JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

札幌2歳ステークス2018予想|過去10年の傾向とデータ分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

2018年9月1日(土)
札幌2歳ステークス(GⅢ)
札幌競馬場・芝1800m

過去10年分のデータ分析と予想です。

有力馬と予想オッズ

ウィクトーリア(2.6倍)
ヴィクトワールピサ産駒で函館芝1800mの新馬戦を1.48.3の好タイムで逃げ切り勝ち。2歳時から活躍したアストラエンブレム、ブライトエンブレムの下という血統からも人気を集めそうです。

クラージュゲリエ(3.4倍)
キングカメハメハ産駒で前走は札幌芝1800mの新馬戦で1着。前半1000mが67.1秒という超スローの中上がり3Fは34.0という内容でした。プロフェットの半弟・池江厩舎という背景からも期待大。

クリスタルバローズ(6.3倍)
ヴィクトワールピサ産駒で前走は福島芝1800mの新馬戦で1着。タイムは1.53.2と平凡ですがパワーがある馬で、非根幹距離に強いヴィクトワールピサ産駒という点もプラス。

ラブミーファイン(6.8倍)
ジャスタウェイ産駒で1800mの新馬戦1着後、1200mの函館2歳Sで2着と常識破りのローテで結果を残しました。新馬戦で破ったニシノデイジーが未勝利戦をあっさり勝ち上がっているのも好印象。

ナイママ(8.7倍)
ダノンバラード産駒で前走は同じ札幌芝1800mのコスモス賞1着。トラストやダブルシャープなど地方馬が活躍することが多いレースなので侮れません。

札幌2歳ステークスのコースデータ

札幌芝1800mの特徴


スタンド前からのスタートで1コーナーまでの距離は200m弱と短く、先行争いは激しくなりますがコーナーに入るとペースは落ち着きます。コーナー4つの短い直線のため内枠からスムーズに位置を取れる先行馬が有利です。

過去5年の平均タイム

年度タイム前3F後3F
2017年1.51.437.236.6
2016年1.49.936.436.0
2015年1.50.837.036.8
2014年1.50.036.536.6
2012年1.48.536.334.9

札幌開催は最終週になります。洋芝で時計がかかり1800m戦ということもあり折り合いを重視する馬が多く、1000m通過は61~62秒が目安になります。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠0-0-0-100.0%0.0%
2枠1-0-2-710.0%30.0%
3枠3-0-1-1416.7%22.2%
4枠1-0-1-185.0%10.0%
5枠1-2-2-155.0%25.0%
6枠0-2-1-170.0%15.0%
7枠3-4-1-1215.0%40.0%
8枠1-2-2-155.0%25.0%

7枠の複勝率が40%と高い数値になっていますが、昨年のロックディスタウンをはじめ人気馬が入ることが多かった影響はあります。ただそれでも7~8枠は人気より好走しやすく外枠有利な傾向があります。

馬番では11番が(3-4-1-2)で複勝率80%となっており、偶数(2-4-4-58)に対して奇数(8-6-6-50)と奇数番号に入った馬の好走が多いのが特徴です。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ1-0-0-109.1%9.1%
先行5-6-3-1915.2%42.4%
差し3-3-5-455.4%19.6%
追込1-1-0-342.8%5.6%
マクリ0-0-2-00.0%100%

直線の長さは266mと短く先行有利なコース形態ですが逃げ馬の成績はあまり奮わず、また前走逃げている馬は(1-3-1-25)とやや微妙な成績。ウィクトーリアが前走逃げ切っていますがデータからは若干不安です。

彗星の如く現れた人気の競馬サイト「GLORIA(グロリア)」


夏の重賞は絶好調!毎週点数を絞って高額配当Get!
北九州記念/20点で3連単58万9500円的中!
エルムS/24点で3連単42万9000円的中!
レパードS/32点で3連単55万8080円的中!
小倉記念/16点で3連単18万6600円的中!
クイーンS/15点で3連単19万7900円的中!
アイビスSD/10点で3連単27万1000円的中!
函館2歳S/12点で3連単44万1420円的中!
七夕賞/16点で3連単68万9160円的中!
函館記念/9点で3連単52万1400円的中!
CBC賞/10点で3連単13万400円的中!
ラジオNIKKEI賞/30点で3連単56万8560円的中!

そんな新星予想さんのおすすめはコチラ↓
○重賞厳選無料買い目
○連続的中の【Gプレミオ】


毎週土日2鞍ずつ計4鞍を無料配信!毎週の無料予想も絶対に見た方が良いです! もちろん毎週のように重賞的中のGプレミオも注目です!!

GLORIAの無料予想を受け取る(無料)
(無料買い目は前日夜22時頃に配信)
↑無料メール登録で前日夜に重賞の買い目が確認できます。返信メール内のURLクリックで登録完了!

札幌2歳ステークスの傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-3-1-330.0%70.0%
2番人気1-2-0-710.0%30.0%
3番人気3-0-1-630.0%40.0%
4番人気0-2-0-80.0%20.0%
5番人気2-1-1-620.0%40.0%
6番人気1-0-1-810.0%20.0%
7-9番人気0-0-5-250.0%16.7%
10-番人気0-2-1-450.0%6.3%

上位人気馬が強く、軸は5番人気以内からが基本です。ただし3着には6番人気以下の人気薄が入ることが多く、昨年7番人気で3着のダブルシャープをはじめ札幌で行われた過去5年はいずれも3着に7~9番人気馬が入っています。

今年はナイママが前走コスモス賞を勝っており、ダブルシャープやトラストに近い存在になりそうです。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦4-3-4-486.8%18.6%
栗東5-6-4-567.0%21.0%
地方1-1-2-412.5%50.0%

関東・関西で成績に差はありません。昨年のダブルシャープや2016年のトラストなど地方所属馬の好走が多いのが特徴で、あまり人気にならないことも多いため馬券的に美味しいこともあります。

また札幌2歳Sではノーザンファーム生産馬の成績が良く、(4-3-2-14)複勝率39.1%という成績です。今年のノーザンファーム生産馬はウィクトーリア、クラージュゲリエ、ナンヨーイザヨイの3頭です。

キャリアデータ

戦績着度数勝率複勝率
1戦5-5-5-606.7%20.0%
2戦3-2-1-279.1%18.2%
3戦2-1-0-1312.5%18.8%
4戦0-0-3-60.0%33.3%
5戦0-2-1-10.0%75.0%

キャリア4戦以上での1着はありませんが、馬券になった6頭中4頭が7番人気以下と穴で狙える可能性があります。トーラスジェミニ、ラバストーンの2頭がキャリア4戦以上です。

生月データ

生月着度数勝率複勝率
1月0-0-0-100.0%0.0%
2月2-5-2-275.6%25.0%
3月5-2-4-3211.6%25.6%
4月3-2-2-288.6%20.0%
5月0-1-2-110.0%21.4%

今年は1月生まれはおらず、生まれ月ではほぼ差はなさそうです。ほとんどの馬が2~4月生まれですがラブミーファインだけが5月生まれです。

札幌2歳ステークスの傾向データ②

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
~4390-2-1-110.0%21.4%
440-4591-2-3-243.3%20.0%
460-4793-3-3-396.3%18.8%
480-4996-1-3-2318.2%30.3%
500-5190-1-0-70.0%12.5%
520~0-1-0-40.0%20.0%

前走との馬体重差

馬体重着度数勝率複勝率
今回増4-5-2-615.6%15.3%
増減無4-1-4-1516.7%37.5%
今回減2-4-4-324.8%23.8%

480~499kgから優勝馬が6頭出ていますが今年は前走馬体重では該当馬無し。近い所では前走474kgのアフランシール、476kgのニシノデイジー、508kgのダディーズマインドあたりです。

札幌2歳ステークスの前走データ

前走クラス

クラス着度数勝率複勝率
GⅢ0-0-0-30.0%0.0%
オープン2-4-5-245.7%31.4%
未勝利3-1-0-2112.0%16.0%
新馬5-5-5-606.7%20.0%

主な前走

・新馬(5-5-4-57)
・未勝利(3-1-0-21)
・クローバー賞(2-1-3-9)
・コスモス賞(0-3-2-14)
・函館2歳S(0-0-0-3)

この時期のオープン特別はクローバー賞かコスモス賞がほとんどですが、成績が良いのはクローバー賞組でコスモス賞は同じ1800m戦ですが1着馬は出ていません。

今年はクローバー賞組はおらず、前走コスモス賞だったのはナイママ、トーセンギムレットの2頭です。

前走距離

距離着度数勝率複勝率
1200m0-0-0-70.0%0.0%
1500m2-2-4-197.4%29.6%
1600m1-1-0-711.1%22.2%
1700m0-0-0-90.0%0.0%
1800m7-7-6-668.1%23.3%

前走距離は1800mが中心で次点が1500~1600m。ナンヨーイザヨイ、ラブミーファインの2頭は前走函館2歳Sですが一気に600mの延長がどう出るか。

前走人気

人気着度数勝率複勝率
1番人気6-5-3-3113.3%31.1%
2番人気2-2-1-188.7%21.7%
3番人気1-3-2-145.0%30.0%
4番人気1-0-0-109.1%9.1%
5番人気0-0-1-120.0%7.7%
6-9番人気0-0-3-220.0%12.0%
10-番人気0-0-0-10.0%0.0%

前走1番人気だった馬が好走していますが今年該当するのはウィクトーリア、ナンヨーイザヨイ、ニシノデイジーの3頭のみ。また前走5番人気以下での連対は過去10年で1度もなく、こちらはセントセシリア、テイエムバリバリ、トーラスジェミニ、ハクサンタイヨウ、ラバストーン、ラブミーファインの6頭が該当します。

前走着順

着順着度数勝率複勝率
1着9-9-8-848.2%23.6%
2着1-1-0-99.1%18.2%
3着0-0-0-30.0%0.0%
4着0-0-1-40.0%20.0%
5着0-0-1-20.0%33.3%
6-9着0-0-0-40.0%0.0%
10-着0-0-0-20.0%0.0%

前走3着以下からの連対馬は出ていません。セントセシリア、トーセンギムレット、ナンヨーイザヨイの3頭が前走3着以下となっています。

種牡馬データ

札幌芝1800m 種牡馬データ


全体的にはディープインパクト産駒の成績が抜群で、2歳馬ではディープインパクトやアドマイヤムーン、キングカメハメハ、ハーツクライの成績が良く、牝馬ではディープインパクトとネオユニヴァースが得意としています。札幌2歳Sに絞るとネオユニヴァースが3勝、マンハッタンカフェが2勝を挙げており血統面ではサンデー系が並びます。

札幌2歳ステークス データ推奨馬



ブログランキング画像をクリックすると下の空白部分が表示されます。PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.