カペラステークス予想|過去の傾向とデータ分析

G3
カペラステークス【GⅢ】
2021/12/12(日)
中山競馬場・ダート1200m

過去8年分のカペラSのデータを軸に、過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬・除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎昨年も年末年始で重賞3連勝!


有馬記念3連複73.7倍×400円=29,480円
ホープフルS3連複19.0倍×400円=7,600円
中山金杯3連複18,300円×400円=73,200円

有馬記念・中山金杯ではそれぞれ11番人気のサラキア、ウインイクシードを2列目に入れる慧眼!
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

3連複的中率:62%(21戦13勝)
獲得総額:277,890円
収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

カペラS 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 モズスーパーフレア
2番人気 リュウノユキナ
3番人気 ダンシングプリンス
4番人気 オメガレインボー
5番人気 デュアリスト

参考:netkeiba.com

予想オッズではJBCスプリントで3着に粘ったモズスーパーフレアが1番人気。今年地方交流重賞で2勝を挙げているリュウノユキナ、休養明けですが昨年の3着馬ダンシングプリンスが2~3番人気に推されています。

他ではエルムS、武蔵野Sと重賞で好走が続くオメガレインボー、室町Sを快勝したデュアリスト、3月の千葉Sでは2馬身半差の圧勝だったアポロビビなどが続きます。

カペラS コース&血統分析

中山ダート1200mの特徴

向こう正面奥の芝コースからスタート。コーナーまでは500mで緩やかな下り坂が続いています。スタート後長く芝コースを走れる外枠が有利ですが、ハイペースになることも多く展開次第で前が総崩れになることもあります。

重賞ナビ

中山競馬場・ダート1200mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、中…

カペラS 父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【3-2-4-25】
  • デピュティミニスター系【2-0-0-08】
  • ストームキャット系【1-0-0-7】
  • ステイゴールド系【1-0-0-0】
  • キングカメハメハ系【0-2-0-5】

ダートの短距離戦ということで海外ダート血統が強そうなイメージはありますが、全体的にサンデー系の成績が良くキングカメハメハ系を除くミスプロ系は(0-0-3-19)と3着まで。またノーザンダンサー系で好走したのは4頭いましたがいずれも当日3番人気以内でした。

一方ボールドルーラー系は出走数は多いものの(0-0-0-18)。2019年1番人気のゴールドクイーンのようにコース実績のある人気馬もいましたが不振。

カペラS 母父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【2-3-2-21】
  • ミスタープロスペクター系【2-1-2-15】
  • デピュティミニスター系【1-2-0-11】
  • ニアークティック系【1-0-0-2】
  • ストームキャット系【1-0-0-6】

ノーザンダンサー系の勝率がやや高めですが複勝率ではそれほど差はありません。血統表ではデピュティミニスター、ストームキャット、ヌレイエフあたりを持つ馬が狙い目です。

カペラS 傾向データ①

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠4-0-1-1125.0%31.3%
2枠0-0-1-150.0%6.3%
3枠0-0-0-150.0%0.0%
4枠1-1-1-136.3%18.8%
5枠0-0-1-150.0%6.3%
6枠0-5-1-100.0%37.5%
7枠2-1-2-1112.5%31.3%
8枠1-1-1-136.3%18.8%

内外極端な枠の成績が良く2~5枠は複勝率が低めです。1枠1番は12番人気のダノンレジェンド、6番人気のノーザンリバーが優勝するなど(3-0-1-4)と抜群の成績で人気薄でも注意。

馬番データ

  • 偶数馬番【3-3-6-52】
  • 奇数馬番【5-5-2-51】

馬番では上で挙げた1番以外では12番が(0-3-1-4)、14番が(1-0-2-5)。

4番人気以下

  • 1番【2-0-0-4】
  • 2~10番【0-1-0-58】
  • 11~16番【2-4-3-29】

当日4番人気以下で好走しているのは馬番1番か11番以降。唯一2着に入ったのは集計した中では最も古い2013年のスノードラゴン。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ2-1-0-525.0%37.5%
先行2-1-1-266.7%13.3%
差し2-3-5-394.1%20.4%
追込2-3-2-335.0%17.5%

基本的に前傾ラップで最後1ハロンは坂もありラップが大きく落ちます。そのため差し・追い込みが決まりやすいコースですが、逃げ馬もよく馬券に絡んでいます。

前走4角位置(当日6番人気以下)

  • 6番手以内【2-4-2-53】
  • 7番手以下【0-0-1-22】

人気馬は前走での位置取りは不問ですが人気薄はある程度前目につけていた馬が狙い目。

前走上がり3F(前走JRAのみ)

  • 1~3位【3-2-1-14】
  • 4~5位【1-0-3-12】
  • 6位以下【2-3-2-50】

前走1200m+上がり6位以下は(0-1-1-29)。好走した2頭は同年に1200mのオープンクラスで1着になった実績がありました。

サダムスキャット、スナークスター、ディサーニング、トウカイエトワール、ミスズグランドオー、ミッキーブリランテ、メイショウテンスイが前走1200mで上がり6位以下+オープンクラスの1200m勝ちの実績無し。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-0-0-10.0%0.0%
440-4591-0-0-811.1%11.1%
460-4791-1-1-175.0%15.0%
480-4994-2-1-2512.5%21.9%
500-5192-5-4-314.8%26.2%
520-0-0-2-210.0%8.7%

直近5年間では480kg未満が(0-0-0-19)、480~519kgが(5-5-3-32)、520kg以上が(0-0-2-14)。520kg以上で3着に入った2頭は当日2番人気でした。

有力馬ではオメガレインボー、アポロビビが前走時480kg未満でした。

前走との馬体重差

  • +体重【2-6-6-45】
  • 増減無【1-1-1-14】
  • -体重【5-1-1-43】

前走との斤量差

  • +斤量【2-3-2-23】
  • 増減無【5-1-3-34】
  • -斤量【1-4-3-46】

カペラS自体は別定戦ですが、前走と同斤量だった馬の勝率が高く斤量減になる馬は2~3着までが多いのが特徴です。

カペラS 傾向データ②

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気1-1-1-512.5%37.5%
2番人気1-1-4-212.5%75.0%
3番人気2-1-0-525.0%37.5%
4-6番人気3-1-1-1912.5%20.8%
7-9番人気0-3-2-190.0%20.8%
10番人気-1-1-0-531.8%3.6%

最も安定しているのは2番人気馬で5年連続で3着以内に入っています。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦1-2-2-243.4%17.2%
栗東7-5-4-698.2%18.8%
地方0-1-2-100.0%23.1%

関東馬の出走は多くなく、成績・回収値共に関西馬がやや優勢です。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
3歳2-0-0-340.0%40.0%
4歳4-2-1-1915.4%26.9%
5歳1-3-3-292.8%19.4%
6歳1-2-1-233.7%14.8%
7歳-0-1-3-290.0%12.1%

高齢馬でも馬券には絡んでいますが勝ち切っているのは若い馬が多く、回収値でも3~4歳馬が優秀です。

騎手データ

  • 継続騎乗【1-3-6-22】
  • 乗り替わり【7-5-2-81】

同日に阪神JF、香港国際競走があるため乗り替わりが多いレースですが複勝率では継続騎乗組が優勢。

カペラS 前走データ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ0-0-1-50.0%16.7%
GⅡ0-0-0-10.0%0.0%
GⅢ1-0-1-711.1%22.2%
オープン4-5-3-536.2%18.5%
3勝1-0-1-117.7%15.4%
地方2-3-2-246.5%22.6%

重賞なら武蔵野SかJBCスプリント組、オープン特別組はオータムリーフSや霜月S組が好相性。

室町S組は出走数の割に成績はイマイチですが昨年のレッドルゼル、一昨年のシュウジと2年連続で好走馬を輩出しています。ただ今年は京都ではなく阪神で行われているので注意。

主な前走

  • JBCスプリント【2-2-2-6】
  • オータムリーフS【2-1-1-14】
  • 霜月S【1-1-1-12】
  • 武蔵野S【1-0-1-2】
  • 室町S【0-1-1-17】

前走距離

  • 1200m【3-5-4-61】
  • 1400m【4-3-3-33】
  • 1600m【1-0-1-4】

前走場所

  • 東京【2-1-2-17】
  • 中山【0-0-1-2】
  • 京都【4-3-3-50】
  • 阪神【0-0-0-4】
  • 新潟【0-1-0-1】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-0-1-1511.1%16.7%
2番人気2-3-0-1112.5%31.3%
3番人気3-0-2-1020.0%33.3%
4番人気1-1-1-710.0%30.0%
5番人気0-0-2-70.0%22.2%
6-9番人気0-4-1-280.0%15.2%
10番人気-0-0-1-220.0%4.3%

前走で上位人気だった馬の複勝率が高く、前走6番人気以下での好走は前走で人気を大きく上回る着順か前走がGⅠだった馬が殆どです。

前走1200m

  • 3番人気以内【3-2-3-22】
  • 4番人気以下【0-3-1-37】

アポロビビ、サダムスキャット、ダンシングプリンス、ディサーニング、デュアリスト、ミスズグランドオーが前走1200mで3番人気以内。

前走1400m

  • 4番人気以内【4-2-1-12】
  • 5番人気以下【0-1-2-21】

モズスーパーフレア、リュウノユキナが前走1400mで4番人気以内。

前走オープン特別

  • 4番人気以内【4-3-1-20】
  • 5番人気以下【0-2-2-29】

アポロビビ、サダムスキャット、ダンシングプリンス、デュアリストが前走オープン特別で4番人気以内。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着3-2-2-2110.7%25.0%
2着1-2-0-107.7%23.1%
3着0-0-4-50.0%44.4%
4着0-1-0-70.0%12.5%
5着2-0-0-433.3%33.3%
6-9着2-2-0-208.3%16.7%
10着-0-1-2-340.0%8.1%

前走下位からの巻き返しは人気馬か実績馬に多く、前走6着以下から優勝した2頭は昨年のジャスティン、2016年のノボバカラとどちらも同年に重賞勝ちがある4歳馬でした。。

前走1200m

  • 3着以内【2-4-3-25】
  • 4着以下【1-1-1-36】

前走4着以下だった3頭中連対した2頭はいずれも前走がJBCスプリントでした。ただし今年のJBCスプリントは1400m。ダンシングプリンス、ディサーニング、デュアリスト、ミスズグランドオーが前走1200mで3着以内。

前走1400m

  • 5着以内【4-1-3-12】
  • 6着以下【0-2-0-20】

ゲンパチフォルツァ、ミッキーワイルド、モズスーパーフレア、リュウノユキナが前走1400mで5着以内。

前走オープン特別

  • 5着以内【4-3-2-18】
  • 6着以下【0-2-1-34】

ゲンパチフォルツァ、ダンシングプリンス、デュアリスト、ミッキーワイルドが前走オープン特別で5着以内。

カペラS データまとめ

買いデータ

父サンデー系
馬体重480~519kg
2番人気馬
前走1200mで3番人気+3着以内
前走1400mで4番人気+5着以内
前走オープン特別で4番人気+5着以内

消しデータ

当日4番人気以下+馬番2~10番
当日6番人気以下+前走4角7番手以下
前走1200m+上がり6位以下
馬体重480kg未満

カペラS 予想

1週前の登録時点での予想です
◎リュウノユキナ
○デュアリスト
▲ダンシングプリンス
△モズスーパーフレア
△ゲンパチフォルツァ
△アポロビビ

リュウノユキナは1400mのJBCスプリントでは敗れましたが1200mならオープン特別・地方で8戦連続連対。特に1月のジャニュアリーSでは6馬身差の圧勝でした。血統や馬格も問題なく、柴田善騎手が騎乗できなさそうな点は気がかりですが乗り替わりの優勝が多いレースなのでデータ的にはそこまで気になりません。

デュアリストは父サンデー系や500kg前後の馬格、関西馬であることなど大きな割引き要素はありません。初の中山遠征など未知の部分はありますが昨年2着のレッドルゼルを管理する安田厩舎、コース成績上位の戸崎騎手は魅力的です。

ダンシングプリンスは休み明けですが昨年3着などコース実績は豊富。ミスプロ系は3着までが多くモズスーパーフレアとのハナ争いも厳しくなりそうですが、状態が問題なければ前半3Fが32秒台にでもならない限り大崩れは考えづらいです。

モズスーパーフレアはローテとしては悪くありませんがJRAのダートは初めて。地方であれだけ走れたら逃げ切りも十分考えられます。ここで引退との報もあり、この馬はコースや馬場関係なく自分の競馬をするだけ。

他はデータ的に推しづらい馬が多いですが、霜月Sで5着に粘ったゲンパチフォルツァ、馬格がネックですがコース実績のあるアポロビビ。特に人気薄は枠順(馬番)が重要なのでこの辺りは枠次第で。

テキストのコピーはできません。