函館芝2600mの傾向と特徴|血統や枠順、馬体重別のデータ分析

函館競馬場 芝2600m

過去10年のコースデータから予想に役立つ傾向と特徴を紹介しています。

コースの特徴や人気・脚質・馬体重データに加え、枠順・馬番は良馬場時と重馬場時に分けて分析しています。またこのコースを得意とする血統(種牡馬・母父)や騎手・調教師の考察も行っています。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

3連複的中率:62%(21戦13勝)
獲得総額:277,890円
収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

函館競馬場 芝2600m

コース概要

直線:262.1m

函館芝2600mは向こう正面からのスタート。スタート後3コーナーまでの約600mが上りになるため序盤からペースは落ち着く傾向にあります。2周目の向こう正面あたりからペースが上がりやすく、ロングスパートの持久力勝負になります。

函館芝2600mで行われるレース

  • 北海ハンデキャップ
  • 駒ヶ岳特別
  • 横津岳特別

函館芝2600m 傾向データ

函館芝2600m 人気データ

1番人気馬は勝率は33.3%とまずまずの成績ですが2~3着が少なく、手広く狙うよりは1着固定の方がいいかもしれません。また平場の1番人気は(18-2-3-9)と高勝率

下位人気の回収値が高めですが、近年は人気馬優勢で4番人気以内が安定しています。

函館芝2600m 脚質データ

※1勝クラス以上を集計

逃げ・先行馬が強いのは他の函館芝コースと同じですが、長丁場で前半がゆったり流れるためマクリが時々見られます。

函館芝2600m 馬体重データ

※1勝クラス以上を集計

馬体重による差はあまりありませんが500kgを超える大型馬は苦戦しています。480kg未満の馬の方が回収値も高く、人気以上に好走することが多いのが特徴。特に牡馬は460~479kgの回収値が抜群です。

函館芝2600m コースデータ(良馬場)

函館芝2600m 枠順・馬番データ(良馬場)

枠順

コーナー6つの長距離戦になるため、インベタで回りやすい1~3枠の成績が良く外枠は苦戦しています。ただし大外の8枠は折り合いをつけやすいこともあるのか外寄りの枠の中では最も良い成績を残しています。

馬番

馬番でも内寄りの1~6番の成績が安定しています。外寄りになるに連れて成績は徐々に下がりますが、12番だけは内枠に匹敵する成績を残しています。

函館芝2600m コースデータ(重馬場)

函館芝2600m 枠順・馬番データ(稍重~不良馬場)

枠順

道悪でも内の1~2枠は変わらず好成績。馬場以上に大外8枠の成績が良いのが特徴ですが、人気馬が多かったこともあり中穴以下なら抑えまでが無難。

馬番

馬番では内の1~2番は人気より好走することが多く、特に2番は勝率30%台。5番も複勝率では2番に匹敵する成績を残しています。

函館芝2600m 血統データ

函館芝2600m 種牡馬データ

出走数は多くありませんがリファール系やデピュティミニスター系などノーザンダンサー系の成績が抜群です。

近年はハービンジャーとハーツクライの2頭の成績が抜けており、他にはシンボリクリスエス、ルーラーシップも好調。ノヴェリストやワークフォースも健闘しています。

種牡馬系統別

  • リファール系【3-6-2-12】連対率39.1%
  • デピュティミニスター系【4-2-1-12】連対率31.6%
  • ダンジグ系【9-6-7-29】連対率29.4%

相性の悪い種牡馬

  • ブラックタイド【0-0-0-7】連対率0.0%
  • ゼンノロブロイ【0-1-1-24】連対率3.8%
  • ダイワメジャー【0-1-2-12】連対率6.7%

ゼンノロブロイ産駒はそれなりに人気になることが多いもののこのコースは非常に苦手としています。

函館芝2600m 母父データ

母父ではサンデーサイレンス系の成績が良く、特にサンデーサイレンス自身が(16-20-3-63)で連対率35.3%。3着が少ないこともあり馬券的にも絞り込みやすそうです。

他にはジェイドロバリーやアフリートなどのミスプロ系も全体的に相性が良いコースです。

母父系統別

  • サンデーサイレンス系【25-28-11-127】連対率27.7%
  • ミスタープロスペクター系【14-8-8-75】連対率21.0%
  • ノーザンテースト系【3-2-6-17】連対率17.9%

相性の悪い母父

  • トニービン【0-0-0-21】連対率0.0%
  • メジロマックイーン【0-0-0-10】連対率0.0%
  • クロフネ【0-0-1-9】連対率0.0%

トニービンやメジロマックイーンはイメージ的に長距離が合いそうですがこのコースでは買えません。特にトニービンは過去10年で一度も3着以内がありません。

函館芝2600m 騎手・調教師データ

函館芝2600m 騎手データ

岩田騎手は他の函館芝コースに比べると勝率は目立ちませんが、複勝率は55%とやはりこのコースでも安定しています。

吉田隼騎手は人気馬よりも6番人気以下の中穴をよく持ってきており高配当を狙うなら抑えておきたい騎手です。勝浦騎手や三浦騎手など関東騎手の方が回収値が高いのが特徴。

若手では坂井騎手や荻野極騎手が好調です。

相性の悪い騎手

  • 菱田裕二【0-0-3-17】連対率0.0%
  • 黛弘人【0-1-0-21】連対率4.5%
  • 丸山元気【1-2-3-25】連対率9.7%

函館芝2600m 調教師データ

施行回数が少ない条件ですが庄野調教師、木村調教師、昆調教師あたりが狙い目。牡馬は単回値では関東馬の方が高く、複回値は関西馬の方が高いのが特徴です。

相性の悪い調教師

  • 森秀行【0-0-0-7】連対率0.0%
  • 橋田満【0-0-0-7】連対率0.0%
  • 鮫島一歩【0-1-1-11】連対率8.3%

函館芝2600m 傾向まとめ

コース傾向

平場の1番人気は高勝率、近年は4番人気以内が安定
逃げ・先行馬が中心
500kg以上はやや苦戦、牡馬は460~479kgの成績が抜群
良馬場では1~3枠の成績が良く、外寄りでは12番も好成績
道悪では1~2枠の成績が良く、8枠は人気馬なら

血統

父ノーザンダンサー系の成績が抜群
ハービンジャー、ハーツクライ、ルーラーシップ産駒が好調
母父サンデーサイレンスの連対率が高い
母父ミスプロ系も好調
ゼンノロブロイ産駒と母父トニービンは不振

騎手・調教師

岩田康、吉田隼騎手が好成績
関東騎手の回収値が高く、若手では坂井、荻野極騎手も好調
庄野、木村調教師が好成績

 

函館競馬場 コースデータ

芝1200m 芝1800m 芝2000m 芝2600m ダ1000m ダ1700m ダ2400m

全競馬場コースデータ

東京競馬場 中山競馬場 阪神競馬場 京都競馬場 中京競馬場 新潟競馬場 福島競馬場 小倉競馬場 札幌競馬場 函館競馬場

テキストのコピーはできません。