アルテミスステークス予想|過去の傾向とデータ分析

アルテミスステークス【GⅢ】
2020/10/31(土) 東京競馬場・芝1600m

過去8年分のデータ分析と予想です。
※1週前予想なので回避馬が含まれる場合があります。

今年で9年目と歴史は浅いレースですが、過去の勝ち馬にはリスグラシュー、ラッキーライラックと名牝2頭が名を連ねます。敗れた馬からもメジャーエンブレム、アユサン、レッツゴードンキが後にGⅠを勝ち、他にも重賞勝ち馬を多数輩出するなど素質馬が集まるレースです。

それでは2020年アルテミスSのデータ分析を行なっていきます。

◎2020年実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
色々なサイトの無料予想をチェックしましたが、重賞の無料予想ではここが断トツ!

昨年ラストも有馬記念、ホープフルSダブル的中!
そして中山金杯も3連複73,200円的中!



◎有馬記念:3連複73.7倍×400円=29,480円
◎ホープフルS:3連複19.0倍×400円=7,600円
◎中山金杯:3連複183.0倍×400円=73,200円

◆2020年G1実績(無料買い目)


◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
少額で楽しむライトユーザーにもお勧めできるサイトです。

今週の無料公開は
中山記念
こちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目が確認出来ます。

アルテミスS 登録馬

白毛馬として初めて芝重賞(札幌2歳S)を勝ったソダシが予想オッズでは抜けた1番人気に推されています。

2番人気以下は混戦ですが、スクリーンヒーロー産駒のクールキャット、モーリス産駒のストゥーティ、札幌2歳S2着のユーバーレーベン、コスモス賞勝ちのウインアグライアなどが続いています。

アルテミスS コース分析

東京芝1600mの特徴

東京芝1600mはスタート後直線が続くため、枠順による有利不利は小さいコースです。他の競馬場ならペースが落ち着く3ハロン目辺りから下り坂になってコーナーに入るため、息が入らない流れになりがちです。

結果的に距離以上のスタミナを要求されるため逃げ馬には苦しく、中距離を得意とする馬が好走しやすい傾向があります。GⅠでもロゴタイプやメジャーエンブレムのような逃げ切りも見られます。

アルテミスS 種牡馬系統別データ

  • サンデーサイレンス系【7-6-4-54】
  • サドラーズウェルズ系【1-0-0-0】
  • キングマンボ系【0-1-1-5】
  • デピュティミニスター系【0-1-0-2】

ディープインパクト産駒が(2-3-1-9)、ハーツクライ産駒が(2-0-0-8)、ダイワメジャー産駒が(1-1-0-3)と父サンデー系が圧倒的。唯一別系統で優勝したのは2015年のデンコウアンジュで、後にヴィクトリアマイルでも2着に入りました。

アルテミスS 母父別系統別データ

  • ミスタープロスペクター系【1-2-1-8】
  • フェアリーキング系【1-0-0-2】
  • ネイティヴダンサー系【1-0-0-2】
  • サンデーサイレンス系【0-2-2-26】
  • ストームキャット系【0-2-1-2】

当日3番人気以内は母父ミスプロ系、ノーザンダンサー系なら信頼できますがサンデー系、ロベルト系、ナスルーラ系は不振。4番人気以下ではノーザンダンサー系が頭一つ抜けており、全体的にはノーザンダンサー系が優勢。

今年は母父サンデー系が非常に多く、母父ノーザンダンサー系はハイプリーステスのみ。

コースデータ

重賞ナビ

東京競馬場・芝1600mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、東京芝…

アルテミスS 傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-2-0-337.5%62.5%
2番人気2-2-1-325.0%62.5%
3番人気0-0-0-80.0%0.0%
4-6番人気1-3-5-154.2%37.5%
7-9番人気1-0-1-224.2%8.3%
10-番人気1-1-1-501.9%5.7%

基本的には人気馬優勢です。1番人気で着外に敗れた3頭はいずれも関東馬。また6番人気以下で馬券に絡んだ馬は全てキャリア2戦以上です。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠1-0-0-118.3%8.3%
2枠1-2-2-106.7%33.3%
3枠1-0-1-136.7%13.3%
4枠0-2-0-120.0%14.3%
5枠0-0-3-120.0%20.0%
6枠0-2-1-120.0%20.0%
7枠1-0-1-175.3%10.5%
8枠4-2-0-1420.0%30.0%

8枠の勝率が高く、昨年は9頭立てでしたが優勝したリアアメリアは8枠9番。人気薄で優勝したデンコウアンジュ、ココロノアイも8枠でした。

馬番データ

  • 偶数枠【3-5-4-48】
  • 奇数枠【5-3-4-53】

前走馬番

  • 1~8番【8-3-4-64】
  • 9~18番【0-5-4-37】

過去8年の優勝馬は前走での馬番が8番より内でした。有力馬ではソダシ、ストゥーティが前走で9番より外。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ0-2-1-50.0%37.5%
先行2-1-4-188.0%28.0%
差し3-4-3-505.0%16.7%
追込3-1-0-289.4%12.5%

レースの上がり2位以内が(7-4-0-6)と位置取りはあまり関係なく、基本的には末脚勝負。

前走4角位置

  • 2番手以内【0-5-3-20】
  • 3番手以下【8-3-5-81】

前走4角2番手以内だった馬は優勝こそありませんが2~3着が多く、特に前走が1600mで4角2番手以内だと(0-4-2-6)で複勝率50%。今年はヴァーチャリティのみが該当します。

前走上がり3F

  • 1位【6-4-2-32】
  • 2~3位【2-3-3-32】
  • 4位以下【0-1-3-35】

前走上がり1位馬の成績が非常に良く、前走1800mで上がり1位だと(3-0-1-2)。また前走が左回りで上がり1位だと(1-2-0-12)と成績はあまり目立たず、右回りだと(5-2-2-20)。特に阪神、京都組の信頼度が高めです。

前走1800mで上がり1位はオレンジフィズ、モリノカンナチャン、ユーバーレーベンの3頭。

アルテミスS 傾向データ②

キャリアデータ

キャリア着度数勝率複勝率
1戦2-3-1-285.9%17.6%
2戦5-3-4-3810.0%24.0%
3戦1-1-0-214.3%8.7%
4戦-0-1-3-140.0%22.2%

キャリア1~2戦が中心になりますが、キャリア1戦で3着以内に入った6頭はいずれも当日5番人気以内。またキャリア2戦は当日マイナス体重だと(0-1-2-13)、±0kg以上だと(5-2-2-25)と馬体重に注意。

生月データ

  • 1月【2-0-2-8】
  • 2月【2-2-1-22】
  • 3月【1-1-2-28】
  • 4月【3-5-2-29】
  • 5月【0-0-1-13】

前走頭数

  • 12頭以下【5-5-4-41】
  • 13~17頭【0-2-3-47】
  • 18頭【3-1-1-13】

有力馬ではソダシ、ユーバーレーベン、クールキャットあたりが前走13~17頭立てのレースでした。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦3-5-3-693.8%13.8%
栗東5-3-5-3011.6%30.2%
地方0-0-0-20.0%0.0%

関西馬は当日2番人気以内で(3-4-1-4)、また7番人気以下だと(0-0-0-13)なので人気馬中心。関東馬は人気馬でも信頼度は高くありませんが大穴が来ることもあり、あまり人気にとらわれない方が良さそうです。

騎手データ

  • 継続騎乗【3-3-6-50】
  • 乗り替わり【5-5-2-51】

当日4番人気以下は乗り替わりが(3-4-2-43)、継続騎乗が(0-0-5-44)なので継続騎乗は3番人気以内なら連狙い、4番人気以下なら3着狙いです。

生産者データ

  • ノーザンF【3-5-1-17】
  • 社台F【3-0-0-12】

ノーザンF生産馬は1~4枠だと(0-1-0-12)、5~8枠だと(3-4-1-5)と外寄りの成績が圧倒的です。オレンジフィズ、ククナ、ストゥーティ、ソダシ、ミルウがノーザンF生産馬。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4190-0-1-30.0%25.0%
420-4392-1-2-295.9%14.7%
440-4592-3-1-295.7%17.1%
460-4792-1-3-217.4%22.2%
480-4992-3-0-169.5%23.8%
500-5190-0-1-30.0%25.0%

馬格による成績の差はあまりありませんが、関東馬は460kg以上の複勝率が高く460kg未満の好走馬は関西馬が多めです。

前走との馬体重差

  • +体重【3-4-3-38】
  • 増減無【1-1-1-13】
  • -体重【4-3-4-50】

アルテミスS 前走データ

前走クラスデータ

前走クラス着度数勝率複勝率
重賞1-1-1-155.6%16.7%
オープン1-1-1-165.3%15.8%
1勝0-2-2-240.0%14.3%
未勝利4-1-3-1616.7%33.3%
新馬2-3-1-285.9%17.6%

未勝利戦組の成績が良く、前走クラスによる偏りはあまりありません。前走オープンクラスだと関東・関西で成績に差があり関東馬は前走オープン特別○、重賞×、関西馬は前走オープン特別×、重賞○という傾向。

前走距離

  • 1200m【0-0-0-9】
  • 1400m【0-2-1-22】
  • 1500m【0-0-1-8】
  • 1600m【5-5-4-47】
  • 1800m【3-1-2-15】

前走距離が長くなるに連れて成績が上がり、回収値が抜群に高いのが1800m組。シェーングランツやデンコウアンジュと人気薄での好走が目立ちます。

前走場所

  • 東京【0-2-1-15】
  • 中山【1-2-1-24】
  • 京都【2-1-1-5】
  • 阪神【2-1-3-7】
  • 札幌【1-1-2-15】
  • 新潟【2-1-0-23】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-5-4-307.1%28.6%
2番人気3-0-1-1021.4%28.6%
3番人気0-1-1-160.0%11.1%
4番人気0-0-0-90.0%0.0%
5番人気1-1-1-710.0%30.0%
6-9番人気1-1-1-155.6%16.7%
10-番人気0-0-0-140.0%0.0%

前走が1勝クラス以上だと下位人気だった馬の好走もありますが、新馬・未勝利組は前走2番人気以内が目安になります。また前走下位人気でも狙えるのは関西馬で、関東馬は前走人気馬が優勢です。

前走新馬戦

  • 1番人気【1-3-1-10】
  • 2番人気以下【1-0-0-18】

唯一新馬戦で2番人気以下から優勝したのは2017年のラッキーライラック。今年の新馬組はクールキャットのみが前走2番人気、それ以外は全て前走3番人気以下なのでやや狙いづらいか。

前走未勝利戦

  • 2番人気以内【3-1-3-9】
  • 3番人気以下【1-0-0-7】

デンコウアンジュが前走未勝利戦で5番人気でしたが、未勝利組は2番人気以内が中心。ククナ、ミルウ、モリノカンナチャン、ヴァーチャリティが前走未勝利戦で2番人気以内。

前走4番人気以下

  • 関東馬【0-0-1-32】
  • 関西馬【2-2-1-13】

前走4番人気以下の関東馬は割引き。シャドウファックス、スライリー、ニシノリース、ハイプリーステス、ペイシャフェスタ、ユーバーレーベンが前走4番人気以下の関東馬。

前走左回り

  • 2番人気以内【2-3-0-16】
  • 3番人気以下【0-0-1-26】

前走左回りで3番人気以下だった馬は割引き。ストゥーティ、ニシノリース、ルクシオンが前走左回りで3番人気以下でした。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着7-5-5-559.7%23.6%
2着0-0-1-100.0%9.1%
3着0-2-1-80.0%27.3%
4着1-0-1-514.3%28.6%
5着0-1-0-40.0%20.0%
6-9着0-0-0-120.0%0.0%
10-着0-0-0-90.0%0.0%

新馬戦、未勝利戦からの馬が多いため前走1着馬ばかりですが、ある程度着差をつけて勝っている馬の方が複勝率は高めです。

前走1着+当日2番人気以内だと(4-3-1-6)と安定していますが、当日3~5番人気だと(0-2-2-14)とイマイチ。

前走タイム差(1着)

  • 0.6秒差以上【3-1-1-6】
  • 0.3~0.5秒差【1-3-0-11】
  • 0.1~0.2秒差【3-1-3-24】
  • タイム差なし【0-0-1-14】

関東馬は前走でタイム差をつけて勝っているほど複勝率が上がります。関西馬は前走でのタイム差はそれほど関係ありません。

前走タイム差(2着以下)

  • 0.2秒差以内【1-2-2-10】
  • 0.3秒差以上【0-1-1-36】

前走で敗れていた場合は0.2秒差以内が目安。0.3秒差以上から巻き返した2頭は2017年のサヤカチャン、2019年のビッククインバイオの2頭でどちらも前走4角2番手以内でした。

アルテミスS データまとめ

  • 父サンデー系が優勢
  • 母父ノーザンダンサー系が安定
  • 2番人気以内は安定、人気の関西馬は信頼度高め
  • 6番人気以下はキャリア2戦以上が狙い目
  • 8枠、また前走1~8番だった馬の勝率が高い
  • 前走上がり1位馬○、前走1600mで4角2番手以内だった馬に注意
  • キャリア2戦以上は±0kg以上○
  • 前走13~17頭立てだった馬は複勝率が低め
  • 当日4番人気以下は乗り替わり組が狙い目
  • ノーザンF生産馬は5~8枠○
  • 460kg未満のは関西馬優勢
  • 前走1400m以下は不振
  • 新馬・未勝利組は前走2番人気以内+0.1秒差以上で勝っている馬
  • 前走4番人気以下の関東馬×
  • 前走左回りで3番人気以下××

◎穴馬推奨の鬼!無料コンテンツ

ここの無料情報はきっちり仕事してくれます
波乱傾向の1月中央重賞!
よく見るとここの無料コンテンツに穴馬の答えが書いてあります↓




無料公開【穴馬の法則】
日経新春杯 7番人気1着ショウリュウイクゾ
フェアリーS 8番人気2着ホウオウイクセル
朝日杯FS 7番人気1着グレナディアガーズ
無料情報で激押し推奨!穴馬の法則は必見です!

無料買い目情報もいい感じにきてます!
・門松賞(11400円)・破魔矢賞(5150円)
・ホープフルS(8800円)・ステイヤーズS(9520円)
・東スポ杯2歳S(9400円)・01/11船橋7R(5800円)
・12/24浦和6R(15050円)・12/23浦和6R(15400円)

▼充実の無料コンテンツ
◎取材本命馬(重賞)
◎穴馬の法則(重賞)
◎過去10年データ(重賞)
◎無料買い目(毎週土日メイン中心)

メール送信、確認メールをクリック 下にスクロールし各情報チェック!もちろん無料0円なのでご安心を! ココの取材情報は必見の本格派なんです!

アルテミスS 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎ソダシ
○ククナ
▲ヴァーチャリティ
★テンハッピーローズ
△ウインアグライア
△ユーバーレーベン

ソダシは恐らく1番人気は確実。前走13~17頭立てや前走外寄りの枠と重箱の隅をつつくような微妙なデータには該当しますが、関西馬で前走が1800mの重賞など基本的には好データに該当。ノーザンF生産馬なので当日5枠より外に入れば信頼度は上がります。

ククナも同じくノーザンF生産馬なので外寄りの枠なら○。前走未勝利戦で1番人気+上がり1位での1着と内容も問題無し。キングカメハメハ×母父サンデー系の2歳馬はこのコースでは2着が多いのが特徴ですが複勝率は高めです。

ヴァーチャリティは前走Bコース替わり初日で時計が出やすい条件でしたがラップ、走破タイムは共に優秀。予想オッズでは10番人気前後ですが、前走1600mで4角2番手以内と2~3着に抑えたいデータにも当てはまります。

テンハッピーローズは小倉芝1200mの新馬戦で直線進路取りにモタつきながら好タイムで快勝。前走サフラン賞の時計は1.35.4ですが、同日のスプリンターズSが1.08.3の勝ちタイムだったことを考えると優秀な内容。

あと関東馬で前走オープン特別を勝っているウインアグライアユーバーレーベンはゴールドシップ産駒が1800mを境に成績が伸びるのでここでは抑えまで。

テキストのコピーはできません。