京都芝1400m(外回り)の傾向と特徴|血統や枠順、馬体重別のデータ分析

過去5年のコースデータから予想に役立つ傾向と特徴を紹介しています。

コースの特徴や人気・脚質・馬体重データに加え、枠順・馬番は良馬場時と重馬場時に分けて分析しています。またこのコースを得意とする血統(種牡馬・母父)や騎手・調教師の考察も行っています。

京都競馬場 芝1400m(外)

コース概要

直線:403.7m

京都芝1400m(外回り)は下級条件で使用される内回りに対して上級条件や重賞でも使用され、直線の長さが328m→404mに伸びるなど実力を発揮しやすいコースになります。

内回りに比べて3コーナーの勾配が急で下りでスピードがつくため、直線では馬群が広がりやすくイン差しも決まりやすいコースです。

京都芝1400m(外)で行われるレース

  • スワンS
  • 京都牝馬S
  • ファンタジーS

京都芝1400m(外) 傾向データ

京都芝1400m(外) 人気データ

1400mは他のコースも人気馬の信頼度は高くないことが多いのですが、京都外回りの1400mも1番人気の成績はイマイチで同じ関西の阪神芝1400mと比べても勝率・回収値は低めです。

馬券的には2番人気の方が回収値が高くお勧め。また中穴~大穴も時々期待できるコースです。重賞では1番人気馬が(7-3-3-3)と堅実ですが、フィリーズレビューや京都牝馬S、ファンタジーSと牝馬重賞は人気薄の好走も多く荒れることが多いのが特徴です。

京都芝1400m(外) 脚質データ

京都芝1200mと同様に逃げ・先行馬が有利なコース。人気より上の着順になりやすいのも逃げ馬で、単勝143倍でスワンSを逃げ切ったカツジ、単勝148倍でファンタジーS2着に入ったショーウェイなど性別問わず逃げ馬には注意。

京都芝1400m(外) 馬体重データ

牡馬は440kg以上あればそれほど成績の差はありませんが、回収値は馬格に連れて少しずつ上がっていきます。牝馬は小柄な馬でも問題ありませんが、重賞になると440kg未満の小柄な馬はやや苦戦しています。

京都芝1400m(外) コースデータ(良馬場)

京都芝1400m(外) 枠順・馬番データ(良馬場)

枠順

良馬場では真ん中から内がやや優勢で6~8枠は複勝率20%前後とやや成績を落としています。

牡馬は2枠の成績・回収値が抜群で、特に改修直前の2020年はスワンSのカツジ、安土城Sのエントシャイデン、グランドロワと人気薄の好走が目立っていました。

牝馬は内の1~2枠だと回収値が低く人気馬なら。成績・回収値共に安定しているのは3~5枠です。

馬番

馬番では12番以降に入ると大きく成績を落としており、15番は条件戦時のダイアトニック、モズアスコットと1着の4回中3回が当日1番人気でした。牡馬は9番より内、牝馬は3番と6~10番くらいの成績が安定しています。

京都芝1400m(外) コースデータ(重馬場)

京都芝1400m(外) 枠順・馬番データ(稍重~不良馬場)

枠順

道悪では2枠の成績が抜けていますが回収値はそれほど高くありません。牡馬は2枠と4~5枠の成績が良く、牝馬は2枠と6~7枠の成績が目立ちます。

馬番

牡馬は2番、4番、6番と内寄りの偶数馬番の成績が良く外寄りでは10番も好調。偶数馬番は複勝率も高く回収値も単複共に90前後と安定しています。

牝馬は7番が(6-1-3-8)複勝率50%以上と断トツの成績。他では2番、6番も複勝率30%以上ですが回収値は高くなく、外寄りの11~12番は人気以上の好走も多く回収値が高めです。

京都芝1400m(外) 血統データ

京都芝1400m(外) 種牡馬データ

ディープインパクト、キングカメハメハ、ダイワメジャー産駒は性別で成績はそれほど変わりませんが、ロードカナロア産駒は牡馬が(7-2-2-8)、牝馬が(4-0-4-27)と牡馬の成績が抜群です。5勝を挙げているダイアトニックの影響は大きいものの他にもステルヴィオ、ケイアイサクソニーなど人気馬は堅実。

近年はノヴェリスト産駒の牝馬が好調で橘S3着のヴェスターヴァルトの他にもローゼンクリーガー、ピエナミントなど複勝率は優秀。キズナやドリームジャーニー、メイショウボーラーも好調です。

重賞ではディープインパクト産駒が強く、今回の集計期間内の16レースでは(6-4-2-21)。

種牡馬系統別

  • キングカメハメハ系【20-10-15-81】連対率23.8%
  • サドラーズウェルズ系【3-5-2-25】連対率22.9%
  • ディープインパクト系【22-23-17-156】連対率20.6%

相性の悪い種牡馬

  • クロフネ【1-0-2-22】連対率4.0%
  • キンシャサノキセキ【1-2-5-49】連対率5.3%
  • ディープブリランテ【1-1-2-28】連対率6.3%
  • ハービンジャー【1-1-2-24】連対率7.1%

キンシャサノキセキ産駒は2017年にベルーガがファンタジーSを勝って以降は散発的に2~3着馬を出していますが軸にしづらいのは変わりません。

京都芝1400m(外) 母父データ

京都芝1200m、内回りの1400mでは相性が悪かった母父プリンスリーギフト系ですが、代表格のサクラバクシンオーが複勝率40%弱・回収値200前後と非常に優秀な成績。

他にもストームキャットやレイヴンズパスなどのミスプロ系と米国型のスピード血統が活躍しており、重賞でも結果を残しています。牝馬重賞ではマジックキャッスル、ミスパンテール、ベルーガなど母父ロベルト系も好調。

母父デピュティミニスター系は当日2番人気以内が(4-6-4-9)、3~5番人気が(0-0-2-22)、6~10番人気が(3-3-8-47)と人気別に成績の差があり、人気薄での2~3着が期待できる血統です。

母父系統別

  • ストームキャット系【6-9-6-45】連対率22.7%
  • サドラーズウェルズ系【5-7-3-45】連対率20.0%
  • ロベルト系【9-7-3-66】連対率18.8%

相性の悪い母父

  • アドマイヤベガ【0-0-0-14】連対率0.0%
  • ジャングルポケット【0-0-1-14】連対率0.0%
  • キングカメハメハ【0-0-2-16】連対率0.0%
  • エンドスウィープ【0-1-2-16】連対率5.3%

母父ジャングルポケットは内回りの1400mでは複勝率50%と相性抜群でしたが外回りでは連対が無く、ソルヴェイグも人気を背負いながら敗れています。

京都芝1400m(外) 騎手・調教師データ

京都芝1400m(外) 騎手データ

川田騎手は1~2番人気だと(11-5-5-13)なので3着以下では2~3着まで。上位の中では松山騎手、池添騎手、武豊騎手あたりは4番人気以下の中穴でも勝ち切っています。

岩田康騎手は(3-4-10-42)と2~3着が多く、和田騎手も(2-5-10-62)と似たような成績ですが共に回収値は高く紐でお勧め。特に岩田康騎手はカツジ、プールヴィル、エイシンスパルタンなど重賞では(2-2-4-3)と人気以上の好走が目立ちます。

相性の悪い騎手

  • 菱田裕二【0-0-3-25】連対率0.0%
  • 国分恭介【0-1-1-29】連対率3.2%
  • 国分優作【0-1-2-26】連対率3.4%
  • 坂井瑠星【0-1-1-26】連対率3.6%

京都芝1400m(外) 調教師データ

安田調教師はダイアトニック、ダノンスマッシュなど人気馬での勝率が高く牡馬の複勝率は60%以上。また中内田調教師はダノンファンタジーやベルーガなど牝馬が(4-2-4-8)、牡馬は(0-0-0-6)と牝馬の成績が優秀です。

庄野調教師、また関東の斎藤調教師も複勝率は50%台と好調。鈴木孝調教師は人気馬で飛ぶことも多く信頼度は高くありませんが安土城Sで15番人気2着のグランドロワ以外にもテイエムタイホー、ゼウス、オベーションなど10番人気以下の大穴での激走も多く、穴狙いなら抑えておきたいです。

相性の悪い調教師

  • 宮徹【0-2-3-27】連対率6.3%
  • 河内洋【0-2-0-20】連対率9.1%
  • 西園正都【1-2-1-24】連対率10.7%

京都芝1400m(外) 傾向まとめ

コース傾向

重賞の1番人気馬は安定
逃げ・先行馬が有利
440kg未満はやや割引き
良馬場では牡馬は2枠、牝馬は3~5枠が好成績
道悪では2枠○。牡馬は内寄り偶数馬番、牝馬は7番が好成績

血統

ロードカナロア産駒の牡馬が抜群の成績
ディープインパクト、キングカメハメハ、ダイワメジャーが安定
近年はキズナ、ノヴェリスト(牝馬)、メイショウボーラーも好調
母父サクラバクシンオーは成績・回収値共に優秀
母父ミスプロ系、米国型ノーザンダンサー系が好成績

騎手・調教師

川田騎手は当日2番人気以内で買い
松山、池添、武豊騎手は中穴でも頭で狙える
岩田騎手は2~3着狙いで重賞では抑え推奨
安田調教師は牡馬、中内田調教師は牝馬が好成績
鈴木孝調教師は大穴でも注意

 

京都競馬場 コースデータ

芝1200m 芝1400m内 芝1400m外 芝1600m内 芝1600m外 芝1800m 芝2000m 芝2200m 芝2400m 芝3000m 芝3200m ダ1200m ダ1400m ダ1800m ダ1900m

全競馬場コースデータ

東京競馬場 中山競馬場 阪神競馬場 京都競馬場 中京競馬場 新潟競馬場 福島競馬場 小倉競馬場 札幌競馬場 函館競馬場

テキストのコピーはできません。