阪神ダート1800mの傾向と特徴|血統や枠順、馬体重別のデータ分析

阪神ダート1800m・過去10年のコースデータ分析です。
人気・脚質・枠順・馬体重別の成績や阪神ダート1800mを得意とする血統(種牡馬・母父)や騎手・調教師を分析しています。

フェブラリーSの無料買い目ならこのサイト!

シルクロードSでは58,000円の払戻実績!今最もお勧めの予想サイトです。

実際に配信された無料買い目がこちら↓


2/2 シルクロードS
3連複177.4倍×400円=58,040円(12点)
8番人気ナランフレグを軸に③-⑥-⑧番人気で見事的中!

1/26 AJCC
3連複25.4倍×400円=10,160円(12点)
こちらは4番人気ラストドラフトを軸に的中!

どちらも1番人気を軸にしていないので、軸馬を参考にするだけでも登録しておく価値があります。
今週はフェブラリーSの買い目を無料公開。インティやモズ以外のお宝馬が見つかるかも!?

毎週メイン1鞍+3鞍の計4鞍を無料配信!リンク先のページから無料メール登録のみでOK。

阪神競馬場 ダート1800m

コース概要

直線:352.7m

阪神ダート1800mはスタンド前の上り坂の手前からスタート。1コーナーまでの距離は300m程ですが、1~2コーナーの角度がきつく先行争いが激しくなるため、内枠に入った馬がやや揉まれやすいのが特徴です。

道中は平坦~下り坂ですが最初と最後に急坂を上るため、京都に比べるとパワーが要求されるコースです。

阪神ダート1800mで行われるレース

  • アンタレスS
  • ベテルギウスS
  • 梅田S

阪神ダート1800m 傾向データ

阪神ダート1800m 人気データ

1番人気の複勝率は70%弱と高く、クラスが上がっても1~2番人気の信頼度は高いコースです。ただし特別レースの牝馬は6番人気以下になると大きく成績が落ちます。

阪神ダート1800m 脚質データ

※1勝クラス以上を集計

最初のコーナーで先手を取れるかが重要で、基本的には逃げ・先行馬が有利なコース

クラスが上がるほど力のある馬でないと逃げ切るのは困難で、以前ジャパンCダートが行われていた時も逃げ切ったのは1番人気だったトランセンドとエスポワールシチーのみ。

阪神ダート1800m 馬体重データ

※1勝クラス以上を集計

馬格に連れて徐々に成績が上がり、牡馬牝馬共に500kg以上はプラス評価。牝馬は阪神のダート短距離では小柄な馬でも成績の差はありませんでしたが、中距離になると馬格がある馬が優勢です。

ただし特別レースの牡馬は馬格の影響は無く、オメガパフュームやシャイニービームのような450kg前後の馬も好走しています。一方特別レースの牝馬は最低460kg以上は欲しい所。

阪神ダート1800m コースデータ(良馬場)

阪神ダート1800m 枠順・馬番データ(良馬場)

枠順

複勝率では内外で差はありませんが、勝率では内の1~2枠がやや低く大外8枠がトップ。特に2枠の牝馬は勝率3.4%、連対率8.7%と不振。

特別レースになると1枠の成績は(1-8-9-76)と勝率が極端に低く、5枠の勝率が13%まで上がります。5~7枠の成績が安定しており、内では2枠の成績も悪くありません。

馬番

馬番で見ると多頭数になった場合は外の13~16番はやや成績が落ち、成績が良いのは12番。また6番、8番と偶数枠の方が勝率が高いのが特徴です。

特別レースでは1番は(0-5-7-55)、2番は(7-7-4-49)なので1枠1番は2~3着まで。成績が安定しているのは2~3番、9~13番あたりです。

阪神ダート1800m コースデータ(重馬場)

阪神ダート1800m 枠順・馬番データ(稍重~不良馬場)

枠順

稍重以上では外の6~8枠の成績が良く、内では2枠が好成績という点は良馬場と同じ。

特別レースでは2~3枠が人気より好走することが多く、大外8枠も好成績。成績が悪いのは1枠、4枠、7枠です。

馬番

1枠1番は連対率が低めですが、2~5番は成績が安定しています。外寄りでは12~13番、また16番の成績が良く、頭数関係なく大外に入った馬は成績・回収値共に高めです。

特別レースになると3~6番の複勝率が高く、3番、5番、7番、9番と内寄りの奇数枠の成績が良いのが特徴。

阪神ダート1800m 血統データ

阪神ダート1800m 種牡馬データ

デピュティミニスター系は大半がクロフネ産駒ですが、ゴーストザッパーやオーサムアゲインあたりの成績も良く系統として相性が良さそうです。クラスが上がるとキングカメハメハとゴールドアリュールが安定しています。

カネヒキリ産駒は勝率14.7%、複勝率30.7%と非常に相性が良いコースでミツバ、ロンドンタウンがアンタレスSでも馬券に絡んでいます。

近年はオルフェーヴル産駒が絶好調で(14-15-6-58)勝率15.1%、複勝率37.6%とカネヒキリ以上の成績。それ以外ではヨハネスブルグ、ストリートセンス、スクリーンヒーロー、カーリン、エスポワールシチーあたりも好調。

種牡馬系統別

  • デピュティミニスター系【88-76-48-598】連対率20.2%
  • ストームキャット系【26-31-30-228】連対率18.1%
  • キングマンボ系【116-113-112-1087】連対率16.0%

相性の悪い種牡馬

  • テイエムオペラオー【0-0-1-36】連対率0.0%
  • ハービンジャー【3-3-8-100】連対率5.3%
  • スウェプトオーヴァーボード【2-2-1-54】連対率6.8%

成績が悪い訳ではありませんがスズカマンボ産駒は(3-19-17-136)と勝率は低いものの2~3着が多く、他にもヴァーミリアン(4-13-17-112)やロージズインメイ(9-16-17-165)も似た傾向があります。

阪神ダート1800m 母父データ

ストームキャット系、デピュティミニスター系は父系・母系どちらでも成績が良いコース。

クラスが上がると産駒数が多い母父サンデー系、ミスプロ系が目立ちます。特別レースでは母父サンデーサイレンスの勝率は低めでフジキセキ、ダンスインザダーク、バブルガムフェローあたりが好調。

近年成績を伸ばしているのが母父エンドスウィープ。ナムラアラシやナムラビクターが活躍した他、人気薄で好走したナムラシンウチやメイスンウォーなど回収値が抜群に高いのが特徴。

他にはネオユニヴァースが(8-13-14-54)で複勝率40%弱、アルカセットやポイントギヴン、タピットも出走数は少ないながら複勝率は50%前後です。

母父系統別

  • ストームキャット系【42-39-31-309】連対率19.2%
  • デピュティミニスター系【84-84-78-644】連対率18.9%
  • エンドスウィープ系【22-10-13-127】連対率18.6%

相性の悪い母父

  • タイキシャトル【5-5-10-155】連対率5.7%
  • サクラバクシンオー【6-6-7-139】連対率7.6%
  • メジロライアン【0-3-2-33】連対率7.9%

他のコースに比べると全く走らない血統は少なく、母系で買いはあっても消しはありません。

阪神ダート1800m 騎手・調教師データ

阪神ダート1800m 騎手データ

リーディング上位騎手の成績が良く、特別レースでは川田騎手、デムーロ騎手、ルメール騎手の3人が勝率20%前後、複勝率50%弱で横並び。

関東では戸崎騎手も勝率14%、複勝率は44%と成績が良く、他には内田騎手や田辺騎手の成績も悪くありません。人気薄では2019年からJRA所属になった藤井騎手が新馬戦で14番人気馬で1着になるなど回収値が高く、若手では荻野極騎手や藤懸騎手も回収値が高め。

大穴狙いなら減量騎手がお勧めで☆(1kg減)~△(2kg減)は人気薄だとなかなか頭までは来ませんが、▲は割と1着に来ることもあり、過去10年では▲は単回値119、複回値77という成績。

相性の悪い騎手

  • 富田暁【0-2-6-82】連対率2.2%
  • 水口優也【2-1-4-100】連対率2.8%
  • 加藤祥太【4-4-3-108】連対率6.7%

太宰騎手は(6-23-17-334)と2~3着が多いのが特徴。

阪神ダート1800m 調教師データ

松田調教師はこのコースに出走させることが多く、リーディング上位騎手と減量騎手を上手く使い分けています。藤原調教師も複勝率40%台とさすがの成績。

クラスが上がると吉田調教師や松永昌調教師、池江調教師あたりが好成績。

相性の悪い調教師

  • 牧田和弥【2-4-10-114】連対率4.6%
  • 牧浦充徳【3-1-6-73】連対率4.8%
  • 飯田祐史【3-2-8-78】連対率5.5%
◎重賞の無料買い目ならこのサイト

2020年GⅠ開幕戦・フェブラリーS。 今年はメンバーも混戦模様で何を軸にするかが難しい… そんな迷うレースには絶対ココです。



有馬記念/3連複107.5倍×500円→53750円!
阪神C/3連複120.6倍×500円→60300円!
阪神JF/3連複85.6倍×500円→42300円!

この他にもダービー(1205%)、クイーンS(1231%)、VM(3549%)と高配当レースを攻略。
無料の3連複10点予想がかなりヤバいです。

今週は京都牝馬S+フェブラリーSの買い目を公開!
ここの無料予想は見ておいて損はありません!

前日20時ごろに買い目が公開されるのでメルマガ要チェックです。

阪神ダート1800m 傾向まとめ

コース傾向

  • 1番人気の信頼度が高く、クラスが上がっても1~2番人気は安定
  • 逃げ・先行馬有利
  • 馬格のある馬が優勢、特別レースの牡馬は馬格不問
  • 勝率はやや外枠が高く、複勝率は内外で差は無い
  • 稍重以上だと6~8枠の成績が良い

血統

  • キングカメハメハ、クロフネ、ゴールドアリュールは安定
  • カネヒキリやオルフェーヴルの成績が抜群
  • スズカマンボ、ヴァーミリアン、ロージズインメイは2~3着が多い
  • 母父ストームキャット系、デピュティミニスター系が安定
  • エンドスウィープ、ネオユニヴァースが近年好調。

騎手・調教師

  • リーディング上位騎手が堅実
  • 関東では戸崎騎手、人気薄では藤井、荻野極騎手
  • 穴な減量騎手、特に▲(3kg減)は頭でも狙える
  • 松田、藤原調教師
  • クラスが上がると吉田、松永昌、池江調教師

 

阪神競馬場 芝コース

芝1200m 芝1400m 芝1600m 芝1800m 芝2000m 芝2200m 芝2400m 芝3000m

阪神競馬場 ダートコース

ダ1200m ダ1400m ダ1800m ダ2000m

全競馬場コースデータ

東京競馬場 中山競馬場 阪神競馬場 京都競馬場 中京競馬場 新潟競馬場 福島競馬場 小倉競馬場 札幌競馬場 函館競馬場

テキストのコピーはできません。