アルゼンチン共和国杯予想|過去の傾向とデータ分析

アルゼンチン共和国杯【GⅡ】
2020/11/8(日) 東京競馬場・芝2500m

過去8年分のデータ分析と予想です。
※1週前予想なので回避馬が含まれる場合があります。

以前はGⅠ級の馬はそれほど多くありませんでしたが、近年はゴールドアクター、シュヴァルグラン、スワーヴリチャード、パフォーマプロミスなど後のGⅠ馬を輩出しています。

それでは2020年アルゼンチン共和国杯のデータ分析を行なっていきます。

◎2020年実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
色々なサイトの無料予想をチェックしましたが、重賞の無料予想ではここが断トツ!

昨年ラストも有馬記念、ホープフルSダブル的中!
そして中山金杯も3連複73,200円的中!



◎有馬記念:3連複73.7倍×400円=29,480円
◎ホープフルS:3連複19.0倍×400円=7,600円
◎中山金杯:3連複183.0倍×400円=73,200円

◆2020年G1実績(無料買い目)


◎3連複的中率:62%(21戦13勝)
◎獲得総額:277,890円
◎収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
少額で楽しむライトユーザーにもお勧めできるサイトです。

今週の無料公開は
中山記念
こちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目が確認出来ます。

アルゼンチン共和国杯 登録馬

予想オッズではユーキャンスマイルが抜けた1番人気予想。2019年以降はGⅡ~GⅢでは3勝、GⅠでも全て掲示板内と高いレベルで安定しています。

2番手には骨折休養明けですが今年の青葉賞を好タイムで快勝したオーソリティ、3番手には新潟記念、毎日王冠と重賞で連続3着のサンレイポケットが推されています。

以下宝塚記念5着のメイショウテンゲン、昨年の菊花賞2着馬サトノルークス、天皇賞・春5着のトーセンカンビーなどが続きます。

アルゼンチン共和国杯 コース分析

東京芝2500mの特徴

東京芝2500mは目黒記念とアルゼンチン共和国杯でのみ使用されるコースです。直線坂の手前からスタートし、直線の坂を2回上ることになるのが大きな特徴。

坂を登り切った位置がスタートの東京芝2400mとは100mの違いですが求められる能力は異なり、瞬発力以上にスタミナが問われるコースです。

アルゼンチン共和国杯 種牡馬系統別データ

  • サンデーサイレンス系【5-4-5-64】
  • キングマンボ系【1-1-1-9】
  • ロベルト系【1-1-1-8】
  • ミスタープロスペクター系【1-1-0-4】

ハーツクライ産駒が(3-2-0-11)と相性が良く、ルーラーシップ産駒やステイゴールド産駒など長距離適性の高い種牡馬が上位の成績。今年はタイセイトレイル、プリンスオブペスカがハーツクライ産駒です。

ディープ産駒は(0-1-0-10)と不振ですが、他のレースに比べ人気馬が少なかった影響もあり2017年は7番人気のソールインパクトが2着に入っています。

アルゼンチン共和国杯 母父別系統別データ

  • ミスタープロスペクター系【2-0-2-10】
  • サンデーサイレンス系【1-3-0-16】
  • ロベルト系【1-2-2-16】
  • グレイソヴリン系【1-0-2-9】

母父ノーザンダンサー系はやや不振でリファール系、サドラーズウェルズ系、ノーザンダンサー直系あたりは割引き。また血統表にトニービンやノーザンテーストを持つ馬の好走が目立ちます。

コースデータ

重賞ナビ

東京競馬場・芝2500mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、東京芝…

アルゼンチン共和国杯 傾向データ①

人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-1-1-425.0%50.0%
2番人気4-0-0-450.0%50.0%
3番人気1-1-5-112.5%87.5%
4-6番人気0-5-1-180.0%25.0%
7-9番人気1-1-0-224.2%8.3%
10-番人気0-0-1-520.0%1.9%

過去8年では当日4番人気以内は(7-6-6-13)と安定しており、当日8番人気以下は(0-0-1-68)と大穴はあまり期待できません。

枠順データ

枠順着度数勝率複勝率
1枠0-0-2-100.0%16.7%
2枠2-1-2-914.3%35.7%
3枠1-1-0-127.1%14.3%
4枠0-2-0-130.0%13.3%
5枠2-1-1-1212.5%25.0%
6枠2-1-1-1212.5%25.0%
7枠1-1-1-165.3%15.8%
8枠0-1-1-170.0%10.5%

当日5番人気以内に絞るとどの枠もそれほど差はありませんが、唯一4枠だけは当日5番人気以内でも(0-1-0-5)と不振。

馬番データ

  • 偶数枠【4-3-1-53】
  • 奇数枠【4-5-7-48】

馬番では7番(1-3-0-4)、3番(1-0-2-5)、4番(2-0-0-6)あたりが好成績。また関東馬は偶数枠(1-0-0-26)、奇数枠(2-3-4-22)と奇数枠が狙い目です。

脚質データ

脚質着度数勝率複勝率
逃げ0-0-0-80.0%0.0%
先行3-3-3-2110.0%30.0%
差し5-4-3-3610.4%25.0%
追込0-1-2-360.0%7.7%

レースの上がり1位馬が(3-3-2-1)、6位以下は(0-0-3-81)と位置取りよりも速い上がりを使えるかが重要なレース。

前走上がり3F(前走東京)

  • 3位以内【4-3-4-6】
  • 4位以下【0-0-1-17】

前走東京+上がり3位以内だった馬の成績が抜群。唯一上がり4位以下で3着に入ったのは2015年のレーヴミストラルで前走は日本ダービーでした。

今年は前走東京組は多くありませんが、オーソリティサンレイポケットが前走上がり3位以内。

前走上がり3F(前走東京以外)

  • 5位以内【2-3-2-37】
  • 6位以下【2-2-1-39】

前走が東京以外だった馬は上がり順位はあまり関係ありません。

アルゼンチン共和国杯 傾向データ②

馬齢データ

馬齢着度数勝率複勝率
3歳1-0-2-033.3%100.0%
4歳4-3-2-1616.0%36.0%
5歳1-4-4-292.6%23.7%
6歳2-1-0-247.4%11.1%
7歳-0-0-0-320.0%0.0%

5歳以下またはキャリア15戦以下の成績が非常に良く、一昨年のパフォーマプロミスは6歳馬でしたがキャリア14戦でした。直近5年ではキャリア21戦以上が(0-2-1-45)と近年はよりその傾向が強まっています。

有力馬ではオーソリティ、サトノルークス、サンレイポケットがキャリア15戦以下。

キャリアデータ

  • 10戦以下【2-0-2-0】
  • 11~15戦【4-2-4-9】
  • 16~20戦【1-2-1-18】
  • 21戦以上【1-4-1-74】

所属データ

所属着度数勝率複勝率
美浦3-3-4-485.2%17.2%
栗東5-5-4-537.5%20.9%

直近4年では関東馬が(0-2-1-18)、関西馬が(4-2-3-26)と関西馬の成績が抜群。

騎手データ

  • 継続騎乗【4-2-2-24】
  • 乗り替わり【4-6-6-77】

当日3番人気以内は継続騎乗が(4-1-2-2)、乗り替わりが(3-1-4-7)と継続騎乗組が優勢。ただし4番人気以下+継続騎乗は(0-1-0-22)と、4番人気以下なら乗り替わり組の方が馬券に絡んでいます。

生産者データ

  • ノーザンF【5-5-2-20】
  • 社台F【1-0-2-11】
  • 社台白老F【0-1-1-4】

近年はノーザンF生産馬の成績が抜群。ただし6番人気以下だと(0-0-0-12)なので買えるのは人気サイドのみ。タイセイトレイル、スワーヴリチャードなどハーツクライ産駒の好走が目立ちます。

アイスバブル、アドマイヤジャスタ、オーソリティ、サトノルークス、タイセイトレイル、ユーキャンスマイルがノーザンF生産馬。

馬体重データ

馬体重着度数勝率複勝率
-4390-0-0-10.0%0.0%
440-4592-0-1-228.0%12.0%
460-4791-1-1-204.3%13.0%
480-4993-6-3-277.7%30.8%
500-5192-0-3-246.9%17.2%
520-0-1-0-70.0%12.5%

480~499kgの成績が良く、2019年5番人気2着のタイセイトレイル、2018年11番人気3着のマコトガラハッド、2017年7番人気2着のソールインパクトと人気薄での好走も目立ちます。

前走との馬体重差

  • +体重【6-4-4-36】
  • 増減無【0-2-0-16】
  • -体重【2-2-4-48】

斤量データ

斤量着度数勝率複勝率
-52.00-0-2-130.0%13.3%
53.00-1-0-120.0%7.7%
54.00-0-1-210.0%4.5%
55.00-4-4-160.0%33.3%
56.0-56.56-1-0-1428.6%33.3%
57.0-57.51-2-1-155.3%21.1%
58.0-1-0-0-109.1%9.1%

55kg以下は(0-5-7-62)、56kg以上が(8-3-1-39)とフォーメーションを組みやすそうな分布になっています。ここから当日人気や年齢、キャリアなどと組み合わせるとかなり絞り込めそうです。

前走との斤量差

  • +斤量【1-1-1-21】
  • 増減無【3-2-1-27】
  • -斤量【4-5-6-53】

今回斤量が増える馬は近年イマイチ。最後に馬券に絡んだのは2014年のフェイムゲームで、それ以降は2016年のモンドインテロが1番人気4着、2019年のルックトゥワイスが3番人気4着などあと一歩足りないことが多いです。

アルゼンチン共和国杯 前走データ

前走クラスデータ

前走クラス着度数勝率複勝率
GⅠ3-1-1-627.3%45.5%
GⅡ3-3-1-445.9%13.7%
GⅢ0-0-1-80.0%11.1%
オープン1-1-1-283.2%9.7%
3勝1-3-3-144.8%33.3%
2勝0-0-1-10.0%50.0%

近年はGⅠ組か3勝クラス組の好走が多く、3勝クラス組は六社SやオクトーバーSなど前走東京が中心です。

GⅡ組やオープン特別組は近年はやや不振。オールカマーは2015年のメイショウカドマツ以降は馬券に絡んでおらず、京都大賞典や丹頂Sも出走数が多い割には成績は振るいません。

主な前走

  • オールカマー【2-2-0-15】
  • 宝塚記念【2-0-0-3】
  • オクトーバーS【1-1-0-3】
  • 日本ダービー【1-0-1-0】
  • 六社S【0-2-1-1】

前走距離

  • 1800m【0-0-1-2】
  • 2000m【1-0-2-21】
  • 2200m【4-2-1-18】
  • 2400m【2-4-4-28】
  • 2500m【1-0-0-7】
  • 2600m~【0-2-0-24】

前走場所

  • 東京【4-3-5-23】
  • 中山【1-1-0-15】
  • 京都【0-2-0-26】
  • 阪神【2-0-0-4】
  • 札幌【0-1-0-18】
  • 函館【0-0-1-5】
  • 福島【0-0-1-1】
  • 新潟【1-1-1-8】

前走人気データ

人気着度数勝率複勝率
1番人気2-1-1-718.2%36.4%
2番人気2-1-2-716.7%41.7%
3番人気1-2-2-69.1%45.5%
4番人気2-0-1-818.2%27.3%
5番人気1-1-0-99.1%18.2%
6-9番人気0-1-2-250.0%10.7%
10-番人気0-2-0-380.0%5.0%

クラス関係なく前走人気だった馬の成績が良く、前走オープン特別以下は2番人気以内、GⅡは5番人気以内だった馬の複勝率が高めです。

前走オープン特別以下

  • 3番人気以内【2-4-3-13】
  • 4番人気以下【0-0-2-30】

前走オープン特別以下で3番人気以内だったのはトーセンカンビーナ、ラストドラフトの2頭。

前走GⅡ

  • 5番人気以内【3-1-1-13】
  • 6番人気以下【0-2-0-30】

前走GⅡで5番人気以内はサンレイポケットのみ。

前走東京

  • 3番人気以内【4-3-2-5】
  • 4番人気以下【0-0-3-18】

前走東京+4番人気以下で3着に入ったのはレーヴミストラル、マコトガラハッド、マイネルマークで3頭とも東京芝2400m。レーヴミストラルは前走ダービー、マコトガラハッドとマイネルマークは前走で3着以内に入っていました。

前走東京で3番人気以内はオーソリティのみ。

前走着順データ

着順着度数勝率複勝率
1着1-2-4-144.8%33.3%
2着1-0-0-420.0%20.0%
3着0-3-2-50.0%50.0%
4着2-1-0-720.0%30.0%
5着1-0-0-712.5%12.5%
6-9着3-2-1-347.5%15.0%
10-着0-0-1-280.0%3.4%

前走オープン特別以下は3着以内が目安、重賞組は9着以内なら複勝率はそれほど変わりません。

また前走が東京だった馬は5着以内だった馬の成績が良く、前走6~9着で連対した5頭は前走が東京以外のコースでした。

前走オープン特別以下

  • 3着以内【1-4-5-16】
  • 4着以下【1-0-0-27】

前走オープン特別以下で3着以内はバレリオのみ。

前走東京

  • 5着以内【4-3-4-9】
  • 6着以下【0-0-1-14】

前走東京で5着以内はオーソリティ、サンレイポケットの2頭。

アルゼンチン共和国杯 データまとめ

  • ハーツクライ、ルーラーシップ産駒が好成績
  • 母父ミスプロ系○、トニービンやノーザンテースト持ちが狙い目
  • 当日4番人気以内は安定、8番人気以下は割引き
  • 4枠は人気馬でも割引き
  • 関東馬+偶数枠△、奇数枠○
  • 前走東京は上がり3位以内○、4位以下△
  • キャリア15戦以下が好成績
  • 近年は関西馬優勢
  • 3番人気以下は継続騎乗、4番人気以下は乗り替わりが狙い目
  • ノーザンF生産馬+当日5番人気以内は堅実
  • 480~499kgが好成績
  • 56kg以上の勝率が高く、55kg以下は2~3着が多い
  • 近年は前走GⅠか東京の3勝クラス組が中心
  • オープン特別組は前走3番人気以内+3着以内
  • GⅡ組は前走5番人気以内
  • 東京組は前走3番人気以内+5着以内

◎穴馬推奨の鬼!無料コンテンツ

ここの無料情報はきっちり仕事してくれます
波乱傾向の1月中央重賞!
よく見るとここの無料コンテンツに穴馬の答えが書いてあります↓




無料公開【穴馬の法則】
日経新春杯 7番人気1着ショウリュウイクゾ
フェアリーS 8番人気2着ホウオウイクセル
朝日杯FS 7番人気1着グレナディアガーズ
無料情報で激押し推奨!穴馬の法則は必見です!

無料買い目情報もいい感じにきてます!
・門松賞(11400円)・破魔矢賞(5150円)
・ホープフルS(8800円)・ステイヤーズS(9520円)
・東スポ杯2歳S(9400円)・01/11船橋7R(5800円)
・12/24浦和6R(15050円)・12/23浦和6R(15400円)

▼充実の無料コンテンツ
◎取材本命馬(重賞)
◎穴馬の法則(重賞)
◎過去10年データ(重賞)
◎無料買い目(毎週土日メイン中心)

メール送信、確認メールをクリック 下にスクロールし各情報チェック!もちろん無料0円なのでご安心を! ココの取材情報は必見の本格派なんです!

アルゼンチン共和国杯 予想

※1週前の登録時点での予想です。

◎オーソリティ
○サンレイポケット
▲ユーキャンスマイル
△ゴールドギア
△サンアップルトン
△オセアグレイト

オーソリティは今年の3歳世代のレベルには疑問もありますが、青葉賞の時計・後半のラップは非常に優秀。キャリア15戦以下ノーザンF生産馬、前走東京での人気・内容は好データをクリア。あとはハンデ次第ですが56kg未満なら2~3着狙い。

サンレイポケットもキャリア15戦以下の前走東京組。このレースは良馬場なら上がり33秒前後の勝負になることもありますが、新潟記念で上がり32.4秒を出すなど末脚勝負にも対応できるのは魅力です。

ユーキャンスマイルはハンデ56kg以上は確実、ノーザンF生産馬で今年のメンバーでは能力・実績共に最上位。ただ過去キングカメハメハ産駒で東京芝2500mを勝ったクリプトグラム、ヒットザターゲットと比べるとノーザンテーストを持たない点ことやキャリア16戦など、若干足りない印象も。

他では予想オッズでは人気薄になりますが、ノーザンテースト、トニービンを持つゴールドギアサンアップルトン。最後に目黒記念で2番人気に推されたオセアグレイト。この3頭は東京芝2400~2500m実績があり、上がりも34秒前後でまとめられる点でレース傾向には合っています。

テキストのコピーはできません。