JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

京都芝1400m(外回り)データ|血統・騎手・枠順・馬体重など8つの特徴を分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。


京都芝1400m(外回り)・過去10年のデータ分析です。

人気・脚質・枠順・馬体重別の成績や京都芝1400m・外回りを得意とする血統(種牡馬・母父)や騎手・調教師を分析しています。

京都競馬場 芝1400m(外回り)

直線:403.7m


スワンSなど4つの重賞が行われる京都芝1400m(外回りコース)は下級条件で使用される内回りに対して上級条件や重賞で使用されます。

内回りに比べて3コーナーの勾配が急で下りでスピードがつくため、直線では馬群が広がりやすくイン差しも決まりやすいコースです。

無料情報で京王杯SC、ヴィクトリアマイル的中!
実際レース前日に配信された買い目がコチラ↓

03クロコスミア11番人気をしっかり入れての10点→354.9%!!
-----------------------------------
NHKマイルC/3連単16点/123万2040円
新潟大賞典/3連複11点/54,810円
天皇賞春/3連単10点/441,990円
青葉賞/3連単12点/214,900円
スイートピーS/3連単12点/63,080円
フローラS/3連単12点/458,720円
マイラーズC/3連複6点/12,600円
福島中央テレビ杯/3連単9点/495,240円
-----------------------------------
今週末の無料配信は【日本ダービー/東京優駿】
無料メルマガ登録で毎週無料G1買い目が見れます。今週もダブル的中信じていきましょう!

ダービー無料買い目[CLICK]
メールアドレスを登録後、確認メールからログインして下さい。

京都芝1400m(外回り)の傾向データ

京都芝1400m(外回り) 人気データ


1400mは他のコースも人気馬の信頼度はイマイチですが、京都外回りの1400mでも1番人気馬の勝率は27.7%と低めの数値となっています。

反対に馬券的には2番人気の方が回収値が高くお勧め。また3~4番人気よりも5番人気の勝率が高いなど人気通りに収まることが少なく、下位人気馬を頭でも狙えるコースです。

特に牝馬戦は荒れやすく、フィリーズレビューは過去10年で1番人気が2勝、ファンタジーSも過去10年で1番人気が1勝と難解なレースになっています。

京都芝1400m(外回り) 脚質データ

※特別レースを集計

人気上位の先行馬・差し馬が中心ですが穴を狙うなら逃げ馬。ファンタジーSを12番人気で2着に粘ったショーウェイやスワンSを8番人気で勝ったコパノリチャードなどが挙げられます。

京都芝1400m(外回り) 枠順・馬番データ

枠順


連対率や複勝率では1~2枠が高め。内枠有利ですが約400mの直線に加え坂の下りでスピードに乗りやすいこともあり、勝率や回収値では4~5枠がやや高めです。

馬番


多頭数の外枠はコーナーで外に振られる可能性が高いため、馬番では12番以降に入った馬はやや割引。ただし重賞では10~12番の成績が良いのが特徴で、1着馬は真ん中あたりから出ることが多いです。

京都芝1400m(外回り) 馬体重データ

※特別レースを集計

小柄な馬でもそれほど成績は下がりませんが、馬体重500kg以上になると回収値が安定し520kgを越える超大型馬は勝率・連対率が大きくアップします。

京都芝1400m(外回り)の血統データ

京都芝1400m(外回り) 種牡馬データ


ディープインパクト、キングカメハメハ産駒の成績はほぼ変わらずリーディング上位種牡馬が強いコースです。

重賞ではディープインパクト、ダイワメジャー、マンハッタンカフェが中心ですが、牝馬戦ならクロフネ産駒の成績が良くホエールキャプチャやアドマイヤビジンなど人気薄での好走が目立ちます。

他ではマツリダゴッホやアドマイヤジャパンといったやや地味なサンデー系種牡馬。産駒数は少ないですがマツリダゴッホは単回値446、アドマイヤジャパンは583と非常に高く見かけたら注意。

相性の悪い種牡馬

  • ゼンノロブロイ【0-1-2-27】連対率3.3%
  • シンボリクリスエス【2-1-2-30】連対率8.6%
  • キンシャサノキセキ【1-0-1-23】連対率4.0%
  • ハーツクライ【2-1-1-26】連対率10.0%

サンデー系ではゼンノロブロイとハーツクライはこのコースを苦手としており、短距離指向の強いキンシャサノキセキ産駒に2017年にベルーガがファンタジーSを勝った以外はほぼ全滅でした。

京都芝1400m(外回り) 母父データ


母父ストームキャットやトニービンが相性が良く、フォーティナイナーやマイネルラヴ、ヘクタープロテクターといったミスプロ系は人気以上の着順になることが多いのが特徴です。

相性の悪い母父

  • フジキセキ【1-3-5-54】連対率6.3%
  • クロフネ【2-1-5-23】連対率9.7%
  • ジェイドロバリー【1-1-0-22】連対率8.3%

母父フジキセキは出走がそれなりに多いのですが成績は非常に悪く、このコースではまずチェックすべき血統です。それ以外は連対率・複勝率が飛びぬけて悪い種牡馬はあまりいません。

京都芝1400m(外回り)の騎手・調教師データ

京都芝1400m(外回り) 騎手データ


京都内回り1400mでは2着が多かったルメール騎手ですが、外回りでは安定しています。武豊騎手もこのコースを得意としており、穴なら中谷騎手や秋山騎手、松田騎手がお勧め。

相性の悪い騎手

  • 菱田裕二【0-0-0-24】連対率0.0%
  • 川須栄彦【0-2-3-29】連対率5.9%
  • 鮫島良太【0-1-0-32】連対率3.0%

京都芝1400m(外回り) 調教師データ


松元調教師は2008年ファンタジーSを13番人気で勝ったイナズマアマリリス、洛陽Sで15番人気で勝ったジーンハンターで回収値を上げていますがそれ以降も好成績。

矢作調教師は全体的な成績はイマイチですが重賞に強いのが特徴。スワンSを勝ったグランプリボスやファンタジーSを勝ったキャンディバローズなどでよく馬券内に入っており、(2-2-1-7)で複勝率40%超となっています。

相性の悪い調教師

  • 荒川義之【0-1-5-30】連対率2.8%
  • 佐々木晶三【1-2-2-33】連対率7.9%
  • 服部利行【1-0-2-29】連対率3.1%

京都芝1400m(外回り)の平均タイム

平均タイム(2歳)

クラス平均タイム前3F後3F
500万1.22.635.934.7
オープン1.21.935.234.8

平均タイム(3歳)

クラス平均タイム前3F後3F
500万1.22.835.735.0
オープン1.21.935.135.1

平均タイム(古馬)

クラス平均タイム前3F後3F
500万1.21.635.034.9
1000万1.21.935.534.7
1600万1.21.735.434.6
オープン1.20.835.034.3

京都芝1400m(外回り)で行われるレース

  • スワンS
  • フィリーズレビュー
  • ファンタジーS
  • 京都牝馬S

京都芝1400m(外回り)まとめ


的中率抜群のコラボ@指数を使ってみよう!
前半1~6R+指定重賞は無料公開
指数6位以内or指数値30以下の馬に注目
⇒無料指数はコチラから

・逃げ、先行馬
・5枠
・馬体重520kg以上
・父ディープインパクト、キングカメハメハ
・母父ストームキャット、トニービン
・ルメール、武豊
・松本茂樹、矢作芳人(重賞)
・12~18番
・馬体重20kg未満
・父ハーツクライ、ゼンノロブロイ、キンシャサノキセキ
・母父フジキセキ
・菱田裕二
・荒川義之、佐々木晶三

京都競馬場 芝コース

芝1200m 芝1400m(内) 芝1400m(外) 芝1600m(内) 芝1600m(外) 芝1800m 芝2000m 芝2200m 芝2400m 芝3000m 芝3200m

京都競馬場 ダートコース

ダ1200m ダ1400m ダ1800m ダ1900m

全競馬場コースデータ

東京競馬場 中山競馬場 阪神競馬場 京都競馬場 中京競馬場 新潟競馬場 福島競馬場 小倉競馬場 札幌競馬場 函館競馬場
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.