ローズステークス2018予想|過去10年の傾向とデータ分析

2018年9月16日(日)
ローズステークス(GⅡ)
阪神競馬場・芝1800m

過去10年分のデータ分析と予想です。

重賞の無料買い目ならこのサイト!

シルクロードSでは58,000円の払戻実績!今最もお勧めの予想サイトです。

実際に配信された無料買い目がこちら↓


2/2 シルクロードS
3連複177.4倍×400円=58,040円(12点)
8番人気ナランフレグを軸に③-⑥-⑧番人気で見事的中!

1/26 AJCC
3連複25.4倍×400円=10,160円(12点)
こちらは4番人気ラストドラフトを軸に的中!

どちらも1番人気を軸にしていないので、軸馬を参考にするだけでも登録しておく価値があります。

毎週メイン1鞍+3鞍の計4鞍を無料配信!リンク先のページから無料メール登録のみでOK。

ローズステークス 予想オッズと有力馬

馬名 騎手 オッズ
サトノワルキューレ デムーロ 2.7
カンタービレ ルメール 4.3
サラキア 池添 6.9
センテリュオ 北村友 8.6
トーセンブレス 柴田善 10.7
オールフォーラヴ 川田 11.5
サトノワルキューレ

父:ディープインパクト
オークスは3番人気に推されながら6着も、世代上位の力は示した格好。アーモンドアイなど春のクラシック上位馬が揃って不在の今回は次戦の秋華賞に向けても落とせない一戦です。

カンタービレ

父:ディープインパクト
フラワーCでは紫苑S圧勝のノームコアを捉え、トーセンブレスの追撃を抑え優勝。右回りの芝1800mという舞台はサトノワルキューレよりも実績があります。鞍上は土日重賞連勝のルメール騎手。

サラキア

父:ディープインパクト
春はキャリア1戦でチューリップ賞4着、次いでフローラSも4着と素質の高さを見せていましたが、前走500万下では3馬身半差の圧勝と成長を感じる1頭です。

センテリュオ

父:ディープインパクト
一戦級との対戦はありませんが条件戦で力をつけ、前走は小倉の500万下を1.57.6の好タイムで快勝。高速馬場への対応力もあり、底を見せていない怖さがあります。

ローズステークスのコース分析

阪神芝1800mの特徴


外回りコースを使用。スタート後の直線距離が長くコーナーを2つしか回らないため逃げ粘るのは難しく、決め手のある差し馬が好成績を挙げています。

阪神芝1800m 種牡馬データ


ディープインパクト産駒が強いコースでダイワメジャーやキングカメハメハが次点。最近ではハービンジャーやアドマイヤムーンも成績を伸ばしています。

ローズSに限ればディープインパクト産駒が(4-3-2-17)という成績です。また母系ではノーザンダンサー系>ナスルーラ系>ミスプロ系>ヘイロー系といったイメージです。

重賞ナビ

阪神競馬場・芝1800mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、阪神芝…

ローズステークスの傾向データ①

人気データ

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 4-2-1-3 40.0% 70.0%
2番人気 1-1-1-7 10.0% 30.0%
3番人気 0-0-2-8 0.0% 20.0%
4番人気 1-0-0-9 10.0% 10.0%
5番人気 1-0-1-8 10.0% 20.0%
6番人気 0-2-1-7 0.0% 30.0%
7-9番人気 3-2-2-23 10.0% 23.3%
10-番人気 0-3-2-62 0.0% 7.5%

1番人気馬の複勝率は70%と安定していますが2番人気以下は混戦。昨年のラビットランや一昨年のクロコスミアのような10番人気前後の穴馬の好走もあります。

オークス6着のサトノワルキューレが予想オッズでは1番人気ですが、データからは軸として問題は無さそうです。

枠順データ

枠順 着度数 勝率 複勝率
1枠 1-1-1-13 6.3% 18.8%
2枠 1-1-2-13 5.9% 23.5%
3枠 1-0-1-16 5.6% 11.1%
4枠 1-1-0-16 5.6% 11.1%
5枠 2-1-0-16 10.5% 15.8%
6枠 1-2-1-16 5.0% 20.0%
7枠 1-3-3-17 4.2% 29.2%
8枠 2-1-2-20 8.0% 20.0%

全ての枠から優勝馬は出ていますが外の7~8枠が人気より好走しやすく、3~4枠は人気より着順を落としやすい傾向。

馬番

馬番 着度数 勝率 複勝率
偶数番号 7-3-6-60 9.2% 21.1%
奇数番号 3-7-4-67 3.7% 17.3%

馬番では偶数番号に入った馬方がやや成績が良く、6番が(3-0-1-6)でトップの成績です。

脚質データ

脚質 着度数 勝率 複勝率
逃げ 0-2-1-7 0.0% 30.0%
先行 3-0-2-30 8.6% 14.3%
差し 5-5-6-53 7.2% 23.2%
追込 2-3-1-37 4.7% 14.0%

外回りコースで直線が473mと長いため差し・追い込みが届くコースです。前走でも後方策だった馬の成績が良く前走4角7番手以下が(10-5-4-54)と1着馬は全てここから出ています。

有力馬ではサトノワルキューレ、オールフォーラヴ、トーセンブレスは前走4角7番手以下ですがサラキア、センテリュオ、カンタービレは前走4角6番手以内となっています。

ローズステークスの傾向データ②

キャリアデータ

キャリア 着度数 勝率 複勝率
~3戦 0-1-0-4 0.0% 20.0%
4戦 1-1-0-6 12.5% 25.0%
5戦 3-1-0-17 14.3% 19.0%
6戦 3-4-1-23 9.7% 25.8%
7戦 0-1-3-20 0.0% 16.7%
8戦 1-1-2-18 4.5% 18.2%
9戦 1-0-4-14 5.3% 26.3%
10戦~ 1-1-0-25 3.7% 7.4%

1~2着候補としてはキャリア6戦以内、3着候補はキャリア7戦以上から出ることが多いです。今年は大本命が不在なのでゴージャスランチ、ウラヌスチャーム、ウスベニノキミあたりは悩ましい存在になりそうです。

所属データ

所属 着度数 勝率 複勝率
美浦 3-1-2-11 17.6% 35.3%
栗東 7-9-8-110 5.2% 17.9%
地方 0-0-0-6 0.0% 0.0%

出走は多くありませんが関東馬が使ってくる場合は有力馬が多く、関東馬で4番人気以内が(3-0-1-4)複勝率50%と人気に推されていれば信頼度アップ。今年は桜花賞4着のトーセンブレスが1番手ですが4番人気以内かは微妙な所。

またノーザンファーム生産馬が(5-4-5-23)と強く、センテリュオ、サラキア、フィニフティ、ウラヌスチャーム、アンコールプリュ、アドマイヤクィーン、ダンサール、レッドランディーニが該当します。

馬体重データ

馬体重 着度数 勝率 複勝率
~439 3-2-2-31 7.9% 18.4%
440-459 4-3-5-42 7.4% 22.2%
460-479 3-4-3-32 7.1% 23.8%
480-499 0-1-0-17 0.0% 5.6%
500-519 0-0-0-4 0.0% 0.0%
520~ 0-0-0-1 0.0% 0.0%

昨年2番人気のモズカッチャンやアパパネなど馬体重480kg以上の馬が苦戦しています。馬券になった1頭も2009年1番人気2着のレッドディザイアまで遡ります。

今年は有力馬は問題なさそうですが、ゴージャスランチ、ウラヌスチャーム、ダンサールが前走馬体重で480kg以上です。

前走との馬体重差

馬体重 着度数 勝率 複勝率
今回増 8-7-5-79 8.1% 20.2%
増減無 1-1-0-12 7.1% 14.3%
今回減 1-2-5-36 2.3% 18.2%

3歳牝馬同士の対戦なので夏を越えて馬体が成長している馬が優勢。当日の馬体重には注意が必要です。

ローズステークスの前走データ

前走クラス

前走クラス 着度数 勝率 複勝率
GⅠ 8-4-2-46 13.3% 23.3%
GⅡ 0-1-0-2 0.0% 33.3%
GⅢ 0-1-1-5 0.0% 28.6%
オープン 0-1-0-5 0.0% 16.7%
1600万 0-0-0-2 0.0% 0.0%
1000万 0-1-6-23 0.0% 23.3%
500万 2-1-1-31 5.7% 11.4%
未勝利 0-1-0-2 0.0% 33.3%

前走オークスが(8-4-2-37)と絶対的な中心。それ以外では夏の条件戦を戦ってきた馬がよく馬券に絡んでいます。前走500万からは昨年のラビットラン、2015年のタッチングスピーチと近年の好走が目立ちます。

センテリュオ、サラキアの2頭は前走が8月頭の小倉500万という点、ディープインパクト産駒という点でも似ていますが、母系から言えばこのレースはノーザンダンサー系>ミスプロ系なのでどちらかと言えばサラキアでしょうか。

前走人気

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 2-1-7-28 5.3% 26.3%
2番人気 2-3-0-14 10.5% 26.3%
3番人気 1-2-1-7 9.1% 36.4%
4番人気 2-0-0-9 18.2% 18.2%
5番人気 0-0-1-10 0.0% 9.1%
6-9番人気 2-3-1-41 4.3% 12.8%
10-番人気 1-1-0-17 5.3% 10.5%

前走3番人気以内だった馬の成績が良く、前走条件戦で6番人気以下だった馬は3着以内がありません。また前走条件戦で1番人気だった馬が(0-1-6-16)と3着が多いのが特徴。

前走条件戦で1番人気だったのはウスベニノキミ、サラキア、ゴージャスランチ、レッドランディーニです。

前走着順

着順 着度数 勝率 複勝率
1着 5-4-3-43 9.1% 21.8%
2着 0-3-2-6 0.0% 45.5%
3着 2-0-1-8 18.2% 27.3%
4着 2-0-1-6 22.2% 33.3%
5着 0-0-1-8 0.0% 11.1%
6-9着 1-2-1-28 3.1% 12.5%
10-着 0-1-1-27 0.0% 6.9%

例年ならオークス上位馬の秋初戦になることが多いですが、今年はオークスの1~5着馬までが不在という珍しいケースになったため前走着順はあまり参考になりません。紫苑Sに回ったマウレア、ランドネ、パイオニアバイオの結果を見るとサトノワルキューレ、オールフォーラヴはまずまず信頼できそうです。

前走条件戦

・2着以内(2-3-4-31)
・3着以下(0-0-3-27)

前走条件戦組は2着以内の好走率がやや高めです。該当するのはセンテリュオ、サラキア、ゴージャスランチ、ウラヌスチャーム、ウスベニノキミ、ハイドランの6頭。

◎重賞の無料買い目ならこのサイト

2020年GⅠ開幕戦・フェブラリーS。 今年はメンバーも混戦模様で何を軸にするかが難しい… そんな迷うレースには絶対ココです。



有馬記念/3連複107.5倍×500円→53750円!
阪神C/3連複120.6倍×500円→60300円!
阪神JF/3連複85.6倍×500円→42300円!

この他にもダービー(1205%)、クイーンS(1231%)、VM(3549%)と高配当レースを攻略。
無料の3連複10点予想がかなりヤバいです。

ここの無料予想は見ておいて損はありません!

前日20時ごろに買い目が公開されるのでメルマガ要チェックです。

ローズステークス データ推奨馬

※ブログランキング画像をクリックすると空白部分が表示されます。
※PCの方はCtrl+クリックが簡単です。

※最終予想は枠順や調教を考慮し最強競馬ブログランキングで週末に公開しています。

テキストのコピーはできません。