JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

阪神芝1600mデータ|血統・騎手・枠順・馬体重など8つの特徴を分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。


阪神芝1600m・過去10年のデータ分析です。人気・脚質・枠順・馬体重別の成績や阪神芝1600mを得意とする血統(種牡馬・母父)や騎手・調教師を分析しています。

阪神競馬場 芝1600m

直線:473.6m

桜花賞、朝日杯FS、阪神JFの3つのGⅠが行われる阪神芝1600mは外回りコースを使用。コーナーが内回りに比べてゆったりしているため直線で横一線になりやすく、直線の長さが474mと長く坂もあるため差しや追い込みが決まりやすいコースです。

速い上がりを使える馬が強いためディープインパクトなどのサンデーサイレンス系種牡馬が得意としています。



ー重賞2019ー
クイーンカップ/3連複10点9,100円
京都記念/3連単6点153,540円
根岸ステークス/3連単8点113,580円
愛知杯/3連複10点45,050円
日経新春杯/3連単9点52,650円
フェアリーS/3連単8点383,180円
シンザン記念/3連単9点677,400円
中山金杯/3連単12点865,480円
毎週6~15点内で重賞を的中させてくるのでちょっと見逃せませんね!


真ん中の緑色の無料情報を毎週末チェックしてみてください。
馬券師合同プランという2人の英知を詰め込んだ馬券も気になるところです。

中山記念買い目公開(無料)
メール送ると確認メールくるのでクリックしてログインしてみてください。

阪神芝1600mの傾向データ

阪神芝1600m 人気データ


他の競馬場の1600mと比べて勝率33%は平均以上の数値。1~3番人気に推された馬はそれなりに信頼できます。広く紛れの少ないコースなので極端な人気薄はあまり期待できず、上位人気から中穴に流す形が最も適しています。

阪神芝1600m 脚質データ

※特別レースを集計

直線が474mと長いため差し馬の成績が良く、脚質の有利不利はそれほどありません。クラスが上がるに連れて差し馬が台頭し、桜花賞ではハープスターやジュエラーなど道中最後方から上がり33.0秒前後の直線一気もしばしば見られます。

阪神芝1600m 枠順・馬番データ

枠順

4枠以降が複勝率21%台、1~3枠が19%台と内寄りに入った馬の成績がやや奮いません。重賞でも人気馬は1~3枠からでも人気通りには走っていますが、穴馬を探すなら4枠より外がお勧めです。

桜花賞では1枠が不振で桜花賞のラッキーライラックが久々に1枠から連対しましたが、実は重賞では2枠が死に枠。他の枠が連対率12~16%の間に収まっている一方で2枠の連対率は5%と断トツで低い成績となっています。

馬番

馬番では外の14番以降になると全体的に成績が落ち、内枠の成績もあまり良くないため安定して買えるのは6~13番の真ん中あたりに入った馬です。

阪神芝1600m 馬体重データ

※特別レースを集計

460kgを境に勝率がアップし、最も期待できるのが480~499kg。特にこのコースは阪神JFから桜花賞へ続くクラシック用のコースなので馬格が重要なファクターになる事が多いです。

阪神芝1600mの血統データ

阪神芝1600m 種牡馬データ


初年度産駒から桜花賞を4連覇したようにディープインパクトが最も得意とするコースの1つです。基本的にはリーディング上位種牡馬やサンデー系が強いコースです。

まだ世代戦が殆どですが、アーモンドアイで桜花賞を制したロードカナロア産駒が(7-4-1-18)の勝率27.3%、複勝率40%と非常に優秀。フランケル産駒もソウルスターリングなどで勝っており(4-1-1-7)複勝率46.2%と相性が良く、今後ディープインパクトを脅かす存在になるかもしれません。

相性の悪い種牡馬
・キングヘイロー(1-3-3-66/連対率5.5%)
・タニノギムレット(7-3-9-138/連対率6.4%)
・デュランダル(2-2-6-64/連対率5.4%)

他にはクロフネ産駒が(5-11-11-116)で複勝率18.9%はまずまずですが1着が少ないのが特徴。

阪神芝1600m 母父データ


父サンデー系が得意とするコースのため、母父サンデーサイレンスはイマイチ。母父ノーザンダンサー系の成績が良く、母父カーリアンからはブエナビスタやレッドディザイア、母父ファルブラヴからはハープスターなど重賞でも通用します。

相性の悪い母父
・ラムタラ(0-0-0-36/連対率0.0%)
・コマンダーインチーフ(2-0-4-62/連対率2.9%)
・キングカメハメハ(0-2-1-27/連対率6.7%)

サンデー系との組み合わせが多いですが母父キングカメハメハは不振。インディチャンプやデニムアンドルビーなど重賞クラスの産駒はいますが阪神マイルは苦手としているようです。

阪神芝1600mの騎手・調教師データ

阪神芝1600m 騎手データ


福永騎手、川田騎手は高いレベルで安定しておりルメール騎手も複勝率55%と優秀な成績。人気通りに収まりやすいコースのため穴騎手はあまりいませんが、戸崎騎手や横山典騎手など関東上位の騎手がよく中穴で2~3着に入っており複回値が高め。

相性の悪い騎手
・藤懸貴志(0-0-0-40/連対率0.0%)
・荻野極(0-1-1-28/連対率3.3%)
・藤岡康太(3-6-13-129/連対率6.0%)

藤岡康騎手は平均人気より着順を落としがちですが、1着より2着、2着より3着が多く馬券の買い方次第。複回値は100超えです。

阪神芝1600m 調教師データ


藤原調教師や池江調教師など関西のトップトレーナーが強いコースです。ただ重賞ではアーモンドアイやアパパネの国枝調教師、ソウルスターリングやサトノアレスの藤沢調教師が4勝でトップ。

関西では須貝調教師がロワアブソリュー、シャドウアプローチなど中穴で2~3着に入ることが多く回収値が高めです。

相性の悪い調教師
・谷潔(1-0-3-38/連対率2.4%)
・千田輝彦(0-3-4-46/連対率5.7%)
・吉田直弘(1-2-3-50/連対率5.4%)

阪神芝1600mの平均タイム

平均タイム(2歳)

クラス平均タイム前3F後3F
新馬1.37.337.134.5
未勝利1.35.835.935.1
500万1.35.335.935.0
オープン1.34.635.035.1

平均タイム(3歳)

クラス平均タイム前3F後3F
新馬1.37.836.835.6
未勝利1.35.935.835.1
500万1.34.935.634.9
オープン1.34.635.335.0

平均タイム(古馬)

クラス平均タイム前3F後3F
500万1.34.335.535.0
1000万1.34.936.134.6
1600万1.34.435.934.5
オープン1.33.935.534.8

阪神芝1600mで行われるレース
・桜花賞
・朝日杯FS
・阪神JF
・阪神牝馬S
・チューリップ賞
・アーリントンC

中山記念週は突如人気沸騰中のあのサイトで!かなり使えます「TAZUNA」
人気沸騰中のTAZUNA
人気の理由が一発でわかる的中の数々をご覧ください。

■直近の重賞的中実績
クイーンカップ(4点1,200円→58,200円)
京都記念☆  (6点1,000円→170,600円)
東京新聞杯  (6点1,000円→181,900円)
きさらぎ賞  (24点200円→ 283,920円)




この的中全てに言えること。
”少ない点数でドンピシャ的中!!”

フロックでも何でもない!!
今週は中山記念週。ここのサイトの本当の凄さを味わってください!
土・日重賞含めた4鞍無料提供!平場の1鞍ワイド馬券も2,3点勝負でプラスです。
この予想が無料なら登録して損はありません!

中山記念週の買い目を無料で見る!

阪神芝1600mまとめ



・差し馬
・馬体重480~499kg
・父ディープインパクト、ロードカナロア、フランケル
・母父カーリアン、フレンチデピュティ、クロフネ
・福永祐一、川田将雅、ルメール
・藤原英昭、国枝栄、藤沢和雄、池江泰寿
・2枠(重賞のみ)
・父キングヘイロー、デュランダル、タニノギムレット
・母父ラムタラ、コマンダーインチーフ、キングカメハメハ
・藤懸貴志、荻野極
・谷潔、千田輝彦、吉田直弘

阪神競馬場 芝コース

芝1200m 芝1400m 芝1600m 芝1800m 芝2000m 芝2200m 芝2400m 芝3000m

阪神競馬場 ダートコース

ダ1200m ダ1400m ダ1800m ダ2000m

全競馬場コースデータ

東京競馬場 中山競馬場 阪神競馬場 京都競馬場 中京競馬場 新潟競馬場 福島競馬場 小倉競馬場 札幌競馬場 函館競馬場
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.