CBC賞予想|過去の傾向とデータ分析

CBC賞【GⅢ】
2020/7/5(日) 阪神競馬場・芝1200m

過去8年分のデータ分析と予想です。
※1週前予想なので回避馬が含まれる場合があります。

今年は秋の京都改修の影響で、中京競馬場ではなく阪神芝1200mで行われます。項目によって過去8年のCBC賞のデータ、また阪神芝1200mのデータの分析を行なっているので参考データとしてご覧ください。

それでは2020年CBC賞のデータ分析を行なっていきます。

◎2020年実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
色々なサイトの無料予想をチェックしましたが、重賞の無料予想ではここが断トツ!

昨年ラストも有馬記念、ホープフルSダブル的中!
そして中山金杯も3連複73,200円的中!



◎有馬記念:3連複73.7倍×400円=29,480円
◎ホープフルS:3連複19.0倍×400円=7,600円
◎中山金杯:3連複183.0倍×400円=73,200円

◆2020年G1実績(無料買い目)


◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
少額で楽しむライトユーザーにもお勧めできるサイトです。

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目が確認出来ます。

CBC賞 登録馬

予想オッズでは前走高松宮記念は降着になったものの能力の高さを見せたクリノガウディーが1番人気。2番人気にはシルクロードS優勝馬アウィルアウェイ、3番人気には昨年のCBC賞優勝馬レッドアンシェルが推されています。

以下1勝クラスから3連勝中のディープ産駒ミッキースピリット、同コースのセントウルS3着の実績があるイベリス、近走の成績が安定しているタイセイアベニールなどが続いています。

CBC賞 コース分析

阪神芝1200m(過去8年・オープンクラス)を集計

阪神芝1200mの特徴

阪神芝1200mは内回りコースを使用。スタート後すぐコーナーを迎えますが、残り200mまでは緩やかな下り坂が続くためスピードが出やすく外差しが決まる事も多いコースです。

真ん中から内寄りが若干有利ですが、開催が進むに連れて内側が荒れやすいため内枠が常に有利にはなりません。直線は357mで最後に急坂が待ち構えています。

種牡馬系統別データ

  • キングマンボ系【4-3-1-11】
  • エンドスウィープ系【4-2-0-10】
  • サンデーサイレンス系【2-5-7-47】
  • ミスタープロスペクター系【1-1-2-16】
  • ストームキャット系【1-1-1-11】

エンドスウィープ系はほぼアドマイヤムーン、キングマンボ系はキングカメハメハやロードカナロアの成績が良く、全体的にミスプロ系が強いコースです。

サンデー系は2~3着が多く、唯一上に挙げた種牡馬と遜色ない成績を残しているのがダイワメジャー。また性別で見るとサンデー系の牡馬は(0-1-5-29)、牝馬は(2-5-3-28)

母父別系統別データ

  • サンデーサイレンス系【4-2-2-34】
  • ネヴァーベンド系【3-0-0-0】
  • ミスタープロスペクター系【2-2-2-30】
  • グレイソヴリン系【2-1-2-6】
  • プリンスリーギフト系【1-1-0-3】
  • ストームキャット系【0-2-2-5】

母系ではナスルーラ系が複勝率45%という成績で、馬場の違いはありますがセントウルSを勝ったファインニードル、タワーオブロンドンは母父ネヴァーベンド系。

ノーザンダンサー系ではストームキャット系やフェアリーキング系はまずまずですが、デピュティミニスター系は(0-1-1-10)、ダンジグ系は(0-1-0-13)と不振。

コースデータ

重賞ナビ

阪神競馬場・芝1200mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、阪神芝…

CBC賞 傾向データ①

阪神芝1200m(過去8年・オープンクラス)を集計

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠2-1-1-1411.1%22.2%
2枠2-1-2-169.5%23.8%
3枠2-2-2-169.1%27.3%
4枠1-1-3-204.0%20.0%
5枠5-3-0-1720.0%32.0%
6枠0-1-1-240.0%7.7%
7枠0-3-2-210.0%19.2%
8枠2-2-3-197.7%26.9%

枠順では5枠の成績がやや抜けて見えますが、馬番で見ると4~7番の成績が良いのが特徴です。

また1週前の水無月S(3勝クラス)では掲示板の5頭中4頭が1~3枠。連続開催や時期的にも時計がかかっているので当週の枠の傾向には注意。

馬番データ

  • 偶数枠【5-7-9-70】
  • 奇数枠【9-7-5-77】

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ4-2-2-628.6%57.1%
先行6-6-4-3412.0%32.0%
差し3-4-6-544.5%19.4%
追込1-2-2-531.7%8.6%

完全に前有利な傾向です。再度水無月Sの例になりますが、ラスト2Fで11.4→12.4秒とラップが大きく落ちましたが上位3頭は4角好位の馬でした。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-2-2-80.0%33.3%
440-4592-1-0-218.3%12.5%
460-4796-5-4-4310.3%25.9%
480-4993-3-5-405.9%21.6%
500-5192-2-2-256.5%19.4%
520-1-1-1-107.7%23.1%

人気馬はそれほど馬格の影響はありませんが、人気薄は460~479kgの成績が良く回収値も高め。

前走との馬体重差

  • +体重【8-5-7-71】
  • 増減無【2-4-0-19】
  • -体重【4-5-7-57】

CBC賞 傾向データ②

CBC賞(中京芝1200m)過去8年分を集計

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-1-1-425.0%50.0%
2番人気3-1-2-237.5%75.0%
3番人気1-1-2-412.5%50.0%
4-6番人気2-0-0-228.3%8.3%
7-9番人気0-4-2-180.0%25.0%
10-番人気0-1-1-520.0%3.7%

ハンデ戦ですが人気馬の信頼度は高めです。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
3歳0-0-0-130.0%0.0%
4歳0-1-1-90.0%18.2%
5歳6-4-4-2316.2%37.8%
6歳2-2-3-364.7%16.3%
7歳-0-1-0-210.0%4.5%

3~4歳馬は人気しやすい反面成績は振るわず、5歳馬が非常に強いレースです。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦1-0-1-146.3%12.5%
栗東7-8-7-886.4%20.0%

関東馬の出走は多くありませんが、買えないことはありません。

騎手データ

  • 継続騎乗【3-5-5-35】
  • 乗り替わり【5-3-3-67】

複勝率では継続騎乗が2倍近い数値。5番人気以内だと差はありませんが6番人気以下だと継続騎乗が(0-3-2-24)、乗り替わりが(0-2-1-54)と継続騎乗組が優勢。

斤量データ

斤量着度数勝率複勝率
+斤量4-3-3-921.1%52.6%
増減無1-1-4-312.7%16.2%
-斤量3-4-1-624.3%11.4%

コースが違うと傾向が変わる可能性はありますが、CBC賞は前走から斤量増になる馬が非常に強いレース。特に前走GⅡ以上+斤量増だと(2-3-2-1)複勝率87.5%。

CBC賞 前走データ

CBC賞(中京芝1200m)過去8年分を集計

前走クラスデータ

前走クラス着度数勝率複勝率
GⅠ1-3-3-193.8%26.9%
GⅡ2-2-0-522.2%44.4%
GⅢ0-0-0-50.0%0.0%
オープン4-1-3-586.1%12.1%
3勝1-2-1-107.1%28.6%

前走GⅠ・GⅡ組の複勝率が高めですが、オープン特別や3勝クラス組でも特に割り引く必要はありません。

ただし前走ハンデ戦は(2-1-1-39)と複勝率が低く、好走した4頭は全て前走安土城Sでした。

主な前走

  • 安土城S【2-1-1-12】
  • 高松宮記念【1-2-3-11】
  • 彦根S【1-1-0-0】
  • 鞍馬S【1-0-2-5】

前走距離

  • 1000m【0-0-1-7】
  • 1200m【3-4-6-55】
  • 1400m【4-3-1-24】
  • 1600m【1-1-0-15】

前走場所

  • 東京【1-2-0-10】
  • 京都【5-2-3-34】
  • 阪神【1-2-1-21】
  • 中京【1-2-1-21】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-1-2-716.7%41.7%
2番人気1-0-0-516.7%16.7%
3番人気0-0-0-100.0%0.0%
4番人気1-1-0-810.0%20.0%
5番人気2-2-0-718.2%36.4%
6-9番人気1-2-3-282.9%17.6%
10-番人気1-2-2-362.4%12.2%

前走下位人気だった馬は重賞組が中心、オープン特別以下は人気馬優勢です。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着4-1-1-1123.5%35.3%
2着0-0-1-30.0%25.0%
3着0-1-1-140.0%12.5%
4着0-1-3-30.0%57.1%
5着2-0-0-918.2%18.2%
6-9着1-2-1-253.4%13.8%
10-着1-3-1-352.5%12.5%

前走下位だった馬の巻き返しも可能ですが、前走0.6秒差以上敗れていると2着まで。

前走タイム差(2着以下)

  • 0.5秒差以内【4-3-4-35】
  • 0.6秒差以上【0-4-2-54】

CBC賞 データまとめ

  • 父ミスプロ系が強く、サンデー系はダイワメジャーが好成績
  • サンデー系は牡馬△、牝馬○
  • 母父ナスルーラ系が好成績
  • 真ん中から内寄りの枠がやや優勢
  • 逃げ・先行馬有利
  • 人気馬は馬格の影響は小さく、人気薄は460~479kgが狙い目
  • 人気馬の信頼度は高め
  • 3~4歳は不振、5歳馬の成績が非常に良い
  • 6番人気以下は継続騎乗優勢
  • 前走から斤量増になる馬が強い
  • 安土城Sを除く前走ハンデ戦は割引き
  • 前走オープン特別以下は人気馬優勢
  • 前走2着以下+0.6秒差以敗れていると2着まで

◎穴馬推奨の鬼!無料コンテンツ

ここの無料情報はきっちり仕事してくれます
1月はAJCC買い目含め他重賞の穴馬対策OK!2月はフェブラリーSや幕張Sお世話になりました!
ここの無料コンテンツに穴馬の答えが書いてあります↓

無料の【買い目情報】
2/27 中山11R 幕張S
ワイド計114.8倍×300円
→34,440円獲得/回収率765%
2/21 東京11R フェブラリーS
ワイド計73.1倍×300円
→21,930円獲得/回収率487%


【穴馬の法則】実績
◆フェブラリーS 9番人気2着エアスピネル
◆日経新春杯 7番人気1着ショウリュウイクゾ
◆フェアリーS 8番人気2着ホウオウイクセル
◆朝日杯FS 7番人気1着グレナディアガーズ
無料情報で激押し推奨!穴馬の法則は必見です!

無料買い目情報もいい感じにきてます!
▼充実の無料コンテンツ
◎取材本命馬(重賞)
◎穴馬の法則(重賞)
◎過去10年データ(重賞)
◎無料買い目(毎週土日メイン中心)

メール送信、確認メールをクリック 下にスクロールし各情報チェック!もちろん無料0円なのでご安心を! ココの取材情報は必見の本格派なんです!

CBC賞 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎クリノガウディー
○ロケット
▲レッドアンシェル
★ジョイフル
△タイセイアベニール
△グランドロワ

クリノガウディーは前走降着になったものの非常に強い内容。先行馬有利なコースであることや過去の戦績からも高速馬場よりも時計のかかる馬場が合っており、今の阪神は合っていると思われます。

ロケットも同じく時計のかかる馬場や道悪を苦にしない先行馬。父サンデー系ですが牝馬なので問題なく、コース変更の影響は未知ですがこのレースで非常に強い5歳馬という点が強調できます。

レッドアンシェルは父サンデー系ですが、アクシデントのあったシルクロードSを除けば1200mではまだ底を見せていません。ジョイフルは差しタイプなだけに枠の並びや展開次第な所はありますが、タンザナイトSを勝っているようにキングズベスト産駒はコース適性○。

あとは近走安定しているタイセイアベニール、大穴でダイワメジャー産駒のグランドロワ

テキストのコピーはできません。