アンタレスステークス2021予想|過去の傾向とデータ分析

アンタレスステークス【GⅢ】
2021/4/18(日)
阪神競馬場・ダート1800m

過去8年分のアンタレスSのデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬、除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

アンタレスS 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 アナザートゥルース
2番人気 ヒストリーメイカー
3番人気 テーオーケインズ
4番人気 ロードブレス
5番人気 メモリーコウ

参考:netkeiba.com

予想オッズでは人気は割れていますが、、2年連続好走しているアナザートゥルース、マーチS2着のヒストリーメイカー、前走名古屋城Sを快勝したテーオーケインズあたりが人気を集めています。

他では名古屋大賞典3着のロードブレス、牝馬ですが東海S・マーチSと重賞でも好走しているメモリーコウ、長期休養明け2戦目のグリムなどが続きます。

アンタレスS コース&血統分析

阪神ダート1800mの特徴

阪神ダート1800mはスタンド前の上り坂の手前からスタート。1コーナーまでの距離は300m程ですが、1~2コーナーの角度がきつく先行争いが激しくなるため、内枠に入った馬がやや揉まれやすいのが特徴です。

道中は平坦~下り坂ですが最初と最後に急坂を上るため、京都に比べるとパワーが要求されるコースです。

重賞ナビ

阪神競馬場・ダート1800mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、阪…

アンタレスS 父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【4-3-2-44】
  • キングマンボ系【2-1-1-16】
  • フォーティナイナー系【1-1-0-1】
  • グレイソヴリン系【1-0-0-2】
  • リファール系【0-1-1-1】

キングカメハメハ、アイルハヴアナザー、ゼンノロブロイ、カネヒキリ、ディープスカイ産駒あたりが好成績。ゴールドアリュール産駒は相性が悪く、キングマンボ系やフォーティナイナー系を除いたミスプロ系もイマイチです。

アンタレスS 母父系統別データ

  • ミスタープロスペクター系【3-0-1-14】
  • サンデーサイレンス系【2-2-2-18】
  • デピュティミニスター系【1-0-1-8】
  • エンドスウィープ系【1-0-1-4】
  • リファール系【0-2-0-6】

過去8年の連対馬16頭中、2015年のアジアエクスプレスを除く15頭はノーザンダンサーかミスプロのクロスを持っていました。

また2年連続人気薄で好走しているアナザートゥルースは母父フジキセキですが、カネヒキリ産駒のロンドンタウン、ミツバも近年好走しており、フジキセキの血を持つ馬に注意。

アンタレスS 傾向データ①

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠1-1-1-136.3%18.8%
2枠0-3-4-90.0%43.8%
3枠0-0-1-150.0%6.3%
4枠1-1-0-146.3%12.5%
5枠5-0-0-1131.3%31.3%
6枠0-1-1-140.0%12.5%
7枠1-0-1-146.3%12.5%
8枠0-2-0-140.0%12.5%

人気馬が入ることが多かった影響もありますが、2枠と5枠の成績が目立ちます。

馬番データ

  • 偶数馬番【4-4-5-51】
  • 奇数馬番【4-4-3-53】

馬番では4番が(0-2-3-3)、10番が(3-0-0-5)、9番が(2-0-0-6)。

4番人気以下

  • 偶数馬番【0-1-1-47】
  • 奇数馬番【2-2-2-49】

当日3番人気以内はやや偶数馬番優勢ですが、4番人気以下は奇数馬番優勢です。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ0-1-0-70.0%12.5%
先行5-5-2-1717.2%41.4%
差し2-2-4-414.1%16.3%
追込1-0-2-392.4%7.1%

先行馬優勢ですが1角4番手以内は(1-4-0-33)と勝ち切れず、スタート直後は5~10番手くらいにつけ徐々に押し上げていく形での好走馬が多いのが特徴です。

前走4角位置

  • 4番手以内【8-6-4-45】
  • 5番手以下【0-2-4-58】

当日3番人気以内+前走4角4番手以内は(6-4-4-2)複勝率87.5%。4角5番手以下だと(0-1-1-6)と人気馬は前走の4角位置が非常に重要。地方組が多いのが特徴ですが、前走地方で4角4番手以内+当日7番人気以内が(5-5-1-3)と中穴までは抑え推奨。

前走JRAのオープンクラス組は4角4番手以内が(3-1-3-24)、5番手以下が(0-2-4-53)。地方組は前走4角4番手以内がほぼ必須、JRA組は好位組が優勢という形です。

有力馬ではヒストリーメイカー、メモリーコウが前走4角5番手以下。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4590-0-0-30.0%0.0%
460-4791-1-1-98.3%25.0%
480-4993-2-2-357.1%16.7%
500-5191-2-2-283.0%15.2%
520-3-3-3-297.9%23.7%

良馬場だと馬格がある馬がやや優勢。稍重以上だと比較的小柄な馬も好走しており、稍重の昨年は1~3着馬の馬体重は480~490kgでした。

前走との馬体重差

  • +体重【4-4-1-43】
  • 増減無【1-1-1-20】
  • -体重【3-3-6-41】

アンタレスS 傾向データ②

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-1-1-337.5%62.5%
2番人気1-2-2-312.5%62.5%
3番人気2-2-2-225.0%75.0%
4-6番人気2-2-2-188.3%25.0%
7-9番人気0-1-1-220.0%8.3%
10番人気-0-0-0-560.0%0.0%

3番人気以内に推された馬は堅実で、過去8年では9番人気以下は一度も3着以内がありません。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦1-2-1-223.8%15.4%
栗東7-6-7-816.9%19.8%
地方0-0-0-10.0%0.0%

関東馬の出走は多くありませんが、昨年・一昨年のアナザートゥルースや2017年のロワジャルダンと中穴が好走しています。関東馬は前走3着以内だと(1-2-0-8)、4着以下で(0-0-1-14)と前走好走馬優勢。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
4歳1-3-1-233.6%17.9%
5歳5-1-1-1522.7%31.8%
6歳1-3-5-282.7%24.3%
7歳-1-1-1-382.4%7.3%

5歳馬の勝率が高く若い馬が強いレースですが、昨年は8歳馬ウェスタールンドが優勝。また当日3番人気以内の6歳馬は(1-2-4-0)と複勝率100%。またキャリア31戦以上は(0-1-0-41)と割引きです。ヒストリーメイカー、モズアトラクションがキャリア31戦以上。

騎手データ

  • 継続騎乗【4-5-5-25】
  • 乗り替わり【4-3-3-79】

2018年から皐月賞同日になったこともあり乗り替わりが多いレースですが、継続騎乗組の複勝率が優秀です。

斤量データ

斤量着度数勝率複勝率
56.04-1-5-774.6%11.5%
57.04-4-2-1615.4%38.5%
58.00-2-1-90.0%25.0%
59.00-1-0-10.0%50.0%

58kg以上を背負った馬は勝ち切れず、57kg+当日3番人気以内は(3-3-2-1)と堅実。また前走から斤量減になる馬は過去8年で連対がありません。

今年はアナザートゥルース、ケンシンコウ、レピアーウィットが57kg。

前走との斤量差

  • +斤量【5-6-4-39】
  • 増減無【3-2-2-34】
  • -斤量【0-0-2-31】

アンタレスS 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ1-2-0-512.5%37.5%
GⅡ0-0-3-30.0%50.0%
GⅢ1-1-3-442.0%10.2%
リステッド0-0-0-70.0%0.0%
オープン1-0-1-185.0%10.0%
3勝0-0-0-110.0%0.0%
地方5-5-1-1618.5%40.7%

名古屋大賞典やダイオライト記念など前走地方からの距離短縮組の成績が非常に良いのが特徴。出走数が圧倒的に多いマーチS組は振るいませんが2017年以降は4年連続で3着以内に1頭入っています。

主な前走

  • 名古屋大賞典【4-3-0-4】
  • ダイオライト記念【1-2-1-6】
  • チャンピオンズC【1-0-0-1】
  • 仁川S【1-0-0-5】
  • マーチS【0-1-3-44】
  • 東海S【0-0-3-2】

前走距離

  • 1400m【0-0-0-10】
  • 1600m【0-1-0-6】
  • 1800m【1-2-7-59】
  • 1900m【5-3-0-6】
  • 2000m【1-0-0-14】
  • 2400m【1-2-1-6】

前走場所

  • 東京【0-1-0-4】
  • 中山【0-1-4-51】
  • 京都【1-0-0-6】
  • 阪神【1-1-0-24】
  • 中京【1-0-3-2】
  • 地方【5-5-1-16】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気5-3-0-1323.8%38.1%
2番人気1-1-2-116.7%26.7%
3番人気0-2-1-90.0%25.0%
4番人気1-0-1-127.1%14.3%
5番人気0-0-2-90.0%18.2%
6-9番人気1-2-0-253.6%10.7%
10番人気-0-0-2-250.0%7.4%

前走5番人気以下で好走したのはJRA重賞組が多く、前走地方だと4番人気以内が目安。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着4-3-1-2213.3%26.7%
2着1-3-3-86.7%46.7%
3着1-1-0-612.5%25.0%
4着1-1-0-612.5%25.0%
5着0-0-0-70.0%0.0%
6-9着1-0-1-243.8%7.7%
10着-0-0-3-300.0%9.1%

前走JRA組・地方組どちらも前走4着以内が目安です。前走6着以下から巻き返した5頭はいずれも前走1800m。

前走1900m以上

  • 4着以内【7-5-1-16】
  • 5着以下【0-0-0-11】

アナザートゥルース、モズアトラクション、ロードブレスが前走1900m以上で4着以内。

前走タイム差(1着)

  • 0.6秒差以上【4-1-0-1】
  • 0.5秒差以下【0-2-1-21】

今年は前走1着馬はテーオーケインズ、レピアーウィットの2頭ですがいずれも前走での着差は0.5秒差以下。

アンタレスS データまとめ

買いデータ

ミスプロかノーザンダンサーのクロス持ち
2枠、5枠
前走4角4番手以内+当日3番人気以内
斤量57kg+当日3番人気以内
前走地方組で4着以内
前走0.6秒差以上で1着

消しデータ

当日4番人気以下+偶数馬番
9番人気以下
前走4着以下の関東馬
キャリア31戦以上
今回斤量減になる馬

アンタレスS 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎アナザートゥルース
○ロードブレス
▲グリム
△メモリーコウ
△ヒストリーメイカー
△テーオーケインズ

アナザートゥルースは7歳馬ですが2年連続連対とレース実績があり、ローテも過去2年と同じく地方+距離短縮になります。前走内容も4角1番手から3着と問題なく、さすがに年齢からも上積みは小さいと思いますが昨年より1kg軽い57kgで出走できる点は好材料。

ロードブレスは相性抜群の名古屋大賞典組。レース成績の良い5歳馬で馬格もあり、58kgなので頭では厳しいかもしれませんが、前走以前も長い距離を使われている点ではレース傾向にも合っています。血統的にはノーザンダンサー、ミスプロのクロスは持ちませんが母系にフジキセキを持ちます。

グリムは2年前はアナザートゥルースから半馬身差の2着。前走は長期休養明けでしたが1400mでハナを切れたのは収穫で、一叩きされ条件的にも合う今回が狙い目。

メモリーコウは前走4角6番手なのでデータ的には2~3着狙いですが、古川騎手の継続騎乗を想定している点は大きなプラス。エスポワールシチー産駒はコース相性も良く、今回も引き続き狙えます。

ヒストリーメイカーも内田騎手の継続騎乗は強調できますがキャリア31戦以上など一長一短。メモリーコウと同じくマーチS組なので頭よりは紐向き。テーオーケインズは前走オープン特別や今回斤量減がやや割引きですが、ベテルギウスS2着などコース実績はあります。

テキストのコピーはできません。