JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

阪神芝2000mに強い血統|系統別成績と相性が良い配合

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。


阪神芝2000mに強い血統の分析です。
過去10年分のレースを対象に系統別の成績、配合別の成績などをまとめています。

系統の分類について(画像リンク)
系統分類はTargetの基本配色を元にしています。血統以外のコースデータは下記リンクで分析しています。

阪神芝2000mが得意な種牡馬(系統別)

※連対率順。出走数が少ない系統は省いています。

サンデーサイレンス系とダンジグ系が競っています。サンデーサイレンス系ではディープインパクト、ハーツクライの成績が良くダンジグ系はほぼハービンジャー。他系統ではキングカメハメハは重賞でも戦えています。

穴ではミスプロ系がお勧めでモンテロッソ、ベルシャザール、ストーミングホームあたりが狙い目です。

ロイヤルチャージャー系

父:サンデーサイレンス系

  • ディープインパクト
    【56-43-37-208】連対率28.8%
  • ハーツクライ
    【24-32-19-142】連対率25.8%
  • ステイゴールド
    【22-24-17-139】連対率22.8%
  • ヴィクトワールピサ
    【5-3-1-30】連対率20.5%
  • オルフェーヴル
    【2-4-3-22】連対率19.4%
  • マンハッタンカフェ
    【12-20-23-123】連対率18.0%

ディープインパクトは出走数・勝利数共に圧倒的な数値で重賞でも成績が落ちません。

出走数が少ない所ではゴールドアリュールの成績が非常に良く、オルフェーヴルやサクラプレジデント、ドリームジャーニーもまずまずの成績。

ブラックタイドはキタサンブラック以外は微妙な成績ですが、鳴尾記念では人気薄で2回馬券に絡んでいます。

父:ロベルト系

  • シンボリクリスエス
    【13-9-13-94】連対率17.1%

ロベルト系ではシンボリクリスエスは回収値もまずまず高め。

ネイティヴダンサー系

父:キングマンボ系

  • キングカメハメハ
    【30-19-20-194】連対率18.6%
  • ワークフォース
    【2-5-2-32】連対率17.1%
  • ルーラーシップ
    【5-2-4-37】連対率14.6%

キングカメハメハ、ルーラーシップ共に人気より着順を落としがちですが、キングカメハメハは重賞ではディープインパクトに次ぐ2位の勝利数です。

他ではエイシンフラッシュが時々下位人気での好走があります。

父:ミスタープロスペクター系

  • ストーミングホーム
    【1-3-2-9】連対率26.7%

ストーミングホームは代表産駒がティーハーフなので短距離のイメージが強いですが、マコトブリジャールやシゲルシチフクジンなど10番人気前後の馬で好走しています。

ニアークティック系

父:ダンジグ系

  • ハービンジャー
    【16-17-23-76】連対率25.0%

ハービンジャーは大阪杯2着のペルシアンナイト以外にもクラス問わず安定しています。

父:デピュティミニスター系

  • クロフネ
    【3-7-5-44】連対率16.9%

ナスルーラ系

父:グレイソヴリン系

  • ジャングルポケット
    【14-9-6-116】連対率15.9%

ジャングルポケットは勝率だけは上位と遜色なく、穴で狙えます。

ダービーに続いて宝塚記念も三連複的中!

絶好調レーンJに導かれ見事な優勝を果たしたリスグラシュー。G1馬にデムーロJ騎乗で6人気と少し舐められていたスワーヴリチャードをしっかり買い目に入れて的中です!回収率は『272%

↓実際に配信された無料情報です。

5/11(土)京王杯SC
3連複6-7-9 3,780円的中 6人気リナーテ入線◎
5/12(日)ヴィクトリアマイル
3連複3-4-9 35,490円的中 11人気クロコスミア入線◎
5/26(日)日本ダービー
3連複1-7-13 12,050円的中 12人気ロジャーバローズ入線◎

今週の無料配信は『ラジオNIKKEI賞

⇒(無料)ラジオNIKKEI賞の買い目を見る
メールアドレスを登録後、確認メールからログインして下さい。

阪神芝2000mが得意な母父(系統別)

※連対率順。出走数が少ない系統は省いています。

父はサンデーサイレンス系が圧倒的ですが、母系ではノーザンダンサーの成績が全体的に良くミスプロ系は得意不得意がはっきりしています。またエクリプス系やハンプトン系など地味な血統も活躍しています。

このコースで狙いたいのはストームキャット、シングスピール、チーフベアハート、シーキングザゴールド。穴狙いではケープクロス、ハイエストオナー、トニービンなど。

ニアークティック系

母父:ストームキャット系

  • ストームキャット
    【10-9-6-43】連対率27.9%
  • ジャイアンツコーズウェイ
    【0-2-1-6】連対率22.2%

ストームキャットはキズナやラキシスなど重賞でも強いのが特徴。

母父:デピュティミニスター系

  • Deputy Minister
    【0-4-1-3】連対率50.0%
  • クロフネ
    【5-6-7-41】連対率18.6%
  • フレンチデピュティ
    【5-6-7-41】連対率10.6%

母父:ニジンスキー系

  • ラムタラ
    【3-1-1-21】連対率15.4%

母父:サドラーズウェルズ系

  • Singspiel
    【9-0-3-23】連対率25.7%
  • Galileo
    【2-1-1-8】連対率25.0%
  • Sadler’s Wells
    【8-3-1-61】連対率21.1%

シングスピール、サドラーズウェルズの2頭は勝つか負けるか極端な成績ですがこのコースでは非常に魅力的。

母父:ダンジグ系

  • チーフベアハート
    【2-2-0-5】連対率44.4%
  • Cape Cross
    【3-0-2-4】連対率33.3%
  • Danehill
    【2-2-2-9】連対率26.7%

デインヒルをはじめダンジグ系は出走数は多くありませんが、全体的に回収値が高いのが特徴。

ネイティヴダンサー系

母父:ミスタープロスペクター系

  • Seeking the Gold
    【2-5-2-9】連対率38.9%
  • Thunder Gulch
    【1-3-1-6】連対率36.4%
  • Unbridled’s Song
    【5-1-0-14】連対率30.0%
  • ジェイドロバリー
    【3-3-2-18】連対率23.1%

ミスプロ系は得意不得意がはっきりしていて、ヘクタープロテクターやアフリート、ブラックタイアフェアーは連対率を10%を切っています。これが平均を大きく引き下げていますが、上に挙げた馬は優秀。

母父:キングマンボ系

  • キングカメハメハ
    【4-3-6-23】連対率19.4%
  • エルコンドルパサー
    【1-7-6-34】連対率16.7%

エルコンドルパサーは2~3着狙い。またキングカメハメハは問題ありませんが、キングマンボはこのコースでは全く走りません。

ロイヤルチャージャー系

母父:サンデーサイレンス系

  • サンデーサイレンス
    【62-38-36-365】連対率20.0%
  • アグネスタキオン
    【10-7-8-65】連対率18.9%
  • ダンスインザダーク
    【6-12-9-88】連対率15.7%

フジキセキやスペシャルウィークは連対率10%前後と奮いません。他に出走数が少ない所ではディープインパクト、デュランダルはまずまず。ネオユニヴァースは2~3着狙い。

母父:ヘイロー系

  • タイキシャトル
    【4-5-2-36】連対率19.1%

ナスルーラ系

母父:プリンスリーギフト系

  • サクラバクシンオー
    【3-2-2-20】連対率25.9%

母父:グレイソヴリン系

  • Highest Honor
    【3-1-2-6】連対率33.3%
  • トニービン
    【14-13-19-132】連対率15.2%

トニービンは重賞に強くサトノノブレスやグルヴェイグ、キャプテントゥーレなどが母父トニービンです。

その他の系統

母父:その他のエクリプス系

  • Mtoto
    【4-1-0-5】連対率50.0%
  • Monsun
    【3-0-0-13】連対率18.8%

母父:ハンプトン系

  • Acatenango
    【3-2-0-5】連対率50.0%
  • Platini
    【2-0-3-2】連対率28.6%

母父:ヘロド系

  • メジロマックイーン
    【7-5-3-30】連対率26.7%

メジロマックイーンは父ステイゴールド以外でも走ります。

阪神芝2000mと相性の良い配合

※連対率順。出走数が少ない系統は省いています。

サンデーサイレンス系 × その他のエクリプス系

若葉Sを勝ったヴェロックス、千里山特別を勝ったスティッフェリオなどがこの配合です。人気馬なら信頼度が高めで、やや人気薄でもヒルノマテーラがマーメイドSを7番人気で2着に好走しています。

ダンジグ系 × サンデーサイレンス系

ここ2~3年、特に父ハービンジャーで成績を伸ばしています。大阪杯2着のペルシアンナイトをはじめ能勢特別のカフジバンガード、サンタクロースS2着のケイティクレバーなどがこの配合。こちらも人気に推されてキッチリという内容です。

サンデーサイレンス系 × ストームキャット系

重賞で複勝率60%以上をたたき出しているのがこの配合。産経大阪杯を勝ったキズナやラキシス、マーメイドSで9番人気2着のワンブレスアウェイなどが挙げられます。

キングマンボ系 × サンデーサイレンス系

こちらも重賞で強いのですが、1着か4着以下かという極端な成績。エアウィンザーやラブリーデイ、トゥザグローリーなど人気馬中心です。

阪神芝2000mと相性の良い配合(重馬場)

※稍重~不良馬場での成績を連対率順に集計。出走数が少ない系統は省いています。

ダンジグ系 × サンデーサイレンス系

道悪でも気にせず買える配合です。上のクラスでの実績は多くありませんが全体的に人気よりも好走しやすく、複回値も100超えという成績です。

サンデーサイレンス系 × ダンジグ系

道悪で大きく成績を伸ばしているのが上と父母逆になったパターン。サトノダイヤモンドやサトノアーサーがこの配合で、能勢特別ではプリメラアスールが11番人気で逃げ切っています。

ロベルト系 × サンデーサイレンス系

道悪になると勝利数トップになるのがこの配合です。近年はこの配合の出走例が多くありませんがエピファネイア、エアアンセムがこの組み合わせ。多いのは父シンボリクリスエス×母父サンデーサイレンスです。

関連リンク



この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2019 All Rights Reserved.