葵ステークス2020予想|過去の傾向とデータ分析

葵ステークス【重賞】
2020/5/30(土) 京都競馬場・芝1200m

オープン特別時を含む、過去8年分のデータ分析と予想です。
※1週前予想なので回避馬が含まれる場合があります。

3歳唯一のスプリント重賞として2018年から重賞に格上げされました。ロードカナロアやカレンチャン、ナックビーナスなどがこのレースで好走し、後にスプリント路線で活躍しています。

それでは2020年葵Sのデータ分析を行なっていきます。

◎無料買い目で春のGⅠ8戦6勝!

春のGⅠは8戦中6戦で的中!
桜花賞:3連複14点125.9倍→50,360円
皐月賞:3連複14点91.5倍→36,600円
天皇賞・春:3連複10点135.0倍→67,500円
ヴィクトリアM:3連複13点29.6倍→11,840円
日本ダービー:3連複9点24.8倍→14,880円
安田記念:3連複5点8.4倍→6,720円

実際に配信された無料買い目がコチラです。


いろいろ見てますが 4月からG1連勝してる無料情報は他に見当たりません。
ここの前日夜公開の3連複無料買い目は絶対チェックするべきです。

今週はCBC賞の無料買い目を公開!
推奨は1点4~500円ですが、100円ずつ買っても合計1000円前後に収まるので
少額で楽しむライトユーザーにもお勧めの予想サイトです。
≪毎週土日4レースを無料公開≫

葵S 登録馬

予想オッズでは混戦模様ですが函館2歳Sの勝ち馬ビアンフェ、1200mのオープン特別を2勝しているケープコッド、マーガレットS勝ちのエレナアヴァンティ、ロードカナロア産駒のペコリーノロマーノあたりに人気が集まっています。

ただ枠順が重要なレースなので、枠順次第で現時点での予想人気から大きく変わることも考えられます。

葵S コース分析

京都芝1200mの特徴

京都芝1200mは内回りコースを使用。スタート後は上り坂でコーナーまでの距離も長くないため、前半はそれほどハイペースにはなりません。

ペースが速くなるのは4コーナーの坂の下りからですが、京都内回りコースはコーナーの角度が急なので外側を走る馬はコーナーで外に振られることが多く内枠有利なコースとなっています。

葵S 種牡馬系統別データ

  • サンデーサイレンス系【4-3-3-33】
  • ボールドルーラー系【1-1-0-2】
  • キングマンボ系【1-0-1-9】
  • ミスタープロスペクター系【1-0-0-7】
  • ストームキャット系【0-2-0-8】

サンデー系ではマツリダゴッホ、ネオユニヴァース、ダイワメジャーの成績が良く、大系統ではナスルーラ系の成績・回収値が高めです。

葵S 母父別系統別データ

  • サンデーサイレンス系【2-1-1-15】
  • ヘイロー系【2-0-0-7】
  • ダンジグ系【2-0-0-4】
  • ロベルト系【1-1-1-4】
  • デピュティミニスター系【1-1-0-6】

優勝馬の母父はヘイルトゥリーズン系かノーザンダンサーが多く、ミスプロ系は2~3着までが多いのが特徴。

また人気薄で優勝したゴールドクイーンやリアルヴィーナスなどを見るとボールドルーラー系を持つ馬の好走が目立ちます。

コースデータ

重賞ナビ

京都競馬場・芝1200mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、京都芝…

葵S 傾向データ①

人気データ

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 2-1-0-5 25.0% 37.5%
2番人気 1-1-2-4 12.5% 50.0%
3番人気 0-0-0-8 0.0% 0.0%
4-6番人気 2-5-1-16 8.3% 33.3%
7-9番人気 3-0-0-21 12.5% 12.5%
10-番人気 0-2-4-39 0.0% 13.3%

最も複勝率が高いのは2番人気と6番人気の50%。抜けた馬がいないことが多く人気がバラけやすいレースですが、1番人気で優勝した2頭はどちらも単勝3倍を切る人気でした。

枠順データ

枠順 着度数 勝率 複勝率
1枠 1-2-1-8 8.3% 33.3%
2枠 3-1-0-9 23.1% 30.8%
3枠 3-0-2-9 21.4% 35.7%
4枠 0-0-1-13 0.0% 7.1%
5枠 0-2-1-13 0.0% 18.8%
6枠 1-1-2-12 6.3% 25.0%
7枠 0-2-0-14 0.0% 12.5%
8枠 0-1-0-15 0.0% 6.3%

コースデータ通りに内枠有利なレースです。昨年7枠から2着に入ったアスターペガサスや6枠から優勝したマコトワラタナなど、外枠からの好走馬はやはりボールドルーラー系持ちが目立ちます。

馬番データ

  • 偶数枠【2-5-2-49】
  • 奇数枠【6-4-5-44】

3番が(3-0-2-3)と非常に成績が良く、8番から内に入った馬はプラス。

6番人気以下

  • 偶数枠【0-1-2-36】
  • 奇数枠【3-4-3-28】

人気薄が好走することも多いレースですが、6番人気以下は奇数枠の方がよく馬券に絡んでいます。ただし1、3、5番などやはり内枠から。

脚質データ

脚質 着度数 勝率 複勝率
逃げ 2-2-0-4 25.0% 50.0%
先行 2-3-2-21 7.1% 25.0%
差し 2-2-4-39 4.3% 17.0%
追込 2-2-1-29 5.9% 14.7%

差し・追い込みからも好走馬は出ていますが、コースデータからも軸にしたいのは逃げ・先行馬。

前走4角位置

  • 3番手以内【4-4-3-41】
  • 4番手以下【4-5-4-52】

前走4角3番手以内は牡馬が(0-1-3-23)、牝馬が(4-3-0-18)と牝馬が狙い目。前走4角3番手以内の牝馬はエレナアヴァンティ、デンタルバルーン、トロワマルス、レジェーロの4頭。

前走上がり3F

  • 1~2位【4-3-0-15】
  • 3~5位【1-1-2-18】
  • 6位以下【3-5-5-57】

前走上がり2位以内はグリンデルヴァルト、ゼンノジャスタ、ビップウインク、ボンボヤージ、ワンスカイの5頭。

葵S 傾向データ②

キャリアデータ

キャリア 着度数 勝率 複勝率
-4戦 1-0-0-11 8.3% 8.3%
5戦 2-1-1-12 12.5% 25.0%
6戦 2-2-1-11 12.5% 31.3%
7戦 1-2-2-24 3.4% 17.2%
8戦 1-2-1-12 6.3% 25.0%
9戦- 1-2-2-23 3.6% 17.9%

重賞昇格後はディアンドル、アウィルアウェイ、トゥラヴェスーラとキャリア5戦の人気馬は堅実です。

ビップウインク、ペコリーノロマーノ、ボンボヤージ、ワンスカイの4頭がキャリア5戦。

所属データ

所属 着度数 勝率 複勝率
美浦 1-1-3-28 3.0% 15.2%
栗東 7-8-4-64 8.4% 22.9%
地方 0-0-0-1 0.0% 0.0%

2016年は関東馬が1~3着を独占しましたが、基本的には関西馬中心という見方で問題ありません。

騎手データ

  • 継続騎乗【4-2-1-27】
  • 乗り替わり【4-7-6-66】

馬体重データ

馬体重 着度数 勝率 複勝率
-439 2-2-2-17 8.7% 26.1%
440-459 3-2-1-26 9.4% 18.8%
460-479 0-2-2-25 0.0% 13.8%
480-499 1-1-2-18 4.5% 18.2%
500-519 1-2-0-5 12.5% 37.5%
520- 1-0-0-2 33.3% 33.3%

小柄な馬で好走しているのは牝馬が多く、牡馬は460kg以上は欲しい所です。

前走との馬体重差

  • +体重【5-2-3-40】
  • 増減無【3-1-3-10】
  • -体重【0-6-1-43】

葵S 前走データ

前走クラスデータ

前走クラス 着度数 勝率 複勝率
GⅠ 0-0-1-7 0.0% 12.5%
GⅡ 2-0-0-5 28.6% 28.6%
GⅢ 0-1-1-14 0.0% 12.5%
オープン 5-5-4-38 9.6% 26.9%
1勝 1-3-1-26 3.2% 16.1%

前走は京都芝1400mで行われる橘Sなど、オープン特別組が中心です。

主な前走

  • 橘S【4-4-1-23】
  • マーガレットS【1-0-2-9】
  • 雪うさぎ賞【1-0-0-5】
  • フィリーズレビュー【1-0-0-3】

前走距離

  • 1200m【2-2-0-24】
  • 1400m【5-6-5-57】
  • 1600m【1-1-2-9】

昨年のディアンドル、一昨年のトゥラヴェスーラなど前走1200mなら阪神組が狙い目。

また雪うさぎ賞は2016年のナックビーナスの他、2018年13番人気4着のウィズなど人気以上の好走が目立ちます。

前走場所

  • 中山【1-0-1-9】
  • 京都【4-5-1-34】
  • 阪神【2-4-3-24】
  • 中京【0-0-2-15】

前走人気データ

人気 着度数 勝率 複勝率
1番人気 2-1-0-12 13.3% 20.0%
2番人気 1-2-0-6 11.1% 33.3%
3番人気 0-1-0-6 0.0% 14.3%
4番人気 0-2-0-5 0.0% 28.6%
5番人気 0-0-1-8 0.0% 11.1%
6-9番人気 4-2-3-27 11.1% 25.0%
10-番人気 1-1-3-29 2.9% 14.7%

1勝クラス組は前走人気だった馬が中心ですが、オープンクラス組は前走人気は不問。

また、牝馬は前走オープンクラス+6~9番人気だった馬が(4-2-1-5)と安定しています。エレナアヴァンティ、ペコリーノロマーノが該当。

前走着順データ

着順 着度数 勝率 複勝率
1着 2-3-1-26 6.3% 18.8%
2着 0-0-0-2 0.0% 0.0%
3着 2-1-0-4 28.6% 42.9%
4着 0-1-0-6 0.0% 14.3%
5着 2-1-1-4 25.0% 50.0%
6-9着 1-0-3-20 4.2% 16.7%
10-着 1-3-2-31 2.7% 16.2%

前走1着馬は1勝クラス組が大半。前走オープン特別組は9着以内が目安、重賞組は10着以下からでも巻き返し可能です。

前走橘S

  • 5着以内【4-3-0-10】
  • 6着以下【0-1-1-15】

前走橘S組は5着以内が好成績。今年はゼンノジャスタ、マイネルグリットが該当します。

また前走オープン特別で敗れていた場合0.5秒差以内が(4-3-1-13)、0.6秒差以上だと(0-2-3-23)。前走0.6秒差以上敗れていて2着に入ったのは前走ダートのカゼニタツライオン、函館2歳S勝ちの実績があるアスターペガサスの2頭。

葵S データまとめ

  • ボールドルーラー系を持つ馬に注意
  • 人気馬の信頼度は高くない
  • 1~3枠が好成績、8番より内に入った馬はプラス
  • 6番人気以下+偶数枠×、奇数枠○
  • 逃げ・先行馬が有利
  • 前走4角3番手以内+牡馬△、牝馬◎
  • キャリア5戦の人気馬は堅実
  • 関西馬優勢
  • 牡馬は460kg以上が安定、小柄な馬は牝馬なら
  • 当日マイナス体重は2着が多い
  • 橘Sで5着以内だった馬が好成績
  • 前走1勝クラス組は人気馬優勢
  • 前走オープンクラスで6~9番人気の牝馬に注意
◎重賞の無料買い目ならこのサイト

▼6/13~14の的中実績
灘S:3連単543,0800円(12点)
八王子特別:3連単1,054,050円(16点)
ジューンS:3連単2,534,320円(12点)
三浦特別:3連単1,954,080円(8点)
駒ヶ岳特別:3連単350,940円(8点)

雨の影響もあり波乱が目立った先週(6/13~14)。
3連単63万馬券のジューンSをはじめ帯封、高配当連発!

このキャンペーン情報の他に無料予想が毎週土日4鞍配信されます。

◆昨年に引き続き無料買い目でダービー的中!

10番人気ヴェルトライゼンデを買い目に入れる見事な予想。
負けない買い方がこのサイトの魅力です。

▼直近の無料買い目
安田記念:3連複4,200円
日本ダービー:3連複12,400円
ヴィクトリアマイル:3連複14,800円
青葉賞:3連複10,950円
フローラS:3連複62,300円
日経賞:3連複39,900円
などを的中させています。

毎週2レース無料買い目を公開中!
ここの無料予想はチェックする価値があります◎

無料メール登録のみでOKです。

葵S 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎ゼンノジャスタ
○エレナアヴァンティ
▲ケープコッド
△マイネルグリット
△カバジェーロ
△レジェーロ

予想オッズでは10番人気以下ですが、ゼンノジャスタは相性の良い橘Sで上がり2位の4着。父サンデー系に母父ダンジグ系、ボールドルーラー持ちと血統面でもまずまず。

エレナアヴァンティは関東馬ですが前走マーガレットSで下位人気、また4角3番手以内の牝馬などが強調材料。アドマイヤムーン産駒はレース実績としてはイマイチですがコース実績は○。

ケープコッド、マイネルグリットは1200mでは連対率100%。ケープコッドは父ダイワメジャーという血統、マイネルグリッドは葵Sで58kgを背負って5着という内容から巻き返しは可能です。

あとは今年は相性の良い橘S組が少ないため阪神1200mを使ってきた中からロードカナロア産駒のカバジェーロ、マーガレットS1番人気のレジェーロあたりが抑え。ただし内枠有利なコースなので枠順が重要です。

テキストのコピーはできません。