函館芝1200mの傾向と特徴|血統や枠順、馬体重別のデータ分析

過去5年のコースデータから予想に役立つ傾向と特徴を紹介しています。

コースの特徴や人気・脚質・馬体重データに加え、枠順・馬番は良馬場時と重馬場時に分けて分析しています。またこのコースを得意とする血統(種牡馬・母父)や騎手・調教師の考察も行っています。

◎重賞特化の無料予想サイト

LINEで友だち追加⇒無料買い目が届く!



youtubeでも掲載実績のある無料LINE予想。
春もオークスで77,400円の払戻しなど信頼度抜群!夏~秋競馬で的中率を上げたいなら見逃せません。
無料買い目的中実績


16鞍公開13鞍的中
収支計+232,090円(回収率383%)


オークス3連複193.6倍×400円=77,440円
阪神牝馬S3連複88,3倍×400円=35,320円
金鯱賞3連複35,4倍×900円=31,850円

重賞中心に無料買い目を公開しているので初心者にもお勧めです。LINE以外でもメルアド、Yahoo!IDなどのSNSアカウントでも登録できるので自分に合った方法で無料買い目を受け取って下さい。

リンク先のページ内今すぐお友達追加からLINEに友だち追加後、届いたメッセージの【無料アカウント作成】をタップで完了です!

函館競馬場 芝1200m

コース概要

直線:262.1m

向こう正面のポケットからスタートで3~4コーナーまでの約800mが上り坂、そこからゴールまでの400mまでが下りとなっています。直線が短いため先行有利ですが、洋芝で馬場が重いため開催後半は差しが届きやすくなります。

同じ洋芝ですが、北海道の札幌競馬場と比べるとコーナーの角度が急で起伏に富んだコースです。

函館芝1200mで行われるレース

  • 函館スプリントS
  • 函館2歳S
  • 函館日刊スポーツ杯

函館芝1200m 傾向データ

函館芝1200m 人気データ

人気馬は回収値も80前後で平均的な成績です。2歳の新馬戦・未勝利戦では1番人気馬の複勝率は80%前後と優秀で、全体的には牝馬の方がやや信頼度の高いコースです。

また1番人気馬は良馬場だと複勝率57.2%、稍重以上で複勝率81.8%と道悪時の方が成績が良いのが特徴。2~4番人気馬は馬場状態にはそれほど影響されません。

3勝クラス以上では1~3番人気馬の複勝率は50%前後で横並びに近く、6~9番人気くらいの中穴よりも10番人気以下の大穴の方が狙えるコースです。特に函館2歳Sは10番人気以下の好走が目立ちます。

函館芝1200m 脚質データ

※1勝クラス以上を集計

直線の短いコースなので逃げ・先行馬が安定していますが、クラスが上がるに連れて差しも届くようになります。ただし極端な追い込みは届かず出遅れは致命傷になるので、スタートの悪い馬には注意。

函館芝1200m 馬体重データ

※1勝クラス以上を集計

420kg未満の軽量馬は苦戦していますが牡馬は440kg以上、牝馬は420kg以上あれば問題ありません。ただし牝馬は馬格に連れて成績が徐々に上がります。

また函館2歳Sでは小柄な馬でも好走していますが、函館スプリントSでは2017~2020年の4年間の3着以内12頭中最も馬体重が軽い馬は472kg。特別競走では460kg以上の馬が勝ち切ることが多いのが特徴です。

函館芝1200m コースデータ(良馬場)

函館芝1200m 枠順・馬番データ(良馬場)

枠順

良馬場では1枠の複勝率が28%と高いものの、人気しやすいこともあり回収値はそれほど高くありません。性別で見ると牡馬は3枠が勝率12.9%、複勝率31.2%と全体的に成績が良く、牝馬は1枠が複勝率30.5%で4枠・6枠もまずまず。

ただし8枠は人気より着順を下げることが多く性別問わず割引き。特にフルゲート時は信頼度が下がります。

馬番

枠順より馬番で見た方が傾向がはっきりしており1~9番に入ればプラス、10番以降ならマイナス。

牡馬は外寄りになると10番、12番、14番と偶数馬番ならそこまで成績は落ちませんが奇数馬番と大外16番は割引き。逆に牝馬は外寄りだと奇数馬番の方が成績が良く、13番は(2-10-7-56)、15番は(6-3-3-44)と複勝率は20%以上をキープしています。

函館芝1200m コースデータ(重馬場)

函館芝1200m 枠順・馬番データ(稍重~不良馬場)

枠順

道悪では1枠・8枠と内外極端な枠に入ると複勝率が20%を割っていますが、それ以外の枠は差はありません。性別で見ると牡馬は2枠、4枠、7枠の成績が良く牝馬は3枠、5~6枠が好調。

馬番

馬番で見ると6番、8番と真ん中の偶数馬番の成績が良く、10番も回収値は単複共に100超え。牡馬は内外どちらでも問題ありませんが牝馬は4~10番の成績・回収値が高めです。

函館芝1200m 血統データ

函館芝1200m 種牡馬データ

ロードカナロア、ダイワメジャーの2頭が勝利数では他を大きく引き離しています。ロードカナロア産駒は特に2~3歳馬の勝率が高く、4歳以上になると勝ち切れません。ダイワメジャー産駒は2歳馬の成績が飛び抜けていますが3歳以降でも安定しています。

近年はジョーカプチーノ産駒の成績が非常に良く、函館2歳Sを勝ったナムラリコリスや函館スプリントS3着のジョーマンデリンなど活躍しているのはほぼ牝馬ですが重賞でも好調。

他にはダノンシャンティ、リオンディーズ、リーチザクラウン、アイルハヴアナザー、ジャスタウェイあたりの成績が良く、2~3着狙いならマクフィやディスクリートキャットも複勝率は優秀です。

種牡馬系統別

  • サドラーズウェルズ系【7-9-4-41】連対率25.0%
  • キングカメハメハ系【34-21-16-190】連対率21.1%
  • ダンジグ系(欧)【9-9-10-65】連対率19.4%

相性の悪い種牡馬

  • ローズキングダム【0-0-0-13】連対率0.0%
  • ドゥラメンテ【0-0-1-9】連対率0.0%
  • スウェプトオーヴァーボード【1-0-2-30】連対率3.0%

函館芝1200m 母父データ

飛び抜けて成績の良い系統はありませんが、サクラバクシンオーやクロフネ、キングヘイローやアドマイヤムーンなど現役時代にスプリントGⅠを勝っているか、スプリントGⅠ馬を輩出している馬を母父に持つ馬は比較的安定しています。

母父サンデーサイレンスは性別問わず走りますが、母父サクラバクシンオーは牡馬の複勝率32.7%に対して牝馬は16.3%。クロフネ、フレンチデピュティなどデピュティミニスター系は牡馬の複勝率17.7%に対して牝馬は31.2%と性別によって傾向が異なります。

表以外ではキャプテンスティーヴ、トワイニング、デュランダルも複勝率は40~50%前後と優秀。母父グレイソヴリン系は出走数は多くありませんが、良馬場時の複勝率23.1%に対して道悪時は複勝率35.3%まで上がります。

母父系統別

  • グレイソヴリン系【6-11-4-61】連対率20.7%
  • ダンジグ系(米)【10-2-4-44】連対率20.0%
  • エンドスウィープ系【11-4-3-58】連対率19.7%

相性の悪い母父

  • メジロライアン【0-0-0-13】連対率0.0%
  • ステイゴールド【0-0-1-13】連対率0.0%
  • ファルブラヴ【1-0-1-16】連対率5.6%

他にはフォーティナイナーやサドラーズウェルズ、ホワイトマズルあたりも連対率は10%以下。洋芝なので欧州型ノーザンダンサー系は合いそうですが、成績が良いのはスピード寄りのデインヒル系でスタミナ寄りのサドラーズウェルズ系やリファール系は回収値が低めです。

函館芝1200m 騎手・調教師データ

函館芝1200m 騎手データ

4~5年前までは岩田康騎手の成績が断トツでしたが、ここ数年成績を伸ばしているのが池添騎手、吉田隼騎手と横山武騎手。池添騎手と横山武騎手は未勝利戦での勝ち鞍が多く、吉田隼騎手は未勝利~2勝クラスで万遍なく勝っています。

複勝率ではルメール騎手がトップですが、平均2.4番人気ということを考えるとイマイチ。特に新馬戦では(0-3-1-8)、未勝利戦では(4-9-4-12)と勝ち切れません。武豊騎手はクラス・性別問わず安定しており当日3番人気以内で(12-4-4-15)、4番人気以下は(0-3-1-16)と買い時がハッキリしています。

他では藤岡佑騎手は牡馬の複勝率が47.5%、牝馬が25.0%と牡馬での成績が良く、若手では坂井騎手や秋山稔騎手が好調です。

相性の悪い騎手

  • 小沢大仁【0-0-0-21】連対率0.0%
  • 柴山雄一【0-0-8-56】連対率0.0%
  • 菊沢一樹【0-1-1-34】連対率2.8%

函館芝1200m 調教師データ

清水調教師はクラス問わず成績が良く重賞でも函館2歳S1着のカシアス、函館スプリントS3着のジョーマンデリンと結果を残しています。安田調教師も同じく函館スプリントSのダイアトニック、ジューヌエコールと得意なコース。

清水調教師は池添騎手、吉田隼騎手、岩田康騎手とコース成績上位の騎手とのコンビで強く、安田調教師は北村友騎手を騎乗させることが多く結果も優秀です。

南井調教師はオープンクラスでの出走は少ないものの条件戦での複勝率は抜群。重賞ではアスターペガサス、ビアンフェを管理する中竹調教師も好調です。他では武幸調教師は2020~2021年で4勝を挙げており今後成績を伸ばしてきそうです。

相性の悪い調教師

  • 伊藤伸一【0-0-2-19】連対率0.0%
  • 天間昭一【0-1-3-20】連対率4.2%
  • 伊藤大士【0-1-1-19】連対率4.8%

函館芝1200m 傾向まとめ

コース傾向

新馬・未勝利戦の1番人気馬は堅実、牝馬の信頼度が高い
逃げ・先行馬が有利
馬格がある牝馬が狙い目
開催前半は内枠有利、馬番10番以降は割引き
道悪時の8枠はやや割引き

血統

ダイワメジャー、ロードカナロア産駒は安定
キンシャサノキセキ、ヨハネスブルグは牡馬の成績が良い
近年はジョーカプチーノ産駒の成績が抜群
ダノンシャンティ、リオンディーズ、アイルハヴアナザー産駒も好調
母父サクラバクシンオーの牡馬○
母父デピュティミニスター系の牝馬○

騎手・調教師

池添騎手、横山武、吉田隼騎手は安定
武豊騎手は当日3番人気以内○
藤岡佑騎手は牡馬で好成績
清水、安田調教師はクラス問わず好成績
南井調教師は条件戦○

 

函館競馬場 コースデータ

芝1200m 芝1800m 芝2000m 芝2600m ダ1000m ダ1700m ダ2400m

全競馬場コースデータ

東京競馬場 中山競馬場 阪神競馬場 京都競馬場 中京競馬場 新潟競馬場 福島競馬場 小倉競馬場 札幌競馬場 函館競馬場

テキストのコピーはできません。