中京芝1600mの傾向と特徴|血統や枠順、馬体重別のデータ分析

中京芝1600m・過去8年のコースデータ分析です。
人気・脚質・枠順・馬体重別の成績や中京芝1600mを得意とする血統(種牡馬・母父)や騎手・調教師を分析しています。

2020年重賞3週連続V◎

昨年も重賞が強かったですが今年も健在みたいですね!
また、今月はメインレースでも強さが目立っています。



先週は愛知杯+京成杯を的中!
特に愛知杯は9→5→11人気の入線で大波乱!これを32点で獲ったのは見事ですね!

【Gプレミオ】昨年の的中実績


グロリアのお勧めコンテンツはコチラ↓
○重賞厳選無料買い目
○連続的中の【Gプレミオ】


今週は「根岸ステークス」の厳選買い目を無料公開!
グロリアは毎週土日2鞍ずつの計4鞍無料配信です!

↑無料買い目はメール登録で確認できます。エントリーはお早目に!

中京競馬場 芝1600m

コース概要

直線:412.5m

中京芝1600mは1~2コーナーのポケットからのスタート。スタート後すぐにカーブに差し掛かるため包まれやすい内~中枠よりも外枠の成績がやや良いのが特徴です。

同じ左回りの東京コースに比べて時計がかかりやすいタフなコースのためクラスが上がるとやはり差し馬優勢。唯一の重賞である中京記念も1分33秒台の決着が多く見られます。

中京芝1600mで行われるレース

  • 中京記念
  • 中京2歳S
  • 長久手特別

中京芝1600m 傾向データ

中京芝1600m 人気データ

連対率52%、複勝率65%と1番人気の信頼度は高めです。3番人気までは複勝率50%をキープしており人気通りに決まりやすいコースで極端な穴狙いは危険。人気馬から中穴に流す程度で留めておくのが良さそうです。

中京芝1600m 脚質データ

※1勝クラス以上を集計

1200m、1400mに比べてラップが落ち着きやすいため先行馬と差し馬が半々くらいの成績です。直線も長めで坂もありますが、スローペースからの逃げ残りが時々見られます。

また逃げ馬は偶数枠3勝に対して奇数枠が13勝と奇数枠の勝率が高いのが特徴。特に1番、7番に入った逃げ馬がよく勝っています。

中京芝1600m 馬体重データ

※1勝クラス以上を集計

480~499kgを頂点に山型になっており、特に牡馬は440kg未満の小柄な馬は520kgを超える大型馬は振るいません。

牝馬は馬格の影響は小さく、特に牝馬限定戦であれば420kg未満の馬もよく馬券に絡んでいます。

中京芝1600m コースデータ(良馬場)

中京芝1600m 枠順・馬番データ(良馬場)

枠順

スタート後すぐにカーブするため外枠の馬は若干の距離ロスはありますが、内枠に入った馬は包まれやすいため5枠以降の複勝率が安定しています。

馬番

馬番では9番が複勝率31.3%とやや抜けた数値で11~12番も含め1着馬は外寄りから出ることが多め。ただ内も3~7番は複勝率20%台なので、単系以外の馬券であれば嫌う必要はありません。

中京芝1600m コースデータ(重馬場)

中京芝1600m 枠順・馬番データ(稍重~不良馬場)

枠順

良馬場ではイマイチだった3~4枠は成績・回収値共に優秀。7~8枠は複勝率は25%ですが外枠に入った馬は人気より着順を落としやすいのが特徴です。

馬番

馬番でも1~6番に入った馬は人気以上に好走しやすいのが特徴。

これは外枠有利という傾向から内枠の馬が人気を落としやすい影響もありそうなので、内枠が有利と言うよりは外枠は過信禁物と言う方が合っているかもしれません。

中京芝1600m 血統データ

中京芝1600m 種牡馬データ

ディープインパクト産駒が得意とするコースで、クラスが上がるとダイワメジャーやハービンジャー、アドマイヤムーン、ハーツクライあたりも好調。

ロードカナロアは大半が1勝クラス以下の成績ですが、中京記念をグルーヴィットが勝っているので適性は高そうです。

また1400mではオルフェーヴル産駒の牡馬が活躍していましたが、このコースでは牡馬(0-1-3-9)に対して牝馬(3-2-1-11)と牝馬の成績が良いのが特徴です。

種牡馬系統別

  • キングマンボ系【27-33-22-245】連対率18.3%
  • サンデーサイレンス系【133-136-139-1250】連対率16.2%
  • ダンジグ系【9-10-11-104】連対率14.2%

相性の悪い種牡馬

  • ブラックタイド【1-0-3-39】連対率2.3%
  • タニノギムレット【3-1-5-59】連対率5.9%
  • シンボリクリスエス【1-4-5-52】連対率8.1%

中京芝1600m 母父データ

サドラーズウェルズ系を母父に持つ馬の成績が良く、ブランノワールやミリッサは母父シングスピールやディメンシオンの母父モンジューあたりが好相性。

他にもダンシングブレーヴやスペシャルウィーク、ダンスインザダークなどイメージとしては現役時代にクラシックディスタンスで結果を残している母父が狙い目です。

母父系統別

  • サドラーズウェルズ系【16-7-5-79】連対率21.5%
  • ミスタープロスペクター系【34-31-22-317】連対率16.1%
  • ダンジグ系【18-12-12-144】連対率16.1%

相性の悪い母父

  • エルコンドルパサー【1-1-8-32】連対率4.8%
  • ブライアンズタイム【1-5-7-76】連対率6.7%
  • サクラバクシンオー【0-4-7-34】連対率8.9%

ここに挙げた3頭は複勝率は悪くないので2~3着は狙えますが、勝率が極端に低いのが特徴。

中京芝1600m 騎手・調教師データ

中京芝1600m 騎手データ

このコースも1400mと同じく福永騎手、デムーロ騎手の成績が良く、川田騎手や浜中騎手も安定しています。

最近では北村友騎手がノーザンF生産馬で成績を伸ばしている他、吉田隼騎手や菱田騎手、津村騎手は人気薄を持ってくることが多く穴で期待。

1200mでは成績の良かった幸騎手や藤岡康騎手は共に勝率4%以下と苦戦しています。

相性の悪い騎手

  • 岩崎翼【1-0-1-43】連対率2.2%
  • 国分恭介【1-0-1-40】連対率2.4%
  • 中谷雄太【1-1-0-44】連対率4.3%

中京芝1600m 調教師データ

藤原調教師が勝率30%弱と圧倒的な成績。コース成績の良い福永騎手や北村友騎手を騎乗させることが多く、特にノーザンF生産馬なら信頼度は抜群です。

友道調教師はアドマイヤマーズ、ラインベック、アドマイヤミヤビなど期待馬を中京でデビューさせることが多く、2歳戦の成績は(6-5-0-4)。

近年では中内田調教師がこのコースでの好走が多く、こちらも福永騎手や藤岡佑騎手とのコンビが多いのが特徴。得意な騎手×得意な調教師の組み合わせを探すとより点数を絞れるかもしれません。

相性の悪い調教師

  • 松田国英【0-0-3-24】連対率0.0%
  • 千田輝彦【1-1-0-30】連対率6.3%
  • 清水久詞【0-3-4-36】連対率7.0%

◎無料買い目で有馬記念、阪神C的中!



無料買い目で回収率は衝撃の1140%!

阪神Cは10番人気メイショウショウブを抑え、無料買い目で3連複5-6-10を見事的中!
12,060円×500円(推奨金額)=60,300円!

有馬記念も無料買い目で3連複6-7-10を的中!
10,750円×500円(推奨金額)=53,750円!

ここの買い目は絶対に見逃せません。毎週土日1鞍ずつ無料買い目を配信!

メール登録で無料で買い目をゲットできます。

中京芝1600m 傾向まとめ

コース傾向

  • 1~3番人気の成績が良く、大穴は期待できない
  • 先行・差し優勢。逃げ馬は奇数枠なら頭でも狙える
  • 牡馬は極端に小柄、また大柄な馬は割引き
  • 良馬場なら真ん中から外寄りの成績が良い
  • 道悪だと外枠の信頼度は低く3~4枠が安定

血統

  • ディープインパクト、ダイワメジャーは安定
  • ロードカナロアは平場では信頼度が高い
  • 母父サドラーズウェルズ系、現役時2400m以上に良績のある母父

騎手・調教師

  • 福永、デムーロ、川田、浜中、北村友騎手
  • 穴狙いで吉田隼、菱田、津村騎手
  • 藤原、中内田調教師+ノーザンF生産馬は堅実
  • 友道調教師は2歳戦での成績が良い

 

中京競馬場 芝コース

芝1200m 芝1400m 芝1600m 芝2000m 芝2200m

中京競馬場 ダートコース

ダ1200m ダ1400m ダ1800m ダ1900m

全競馬場コースデータ

東京競馬場 中山競馬場 阪神競馬場 京都競馬場 中京競馬場 新潟競馬場 福島競馬場 小倉競馬場 札幌競馬場 函館競馬場

テキストのコピーはできません。