中京記念2021予想|過去の傾向とデータ分析

中京記念【GⅢ】
2021/7/18(日)
小倉競馬場・芝1800m

過去の好走馬の血統傾向や今年の登録馬のコース相性などを踏まえて注目馬をピックアップしています。

1週前予想なので回避馬・除外馬が含まれる場合があり、また枠順や馬体重など記事公開時には予想に反映できない要素もありますのでご了承ください。

京都改修の影響で中京芝1600mではなく小倉芝1800mと全く別物のレースになります。そのため今回は小倉芝1800mや同じ条件で行われる小倉大賞典のデータを元に分析を行っています。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

3連複的中率:62%(21戦13勝)
獲得総額:277,890円
収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

中京記念 登録馬

登録馬

予想人気(1週前)

1番人気 ボッケリーニ
2番人気 ディアンドル
3番人気 カテドラル
4番人気 ロータスランド
5番人気 アンドラステ

参考:netkeiba.com

今年の小倉大賞典で2着、昨年の小倉日経OPでもサラキアの2着とコース実績のあるボッケリーニが予想オッズ1番人気。2番手にはヴィクトリアマイルで4着に好走したディアンドル、3番手には東京新聞杯、ダービー卿CTで2着のカテドラル。

以下1勝クラスから3連勝中のロータスランド、久々のマーメイドSで4着に入ったアンドラステ、1800m巧者のミスニューヨークなどが続きます。

中京記念 コース&血統分析

小倉芝1800m【3勝クラス以上】参考データ

小倉芝1800mの特徴

小倉芝1800mはスタンド前からのスタートでコースを約1周。1コーナーまでの距離が短めなのでスムーズに位置を取れる内枠の先行馬が有利です。

コーナー4つの小回りコースのためあまりペースは速くならず、前後半が極端なラップにはあまりなりません。

重賞ナビ

小倉競馬場・芝1800mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、小倉芝…

中京記念 父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【7-4-6-51】
  • ディープインパクト系【5-4-6-22】
  • サドラーズウェルズ系【1-2-2-17】
  • キングマンボ系【1-1-1-2】
  • ハーツクライ系【1-0-1-8】

ディープインパクト産駒は2020年小倉大賞典で1~3着を独占するなど(5-4-5-20)複勝率40%台。良馬場なら堅実です。他にはダイワメジャー、ブラックタイド、ハーツクライ、ネオユニヴァースあたりが好成績。

キングカメハメハ、ハービンジャー、クロフネは出走数に対して成績はイマイチです。

中京記念 母父系統別データ

  • サンデーサイレンス系【2-8-6-64】
  • ロベルト系【2-2-2-17】
  • ミスタープロスペクター系【2-1-2-11】
  • デピュティミニスター系【2-1-1-16】
  • ダンジグ系(米)【1-1-0-4】

父サンデー系×母父米国型ノーザンダンサー系の成績が良く、母父サンデー系は2~3着が多いのが特徴です。

個別ではシンボリクリスエス、ダンスインザダーク、フレンチデピュティ、キングカメハメハ、スペシャルウィークあたりが好調。

中京記念 傾向データ①

小倉芝1800m【3勝クラス以上】参考データ

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠2-2-4-168.3%33.3%
2枠5-1-4-1619.2%38.5%
3枠2-3-3-236.5%25.8%
4枠1-1-1-303.0%9.1%
5枠1-3-0-312.9%11.4%
6枠2-3-4-285.4%24.3%
7枠5-3-1-2913.2%23.7%
8枠2-4-3-305.1%23.1%

3勝クラス以上だと1~2枠の成績が良く人気薄でも注意。ただし外枠が不利という訳ではなく、成績が悪いのは真ん中の4~5枠

3回小倉では日本レコード2つを含め高速決着が続いていますが、今開催は6日間の開催で全てAコースを使用するため、若干内が荒れてくる可能性もあります。

馬番データ

  • 偶数馬番【9-7-8-104】
  • 奇数馬番【11-13-12-99】

成績が良いのは2番(4-2-4-9)、3番(2-3-3-12)、7番(2-4-0-14)、1番(1-1-4-14)あたり。全体的に奇数馬番の成績が良いのが特徴です。

6番人気以下

  • 1~3枠【2-4-5-34】
  • 4~5枠【0-1-1-44】
  • 6~8枠【2-3-2-66】

当日6番人気以下は1~3枠の複勝率が高く、小倉大賞典でも2019年14番人気3着のサイモンラムセスなど穴馬が好走しています。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ2-1-2-169.5%23.8%
先行10-7-9-4114.9%38.8%
差し3-10-6-793.1%19.4%
追込4-1-3-655.5%11.0%
マクリ1-1-0-225.0%50.0%

スタートから1コーナーまでの距離が短いため基本的に先行馬有利

今回の集計では先手を取っていたのは穴馬が多かったので逃げ馬の成績はイマイチですが、当日4番人気以内+1角2~3番手だった馬は(5-7-4-7)と抜群の成績。枠順による偏りもないため、まずは人気で先行できる馬から。

前走4角位置

  • 4番手以内【13-12-9-74】
  • 5番手以下【7-8-11-128】

前走1800~2000mで4角4番手以内だった馬が優勢。当日6番人気以下+前走4角5番手以下は(2-3-3-90)とかなり成績は落ちます。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-0-1-90.0%10.0%
440-4594-2-2-2312.9%25.8%
460-4795-10-6-616.1%25.6%
480-4996-3-5-627.9%18.4%
500-5193-2-6-366.4%23.4%
520-2-3-0-1211.7%29.4%

馬格の影響は小さいコースです。

中京記念 傾向データ②

小倉大賞典 過去8年のデータ

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-2-0-425.0%50.0%
2番人気1-0-1-514.3%28.6%
3番人気2-0-0-625.0%25.0%
4-6番人気2-2-4-168.3%33.3%
7-9番人気0-2-0-220.0%8.3%
10番人気-1-2-3-452.0%11.8%

同じコースのハンデ重賞ということで、時期は異なりますが小倉大賞典のデータです。過去8年の優勝馬中7頭は当日4番人気以内。2~3着に人気薄が入ることはありますが、1着は人気馬から。

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦1-2-3-213.7%22.2%
栗東7-6-5-777.4%18.9%

関東馬の出走は多くありませんが複勝率はあまり変わりません。

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
4歳3-1-0-1515.8%21.1%
5歳2-1-5-265.9%23.5%
6歳2-2-0-256.9%13.8%
7歳-1-4-3-322.5%20.0%

今年の小倉大賞典は7歳馬テリトーリアルが優勝。特に若い馬が強い訳でもなく年齢不問。人気で分けると4~5歳は人気サイドの成績が良く、年齢を重ねるに連れ人気薄の好走が目立つようになります。

騎手データ

  • 継続騎乗【7-2-1-37】
  • 乗り替わり【1-6-7-61】

小倉大賞典では1着に継続騎乗、2~3着に乗り替わりが多い傾向。騎手別に見るとコースデータからは川田騎手が断トツの成績。福永騎手や浜中騎手、和田騎手が続く形。

斤量データ

斤量着度数勝率複勝率
-52.00-1-0-130.0%7.1%
53.00-1-2-50.0%37.5%
54.01-1-0-185.0%10.0%
55.02-0-3-188.7%21.7%
56.0-56.52-1-1-266.7%13.3%
57.0-57.52-3-2-159.1%31.8%
58.0-1-1-0-320.0%40.0%

軽ハンデの馬も好走していますが、56.5kg以上を背負った馬の複勝率が高めです。

前走との斤量差

  • +斤量【2-3-1-10】
  • 増減無【3-3-3-50】
  • -斤量【3-2-4-38】

中京記念 前走データ

小倉大賞典 過去8年のデータ

前走クラスデータ

クラス着度数勝率複勝率
GⅠ1-0-1-612.5%25.0%
GⅡ1-2-2-125.9%29.4%
GⅢ3-4-4-544.6%16.9%
リステッド0-0-0-40.0%0.0%
オープン1-1-1-145.9%17.6%
3勝2-0-0-722.2%22.2%
2勝0-1-0-00.0%100.0%

前走クラスは不問ですが距離短縮組の成績が非常に良く、前走1800m以下で好走した5頭中4頭は前走4着以内でした。

前走距離

  • 1600m【1-1-1-18】
  • 1800m【0-2-0-18】
  • 2000m【5-3-4-46】
  • 2200m【0-0-1-3】
  • 2400m【1-1-2-7】
  • 2500m【1-1-0-2】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気1-0-0-420.0%20.0%
2番人気2-1-0-818.2%27.3%
3番人気2-1-0-525.0%37.5%
4番人気0-0-2-80.0%20.0%
5番人気1-0-0-910.0%10.0%
6-9番人気1-6-2-252.9%26.5%
10番人気-1-0-4-382.3%11.6%

前走下位人気だった馬でも問題ありませんが、前走がハンデ戦で10番人気以下だった馬は割引き。

前走ハンデ戦

  • 9番人気以内【4-7-2-32】
  • 10番人気以下【0-0-2-27】

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着3-3-0-1315.8%31.6%
2着0-0-1-50.0%16.7%
3着1-2-0-710.0%30.0%
4着0-1-1-40.0%33.3%
5着1-0-1-810.0%20.0%
6-9着1-1-2-253.4%13.8%
10着-2-1-3-354.9%14.6%

こちらも前走下位だった馬でも問題ありません。どちらかと言えば関東馬は大敗組、関西馬は掲示板組の好走が目立ちます。

関東馬

  • 9着以内【0-1-1-14】
  • 10着以下【1-1-2-7】

関西馬

  • 5着以内【5-5-3-27】
  • 6着以下【2-1-2-49】

アンドラステ、クラヴェル、ダブルシャープ、ディアンドル、ボッケリーニ、メイケイダイハード、ロータスランドが前走5着以内の関西馬。

中京記念 データまとめ

買いデータ

ディープインパクト産駒
父サンデー系×母父米国型ノーザンダンサー系
当日6番人気以下+1~3枠
当日4番人気以内の先行馬
斤量56.5kg以上

消しデータ

当日6番人気以下+4~5枠
当日6番人気以下+前走4角5番手以下
前走1800m組(特に前走5着以下)
前走ハンデ戦で10番人気以下

中京記念 予想

1週前の登録時点での予想です
◎ボッケリーニ
○ディアンドル
▲ダノンチェイサー
★アンドラステ
△ロータスランド

ボッケリーニは今年の小倉大賞典2着を含めコース成績は(1-2-0-0)。斤量も小倉大賞典時が57kgだったので今回も同程度と予想されますが、56.5kg以上の場合は小倉大賞典に当てはめるとプラス要素になります。先行馬も少なく位置を取れそうな点も好材料。

ディアンドルの父ルーラーシップ・母父スペシャルウィークは共にコース成績が良く、乗り替わってから3走で結果を残している団野騎手の継続騎乗を予定。逃げ馬がそこまで成績が良いコースではありませんが、今回は相手関係からも自分のペースで逃げるだけ。

ダノンチェイサーは昨年の小倉日経OPでサラキア、ボッケリーニに次ぐ3着。近2走は共に9着で人気を落としそうですが、前走は重馬場・2走前は馬体大幅減、今年唯一のディープ産駒と良馬場なら十分見直し可能。

アンドラステは前走芝2000mで4角2番手から4着と久々を考えれば内容は上々。オルフェーヴル産駒の牝馬は小倉芝では1800mを最も得意としており母父ロベルト系も○。

ロータスランドは連勝中の勢いやマイルでも先行できる脚質から人気に推されると思いますが、道悪の方が合っていそうで高速の前残り決着だとやや不安。

テキストのコピーはできません。