青葉賞2021予想|過去の傾向とデータ分析

青葉賞【GⅡ】
2021/5/1(土)
東京競馬場・芝2400m

過去8年分の青葉賞のデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬、除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

青葉賞 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 キングストンボーイ
2番人気 ワンダフルタウン
3番人気 アオイショー
4番人気 レッドヴェロシティ
5番人気 スワーヴエルメ

参考:netkeiba.com

予想オッズではレベルの高かった共同通信杯で4着に入ったキングストンボーイ、2番手には京都2歳S1着以来となるワンダフルタウンが推されています。

3番手以下は山吹賞勝ちのアオイショー、水仙賞勝ちのレッドヴェロシティ、葉牡丹賞勝ちのノースブリッジ、未勝利戦を勝ち上がったスワーヴエルメなどが続きます。

青葉賞 コース&血統分析

東京芝2400mの特徴

東京芝2400mはダービーやジャパンCなど日本を代表するGⅠが行われる舞台。直線の坂を上りきった地点からスタートし、前半1000mは平坦~下り坂となっています。

スピード、スタミナ、底力など総合力が問われるコースでレースレベルが上がるほど人気馬が好走しやすい特徴があります。

重賞ナビ

東京競馬場・芝2400mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、東京芝…

青葉賞 父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【5-4-6-58】
  • キングマンボ系【2-1-1-14】
  • ロベルト系【1-0-0-13】
  • ダンジグ系【0-1-0-5】
  • サドラーズウェルズ系【0-1-0-3】

ディープインパクト産駒は(3-2-4-20)で1番人気だと(1-1-3-0)。キングカメハメハやルーラーシップ、ハーツクライなどリーディング上位種牡馬が中心です。

また2017~2019年はでトニービンを持つ馬が3年連続で優勝しており、2019年は稍重馬場でしたが1~3着馬は全てトニービンを持っていました。

青葉賞 母父系統別データ

  • ストームキャット系【2-2-0-2】
  • ロベルト系【2-0-1-11】
  • サンデーサイレンス系【1-2-1-27】
  • グレイソヴリン系【1-0-1-4】
  • デピュティミニスター系【1-0-1-6】

ストームキャット系やデピュティミニスター系などノーザンダンサー系の成績が良く、ミスプロ系は(0-1-3-19)と勝ち切れません。他にはシンボリクリスエス、ハイエストオナー、ダンスインザダークあたりが好成績。

青葉賞 傾向データ①

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠1-1-1-117.1%21.4%
2枠1-3-0-107.1%28.6%
3枠1-0-2-117.1%21.4%
4枠1-2-1-116.7%26.7%
5枠2-0-2-1212.5%25.0%
6枠1-0-0-156.3%6.3%
7枠1-2-1-174.8%19.0%
8枠0-0-1-200.0%4.8%

真ん中から内寄りに好走馬が多く、特に2~3枠に入った関東馬は(2-3-2-7)で複勝率50%。外寄りで好走しているのは関西馬が多めです。

馬番データ

  • 偶数馬番【4-2-3-56】
  • 奇数馬番【4-6-5-51】

当日6番人気以下は偶数馬番が(0-0-1-44)、奇数馬番が(3-2-0-41)と奇数馬番優勢。唯一偶数馬番で3着に入ったのは2017年のアドマイヤウイナーで前走は相性の良い大寒桜賞で1着。

4~8枠

  • 関東馬【2-0-1-38】
  • 関西馬【3-4-4-37】

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ1-1-0-612.5%25.0%
先行1-3-0-233.7%14.8%
差し4-2-8-417.3%25.5%
追込1-2-0-372.5%7.5%
マクリ1-0-0-0100.0%100.0%

レースの上がり2位以内が(6-2-2-8)と上がり順位が着順に直結しやすいものの、4角10番手以下は(1-1-2-46)と直線一気では届きづらく、道中ある程度の位置取りは必要です。

前走4角位置(当日5番人気以内)

  • 5番手以内【4-2-3-7】
  • 6番手以下【1-4-4-15】

人気馬でも前走4角6番手以下だった馬は2~3着までが多いのが特徴。有力馬ではワンダフルタウン、キングストンボーイ、アオイショーあたりが前走4角6番手以下。

前走上がり3F

  • 1位【3-4-5-30】
  • 1位【4-0-0-18】
  • 3~5位【1-2-2-32】
  • 6位以下【0-2-1-27】

前走アザレア賞+上がり1位は(3-0-1-2)、前走大寒桜賞+上がり1位は(0-3-2-2)と堅実。この2レースを除く上がり1位馬は(0-1-2-26)となります。

アザレア賞勝ちのリーブルミノル、大寒桜賞2着のグレアリングアイが前走上がり1位です。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-0-0-40.0%0.0%
440-4590-1-2-170.0%15.0%
460-4792-2-2-364.8%14.3%
480-4994-3-4-2710.5%28.9%
500-5192-1-0-199.1%13.6%
520-0-1-0-40.0%20.0%

勝ち切るにはある程度の馬格が必要で小柄な馬は2~3着まで。人気馬は基本的に馬格が増すほど好走率も上がります。

前走との馬体重差

  • +体重【5-2-0-22】
  • 増減無【0-1-1-22】
  • -体重【3-5-7-63】

青葉賞 傾向データ②

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-2-3-125.0%87.5%
2番人気0-0-1-70.0%12.5%
3番人気1-0-1-612.5%25.0%
4-6番人気3-4-2-1512.5%37.5%
7-9番人気1-2-1-204.2%16.7%
10番人気-1-0-0-581.7%1.7%

1番人気馬は堅実で唯一4着以下に敗れたのは2013年のレッドレイヴン。東スポ杯以来約5か月の休み明けでした。また2~3番人気馬の成績が悪く、特に前走重賞だった2~3番人気馬が(1-0-0-10)。唯一優勝したのは昨年のオーソリティ。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦4-3-4-516.5%17.7%
栗東4-5-4-565.8%18.8%

関東・関西でほぼ差はありませんが、当日6番人気以下は関東馬が(3-1-0-40)、関西馬が(0-1-1-45)と穴馬を頭で狙うなら関東馬。

キャリアデータ

キャリア着度数勝率複勝率
2戦0-0-3-50.0%37.5%
3戦1-2-1-214.0%16.0%
4戦3-0-2-1813.0%21.7%
5戦1-5-1-272.9%20.6%
6戦2-1-1-1212.5%25.0%
7戦-1-0-0-244.0%4.0%

人気馬はキャリア不問、当日6番人気以下はキャリア4~6戦が(3-2-1-44)、キャリア3戦以下か7戦以上だと(0-0-0-25)。

騎手データ

  • 継続騎乗【5-1-4-40】
  • 乗り替わり【3-7-4-67】

乗り替わりは当日1番人気だと(1-2-1-0)。当日5番人気以内は継続騎乗が(3-0-3-14)複勝率30%に対して乗り替わりは(2-6-4-8)複勝率60%。

生産者データ

  • ノーザンF【4-5-5-29】
  • 社台F【1-0-0-18】

ノーザンF生産馬は1番人気だと(2-2-3-0)複勝率100%ですが、2番人気だと(0-0-0-6)と極端な成績。1番人気なら抑え必須で、次に狙えるのは4~5番人気。また社台F生産馬は相性が悪いレースです。

アランデル、スワーヴエルメ、テンカハル、マテンロウエール、レッドヴェロシティ、ワンダフルタウンがノーザンF生産馬。

青葉賞 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ0-0-0-00.0%0.0%
GⅡ2-1-0-1312.5%18.8%
GⅢ0-1-1-150.0%11.8%
オープン0-0-1-90.0%10.0%
1勝6-6-6-568.1%24.3%
未勝利0-0-0-140.0%0.0%

前走の格はあまり重要ではなく、前走2200~2400mだった馬が中心です。ただし近年は前走2000m以下の好走馬が目立っており、2018年以降の3年間では前走2000m以下が(2-1-2-24)、2200以上が(1-2-1-19)とほぼ変わりません。

アザレア賞組は人気馬の成績が良く、大寒桜賞は中穴の好走が目立ちます。

主な前走

  • アザレア賞【3-0-1-3】
  • 大寒桜賞【1-3-2-5】
  • 山吹賞【1-1-0-13】
  • 弥生賞【1-1-0-6】
  • スプリングS【1-0-0-7】
  • 水仙賞【1-0-0-5】
  • ゆきやなぎ賞【0-2-0-6】

前走距離

  • 1600m【0-0-1-2】
  • 1800m【1-0-1-39】
  • 2000m【1-2-0-22】
  • 2200m【3-4-3-27】
  • 2400m【3-2-3-15】

前走場所

  • 東京【0-0-3-12】
  • 中山【4-3-0-49】
  • 阪神【3-2-2-36】
  • 中京【1-3-3-5】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気4-1-3-1815.4%30.8%
2番人気1-4-3-183.8%30.8%
3番人気1-1-1-126.7%20.0%
4番人気2-0-0-1313.3%13.3%
5番人気0-0-1-80.0%11.1%
6-9番人気0-1-0-250.0%3.8%
10番人気-0-1-0-130.0%7.1%

1勝クラス組が多いこともあり、前走人気だった馬が優勢。前走3番人気以下で好走した馬は前走1勝クラスで1着だった馬か前走オープンクラスだった馬。

また大半がアザレア賞かゆきやなぎ賞組ですが、前走2400mの1勝クラスで2番人気以内だった馬は(3-2-2-6)と堅実です。今年はモンテディオが該当。

前走オープンクラス

  • 4番人気以内【2-1-2-14】
  • 5番人気以下【0-1-0-23】

ワンダフルタウン、ワンデイモアが前走オープンクラスで4番人気以内。

前走1勝クラス

  • 2番人気以内【5-4-4-21】
  • 3番人気以下【1-2-2-35】

前走3番人気以下で好走した馬は全て前走1着馬です。このデータで消しになるのはグレアリングアイ、テンカハル、バーボンハイボール、マテンロウエール、レンツシュピンツェの5頭。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着5-5-6-408.9%28.6%
2着0-2-0-150.0%11.8%
3着2-0-1-1015.4%23.1%
4着0-1-0-80.0%11.1%
5着0-0-0-40.0%0.0%
6-9着1-0-1-214.3%8.7%
10着-0-0-0-90.0%0.0%

前走2着以下から巻き返しているのはオープンクラス組で、1勝クラス組は1着馬が大半です。

前走オープンクラス

  • 4着以内【1-2-1-15】
  • 5着以下【1-0-1-22】

前走オープンクラスで5着以下はアランデル、タガノカイ、トーホウバロン、レインフロムヘヴン、ワンデイモア。

青葉賞 データまとめ

買いデータ

当日1番人気+ディープ産駒orノーザンF生産馬
母父ストームキャット系
2~3枠に入った関東馬
前走アザレア賞か大寒桜賞で上がり1位
前走2400mの1勝クラスで2番人気以内

消しデータ

当日6番人気以下+偶数馬番
当日5番人気以内+前走4角6番手以下(2~3着狙い)
前走重賞+当日2~3番人気
当日6番人気以下の関西馬
当日6番人気以下+キャリア3戦以下か7戦以上
社台F生産馬

青葉賞 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎ワンダフルタウン
○ノースブリッジ
▲レッドヴェロシティ
△キングストンボーイ
△リーブルミノル
△ワンデイモア

ワンダフルタウンは京都2歳S以来久々になる点が不安材料ですが、トニービン持ちのルーラーシップ×母父ディープはキセキと似た配合で東京は合いそうです。ノーザンF生産馬ということもあり、当日1番人気の方が買い要素が多く、2~3番人気だとやや微妙。

ノースブリッジは前走葉牡丹賞の内容が秀逸。こちらも休み明けですが距離が伸びても良さそうなモーリス産駒、前走4角4番手以内などが買い要素。現時点では騎手未定ですが当日5番人気以内なら乗り替わりもプラス要素になります。

レッドヴェロシティはレース相性が良いサンデー系×母父シンボリクリスエスの配合。ノースブリッジと同じく前走4角好位の関東馬ということで、当日2~3枠に入れば○。ノーザンF生産馬ということで予想オッズ4~5番人気という点でも魅力があります。

キングストンボーイは共同通信杯で上がり最速の内容からここでも能力上位ですが、母父ミスプロ系や多頭数がやや苦手なドゥラメンテ産駒など、軸にするには若干不安。

他にはキャリア10戦ですがゆきやなぎ賞、アザレア賞と青葉賞ローテを踏んでいるリーブルミノル、未勝利戦ではモンテディオ、1勝クラスではレッドヴェロシティを破っているワンデイモア

テキストのコピーはできません。