チャレンジカップ予想|過去の傾向とデータ分析

チャレンジカップ【GⅢ】
2020/12/5(土) 阪神競馬場・芝2000m

過去8年分のデータ分析と予想です。
※1週前予想なので回避馬が含まれる場合があります。

開催時期や距離、斤量など条件がコロコロ変わる重賞です。加えて今年は阪神の連続開催の影響で傾向が読みづらいため、代替開催の重賞と同じようにレースデータとコースデータを別々に分析しています。参考データとしてご覧頂ければ幸いです。

それでは2020年チャレンジCのデータ分析を行なっていきます。

◎2020年実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
色々なサイトの無料予想をチェックしましたが、重賞の無料予想ではここが断トツ!

昨年ラストも有馬記念、ホープフルSダブル的中!
そして中山金杯も3連複73,200円的中!



◎有馬記念:3連複73.7倍×400円=29,480円
◎ホープフルS:3連複19.0倍×400円=7,600円
◎中山金杯:3連複183.0倍×400円=73,200円

◆2020年G1実績(無料買い目)


◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
少額で楽しむライトユーザーにもお勧めできるサイトです。

今週の無料公開は
AJCC
こちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目が確認出来ます。

チャレンジC 登録馬

予想オッズでは4戦無敗で秋華賞同日の大原Sを解消したレイパパレ、新潟記念で初重賞制覇を成し遂げたブラヴァスの2頭に人気が集まっています。

3番手以下にはオールカマーで1年8か月振りの復帰を果たしたジェネラーレウーノ、七夕賞4着など中距離では安定して掲示板に載ってくるヒンドゥタイムズ、他にはロードクエストやサトノクロニクルといった所が続きます。

チャレンジC コース分析

阪神芝2000m(過去5年・3歳以上混合・オープンクラス)を集計

阪神芝2000mの特徴

阪神芝2000mは内回りコースを使用。スタート後すぐに直線の上り坂を迎えることとコーナー4つのためあまりペースは速くなりません。

直線も357mと短めなため先行力やコーナリング力、またパワーを要する馬場状態になることが多いのが特徴です。阪神芝1600m~1800mは外回りで行われるので傾向の違いには注意が必要です。

チャレンジC 種牡馬系統別データ

  • サンデーサイレンス系【16-13-12-116】
  • キングマンボ系【4-2-3-28】
  • ダンジグ系【0-2-3-9】
  • ミスタープロスペクター系【0-1-2-4】

出走数ではサンデー系が大半ですが率としてはキングマンボ系もそれほど変わりません。サンデー系ではディープインパクト、ハーツクライ、ステイゴールド、ジャスタウェイ産駒の成績が良く、キングマンボ系はキングカメハメハとルーラーシップが好成績。

ハービンジャー産駒は2~3着までが多く、相性が悪いのはサドラーズウェルズ系とロベルト系。

チャレンジC 母父別系統別データ

  • サンデーサイレンス系【5-5-6-47】
  • ミスタープロスペクター系【4-3-1-22】
  • ロベルト系【2-1-5-25】
  • グレイソヴリン系【2-1-0-14】
  • ストームキャット系【1-2-2-6】

大系統だとナスルーラ系の複勝率が高めです。ストームキャット系は複勝率は優秀ですが鳴尾記念のラヴズオンリーユー、大阪杯のダノンキングリーなどやや勝ちきれない部分も。

個別ではサンデーサイレンス、アンブライドルズソング、クロフネ、ストームキャット、ダンスインザダークあたりが好成績。レイパパレが母父クロフネ、ナイママが母父ナスルーラ系です。

コースデータ

重賞ナビ

阪神競馬場・芝2000mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、阪神芝…

チャレンジC 傾向データ①

阪神芝2000m(過去5年・3歳以上混合・オープンクラス)を集計

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠2-0-1-218.3%12.5%
2枠0-2-2-210.0%16.0%
3枠4-3-3-1913.8%34.5%
4枠3-3-5-1810.3%37.9%
5枠1-1-3-302.9%14.3%
6枠2-6-5-265.1%33.3%
7枠6-3-2-3114.3%26.2%
8枠4-4-1-339.5%21.4%

内の1~2枠の成績が低く出ていますが対象にしているレースが小頭数になることが多く、ほぼ1~2枠=馬番1~2番となっています。馬番では3~8番の成績が安定していますが、今年は連続開催なので内側が荒れているようなら割引きたいところです。

馬番データ

  • 偶数枠【6-15-14-94】
  • 奇数枠【16-7-8-105】

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ2-4-1-159.1%31.8%
先行12-6-7-5215.6%32.5%
差し5-8-11-655.6%27.0%
追込2-3-3-652.7%11.0%
マクリ1-1-0-225.0%50.0%

内回りコースで直線が短いため先行馬の成績が安定しています。ただ2週前のアンドロメダSでは優勝したアドマイヤビルゴ含め3着以内は4角6~9番手の差し決着となっています。

前走4角位置

  • 4番手以内【15-11-8-87】
  • 5番手以下【7-10-14-106】

対象のレースは鳴尾記念や大阪杯、若葉Sなどバラバラですが、優勝馬は前走で先行していた馬が多く、前走4角位置が後ろになるほど今回も届かないことが多いのが特徴で、前走上がり順位も不問です。

有力馬ではジェネラーレウーノ、レイパパレの2頭が前走4角4番手以内。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4392-0-1-622.2%33.3%
440-4591-3-5-173.8%34.6%
460-4797-5-6-4910.4%26.9%
480-4994-6-5-575.6%20.8%
500-5194-4-5-496.5%21.0%
520-4-4-0-2113.8%27.6%

それほど馬格の影響はありませんが、人気サイドに絞ると複勝率が高いのは460~479kg。

チャレンジC 傾向データ②

チャレンジC(阪神芝1800m・2000m)過去8年分を集計

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-0-0-537.5%37.5%
2番人気2-2-1-325.0%62.5%
3番人気0-0-1-70.0%12.5%
4-6番人気2-4-2-168.3%33.3%
7-9番人気1-3-0-204.2%16.7%
10-番人気0-0-3-440.0%6.3%

ハンデ戦と別定戦が混在しているので表自体はあまりアテになりません。現在の条件になってからの3年間の3着以内9頭中8頭は当日5番人気以内なので、人気サイドはまずまず安定しています。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
3歳4-0-2-1321.1%31.6%
4歳2-2-2-207.7%23.1%
5歳2-3-0-246.9%17.2%
6歳0-2-2-170.0%19.0%
7歳-0-2-1-210.0%12.5%

3歳馬の勝率が高く、ステイフーリッシュ、サトノクロニクル、ブレスジャーニーと近年は前走菊花賞から挑む3歳馬がよく馬券に絡んでいます。

キャリアデータ

  • 10戦以下【4-1-3-10】
  • 11~15戦【2-0-0-15】
  • 16~20戦【1-4-1-10】
  • 21戦以上【1-4-3-60】

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦1-0-3-135.9%23.5%
栗東7-9-4-816.9%19.8%

関東馬の出走は多くありませんが昨年ブレイステイキングが3着。また10番人気ゴーフォザサミットが5着など人気以上に好走する例も多く、特に関東馬という理由で切る必要はありません。

騎手データ

  • 継続騎乗【2-0-3-35】
  • 乗り替わり【6-9-4-60】

GⅠの裏になるため有力馬が乗り替わりになることが多く、当日3番人気以内+継続騎乗は(0-0-1-7)、乗り替わりが(5-2-1-8)

生産者データ

  • ノーザンF【3-4-2-26】
  • 社台F【1-1-1-9】

サトノクロニクル、ヒンドゥタイムズ、ブラヴァス、レイパパレがノーザンF生産馬。

チャレンジC 前走データ

チャレンジC(阪神芝1800m・2000m)過去8年分を集計

前走クラスデータ

前走クラス着度数勝率複勝率
GⅠ2-0-3-169.5%23.8%
GⅡ1-1-0-810.0%20.0%
GⅢ2-3-1-217.4%22.2%
オープン2-3-1-414.3%12.7%
3勝1-2-2-78.3%41.7%

現在の条件になってからは菊花賞組が好成績ですが、直近3年間でも前走3勝クラス~GⅠまで幅広く好走馬が出ているので前走クラスは不問。

また直近3年の優勝馬はロードマイウェイ(ポートアイランドS)、エアウィンザー(カシオペアS)、サトノクロニクル(菊花賞)といずれも前走は外回りコース。

主な前走

  • 菊花賞【2-0-2-2】
  • 福島記念【1-2-1-13】
  • カシオペアS【1-1-1-13】
  • 富士S【1-0-0-2】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気3-3-1-918.8%43.8%
2番人気2-0-0-722.2%22.2%
3番人気0-2-0-70.0%22.2%
4番人気0-1-0-80.0%11.1%
5番人気1-1-0-416.7%33.3%
6-9番人気1-2-4-282.9%20.0%
10-番人気1-0-2-303.0%9.1%

前走上位人気馬が優勢。昨年の1~3着馬は前走クラスはバラバラですがいずれも前走1番人気でした。今年はヒンドゥタイムズ、レイパパレが前走1番人気。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着3-5-2-1313.0%43.5%
2着0-1-0-70.0%12.5%
3着0-1-0-50.0%16.7%
4着1-0-0-811.1%11.1%
5着1-0-1-810.0%20.0%
6-9着2-2-2-256.5%19.4%
10-着1-0-2-273.3%10.0%

前走オープン特別以下は1着馬優勢、重賞組は着順不問です。

前走オープン特別以下

  • 1着【3-4-2-12】
  • 2着以下【0-1-1-37】

今年はオープン特別以下で1着だったのがレイパパレのみ、重賞組はジェネラーレウーノ、ブラヴァス、ロードクエストの3頭です。

チャレンジC データまとめ

  • 父サンデー系、キングマンボ系が安定
  • 母父ナスルーラ系の複勝率が高い
  • 馬番1~2番は不振
  • 前走4角好位だった馬の勝率が高い
  • 人気馬は460~479kgの複勝率が高め
  • 近年は人気馬優勢
  • 前走菊花賞だった3歳馬が好相性
  • 当日3番人気以内+継続騎乗△、乗り替わり○
  • 前走クラスは不問
  • クラス関係なく前走上位人気馬が優勢
  • 前走オープン特別以下は前走1着馬○、2着以下△

◎穴馬推奨の鬼!無料コンテンツ

ここの無料情報はきっちり仕事してくれます
波乱傾向の1月中央重賞!
よく見るとここの無料コンテンツに穴馬の答えが書いてあります↓




無料公開【穴馬の法則】
日経新春杯 7番人気1着ショウリュウイクゾ
フェアリーS 8番人気2着ホウオウイクセル
朝日杯FS 7番人気1着グレナディアガーズ
無料情報で激押し推奨!穴馬の法則は必見です!

無料買い目情報もいい感じにきてます!
・門松賞(11400円)・破魔矢賞(5150円)
・ホープフルS(8800円)・ステイヤーズS(9520円)
・東スポ杯2歳S(9400円)・01/11船橋7R(5800円)
・12/24浦和6R(15050円)・12/23浦和6R(15400円)

▼充実の無料コンテンツ
◎取材本命馬(重賞)
◎穴馬の法則(重賞)
◎過去10年データ(重賞)
◎無料買い目(毎週土日メイン中心)

メール送信、確認メールをクリック 下にスクロールし各情報チェック!もちろん無料0円なのでご安心を! ココの取材情報は必見の本格派なんです!

チャレンジC 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎レイパパレ
○ブラヴァス
▲ヒンドゥタイムズ
△ジェネラーレウーノ
△サトノクロニクル

レイパパレはコース成績が良い父ディープインパクト×母父クロフネの配合。前走オープン特別以下で1番人気1着、4角1番手と先行して結果を残しているのはレース傾向にも合っており、前走で外回りコースを使われているのも好材料。

ブラヴァスは大きく強調できる材料はレイパパレより少ないものの、特に割り引きとなるデータもありません、七夕賞、新潟記念と異なる条件の2000m重賞で連対しているように能力は高く、阪神コースでも(2-1-0-0)で全て人気以上に走っています。

ヒンドゥタイムスは勝ち切るためのデータには欠けますが、3月の但馬Sではブラヴァスと接戦を演じています。前走4着が若干嫌われそうで予想オッズでは4~5番手ですが、戦績からも血統からも右回りのコーナー4つという条件は向いています。

この頭数に加えて条件馬も多いのであまり人気薄に食指が動きませんが、一発が期待できるなら長期休養明け2戦目となるジェネラーレウーノ、コース成績が良い池江厩舎のサトノクロニクル

テキストのコピーはできません。