JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

中山芝2000mに強い血統|系統別成績と相性が良い配合

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。


中山芝2000mに強い血統の分析です。
過去10年分のレースを対象に系統別の成績、配合別の成績などをまとめています。

系統の分類について(画像リンク)
系統分類はTargetの基本配色を元にしています。血統以外のコースデータは下記リンクで分析しています。

中山芝2000mが得意な種牡馬(系統別)

※連対率順。出走数が少ない系統は省いています。

直線が短くコーナー4回とキレよりも器用さやパワーが求められるコース。全体的にはキングマンボ系の成績が良く、個別の種牡馬ではディープインパクト、ハーツクライ、バゴ、キングカメハメハ、アグネスデジタルあたりが狙い目です。

ロイヤルチャージャー系

父:サンデーサイレンス系

  • ゴールドヘイロー
    【3-4-2-14】連対率30.4%
  • ディープインパクト
    【51-38-42-237】連対率24.2%
  • ドリームジャーニー
    【3-2-5-13】連対率21.7%
  • ハーツクライ
    【31-32-34-201】連対率21.1%
  • ダイワメジャー
    【7-12-9-71】連対率19.2%
  • ステイゴールド
    【35-34-34-310】連対率16.7%

サンデー系の中での成績の差が大きくディープインパクトやハーツクライ、ゴールドヘイローは買いですがマンハッタンカフェやネオユニヴァースは連対率13%台とやや落ちます。

父:ロベルト系

  • シンボリクリスエス
    【20-16-16-182】連対率15.4%
  • スクリーンヒーロー
    【4-3-3-38】連対率14.6%

ロベルト系では上記2頭はまずまずの成績ですが、タニノギムレットは連対率9%前後という成績です。

ネイティヴダンサー系

父:キングマンボ系

  • King’s Best
    【3-1-4-5】連対率30.8%
  • ロードカナロア
    【2-1-2-8】連対率23.1%
  • キングカメハメハ
    【31-30-32-203】連対率20.6%
  • ルーラーシップ
    【8-7-7-51】連対率20.5%

キングカメハメハやルーラーシップは連対率20%台で安定。ロードカナロア産駒は出走が少ないながらサートゥルナーリアがホープフルSを勝っています。

キングズベストはエイシンフラッシュなど海外時の産駒で連対率30.8%という成績ですが、国内供用後も連対率18%台とまずまず。

父:ミスタープロスペクター系

  • モンテロッソ
    【2-3-0-11】連対率31.3%
  • アグネスデジタル
    【4-3-4-20】連対率22.6%

モンテロッソの2着以内は全て新馬・未勝利戦での成績。アグネスデジタルは条件戦で時々穴をあけています。

ニアークティック系

父:デピュティミニスター系

  • クロフネ
    【3-9-3-55】連対率17.1%

父:サドラーズウェルズ系

  • メイショウサムソン
    【8-7-8-58】連対率18.3%

父:ダンジグ系

  • ハービンジャー
    【19-14-14-134】連対率18.2%

クロフネは2着が多く、頑張っているのはメイショウサムソンとハービンジャー。過去にはオペラハウスやファルブラヴもこのコースを得意としていました。

ナスルーラ系

父:グレイソヴリン系

  • ジャングルポケット
    【12-8-15-150】連対率10.8%
  • カンパニー
    【3-1-4-18】連対率15.4%

父:レッドゴッド系

  • バゴ
    【6-4-4-27】連対率24.4%

バゴは京成杯を勝ったコマノインパルスなど冬場での好走が目立ちますが、連対率24%台とディープインパクトと変わらない数字です。ディープ産駒が平均5.1人気に対してバゴ産駒は平均7.7人気と穴でもOK。

無料情報でダービー・ヴィクトリアマイル的中!
「競馬学会」さんは毎週土日1鞍ずつ無料配信。直近の無料配信で怒涛の的中ラッシュ!

実際配信された買い目がコチラ

5/11(土)京王杯SC
3連複6-7-9 3,780円的中 6人気リナーテ入線◎
5/12(日)ヴィクトリアマイル
3連複3-4-9 35,490円的中 11人気クロコスミア入線◎



さらに日本ダービーは破格の的中!
3連複1-7-13 12,050円的中!12人気ロジャーバローズ入線◎

今週はユニコーンSor函館SSどちらかを無料配信
ここの予想は参考にする価値ありです!

⇒今週の無料買い目はコチラから
メールアドレスを登録後、確認メールからログインして下さい。

中山芝2000mが得意な母父(系統別)

※連対率順。出走数が少ない系統は省いています。

母父ではストームキャット系をはじめノーザンダンサー系が良く走っており、他系統ではエンドスウィープ、リアルシャダイ、マキャヴェリアン、キングマンボが優秀な成績。モンズーンやサッカーボーイなど重ための血統も狙い目です。

ニアークティック系

母父:ストームキャット系

  • ジャイアンツコーズウェイ
    【4-2-1-12】連対率31.6%
  • ストームキャット
    【7-8-8-39】連対率24.2%

ある程度出走数があるのはこの2頭ですが、他のストームキャット系も全体的に成績が良いです。

母父:ヌレイエフ系

  • Pivotal
    【2-0-2-6】連対率20.0%
  • Theatrical
    【2-2-0-18】連対率20.0%

母父:フェアリーキング系

  • ファルブラヴ
    【2-1-0-10】連対率23.1%
  • エリシオ
    【7-3-5-46】連対率16.4%

母父エリシオは弥生賞を勝ったサダムパテックやホープフルS2着のアドマイヤジャスタなど重賞でも活躍しています。

母父:サドラーズウェルズ系

  • Barathea
    【6-0-4-6】連対率37.5%
  • Singspiel
    【2-4-3-13】連対率27.3%
  • Sadler’s Wells
    【5-8-8-51】連対率18.1%

このコース5勝を挙げているライズトゥフェイムが母父Baratheaですが、他にも好走馬が多く穴でも狙えます。

ネイティヴダンサー系

母父:エンドスウィープ系

  • エンドスウィープ
    【5-4-1-20】連対率30.0%

母父:キングマンボ系

  • Kingmambo
    【3-4-2-23】連対率21.9%
  • キングカメハメハ
    【5-4-6-40】連対率16.4%

母父エルコンドルパサーは連対率11%台ですが、下位人気が多く一応人気通りには走っています。

母父:ミスタープロスペクター系

  • マイネルラヴ
    【1-4-1-8】連対率35.7%
  • Machiavellian
    【3-3-1-11】連対率33.3%

マキャヴェリアンはヴィクトワールピサやヴィブロスの母父です。

ロイヤルチャージャー系

母父:サンデーサイレンス系

  • アドマイヤベガ
    【3-3-2-20】連対率21.4%
  • アグネスタキオン
    【13-14-13-117】連対率17.2%
  • サンデーサイレンス
    【54-53-55-483】連対率16.6%
  • フジキセキ
    【13-6-10-86】連対率16.5%

最近ではディアドラやサートゥルナーリアの母父スペシャルウィーク、2019年の京成杯で1~3着独占の母父ディープインパクトに注目。

母父:ロベルト系

  • リアルシャダイ
    【4-9-4-20】連対率35.1%
  • シンボリクリスエス
    【6-6-4-63】連対率15.2%

母父リアルシャダイの成績が抜群です。ブライアンズタイムは連対率11%台と低めですが、重賞ではディーマジェスティやタイムフライヤーなど3勝を挙げています。

ナスルーラ系

母父:グレイソヴリン系

  • Cozzene
    【3-0-3-13】連対率15.8%
  • トニービン
    【18-14-24-165】連対率14.5%

その他の系統

母父:その他のエクリプス系

  • Monsun
    【2-5-3-16】連対率26.9%
  • シルバーチャーム
    【1-1-1-4】連対率50.0%

モンズーンはソウルスターリングの母父として有名ですが、このコースでは京成杯2着のケルフロイデや弥生賞2着のシュヴァルツリーゼなど全体的に優秀。

母父:ハンプトン系

  • Acatenango
    【2-3-1-8】連対率35.7%

母父:ファイントップ系

  • サッカーボーイ
    【7-1-3-22】連対率24.2%

中山芝2000mと相性の良い配合

※連対率順。出走数が少ない系統は省いています。

サンデーサイレンス系 × ストームキャット系

コース相性が良い配合ですが、重賞ではツクバアズマオーが中山金杯を勝ち、皐月賞でリアルスティールが2着に入ったくらいであまり多くは見かけません。

サンデーサイレンス系 × デピュティミニスター系

2~3歳重賞に特に強いのがこの組み合わせです。弥生賞はカデナ、マカヒキ、カミノタサハラ、メイショウテンゲンで4勝。ただしGⅠではちょっと足りないことが多く古馬になってからは微妙。

キングマンボ系 × サンデーサイレンス系

GⅠで強いのが特徴で皐月賞はドゥラメンテで優勝。2018年9番人気2着のサンリヴァルや2017年12番人気3着のダンビュライトなど、特に皐月賞で穴を狙うなら抑えておいた方が良い配合です。

サンデーサイレンス系 × ミスタープロスペクター系

代表はヴィクトワールピサ。タッチミーノットやディサイファなど高齢になっても活躍している産駒も見られます。ホープフルSを人気薄で好走したマイネルスフェーン、コメートなど面白いのは2~3歳戦。

サドラーズウェルズ系 × サンデーサイレンス系

近年重賞での複勝率が高いのがこの配合です。中山金杯で10番人気3着のストレンジクォークや距離不安説がありながらホープフルS、弥生賞で好走したジャンダルム、紫苑S3着のフロンテアクイーンなど紐でお勧め。

中山芝2000mと相性の良い配合(重馬場)

※稍重~不良馬場での成績を連対率順に集計。出走数が少ない系統は省いています。

サンデーサイレンス系 × ヌレイエフ系

条件戦ばかりですが、道悪時の成績は(4-3-2-7)複勝率は56.3%と非常に優秀です。比較的人気馬が多いため回収値はそれほど高くはありません。

サンデーサイレンス系 × ノーザンダンサー系

他の小系統に属さないノーザンダンサー系というのはそれほど多くはありませんが、常総Sを勝ったタムロスカイ(母父セクレト)がこの配合。

キングマンボ系 × サンデーサイレンス系

上でも紹介した皐月賞2着のサンリヴァルなど、道悪になると連対率23.3%と成績が一段階アップします。

関連リンク


的中率抜群のコラボ@指数を使ってみよう!
前半1~6R+指定重賞は無料公開
指数6位以内or指数値30以下の馬に注目
⇒無料指数はコチラから

この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2019 All Rights Reserved.