JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

阪神ダート1200mデータ|血統・騎手・枠順・馬体重など8つの特徴を分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。


阪神ダート1200m・過去10年のデータ分析です。

人気・脚質・枠順・馬体重別の成績や阪神ダート1200mを得意とする血統(種牡馬・母父)や騎手・調教師を分析しています。

阪神競馬場 ダート1200m

直線:352.7m


阪神ダート1200mはスタート後200mが平坦でその後下り坂が800m続くコースです。そのため前半のペースが速くなりがちですが、直線に急坂があるためクラスが上がるにつれて差し馬が成績を伸ばしています。

無料重賞情報が絶好調!

5月・6月絶好調の競馬学会は無料情報で数々のG1を的中!
難しかった京王杯、Vマイル、そしてダービーまで無料情報で的中!

↓実際に配信された無料情報です。

日本ダービー無料買い目で、3連複穴的中!
単勝90倍1ロジャーバローズをしっかりと推奨!!
三連複1-7-13 12,050円的中!

京王杯SCでは6人気2着リナーテ。
ヴィクトリアマイルでは11人気3着のクロコスミアを抑えての3連複ゲット。
京王杯SC→37,8倍/ヴィクトリアマイル→354,9倍

今週は土曜やまびこS、日曜函館記念を無料配信
函館記念は近年波乱決着が続いているだけに、ここの買い目は参考になるはずです!

⇒(無料)やまびこS/函館記念の買い目を見る
メールアドレスを登録後、確認メールからログインして下さい。

阪神ダート1200mの傾向データ

阪神ダート1200m 人気データ


1番人気馬の連対率は50%を割っており、阪神ダートの4つの距離の中では1番人気馬の信頼度は最も低いコースとなっています。特に牝馬の成績が奮わないのが特徴です。

7番人気の人気薄を狙う場合、頭狙いなら逃げ馬が良く3着狙いなら差し馬がお勧め。前が速くなりがちとは言え人気のない差し・追い込み馬は勝ちきれません。

阪神ダート1200m 脚質データ

※特別レースを集計

先行馬が最も安定し、次いで差し馬が好成績。前傾ラップになり直線に急坂もあるため逃げ馬は苦戦しています。上がり最速馬の複勝率が35%と低く前で粘れる馬が狙い目です。

阪神ダート1200m 枠順・馬番データ

枠順


8枠が全ての成績でトップ。内側の1~2枠は揉まれやすいため成績はイマイチです。特別レースに絞ると6~7枠の成績が良く、逆に成績が落ちるのが3枠で複勝率は12%前後とガクンと落ちます。

馬番


馬番でも内側を除くと大きな差はありません。特別レースでは外寄りの11~14番あたりが人気より好走しやすく、11番と14番の勝率が13%前後と目立っています。

阪神ダート1200m 馬体重データ

※特別レースを集計

下級条件では馬格のある馬が有利ですが、特別レースでは軽量馬も好走しています。特に440~459kgが全体的に優秀なのはダートの短距離戦ではやや特殊な傾向です。

阪神ダート1200mの血統データ

阪神ダート1200m 種牡馬データ


サウスヴィグラス、クロフネ、フレンチデピュティ産駒の相性がいいコースです。出走数が少ないところではヘニーヒューズやヴィクトワールピサ、メイショウサムソン産駒もよく馬券に絡んでいます。

他にはマテラスカイが1600万の花のみちSを3馬身半差で圧勝したスペイツタウンに注目。テンモースもこのコースで2勝を挙げており血統的なコース巧者の可能性があります。

相性の悪い種牡馬

  • フォーティナイナーズサン【0-0-0-33】連対率0.0%
  • キングズベスト【0-0-0-21】連対率0.0%
  • ジャングルポケット【2-1-6-60】連対率4.3%
  • ゼンノロブロイ【3-1-7-67】連対率5.1%

阪神ダート1200m 母父データ


母父ソルトレイクはサイタスリーレッドなどオープンクラスで活躍する産駒もおりこのコースで狙い目。出走数ではサンデー系やブライアンズタイムが上位ですが、コース相性ではミスプロ系とノーザンダンサー系が優勢です。

最近では母父キングマンボやラムタラ、カリズマティックあたりが活躍しています。

相性の悪い母父

  • アンブライドルズソング【0-1-1-23】連対率4.0%
  • ダンジグ【1-1-4-51】連対率3.5%
  • クロフネ【1-4-3-54】連対率8.1%

父としては相性が良いクロフネですが母父になると苦戦しています。

阪神ダート1200mの騎手・調教師データ

阪神ダート1200m 騎手データ


武豊騎手、福永騎手が馬券の軸としては安定しています。ルメール騎手は騎乗数が多くありませんが複勝率50%。人気以上の着順に持ってくることが多いのは小牧騎手、北村友騎手、酒井騎手あたりです。

相性の悪い騎手

  • 森一馬【1-0-0-47】連対率2.1%
  • 加藤祥太【1-2-0-58】連対率4.9%
  • 藤懸貴志【0-3-2-77】連対率3.7%

阪神ダート1200m 調教師データ


安田調教師や西園調教師など芝の短距離を得意とする調教師はダートでも変わらず。ただ出走していたら調教師だけで買いなのは藤原調教師で複勝率50%超という成績。

相性の悪い調教師

  • 鈴木孝志【1-5-3-80】連対率6.7%
  • 坪憲章【2-3-4-70】連対率6.3%
  • 大橋勇樹【6-4-8-103】連対率8.3%

阪神ダート1200mの平均タイム

平均タイム(2歳)

クラス平均タイム前3F後3F
新馬1.13.636.037.7
未勝利1.13.335.637.7
500万1.12.335.137.2

平均タイム(3歳)

クラス平均タイム前3F後3F
新馬1.13.235.637.6
未勝利1.12.835.437.3
500万1.12.034.937.1

平均タイム(古馬)

クラス平均タイム前3F後3F
500万1.11.834.836.9
1000万1.11.234.636.6
1600万1.10.834.536.3
オープン1.09.933.936.0

阪神ダート1200mで行われるレース

  • 陽春S
  • なにわS
  • 花のみちS

阪神ダート1200mまとめ



・先行馬
・8枠
・父サウスヴィグラス、フレンチデピュティ、クロフネ
・母父ソルトレイク、スキャン、ストームキャット
・武豊、福永祐一、ルメール、小牧太
・藤原英昭、村山明
・逃げ馬
・1~2枠
・父フォーティナイナーズサン、キングズベスト
・母父アンブライドルズソング、クロフネ、ダンジグ
・森一馬、藤懸貴志、加藤祥太
・鈴木孝志、坪憲章

阪神競馬場 芝コース

芝1200m 芝1400m 芝1600m 芝1800m 芝2000m 芝2200m 芝2400m 芝3000m

阪神競馬場 ダートコース

ダ1200m ダ1400m ダ1800m ダ2000m

全競馬場コースデータ

東京競馬場 中山競馬場 阪神競馬場 京都競馬場 中京競馬場 新潟競馬場 福島競馬場 小倉競馬場 札幌競馬場 函館競馬場
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.