JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

函館芝1200mデータ|血統・騎手・枠順・馬体重など8つの特徴を分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。


函館芝1200m・過去10年のデータ分析です。

人気・脚質・枠順・馬体重別の成績や函館芝1200mを得意とする血統(種牡馬・母父)や騎手・調教師を分析しています。

函館競馬場 芝1200m

直線:262.1m


向こう正面のポケットからスタートで3~4コーナーまでの約800mが上り坂、そこからゴールまでの400mまでが下りとなっています。直線が短いため先行有利ですが、洋芝で馬場が重いため開催後半は差しが届きやすくなります。


快進撃が止まらない!注目の予想サイトGLORIA



直近ではセントライト記念のサトノルークス(8人気)、ローズSのビーチサンバ(6人気)、京成杯AHのジャンダルム(10人気)を的中!他にもハヤヤッコ、カデナ、ハイランドピーク、ロードヴァンドールなど穴馬のチョイスは見事です。

9/15は無料買い目2鞍がそれぞれ150%・1000%回収!今週はオールカマーを含む計4鞍を無料配信!毎週の無料予想も絶対に見た方が良いです!もちろん毎週のように重賞的中のGプレミオも注目です!!

GLORIAのおすすめはコチラ↓
○重賞厳選無料買い目
○連続的中の【Gプレミオ】



オールカマー+3鞍の無料予想を受け取る(無料)
(無料買い目は前日夜22時頃に配信)
↑無料メール登録で前日夜に重賞の買い目が確認できます。返信メール内のURLクリックで登録完了!

函館芝1200mの傾向データ

函館芝1200m 人気データ


人気通りに決まりやすいコースで1番人気の成績・回収値は及第点です。10番人気以下の大穴はあまり期待できませんが、大番狂わせを狙うなら500万~1000万条件での差し馬です。

函館芝1200m 脚質データ


直線の短いコースなので逃げ・先行馬が安定していますが、クラスが上がるに連れて差しが届くようになります。ただし直線一気では届かず4コーナーで8番手くらいにはつけておきたい所です。

函館芝1200m 枠順・馬番データ

枠順


1枠の成績が頭一つ抜けており、小回りコースのため全体的に内有利です。外枠はやや不利で8枠に入った馬は大きく割引き。勝率では6枠が10%近い勝率をマークしていますが、6枠が来やすいのは7月に入ってからの2回函館開催です。

馬番


馬番では枠順以上に分かりやすい成績の差があり9番から内に入ったらプラス、10番から外に入ったらマイナスです。特に13番から外に入ると連対率も10%を割るので軸にするのは危険です。

内枠は人気になりやすいため回収値では5~9番が高めです。また偶数枠よりも奇数枠の方がやや複勝率が高め。

函館芝1200m 馬体重データ


軽量馬でもまずまず戦えていますが、440kg未満は勝率がやや落ちます。最も成績が良いのは460~479kgですが牡馬は馬体重による成績の差はあまり無く、牝馬は馬格のある馬が有利。

函館スプリントSでは札幌開催を除く9回中牝馬が4勝を挙げていますが、最軽量はソルヴェイグの464kgで他の3頭は480kgと馬格がありました。

函館芝1200mの血統データ

函館芝1200m 種牡馬データ


サクラバクシンオーやデュランダルは死亡しているため産駒数は減る一方ですが、近年ではヨハネスブルグ産駒が特に良い成績を残しています。

クロフネ産駒もこのコースに強くジューヌエコールなどで重賞3勝を挙げている他、2015年の函館スプリントSではアースソニックが14番人気2着、レンイングランドが12番人気3着と人気薄でも注意が必要です。

相性の悪い種牡馬

  • メイショウボーラー【0-1-3-40】連対率2.3%
  • ブラックタイド【1-1-3-29】連対率5.9%
  • サウスヴィグラス【0-3-0-33】連対率8.3%

キングカメハメハ産駒もこのコースでは勝率7.4%と他の種牡馬と比べて低く人気より下の着順になることが多いのが特徴です。

函館芝1200m 母父データ


母父タイキシャトルの他、ウッドマンやシーキングザゴールド、ダンジグ、グリーンデザートなど海外系のスピード豊富な血統が好相性です。

サンデーサイレンスやフジキセキ、ブライアンズタイムなどは複勝率はまずまずですが勝ちきれない傾向があり、特に母父ブライアンズタイムは2着が非常に多いのが特徴です。

相性の悪い母父

  • ヘクタープロテクター【1-0-2-38】連対率2.4%
  • スペシャルウィーク【3-1-2-45】連対率7.8%
  • カーリアン【2-2-2-50】連対率7.1%

函館芝1200mの騎手・調教師データ

函館芝1200m 騎手データ


岩田騎手が複勝率46%と断トツの成績を挙げています。横山典騎手も優秀な成績ですがここ数年は函館に乗りに来ることが無く、逆にここ2~3年では北村友騎手が成績を伸ばしており、穴馬を持ってくることもあり回収値が高めです。

相性の悪い騎手

  • 井上敏樹【2-2-4-71】連対率5.1%
  • 城戸義政【2-3-3-62】連対率7.1%
  • 川島信二【3-1-4-37】連対率8.9%

函館芝1200m 調教師データ


安田調教師の成績が非常に良く重賞でもジューヌエコールやカレンチャンなどで(2-2-0-1)という成績。須貝調教師は出走数が多い割に高い複勝率をキープしており岩田騎手や三浦騎手とのコンビが狙い目。

相性の悪い調教師

  • 森秀行【1-0-0-31】連対率3.1%
  • 高橋義博【1-1-0-34】連対率5.6%
  • 天間昭一【1-2-2-40】連対率6.7%

函館芝1200mの平均タイム

平均タイム(2歳)

クラス平均タイム前3F後3F
新馬1.11.035.435.6
未勝利1.11.134.936.2
オープン1.10.634.236.4

平均タイム(3歳)

クラス平均タイム前3F後3F
未勝利1.10.234.235.9

平均タイム(古馬)

クラス平均タイム前3F後3F
500万1.09.834.235.6
1000万1.09.434.235.2
1600万1.08.933.935.0
オープン1.09.033.735.3

函館芝1200mで行われるレース

  • 函館スプリントS
  • 函館2歳S
  • 函館日刊スポーツ杯
  • TVh杯

函館芝1200mまとめ



・先行馬
・1枠、6枠(2回函館)
・馬体重460kg以上(牝馬)
・父ヨハネスブルグ、クロフネ
・母父タイキシャトル、ウッドマン、シーキングザゴールド
・岩田康誠、三浦皇成
・安田隆行、須貝尚介
・追い込み馬
・8枠/13~16番
・父メイショウボーラー、ブラックタイド
・母父ヘクタープロテクター
・井上敏樹、城戸義政
・森秀行、高橋義博

函館競馬場 芝コース

芝1200m 芝1800m 芝2000m 芝2600m

函館競馬場 ダートコース

ダ1000m ダ1700m ダ2400m

全競馬場コースデータ

東京競馬場 中山競馬場 阪神競馬場 京都競馬場 中京競馬場 新潟競馬場 福島競馬場 小倉競馬場 札幌競馬場 函館競馬場
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.

テキストのコピーはできません。