阪神ダート1200mの傾向と特徴|血統や枠順、馬体重別のデータ分析

阪神競馬場 ダート1200m

過去10年のコースデータから予想に役立つ傾向と特徴を紹介しています。

コースの特徴や人気・脚質・馬体重データに加え、枠順・馬番は良馬場時と重馬場時に分けて分析しています。またこのコースを得意とする血統(種牡馬・母父)や騎手・調教師の考察も行っています。

◎実績No.1の無料予想サイト

2020年のGⅠ無料予想は何と+169,490円!
重賞の無料予想で1番お勧めできるサイトです。

◎2021年春のGⅠは10戦5勝


日本ダービーは9番人気ステラヴェローチェを抑え3連複88.0倍×300円=26,400円的中!
京王杯SCでは8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れ167.4倍×400円=66,960円的中!

他にも高松宮記念/桜花賞/天皇賞・春/NHKマイルCで3連複的中
ここ一番での重賞予想の精度は抜群です!

◎2020年G1実績(無料買い目)

3連複的中率:62%(21戦13勝)
獲得総額:277,890円
収支総額:169,490円(回収率256%)

有料情報以上の精度と回収率!
毎週の無料買い目は重賞中心なので、少額で楽しむライトユーザーにもお勧めです。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

リンク先のページ内【限定無料登録】から無料メール登録のみで即買い目確認OK。Google/Yahooアカウントで簡単登録も可能です。

阪神競馬場 ダート1200m

コース概要

直線:352.7m

阪神ダート1200mはスタート後200mが平坦でその後下り坂が800m続くコースです。そのため前半のペースが速くなりがちですが、直線に急坂があるためクラスが上がるにつれて差し馬が成績を伸ばしています。

阪神ダート1200mで行われるレース

  • 陽春S
  • なにわS
  • 花のみちS

阪神ダート1200m 傾向データ

阪神ダート1200m 人気データ

1番人気馬は平均的な成績で、人気サイドはまずまず信頼できます。また1番人気の牡馬は信頼度が高く牝馬の信頼度は低めです。

6番人気の人気薄を狙う場合、連対狙いなら逃げ・先行馬が良く3着狙いなら差し・追い込み馬がお勧め。前が速くなりがちとは言え人気のない差し・追い込み馬は勝ちきれません。

阪神ダート1200m 脚質データ

※1勝クラス以上を集計

前に行った馬の勝率が高く、差し・追い込み馬は1着より2~3着狙い。前半のペースが速くなりがちなので特別レースでは逃げ馬の成績はやや落ち、先行馬が有利になります。

阪神ダート1200m 馬体重データ

※1勝クラス以上を集計

460kgを境に成績が上がり、500~519kgの成績が安定しています。他のコースと同様牡馬は馬格がある馬が強く、牝馬は450kg前後でも問題ありません。

阪神ダート1200m コースデータ(良馬場)

阪神ダート1200m 枠順・馬番データ(良馬場)

枠順

8枠が全ての成績でトップ。内側の1~2枠は揉まれやすいため成績はイマイチです。

特別レースになると6~8枠の成績が非常に良く、特に6枠は連対率25%前後。内では2枠はまずまずの成績ですが1枠と3~5枠は連対率10%を切っています。

馬番

内寄りでは2番、6番、8番と偶数枠が複勝率20%台に乗っています。外枠では15~16番の成績も良く、また頭数に関わらず大外に入った馬は連対率20%、複勝率26%と優秀な成績。

特別レースでは8番より外に入った馬の成績が良く、1番と4~7番はかなり成績を落としています。

阪神ダート1200m コースデータ(重馬場)

阪神ダート1200m 枠順・馬番データ(稍重~不良馬場)

枠順

稍重以上でも8枠の成績がトップですが人気にもなりやすく、4~5枠の回収値が高め。1枠は全ての成績が悪く割引き。

ただし特別レースでは5枠のみ極端に成績が悪いのが特徴です。

馬番

馬番では外の14~16番の成績が良く、回収値を含めると真ん中あたりの7~10番も優秀。内枠は勝率や連対率がやや低めに出ています。

阪神ダート1200m 血統データ

阪神ダート1200m 種牡馬データ

エンドスウィープ系、デピュティミニスター系、ストームキャット系が拮抗しています。サウスヴィグラス産駒は回収値も高く、近年はヘニーヒューズ産駒の成績が抜群。表以外ではプリサイスエンド、スウェプトオーヴァーボードは2~3着が多いのが特徴です。

それ以外ではスパイツタウンに注目。代表産駒のマテラスカイが3勝クラスの花のみちSを圧勝するなど相性が良く、スパイツタウンを父に持つセントラルバンカー産駒のピアシックもこのコースは4戦して全て3着以内。

種牡馬系統別

  • エンドスウィープ系【58-63-59-550】連対率16.6%
  • デピュティミニスター系【44-37-45-361】連対率16.6%
  • ストームキャット系【37-28-39-297】連対率16.2%

相性の悪い種牡馬

  • キングズベスト【0-0-1-34】連対率0.0%
  • ゼンノロブロイ【3-1-8-72】連対率4.8%
  • トワイニング【1-2-4-38】連対率6.7%

シニスターミニスター産駒はこのコースでは(5-4-13-69)で複勝率は24.2%ですが連対率は10%以下。

阪神ダート1200m 母父データ

デピュティミニスター系はサイタスリーレッドの母父ソルトレイクの成績が抜群ですが、母父クロフネは複勝率16%前後とそれほど強調できません。

出走数は多くありませんがラーイやピークスアンドヴァレーズなどのレッドゴッド系、ボストンハーバーやプルピットなどのボールドルーラー系など母父ナスルーラ系の連対率が高め。

近年はトワイニング、キングマンボ、ケイムホーム、イルーシヴクオリティあたりも好調です。

母父系統別

  • デピュティミニスター系【43-33-31-299】連対率18.7%
  • レッドゴッド系【20-26-12-209】連対率17.2%
  • ボールドルーラー系【20-17-15-172】連対率16.5%

相性の悪い母父

  • アンブライドルズソング【0-1-1-25】連対率3.7%
  • マキャヴェリアン【2-0-2-26】連対率6.7%
  • フォーティナイナー【6-3-6-119】連対率6.7%

出走数が多い所ではダンスインザダーク、タイキシャトル、アフリートも連対率10%以下。

阪神ダート1200m 騎手・調教師データ

阪神ダート1200m 騎手データ

武豊騎手、福永騎手が連対率30%台と信頼度が高く、福永騎手は平場・武豊騎手は特別レースでの成績が良いのが特徴です。また騎乗数は多くありませんがルメール騎手は連対率40%台。

人気薄での好走が目立つのは北村友騎手や小牧騎手、川須騎手、酒井騎手あたり。

相性の悪い騎手

  • 富田暁【0-0-0-45】連対率0.0%
  • 森一馬【1-0-0-48】連対率2.0%
  • 坂井瑠星【1-1-3-50】連対率3.6%

阪神ダート1200m 調教師データ

安田調教師や西園調教師など芝の短距離を得意とする調教師はダートでも変わらず上位で、近年は西浦調教師や中内田調教師が成績を伸ばしています。

また牧田調教師は牝馬の複勝率は10%前後ですが牡馬の複勝率は40%弱と性別で大きな差があります。牝馬に強いのは大久保龍調教師や藤原調教師。

相性の悪い調教師

  • 西橋豊治【4-2-5-98】連対率5.5%
  • 服部利之【2-4-6-95】連対率5.6%
  • 河内洋【3-2-5-56】連対率7.6%

阪神ダート1200m 傾向まとめ

コース傾向

牡馬の1番人気は信頼度が高め
逃げ・先行馬有利、差し・追い込みは人気馬中心
牡馬は馬格がある馬が強い
8枠の成績が良く、大外に入った馬の成績が抜群
稍重以上でも8枠○、特別レースの5枠×

血統

サウスヴィグラス、ヘニーヒューズ産駒が好成績
スパイツタウン系は抑え必須
プリサイスエンド、スウェプトオーヴァーボード産駒は2~3着狙い
母父デピュティミニスター系、ナスルーラ系が好成績
近年は母父トワイニング、キングマンボ、ケイムホーム、イルーシヴクオリティが好調

騎手・調教師

平場の福永騎手、特別の武豊騎手
デムーロ、ルメール、川田騎手も近年好調
人気薄狙いなら北村友、小牧、川須、酒井騎手
安田、西園、西浦、中内田調教師の信頼度が高め
牧田調教師は牡馬の成績が抜群、牝馬は不振

 

阪神競馬場 コースデータ

芝1200m 芝1400m 芝1600m 芝1800m 芝2000m 芝2200m 芝2400m 芝3000m ダ1200m ダ1400m ダ1800m ダ2000m

全競馬場コースデータ

東京競馬場 中山競馬場 阪神競馬場 京都競馬場 中京競馬場 新潟競馬場 福島競馬場 小倉競馬場 札幌競馬場 函館競馬場

テキストのコピーはできません。