AJCC予想|過去の傾向とデータ分析

G2
無断転載禁止
AJCC(アメリカジョッキークラブカップ)【GⅡ】
2022/1/23(日)
中山競馬場・芝2200m

過去8年分のAJCCのデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬・除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

AJCC 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 オーソクレース
2番人気 ポタジェ
3番人気 アサマノイタズラ
4番人気 キングオブコージ
5番人気 アンティシペイト

参考:netkeiba.com

昨年の菊花賞2着やホープフルS・セントライト記念でも好走しているオーソクレースが予想オッズ1番人気。2番人気は昨年の天皇賞・秋で6着のポタジェ、3番人気には同コースのセントライト記念を勝っているアサマノイタズラが推されています。

以下長期休養明け3戦目となるキングオブコージ、アルゼンチン共和国杯では2番人気だったアンティシペイト、このレース2年連続3着のラストドラフトなどが続きます。

AJCC コース&血統分析

中山芝2200mの特徴

中山芝2200mは外回りコースを使用。スタート位置は2000mとほぼ同じですが、内回りの2000mに対して外回りコースへと進みます。

スタート後600mくらいまでは上り坂でその後は下り坂が続きます。緩やかなカーブが続くため基本的に先行有利でリピーターが多いのも特徴。

重賞ナビ

中山競馬場・芝2200mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、中山芝…

AJCC 父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【2-0-1-26】
  • ディープインパクト系【1-4-0-10】
  • ロベルト系【1-2-0-8】
  • グレイソヴリン系【1-0-1-2】
  • ステイゴールド系【0-2-3-17】

フィエールマンやディサイファなど、ディープインパクト産駒の人気馬はまずまず安定していますがキングカメハメハ系は不振。

冬場の中山なのでサドラーズウェルズ、ニジンスキー、リファールなどの欧州型ノーザンダンサー系やノーザンテースト、ロベルト、リボー系、セントサイモン系を持つ馬はプラス。

AJCC 母父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【2-1-1-17】
  • ミスタープロスペクター系【2-0-0-7】
  • キングカメハメハ系【1-1-0-3】
  • サドラーズウェルズ系【1-1-0-1】
  • ディープインパクト系【1-0-2-1】
  • ニジンスキー系【0-2-0-0】

昨年は不良馬場で母父ディープインパクトが1、3着。一昨年は稍重で母父キングカメハメハが1、2着。ロベルト系やナスルーラ系は不振。

AJCC 傾向データ①

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠0-1-2-100.0%23.1%
2枠1-1-1-89.1%27.3%
3枠0-1-0-120.0%7.7%
4枠1-1-2-88.3%33.3%
5枠2-1-1-1014.3%28.6%
6枠2-1-0-1312.5%18.8%
7枠1-2-1-126.3%25.0%
8枠1-0-1-175.3%10.5%

複勝率の低い3枠と8枠は平均人気も低く、それほど枠による偏りはありません。馬番では2~4番、8~11番あたりに好走馬が固まっています。

馬番データ

  • 偶数馬番【4-6-3-40】
  • 奇数馬番【4-2-5-50】

馬番では10番が(1-2-1-4)、8番が(2-0-1-5)、9番が(1-0-2-5)。

また4番は昨年のヴェルトライゼンデ、2019年のフィエールマンが2着に入っていますがマイネルフロスト、シングウィズジョイ、ショウナンマイティと過去8年で3頭が競走を中止しています。

当日4番人気以下

  • 偶数馬番【3-3-3-36】
  • 奇数馬番【0-0-3-42】

当日4番人気以下は偶数馬番の成績が良く奇数馬番は3着まで。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ1-0-1-612.5%25.0%
先行6-4-1-1820.7%37.9%
差し1-3-6-402.0%20.0%
追込0-0-0-260.0%0.0%
マクリ0-1-0-00.0%100.0%

外回りコースで緩やかなカーブが続き、最後の直線も短いため圧倒的に前有利。後方から外を回って追い上げるとロスが大きく、レースの4角4番手以内が(7-5-2-24)、4角10番手以下は(0-0-0-35)と直線を向いた時には大勢は決しています。

前走4角位置

  • 4番手以内【4-5-2-33】
  • 5番手以下【3-3-6-57】

当日3番人気以内は前走4角4番手以内だと(3-3-1-1)、5番手以下だと(1-2-1-8)と前走差す競馬をしていた馬は苦戦しています。有力馬ではポタジェ、キングオブコージ、アンティシペイトが前走4角4番手以内。

前走上がり3F

  • 1~2位【4-1-3-22】
  • 3~5位【0-5-4-19】
  • 6位以下【3-2-1-48】

前走上がり3~5位だった馬は2~3着が多く1着がありません。オーソクレース、ボッケリーニ、ラストドラフトが前走上がり3~5位。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-0-0-10.0%0.0%
440-4590-1-2-70.0%30.0%
460-4793-0-2-1912.5%20.8%
480-4992-5-3-334.7%23.3%
500-5191-1-1-194.5%13.6%
520-2-1-0-1114.3%21.4%

ある程度馬格は必要で480kg未満で優勝した3頭は当日2番人気以内でした。良馬場では480kg以上の好走馬が多く、480kg未満を狙いやすいのは道悪時。

前走との馬体重差

  • +体重【5-4-4-52】
  • 増減無【0-2-1-10】
  • -体重【2-2-3-28】

AJCC 傾向データ②

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-3-0-325.0%62.5%
2番人気3-0-1-437.5%50.0%
3番人気0-2-1-50.0%37.5%
4-6番人気1-1-4-174.3%26.1%
7-9番人気2-1-2-198.3%20.8%
10番人気-0-1-0-420.0%2.3%

1番人気馬は2017年から5年連続連対。また7番人気馬の成績が非常に良く、シャケトラ、タンタアレグリア、ショウナンバッハと前走GⅠで当日7番人気の馬が特に好調です。

当日8番人気以下は(0-1-1-65)と大穴は期待できません。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦5-5-7-576.8%23.0%
栗東3-3-1-337.5%17.5%

当日4番人気以下は関東馬が(2-1-6-50)、関西馬が(1-2-0-8)。8番人気以下の好走率は低いので4~7番人気の関東馬は3着狙いで。予想オッズからはアンティシペイト、ラストドラフトあたりが該当しそうです。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
4歳2-4-3-1110.0%45.0%
5歳2-1-2-1510.0%25.0%
6歳3-1-2-2210.7%21.4%
7歳-1-2-1-422.2%8.7%

4歳馬は前走2着以内で(2-2-2-2)。重賞勝ちやGⅠで3着以内の実績があると尚良し。また7歳以上で好走した4頭はいずれも関東馬です。オーソクレースが前走2着以内の4歳馬。

キャリアデータ

  • 10戦以下【2-4-3-5】
  • 11~15戦【3-0-1-19】
  • 16~20戦【1-3-2-11】
  • 21戦以上【2-1-2-55】

騎手データ

  • 継続騎乗【4-3-5-38】
  • 乗り替わり【4-5-3-52】

生産者データ

  • ノーザンF【4-5-2-19】
  • 社台F【0-2-3-9】

ノーザンF生産馬は4歳馬が(2-4-1-3)、当日1番人気が(2-3-0-1)となっていますが、人気薄のシャケトラやミトラも好走しており回収値が高めです。オーソクレース、スマイル、ダンビュライト、ボッケリーニ、ポタジェがノーザンF生産馬。

斤量データ

斤量着度数勝率複勝率
-54.00-0-0-40.0%0.0%
55.02-2-3-615.4%53.8%
56.03-5-4-703.7%14.6%
57.03-1-1-921.4%35.7%
58.00-0-0-10.0%0.0%

4歳馬が強い理由として、5歳馬が56kgに対して4歳馬は1kg減の55kgで出走できることが挙げられます。55kgの4歳馬は(2-2-3-6)に対して56kg以上の4歳馬(GⅡ勝ち以上の実績)は(0-2-0-4)。

今年の4歳馬はオーソクレースが55kg、アサマノイタズラが56kg、地方馬キャッスルトップは57kgになります。

前走との斤量差

  • +斤量【0-1-0-17】
  • 増減無【3-5-4-35】
  • -斤量【5-2-4-38】

今回斤量増になる馬は人気薄が大半ですが、ほぼ馬券には絡んでいません。アサマノイタズラ、アンティシペイト、キャッスルトップが今回斤量増。

AJCC 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ4-3-1-1914.8%29.6%
GⅡ2-0-2-218.0%16.0%
GⅢ0-4-3-220.0%24.1%
リステッド0-0-0-40.0%0.0%
オープン0-1-1-140.0%12.5%
3勝1-0-1-99.1%18.2%

ローカル重賞組やオープン特別組でも好走していますが優勝しているのはGⅠ・GⅡ組。

主な前走

  • 有馬記念【2-0-0-8】
  • 菊花賞【1-3-0-4】
  • 金鯱賞【1-0-1-3】
  • 福島記念【0-2-0-2】
  • 中山金杯【0-1-1-11】
  • ディセンバーS【0-1-1-4】
  • 中日新聞杯【0-0-2-2】

前走距離

  • 1800m【0-0-1-10】
  • 2000m【2-5-4-30】
  • 2200m【0-0-1-6】
  • 2400m【1-0-1-5】
  • 2500m【2-0-1-16】
  • 3000m【1-3-0-8】

前走場所

  • 東京【0-0-2-13】
  • 中山【3-2-3-41】
  • 京都【2-3-0-15】
  • 阪神【1-1-0-9】
  • 中京【1-0-3-5】
  • 福島【0-2-0-2】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-2-0-433.3%55.6%
2番人気0-1-2-50.0%37.5%
3番人気0-1-2-60.0%33.3%
4番人気1-2-0-710.0%30.0%
5番人気0-0-0-70.0%0.0%
6-9番人気2-2-2-285.9%17.6%
10番人気-1-0-2-332.8%8.3%

前走オープン特別以下は2番人気以内、前走がGⅡ・GⅢだった馬や関西馬は4番人気以内が目安です。

前走オープン特別以下

  • 2番人気以内【1-1-1-3】
  • 3番人気以下【0-0-1-25】

今年はエヒト、スマイル、ソッサスブレイがいずれも前走3番人気以下。

前走GⅡ・GⅢ

  • 4番人気以内【2-3-3-10】
  • 5番人気以下【0-1-2-33】

アンティシペイト、キングオブコージ、ダンビュライト、ボッケリーニが前走4番人気以内。

関西馬

  • 4番人気以内【2-3-1-10】
  • 5番人気以下【1-0-0-23】

エヒトが前走5番人気以下の関西馬。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着1-2-1-97.7%30.8%
2着2-2-2-1012.5%37.5%
3着1-0-1-612.5%25.0%
4着1-0-0-910.0%10.0%
5着0-0-1-80.0%11.1%
6-9着1-3-1-243.4%17.2%
10着-2-1-2-246.9%17.2%

前走下位からの巻き返しはGⅠ組かGⅢ組に多く、それ以外は前走好走馬優勢です。

前走GⅡ

  • 3着以内【2-0-2-3】
  • 4着以下【0-0-0-18】

GⅡ組で好走した4頭中3頭は12月開催時の金鯱賞。昨年は前走アルゼンチン共和国杯で2着のラストドラフトが3着、前走京都大賞典で5着だったステイフーリッシュが4着に入っています。

前走タイム差(重賞・2着以下)

  • 0.5秒差以内【5-2-4-23】
  • 0.6秒差以上【1-3-2-38】

前走0.6秒以上敗れていて優勝したのは2014年のヴェルデグリーンで前走は有馬記念。また前年のオールカマーを制しているコース巧者でした。

今年は前走で離されている馬が多く0.5秒差以内に収まっているのはキングオブコージ、ボッケリーニの2頭。

AJCC データまとめ

買いデータ

サドラーズウェルズ、ニジンスキー、リボー系持ち
当日3番人気以内+前走4角4番手以内
馬体重480kg以上
当日1番人気馬(特に4歳馬)
前走2着以内またはノーザンF生産の4歳馬

消しデータ

母父ロベルト系、ナスルーラ系
当日4番人気以下+奇数馬番(3着まで)
当日8番人気以下
今回斤量増になる馬
前走オープン特別以下で3番人気以下
前走5番人気以下の関西馬

AJCC 予想

1週前の登録時点での予想です
◎オーソクレース
○ポタジェ
▲ラストドラフト
★ダンビュライト
△キングオブコージ
△アサマノイタズラ

オーソクレースはノーザンF生産の4歳馬で斤量は55kg、当日1番人気が濃厚という点でもデータ的には○。血統的にも昨年のアリストテレスと同じ父エピファネイア×母父ディープでコース経験もあり大崩れは考えづらいです。前走4角後方が若干気になりますが菊花賞は大外枠だったこともあるので大きな割引きではありません。

ポタジェはディープインパクト産駒、前走2000mなど2~3着に該当するデータが多め。前走では4角4番手以内で競馬をしていることは今回データ的にはプラスですが、開催終盤で時計のかかる馬場+距離未経験であることは不安要素。血統的にも母系はそれほど強調できません。

ラストドラフトはニジンスキーやセントサイモン系を持ち、2年連続3着の実績や戦績からも冬場向き。コース成績上位の戸崎騎手への乗り替わりを想定しているのは好材料です。当日4~7番人気くらいの関東馬という予想オッズからは3着狙い。

他ではダンビュライトは近2走はダートで想定では10番人気前後ですが4年前の優勝馬で昨年も京都記念3着など旨味はあり、今年のメンバーなら自分の形で楽にレースを運べそうです。キングオブコージは休養明け2戦目の中日新聞杯では0.3秒差と復調の兆しは見えています。

アサマノイタズラはセントライト記念でソーヴァリアント、オーソクレースを破っており母系にリファール、サドラーズウェルズを持つなど血統も問題ありませんが、前走から斤量増でオーソクレースより1kg重い56kgと頭では狙いづらいです。

テキストのコピーはできません。