0-1-7)
・4歳(3-2-2-5)
・5歳以上(1-2-1-24)

今年は3歳牝馬はおらず、4歳牝馬は登録時点ではコロラトゥーレ、デアレガーロの2頭。どちらも北海道での好走実績があり、出走できたら注意が必要です。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦3-1-5-594.4%13.2%
栗東7-9-5-618.5%25.6%
地方0-0-0-20.0%0.0%

関西馬が好走しており、関東馬は人気になっていても過信は禁物です。また少しズレますがこのレースは社台ファーム生産馬が強く(4-2-3-11)で複勝率45.0%。対してノーザンファーム生産馬は(1-0-0-12)で複勝率7.7%という成績です。

人気になりそうな所ではナックビーナスが社台ファーム生産馬、ムーンクエイクデアレガーロはノーザンファーム生産馬です。

キーンランドカップの傾向データ②

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
~4391-0-1-612.5%25.0%
440-4590-1-1-150.0%11.8%
460-4792-1-2-325.4%13.5%
480-4994-5-1-3010.0%25.0%
500-5192-2-2-266.3%18.8%
520~1-1-3-135.6%27.8%

前走との馬体重差

馬体重着度数勝率複勝率
今回増7-6-5-4710.8%27.7%
増減無0-2-1-170.0%15.0%
今回減3-2-4-574.5%13.6%

馬格がある馬が強く、480kg未満で好走しているのはほぼ牝馬で例外は2015年1番人気3着のティーハーフのみ。牡馬ではカイザーメランジェ、ダノンスマッシュ、ティーハーフ、トゥラヴェスーラ、ユキノアイオロスの5頭が前走馬体重が480kg未満となっています。

キーンランドカップの前走データ

前走クラス

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ1-2-2-116.3%31.3%
GⅡ1-0-0-325.0%25.0%
GⅢ5-5-6-477.9%25.4%
オープン2-1-1-493.8%7.5%
1600万1-2-1-610.0%40.0%

昨年優勝のエポワスはUHB賞からのローテーションでしたが、近年は前走サマースプリントシリーズ組かGⅠ組が優勢で、前走オープン特別組は不振です。

主な前走

・函館スプリントS(3-2-5-26)
・アイビスSD(2-1-0-14)
・UHB賞(1-0-0-24)
・マイラーズC(1-0-0-1)
・TVh賞(1-0-0-1)
・安田記念(0-1-0-3)
・ヴィクトリアマイル(0-1-0-1)
・高松宮記念(0-0-2-2)
・CBC賞(0-2-1-5)

前走人気

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-3-4-1110.0%45.0%
2番人気1-1-1-136.3%18.8%
3番人気0-2-0-150.0%11.8%
4番人気0-0-1-80.0%11.1%
5番人気1-0-0-137.1%7.1%
6-9番人気4-3-2-2910.5%23.7%
10-番人気2-1-2-325.4%13.5%

前走上位人気から下位人気まで幅広いですが、前走1番人気馬はまずまずの成績を残しています。該当するのはカイザーメランジェ、デアレガーロ、ナックビーナスの3頭。

前走着順

着順着度数勝率複勝率
1着4-3-5-2012.5%37.5%
2着1-2-0-155.6%16.7%
3着1-1-1-710.0%30.0%
4着0-0-1-90.0%10.0%
5着1-2-0-710.0%30.0%
6-9着3-1-1-269.7%16.1%
10-着0-1-2-380.0%7.3%

前走1着馬が優勢ですが、6着以下からの巻き返しも多くこちらも絞り込みが難しいです。

前走オープン特別

・4着以内(0-0-1-23)
・5着以下(2-1-0-26)

前走オープン特別組は1~4着だった馬が凡走しており、5着以下からの方が巻き返し例があります。前走オープン特別で5~9着だったのはアドマイヤゴッド、オールインワン、ユキノアイオロスの3頭です。

前走重賞

・3着以内(5-4-4-12)
・4着以下(2-3-4-49)

前走重賞組は3着以内だった馬の複勝率が非常に高く、軸としては最適です。該当するのはトゥラヴェスーラ、ナックビーナス、ヒルノデイバロー、ムーンクエイクの4頭です。

種牡馬データ

札幌芝1200m 種牡馬データ


サンデー系ではディープインパクトとダイワメジャーが健闘していますが、他の競馬場と比べてサンデー系のシェアは低く、アドマイヤムーンやスニッツェル、ストーミングホーム、フレンチデピュティあたりは見かけたら注意。

にほんブログ村テーマ 馬(競馬)へ
馬(競馬) 中央競馬予想 JRA競馬予想 競馬予想 競馬(重賞中心)

キーンランドカップ データ推奨馬



ブログランキング画像をクリックすると下の空白部分が表示されます。PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.