JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

東京芝1600mに強い血統|系統別成績と相性が良い配合

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。


東京芝1600mに強い血統の分析です。
過去10年分のレースを対象に系統別の成績、配合別の成績などをまとめています。

系統の分類について(画像リンク)
系統分類はTargetの基本配色を元にしています。血統以外のコースデータは下記リンクで分析しています。

東京芝1600m 種牡馬系統別の成績

※連対率順。出走数が少ない系統は省いています。

能力差が出やすいコースでサンデー系ではディープインパクト、他系統でもルーラーシップロードカナロア、クロフネなどリーディング上位種牡馬が強いのが特徴です。

ロイヤルチャージャー系

父:サンデーサイレンス系

  • ディープインパクト
    【96-80-65-403】連対率27.3%
  • ハーツクライ
    【36-25-22-223】連対率19.9%
  • トーセンファントム
    【4-1-2-19】連対率19.2%
  • ダノンシャンティ
    【2-5-5-26】連対率18.4%
  • ダイワメジャー
    【39-24-31-249】連対率18.4%

サンデー系の中でもディープインパクトは断トツの成績。ハーツクライ、ダイワメジャーは安定していますがネオユニヴァース、マツリダゴッホ、ブラックタイドあたりは連対率10%前後と平均以下。

父:ロベルト系

  • シンボリクリスエス
    【27-24-22-198】連対率18.8%

ロベルト系はシンボリクリスエス以外は苦戦しており、タニノギムレットやスクリーンヒーローは連対率10%前後です。

父:ヘイロー系

  • ロージズインメイ
    【10-5-6-103】連対率12.1%

ネイティヴダンサー系

父:キングマンボ系

  • ルーラーシップ
    【8-8-4-41】連対率26.2%
  • ロードカナロア
    【10-7-6-45】連対率25.0%
  • キングカメハメハ
    【42-39-35-310】連対率19.0%

ルーラーシップ、ロードカナロアは全体的に父キングカメハメハよりも成績が良いです。

父:フォーティナイナー系

  • トワイニング
    【2-1-1-8】連対率25.0%

父:エンドスウィープ系

  • アドマイヤムーン
    【6-14-10-127】連対率19.1%

父:ミスタープロスペクター系

  • アグネスデジタル
    【4-5-8-53】連対率9.3%

エンドスウィープ系やミスプロ系は勝率が低く、2~3着までが多いのが特徴です。

ニアークティック系

父:デピュティミニスター系

  • クロフネ
    【16-19-8-133】連対率19.9%

デピュティミニスター系はほぼクロフネ産駒ですがGⅠも3勝を挙げておりコース適性は優秀です。

父:サドラーズウェルズ系

  • kitten’s Joy
    【3-0-0-4】連対率42.9%
  • Frankel
    【1-1-1-5】連対率25.0%
  • ローエングリン
    【4-12-3-58】連対率24.7%
  • メイショウサムソン
    【7-8-4-57】連対率19.7%

安田記念でモーリスを破ったロゴタイプやヴィクトリアマイルで2着に入ったデンコウアンジュなど、穴で面白いのがサドラーズウェルズ系。

父:ストームキャット系

  • ヨハネスブルグ
    【3-5-4-47】連対率13.6%

父:ダンジグ系

  • Sea The Stars
    【3-3-1-3】連対率60.0%
  • Redoute’s Choice
    【3-0-1-7】連対率27.3%
  • ハービンジャー
    【8-5-12-67】連対率14.1%

シーザスターズはほぼエンジニア1頭での成績。

父:リファール系

  • キングヘイロー
    【11-5-10-103】連対率11.5%

ナスルーラ系

父:プリンスリーギフト系

  • ショウナンカンプ
    【3-1-0-18】連対率18.2%

父:ボールドルーラー系

  • Tapit
    【2-1-0-5】連対率37.5%
  • Malibu Moon
    【1-1-1-2】連対率40.0%

パイロ産駒は31回の出走で1着がありません。

父:レッドゴッド系

  • バゴ
    【2-7-1-59】連対率13.0%

父:グレイソヴリン系

  • ジャングルポケット
    【13-16-17-180】連対率12.8%

その他の系統

父:その他のエクリプス系

  • ノヴェリスト
    【2-3-6-20】連対率16.1%

秋G1シーズンはここのサイト! 京都大賞典も3連単117万馬券的中!



京都大賞典は11番人気ドレッドノータス◎117万馬券的中!!
回収率は10000%です!点数の少なさがものすごい!シリウスSも44万馬券→回収率4,000%

直近の無料予想も的中の嵐!
9/22阪神12R 12-16 5000円→18600円
9/21大阪スポーツ杯 4-8 5000円→16400円
9/28阪神8R 1-5-6 5000円→28000円

GLORIAのおすすめはコチラ↓
○重賞厳選無料買い目
○連続的中の【Gプレミオ】


菊花賞+3鞍の無料予想を受け取る(無料)
(無料買い目は前日夜22時頃に配信)
↑無料メール登録で前日夜に重賞の買い目が確認できます。返信メール内のURLクリックで登録完了!

東京芝1600m 母父系統別の成績

※連対率順。出走数が少ない系統は省いています。

全体的にノーザンダンサー系の成績が良いコースですが、その中でもエリシオファルブラヴなどのフェアリーキング系やストームキャットが優秀な成績。

ニアークティック系

母父:フェアリーキング系

  • Fairy King
    【4-4-2-6】連対率50.0%
  • ファルブラヴ
    【4-4-5-22】連対率22.9%
  • エリシオ
    【6-9-4-53】連対率20.8%

母父フェアリーキング系は上記3頭が殆どですが、どの母父も安定しています。

母父:ストームキャット系

  • Storm Cat
    【17-13-8-85】連対率24.4%
  • タバスコキャット
    【2-2-1-17】連対率18.1%

母父ストームキャットは安田記念のサトノアラジンなど重賞でも安定しています。ジャイアンツコーズウェイは人気薄での3着が目立ちますが26回の出走で連対0。

母父:デピュティミニスター系

  • フレンチデピュティ
    【16-15-16-122】連対率18.3%
  • クロフネ
    【11-10-7-94】連対率17.2%
  • デピュティミニスター
    【2-3-4-24】連対率15.2%

母父:ダンジグ系

  • Oratorio
    【3-3-1-2】連対率66.7%
  • Cape Cross
    【3-1-0-9】連対率30.8%
  • Rock of Gibraltar
    【3-0-1-7】連対率27.3%
  • Grand Lodge
    【2-3-3-11】連対率26.3%
  • Danehill
    【2-9-4-32】連対率23.4%

ダンジグ系は内国産の母はイマイチですが、海外産の母はよく走ります。

母父:カーリアン系

  • Sevres Rose
    【3-2-0-9】連対率35.7%
  • マリエンバード
    【1-1-1-7】連対率20.0%
  • Caerleon
    【11-5-6-70】連対率17.4%

母父:ヌレイエフ系

  • Pivotal
    【2-6-0-9】連対率47.1%
  • Zilzal
    【1-3-4-6】連対率28.6%

ヌレイエフ系は下級条件ではそれなりに走りますが重賞で好走したのは母父Gold Awayのミッキークイーンのみ。

母父:ノーザンテースト系

  • アンバーシャダイ
    【1-5-4-23】連対率18.2%

母父:サドラーズウェルズ系

  • Sholokhov
    【2-3-0-1】連対率83.3%
  • Galileo
    【1-1-1-5】連対率25.0%
  • Sadler’s Wells
    【4-5-4-38】連対率17.6%
  • オペラハウス
    【5-4-3-43】連対率16.4%

母父:リファール系

  • ホワイトマズル
    【8-5-8-76】連対率13.4%

ネイティヴダンサー系

母父:ミスタープロスペクター系

  • キンググローリアス
    【2-3-1-11】連対率29.4%
  • Smart Strike
    【2-2-2-9】連対率26.7%
  • Unbridled’s Song
    【7-3-4-26】連対率25.0%
  • Machiavellian
    【7-1-1-28】連対率21.6%
  • ウォーエンブレム
    【2-1-3-9】連対率20.0%
  • Woodman
    【6-7-3-53】連対率18.8%
  • Seeking the Gold
    【6-4-2-42】連対率18.5%
  • アグネスデジタル
    【3-4-1-32】連対率17.5%

母父ミスプロ系はロジクライやヴィルシーナなど重賞でもキッチリ勝ち切る力があります。

母父:キングマンボ系

  • キングカメハメハ
    【10-5-9-58】連対率18.3%
  • Kingmambo
    【7-6-4-81】連対率13.3%

母父エルコンドルパサーは連対率8%前後とイマイチ。

母父:フォーティナイナー系

  • フォーティナイナー
    【2-9-5-79】連対率11.6%

複勝率は悪くありませんが、母父フォーティナイナー系は1着より2~3着が多いのが特徴です。

母父:エンドスウィープ系

  • スウェプトオーヴァーボード
    【1-1-1-11】連対率14.3%

ロイヤルチャージャー系

母父:サーゲイロード系

  • ニホンピロウイナー
    【4-5-0-22】連対率29.0%

産駒数は少ないですが、安田記念2着のヴァンセンヌが母父ニホンピロウイナーです。

母父:サンデーサイレンス系

  • ディープインパクト
    【4-4-4-33】連対率17.8%
  • ネオユニヴァース
    【3-6-2-40】連対率17.6%
  • サンデーサイレンス
    【80-81-82-670】連対率17.6%
  • アドマイヤベガ
    【7-2-4-39】連対率17.3%

初期サンデー産駒のダンスインザダーク、フジキセキは連対率10%前後。

母父:ヘイロー系

  • More Than Ready
    【2-2-1-4】連対率44.4%

母父:ロベルト系

  • サニーブライアン
    【3-1-1-16】連対率19.0%
  • Silver Hawk
    【3-3-1-29】連対率16.7%
  • シンボリクリスエス
    【6-9-3-76】連対率16.0%

ナスルーラ系

母父:ボールドルーラー系

  • Tapit
    【3-1-1-0】連対率80.0%
  • Big Shuffle
    【1-3-1-8】連対率30.8%
  • A.P.Indy
    【4-6-2-39】連対率19.6%

母父:プリンスリーギフト系

  • サクラバクシンオー
    【11-7-4-107】連対率14.0%

母父:グレイソヴリン系

  • Highest Honor
    【1-2-2-13】連対率16.7%
  • Cozzene
    【1-4-2-27】連対率14.7%
  • トニービン
    【25-21-35-232】連対率14.7%

その他の系統

母父:その他のエクリプス系

  • Monsun
    【3-5-5-19】連対率25.0%

母父:ハンプトン系

  • Acatenango
    【4-3-4-16】連対率25.9%

母父:ヘロド系

  • Indian Ridge
    【2-3-1-7】連対率38.5%
  • ドクターデヴィアス
    【4-2-4-18】連対率21.4%

東京芝1600m 相性の良い配合

※連対率順。出走数が少ない系統は省いています。

サンデーサイレンス系 × ネイティヴダンサー系

勝率が非常に高い配合で、東京新聞杯などを勝ったリスグラシューなど上位人気でキッチリ勝っていますが穴狙いはあまりお勧めできません。

デピュティミニスター系 × サンデーサイレンス系

アエロリット、クラリティスカイ、ホエールキャプチャと全て父クロフネですが重賞・GⅠでの成績が抜群に良いのがこの配合。重賞成績は(6-7-1-22)連対率36.1%と圧倒的です。

サンデーサイレンス系 × ストームキャット系

ディープインパクト×ストームキャットは相性の良い組み合わせとして有名でサトノアラジン、ショウナンマイティが安田記念で好走している他、父ハーツクライのキャットコインなどもこの配合。

サンデーサイレンス系 × ミスタープロスペクター系

アベレージは高くはありませんが、ケイアイノーテックやアドマイヤリード、ヴィルシーナなど重賞になると人気薄でも突っ込んでくることが多く回収値が高め。

サンデーサイレンス系 × フェアリーキング系

ヴィクトリアマイルを勝ったジュールポレールの他にもワントゥワンやマーブルカテドラルなど牝馬に活躍馬が多い配合。牡馬はサダムパテックがいますがこのコースでは全く走りませんでした。

東京芝1600m 相性の良い配合(重馬場)

※稍重~不良馬場での成績を連対率順に集計。出走数が少ない系統は省いています。

サンデーサイレンス系 × フェアリーキング系

稍重のヴィクトリアマイルを勝ったジュールポレールの他にも人気薄での好走が目立ち、回収値は非常に優秀です。やはり牡馬よりも牝馬の方が全体的に走ります。

サンデーサイレンス系 × ヘロド系

稍重の500万下でエンジニア、ムーンクエイクらを相手に上がり最速で勝ったグレーターロンドンがこの配合。馬場が渋っても末脚が鈍らないのが特徴です。

グレイソヴリン系 × デピュティミニスター系

1600万の多摩川Sを勝ったショウナンアンセムなど、この配合に限らず父母どちらかがナスルーラ系の馬は良馬場よりも馬場が渋った方が馬券になりやすい傾向があります。

関連リンク



この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

Copyright© 重賞ナビ , 2019 All Rights Reserved.

テキストのコピーはできません。