JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

函館ダート1700mデータ|血統・騎手・枠順・馬体重など8つの特徴を分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。


函館ダート1700m・過去10年のデータ分析です。

人気・脚質・枠順・馬体重別の成績や函館ダート1700mを得意とする血統(種牡馬・母父)や騎手・調教師を分析しています。

函館競馬場 ダート1700m

直線:260.3m


スタートから2コーナー辺りまでの約600mは下り坂になっているためテンが速くなるのが特徴で、そこから上り坂になるため4ハロン目あたりからペースが落ち最後まで1ハロン12秒台中盤のラップが続きます。


無料買い目が絶好調!マイルCS、エリ女連続的中!



マイルCS:インディチャンプ軸で的中!
→3連複3,200×400=12,800円獲得◎(228%回収)
エリザベス女王杯:ラヴズオンリーユー軸で的中!
→3連複4,060×400=16,240円獲得◎(290%回収)

マイルCSはダノンキングリー、エリザベス女王杯はクロノジェネシスを軸にして外した方も多いと思います。ここの軸馬はガチで参考になるので、無料買い目を見て自分の予想と比較してみるのがお勧めです。

【Gプレミオ】この秋の重賞でも小点数で高配当連発!


グロリアのお勧めコンテンツはコチラ↓
○重賞厳選無料買い目
○連続的中の【Gプレミオ】

今週は「ジャパンC(G1)」週。グロリアは毎週土日2鞍ずつの計4鞍無料配信です!

グロリアの無料買い目をチェック!
↑無料買い目はメール登録で確認できます。エントリーはお早目に!

函館ダート1700mの傾向データ

函館ダート1700m 人気データ


1番人気の複勝率は70%近く信頼度は高めです。テンの流れが速くなるため後半が消耗戦になりますが、人気薄が馬券に絡む時はハイペースでの差し・追い込みではなく逃げ・先行で粘り込むケースが多いのが特徴です。

函館ダート1700m 脚質データ

※特別レースを集計

4コーナーから下り坂が続くため逃げ・先行馬が有利なコースで、後方から行く馬は向こう正面までに差を縮めるかマクリ気味に動ける脚が必要です。4コーナーで5~6番手以内にはつけないと勝ちきるのは難しく差し馬は2~3着固定にするのもアリ。

函館ダート1700m 枠順・馬番データ

枠順


1枠の勝率がやや低めですが全体的には枠の内外で大きな有利不利はありません。ただしクラスが上がると外寄りの枠が有利で5枠、8枠が特に狙い目です。

馬番


馬番でも大きな差はありませんが、クラスが上がると馬券に絡みやすくなるのが5~6番と11~12番。

函館ダート1700m 馬体重データ

※特別レースを集計

基本的に馬体重480kg以上の馬が中心で馬格があればあるほど成績が上がります。479kg未満の馬は勝ちきるのがかなり難しく、数頭で迷ったら馬体重で機械的に優劣をつけるやり方も有効です。

函館ダート1700mの血統データ

函館ダート1700m 種牡馬データ


サンデー系が得意としているコースでゴールドアリュールやマンハッタンカフェ、ハーツクライ産駒が複勝率30%超え。キングカメハメハやクロフネは他コースと比べて成績が悪いのが特徴です。

サンデー系以外で成績を伸ばしているのがパイロ、シニスターミニスターで、特にパイロ産駒は複勝率50%超えと優秀で人気以上に好走するケースが目立ちます。

相性の悪い種牡馬

  • フォーティナイナーズサン【0-0-4-22】連対率0.0%
  • スウェプトオーヴァーボード【1-4-2-36】連対率11.6%
  • メイショウボーラー【2-2-6-35】連対率8.9%

函館ダート1700m 母父データ


母父キンググローリアスは人気以上の着順に入ることが多く、他にもアフリートやミスワキなどのミスプロ系が好相性です。ここ数年では母父クロフネが成績を伸ばしており複勝率は40%近くをキープしています。

相性の悪い母父

  • アグネスタキオン【4-0-2-53】連対率6.8%
  • ホワイトマズル【1-0-2-24】連対率3.7%
  • オペラハウス【1-0-0-29】連対率3.3%

函館ダート1700mの騎手・調教師データ

函館ダート1700m 騎手データ


岩田騎手が圧倒的な成績ですが人気馬に騎乗することが多く、人気以上の着順によく持ってくるのは古川騎手、勝浦騎手、菱田騎手あたり。特に古川騎手は成績だけでなく回収値も非常に高くこのコースでは抑えておきたい騎手です。

最近では北村友騎手が40%近い複勝率で上位に食い込んできそうな勢いです。

相性の悪い騎手

  • 大野拓弥【3-4-11-74】連対率7.6%
  • 西村太一【1-2-0-46】連対率6.1%
  • 井上敏樹【0-1-2-59】連対率1.6%

大野騎手は連対率は低めですが3着が多いのが特徴です。

函館ダート1700m 調教師データ


松田調教師、藤沢調教師、角田調教師が複勝率50%以上と高いアベレージを誇ります。他にも池江調教師や鮫島調教師も複勝率50%超え。やはり関西の調教師の方が信頼度は高いです。

相性の悪い調教師

  • 中野栄治【0-0-0-35】連対率0.0%
  • 吉田直弘【1-0-3-34】連対率2.6%
  • 岩戸孝樹【0-1-3-31】連対率2.9%

函館ダート1700mの平均タイム

平均タイム(2歳)

クラス平均タイム前3F後3F
新馬1.49.137.938.5
未勝利1.47.636.938.6

平均タイム(3歳)

クラス平均タイム前3F後3F
未勝利1.47.336.538.6

平均タイム(古馬)

クラス平均タイム前3F後3F
500万1.45.836.437.9
1000万1.44.736.037.4
1600万1.44.634.938.4
オープン1.43.635.737.1

函館ダート1700mで行われるレース

  • マリーンS
  • 大沼S
  • 駒場特別
  • 渡島特別

函館ダート1700mまとめ



・逃げ、先行馬
・5、8枠(特別)/5~6、11~12番(特別)
・馬体重480kg以上
・父ハーツクライ、パイロ、シニスターミニスター
・母父キンググローリアス、ミスワキ、クロフネ
・岩田康誠、古川吉洋、北村友一
・松田国英、藤沢和雄、角田晃一
・差し、追い込み馬
・1枠1番
・馬体重460kg未満
・父フォーティナイナーズサン、スウェプトオーヴァーボード
・母父アグネスタキオン、ホワイトマズル、オペラハウス
・大野拓弥、西村太一、井上敏樹
・中野栄治、吉田直弘、岩戸孝樹

函館競馬場 芝コース

芝1200m 芝1800m 芝2000m 芝2600m

函館競馬場 ダートコース

ダ1000m ダ1700m ダ2400m

全競馬場コースデータ

東京競馬場 中山競馬場 阪神競馬場 京都競馬場 中京競馬場 新潟競馬場 福島競馬場 小倉競馬場 札幌競馬場 函館競馬場
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.

テキストのコピーはできません。