チャンピオンズカップ予想|過去の傾向とデータ分析

チャンピオンズカップ【GⅠ】
2020/12/6(日) 中京競馬場・ダート1800m

過去6年分のデータ分析と予想です。
※2週前予想なので回避馬が含まれる場合があります。

昨年3歳で優勝したクリソベリルはサウジCこそ敗れたものの国内では8戦して未だ無敗。トランセンド(当時はジャパンCダート)以来史上2頭目の連覇を目指しますが、ライバルも3歳馬カフェファラオや昨年僅差で敗れたゴールドドリームなどトップクラスのメンバーが揃いました。

それでは2020年チャンピオンズCのデータ分析を行なっていきます。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

チャンピオンズC 登録馬

断トツの人気が予想されるのは昨年の覇者クリソベリル。今年は国内では地方しか走っていませんが、予想オッズでも1倍台の支持を集めています。

2番手には3歳馬カフェファラオ。ジャパンダートダービーでは大敗したもののユニコーンSの圧勝ぶりは記憶に新しい所です。

3番手以下は帝王賞・JBCクラシック共に3着のチュウワウィザード、武蔵野Sで重賞5勝目を挙げたサンライズノヴァ、昨年僅差の3着だったインティなどが続きます。

チャンピオンズC コース分析

中京ダート1800mの特徴

中京ダート1800mは直線坂の途中からのスタートで残り1000mまでは上り、そこから3~4コーナーにかけて一気に下りラストの直線の坂へ。

高低差が大きいのでスタミナを問われるコースですが、チャンピオンズCではマイル実績のある馬が好走することも多く見られます。

チャンピオンズC 種牡馬系統別データ

  • サンデーサイレンス系【3-3-2-31】
  • デピュティミニスター系【1-1-1-4】
  • ロベルト系【1-0-1-2】
  • キングマンボ系【1-0-0-7】
  • ミスタープロスペクター系【0-0-2-4】

レース相性が良いのはゴールドアリュール、シンボリクリスエス、フレンチデピュティあたり。特にゴールドアリュール産駒は2017年、2019年は2頭ずつ馬券に絡んでいます。クリソベリル、ゴールドドリーム、サンライズノヴァがゴールドアリュール産駒。

チャンピオンズC 母父別系統別データ

  • サンデーサイレンス系【2-2-2-15】
  • ミスタープロスペクター系【1-1-2-19】
  • デピュティミニスター系【1-1-1-4】
  • レッドゴッド系【1-0-0-3】
  • キングマンボ系【1-0-0-2】

デピュティミニスターは父系・母系共に成績が良く血統表にヴァイスリージェントを持つ馬はプラス。大穴をあけたサンビスタ、8番人気で優勝したゴールドドリーム、昨年2着のウェスタールンドは4代前までにヴァイスリージェントを持っていました。

今年はゴールドドリーム、サトノティターンが4代目までにヴァイスリージェント持ち。

また中京開催後6年間の3着以内18頭中12頭はノーザンダンサーのクロス持ち。これを持たないで好走した馬はGⅠ馬が殆どで、唯一の例外はサンライズソア。

ノーザンダンサーのクロスを持たないのはアナザートゥルース、アルクトス、インティ、カフェファラオ、サトノティターン、メイショウワザシ、ヨシオの7頭。

コースデータ

重賞ナビ

中京競馬場・ダート1800mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、中…

チャンピオンズC 傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気1-3-0-216.7%66.7%
2番人気2-0-0-433.3%33.3%
3番人気0-1-3-20.0%66.7%
4-6番人気1-0-1-165.6%11.1%
7-9番人気1-2-1-145.6%22.2%
10-番人気1-0-1-372.6%5.3%

昨年は1~3番人気で決まりましたが、それ以前の5年間は毎年1頭人気薄が馬券に絡んでいます。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠0-1-2-70.0%30.0%
2枠2-2-1-716.7%41.7%
3枠1-0-1-108.3%16.7%
4枠1-0-0-118.3%8.3%
5枠2-0-1-916.7%25.0%
6枠0-1-1-100.0%16.7%
7枠0-2-0-100.0%16.7%
8枠0-0-0-110.0%0.0%

勝ち馬は内寄りから出ることが多く、過去6年の優勝馬は全て1桁馬番。6枠以降から2着に入った3頭中2頭は当日1番人気、もう1頭は2018年のウェスタールンドで最後方からのイン突きでした。

馬番データ

  • 偶数枠【4-3-4-35】
  • 奇数枠【2-3-2-40】

馬番では4番(1-1-2-2)、2番(1-1-1-3)、8番(2-0-0-4)と内寄りの偶数枠が好成績

また4番人気以下は偶数枠(2-2-2-30)に対して奇数枠は(1-0-1-37)。奇数枠から好走した2頭は2017年のゴールドドリーム、コパノリッキーでどちらも同年にマイルGⅠ勝ちの実績がありました。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ0-0-2-40.0%33.3%
先行3-3-2-1413.6%36.4%
差し1-1-1-303.0%9.1%
追込2-2-1-276.3%15.8%

コースデータ的には先行馬有利でレースの4角2番手以内が(1-1-4-9)という成績。ただしウェスタールンドやゴールドドリームのように追い込みも十分届きます。

前走4角位置

  • 5番手以内【5-3-4-35】
  • 6番手以下【1-3-2-36】

前走4角5番手以内+前走3着以内は(4-3-3-21)、4着以下は(1-0-1-15)と前走先行し好走していた馬が優勢。また前走4角6番手以下で好走した馬は武蔵野SやマイルCS南部杯など大半が前走1600mです。

チャンピオンズC 傾向データ②

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
3歳2-1-0-818.2%27.3%
4歳1-0-1-224.2%8.3%
5歳1-2-3-145.0%30.0%
6歳2-3-1-159.5%28.6%
7歳-0-0-1-160.0%5.8%

4歳馬は不振で3歳、5~6歳はほぼ変わりません。昨年は開催日が12/1だったため3歳馬は55kgで出走できましたが今年は56kgになります。

他に3歳(56kg)で好走したのはマイルCS南部杯でゴールドドリームを破っていたルヴァンスレーヴ、3歳馬ながら武蔵野Sで58kgを背負って優勝していたノンコノユメ。カフェファラオは前走のみを見比べるとこの2頭には劣る印象です。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦2-1-1-1311.8%23.5%
栗東4-5-5-595.5%19.2%
海外0-0-0-30.0%0.0%

関東馬で馬券に絡んだのはルヴァンスレーヴ、ノンコノユメ、サウンドトゥルー(2回)の3頭。いずれも継続騎乗でした。

騎手データ

  • 継続騎乗【3-5-3-43】
  • 乗り替わり【3-1-3-32】

率としては継続騎乗も乗り替わりもそれほど変わりませんが、前走下位着順からの巻き返しが多いのは乗り替わり組で、継続騎乗は前走4着以内で(3-5-2-28)、5着以下で(0-0-1-15)。

また関西騎手(4-6-3-38)に対して関東騎手は(1-0-2-21)。唯一優勝したのは2016年のサウンドトゥルーで前年の3着馬でした。今年はアルクトス(田辺騎手)、クリンチャー(三浦騎手)、チュウワウィザード(戸崎騎手)、モズアスコット(横山武騎手)の4頭が現時点で関東騎手を予定しています。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4590-1-0-70.0%12.5%
460-4792-0-1-818.2%27.3%
480-4991-2-0-184.8%14.3%
500-5191-1-2-135.9%23.5%
520-2-2-3-295.6%19.4%

阪神開催時は馬格がある馬が優勢でしたが、中京開催では比較的小柄な馬も問題なく走っています。ただコースデータから見ると馬格があるに越したことはありません。

前走との馬体重差

  • +体重【5-4-2-49】
  • 増減無【1-1-1-10】
  • -体重【0-1-3-14】

前走からプラス体重になる馬が活躍しているように見えますが、複勝率では差はありません。

前走との斤量差

  • +斤量【5-3-3-42】
  • 増減無【1-2-0-22】
  • -斤量【0-1-3-11】

当日3番人気以内だと前走と同斤量が(2-2-1-8)、斤量の増減ありで(1-2-2-0)と斤量の増減がある馬が複勝率100%。逆に当日4番人気以下だと前走と同斤量が(3-1-2-34)、斤量の増減ありで(0-1-1-33)と真逆の傾向。

予想オッズ上位3頭だとカフェファラオが斤量増減あり、クリソベリルチュウワウィザードは同斤量です。ちなみに4番手のサンライズノヴァは斤量増減あり。

チャンピオンズC 前走データ

前走クラスデータ

前走クラス着度数勝率複勝率
GⅠ0-0-1-60.0%14.3%
GⅢ0-4-3-370.0%15.9%
オープン0-0-0-30.0%0.0%
地方6-2-2-2417.6%29.4%

過去6年の優勝馬は全て前走が地方のレース。阪神時代は前走JRA重賞組の優勝もありましたが、近年はみやこS、武蔵野S組は2~3着までです。

主な前走

  • JBCクラシック【2-1-2-22】
  • マイルCS南部杯【2-1-0-3】
  • JBCレディスクラシック【1-0-0-1】
  • 日本テレビ盃【1-0-0-0】
  • みやこS【0-2-2-19】
  • 武蔵野S【0-2-0-15】

前走距離

  • 1600m【2-3-0-18】
  • 1700m【0-0-1-2】
  • 1800m【2-2-2-22】
  • 1900m【0-0-1-5】
  • 2000m【1-0-1-22】
  • 2100m【1-1-0-4】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-1-3-1211.1%33.3%
2番人気2-3-1-1012.5%37.5%
3番人気0-1-1-110.0%15.4%
4番人気1-1-1-89.1%27.3%
5番人気1-0-0-420.0%20.0%
6-9番人気0-0-0-190.0%0.0%
10-番人気0-0-0-70.0%0.0%

クラス問わず前走6番人気以下は過去6年で一度も3着以内がありません。また前走4番人気以下で3着に入った4頭中3頭は前走JBCクラシック。

前走GⅢ(JRA)

  • 4番人気以内【0-4-3-19】
  • 5番人気以下【0-0-0-18】

エアアルマス、カフェファラオ、クリンチャー、サンライズノヴァ、タイムフライヤー、モズアスコットが前走GⅢで4番人気以内。

前走地方

  • 2番人気以内【4-2-1-11】
  • 3~5番人気【2-0-1-4】
  • 6番人気以下【0-0-0-5】

アナザートゥルース、インティ、クリソベリル、ゴールドドリーム、チュウワウィザードが前走地方で5番人気以内。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着2-3-1-207.7%23.1%
2着1-0-2-710.0%30.0%
3着1-2-1-116.7%26.7%
4着1-0-0-712.5%12.5%
5着1-0-0-109.1%9.1%
6-9着0-1-0-100.0%9.1%
10-着0-0-2-100.0%16.7%

地方組は大半が前走5着以内、JRAの重賞組は下位着順からの巻き返しも見られます。

前走GⅢ(JRA)

  • 3着以内【0-3-1-18】
  • 4着以下【0-1-2-19】

前走JRA重賞4着以下から巻き返した3頭は、いずれも前走で3番人気以内でした。

前走地方

  • 2着以内【3-1-2-9】
  • 3~5着【3-1-0-11】
  • 6着以下【0-0-0-5】

前走地方で3~5着から巻き返した4頭は、いずれも過去1年以内にGⅠ勝ちの実績がありました。

アルクトス、クリソベリルが前走2着以内、前走3~5着はアナザートゥルース、チュウワウィザードが該当し、1年以内にGⅠ勝ちの実績を持つのはチュウワウィザード

チャンピオンズC データまとめ

  • ヴァイスリージェント持ち、ノーザンダンサーのクロス持ち○
  • 2枠の成績が良く、優勝馬は馬番10番より内から
  • 4番人気以下+奇数枠は同年マイルGⅠ勝ち馬なら
  • 先行馬優勢だが後方からも届く
  • 前走4角5番手以内+前走3着以内○、6番手以下は前走マイル組
  • 4歳と7歳以上は不振
  • 継続騎乗+前走4着以内が好成績
  • 関東騎手は不振
  • 当日3番人気以内+斤量増減あり○
  • 当日4番人気以下+同斤量○
  • GⅢ組は前走3番人気以内が好成績
  • 地方組は前走5番人気以内+2着以内が好成績
  • 地方組+前走3~5着馬は1年以内のGⅠ勝ち馬なら

チャンピオンズC 予想

※2週前の登録時点での予想です。

◎クリソベリル
○チュウワウィザード
▲ゴールドドリーム
△タイムフライヤー
△インティ

クリソベリルは昨年の優勝馬で前走JBCクラシックで1番人気1着とローテも文句無し。血統面でもゴールドアリュール産駒でノーザンダンサーのクロス持ちと今年のメンバーでは相対的に上位評価。川田騎手のコース成績も良く、4歳馬が不振なレースですが凡走は考えづらいです。

チュウワウィザードは帝王賞、JBCクラシックとクリソベリルに離されていますが今年GⅠ勝ちもあり、関東の戸崎騎手への乗り替わりはデータ的に割引きですが、それ以外では大きな減点はありません。キングカメハメハ産駒はこのコースでは2着が多いのが特徴。

ゴールドドリームはさすがに年齢を重ねたことによる衰えは感じますが、レース実績もありノーザンダンサーのクロス、ヴァイスリージェント持ちと血統面も抜群。予想オッズでは7~8番人気ですが、その場合前走から同斤量になるのもデータ的にはプラス。

タイムフライヤーは前走大きく馬体を減らし5着でしたがエルムSではウェスタールンド相手に強い勝ち方。サンライズノヴァは今年58kg、59kgで重賞を勝っていますが脚質的には抑えまでか。最後に昨年クリソベリル、ゴールドドリームと僅差の3着とリピーターは外せないインティ

テキストのコピーはできません。