JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

京都芝2200mデータ|血統・騎手・枠順・馬体重など8つの特徴を分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。


京都芝2200m・過去10年のデータ分析です。人気・脚質・枠順・馬体重別の成績や京都芝2200mを得意とする血統(種牡馬・母父)や騎手・調教師を分析しています。

京都競馬場 芝2200m

直線:403.7m

エリザベス女王杯が行われる京都芝2200mは外回りコースを使用、スタンド前からのスタートで1コーナーまでの距離は約400mです。

1コーナーまでに大体隊列が決まり道中はスローペースで流れることが多く、3コーナーの坂の下りからペースが速くなります。直線は横に広がりやすいため、道中折り合いをつけられロスなく脚を溜められる内枠が有利です。



ー重賞2019ー
クイーンカップ/3連複10点9,100円
京都記念/3連単6点153,540円
根岸ステークス/3連単8点113,580円
愛知杯/3連複10点45,050円
日経新春杯/3連単9点52,650円
フェアリーS/3連単8点383,180円
シンザン記念/3連単9点677,400円
中山金杯/3連単12点865,480円
毎週6~15点内で重賞を的中させてくるのでちょっと見逃せませんね!


真ん中の緑色の無料情報を毎週末チェックしてみてください。
馬券師合同プランという2人の英知を詰め込んだ馬券も気になるところです。

中山記念買い目公開(無料)
メール送ると確認メールくるのでクリックしてログインしてみてください。

京都芝2200mの傾向データ

京都芝2200m 人気データ


1番人気の勝率は27.6%、連対率45.5%と低め。回収値的には5~6番人気が狙い目で波乱が起きやすいコースです。

エリザベス女王杯では日本馬の1番人気での勝利は2007年のダイワスカーレットまで遡り、京都記念でもハープスターやジェンティルドンナが掲示板を外すなど、過去7年間1~2番人気が勝っていません。他のコースと求められる適性が異なるコースと言えそうです。

京都芝2200m 脚質データ

※特別レースを集計

先行馬が粘ることが多く、エリザベス女王杯では2017年クロコスミアや2016年シングウィズジョイなど波乱を演出するのも先行馬です。

上がり最速馬より上がり2位の勝率・連対率が高いのが特徴で、一瞬のキレだけではなくスピードの持続力が求められます。

京都芝2200m 枠順・馬番データ

枠順

道中ロスなく回れる内枠が有利なコースで特に2~3枠が好成績。重賞になると外枠からも好走馬は出ていますが1枠、5枠、7枠は不振です。

馬番

馬番では5番の勝率が飛び抜けて高くなっており、内寄りの1~6番あたりが優勢です。

多頭数の11番以降はやや成績を落としていますが重賞では11番が全ての成績においてトップで、奇数番号が好走しやすいのが特徴です。

京都芝2200m 馬体重データ

※特別レースを集計

馬体重440kg未満の軽量馬はかなり苦戦していますが、440kg以上なら大きく差はありません。

複勝率では480~519kgがやや高めですが気にするほどでは無いでしょう。エリザベス女王杯では440~479kgに好走馬が集中しており、三冠馬アパパネもエリザベス女王杯では2年連続3着でした。

京都芝2200mの血統データ

京都芝2200m 種牡馬データ


ディープインパクトやハービンジャーが好成績を挙げているのは2000mと同じ傾向ですが、このコースでこそ狙いたいのがジャングルポケット産駒。エリザベス女王杯を11番人気で逃げ切ったクィーンスプマンテやスノーフェアリーに食い下がったアヴェンチュラなどこのコースとの相性は抜群です。

また非根幹距離のこのコースではマンハッタンカフェ産駒が強く、クイーンズリングのエリザベス女王杯の他に京都新聞杯ではプラチナムバレットなど過去10年で4頭の勝ち馬を輩出しています。

相性の悪い種牡馬
・キングヘイロー(0-1-0-12/連対率7.7%)
・ヴィクトワールピサ(0-1-1-10/連対率8.3%)
・ブラックタイド(0-1-3-20/連対率4.2%)
・クロフネ(1-0-6-29/連対率2.8%)

ディープインパクトは得意としていますがブラックタイドは苦手としています。

京都芝2200m 母父データ


母父サンデーサイレンス、トニービンは産駒数も多く回収値も安定しています。

母父サンデーサイレンスはトゥザグローリー(父キングカメハメハ)やアサクサキングス(父ホワイトマズル)、母父トニービンはハギノハイブリッド(父タニノギムレット)やデスペラード(ネオユニヴァース)など重賞級の産駒を輩出しています。

相性の悪い母父
・ダンシングブレーヴ(0-0-1-16/連対率0.0%)
・カーリアン(1-0-2-23/連対率3.8%)
・エルコンドルパサー(1-0-3-22/連対率3.8%)

ブライアンズタイムも産駒数の割に連対率8.9%とやや苦手としています。

京都芝2200mの騎手・調教師データ

京都芝2200m 騎手データ


武豊騎手、デムーロ騎手、ルメール騎手は単回値100越えで成績も優秀。特にデムーロ騎手は6番人気のサトノクラウンで京都記念を、5番人気のモズカッチャンでエリザベス女王杯を勝つなど回収値も高く中穴くらいなら平気で持ってきます。

関東では横山典騎手と戸崎騎手が共に騎乗数は10前後ながら連対率は40%越え。

相性の悪い騎手
・太宰啓介(0-0-0-37/連対率0.0%)
・酒井学(1-2-0-44/連対率6.4%)
・幸英明(2-6-7-85/連対率8.0%)

京都芝2200m 調教師データ


このコースも池江調教師が強く、京都新聞社のトーセンホマレボシや京都記念のトレイルブレイザーなど5番人気以内に推された時は狙い目。

関東ではサトノクラウンやダークシャドウの堀調教師が(2-3-1-1)と7戦して4着以下は僅か1回。重賞以外での遠征は滅多にありませんがこのコースとの相性は抜群です。

相性の悪い調教師
・谷潔(0-0-0-23/連対率0.0%)
・浅見秀一(1-0-1-19/連対率4.8%)
・清水久詞(1-0-0-14/連対率6.7%)

京都芝2200mの平均タイム

平均タイム(3歳)

クラス平均タイム前3F後3F
未勝利2.16.736.535.7
500万2.13.036.435.1
オープン2.13.035.635.0

平均タイム(古馬)

クラス平均タイム前3F後3F
500万2.14.336.235.3
1000万2.14.436.734.9
1600万2.13.636.934.6
オープン2.14.036.535.4

京都芝2200mで行われるレース
・エリザベス女王杯
・京都記念
・京都新聞杯
・古都S
・比叡S

中山記念週は突如人気沸騰中のあのサイトで!かなり使えます「TAZUNA」
人気沸騰中のTAZUNA
人気の理由が一発でわかる的中の数々をご覧ください。

■直近の重賞的中実績
クイーンカップ(4点1,200円→58,200円)
京都記念☆  (6点1,000円→170,600円)
東京新聞杯  (6点1,000円→181,900円)
きさらぎ賞  (24点200円→ 283,920円)




この的中全てに言えること。
”少ない点数でドンピシャ的中!!”

フロックでも何でもない!!
今週は中山記念週。ここのサイトの本当の凄さを味わってください!
土・日重賞含めた4鞍無料提供!平場の1鞍ワイド馬券も2,3点勝負でプラスです。
この予想が無料なら登録して損はありません!

中山記念週の買い目を無料で見る!

京都芝2200mまとめ



・5~6番人気
・先行馬
・2~3枠/5番
・父ディープインパクト、ハービンジャー、ジャングルポケット
・母父サンデーサイレンス、トニービン
・武豊、デムーロ、ルメール
・池江泰寿、角居勝彦、笹田和秀
・追い込み馬
・馬体重440kg未満
・父クロフネ、キングヘイロー、ブラックタイド
・母父ダンシングブレーヴ、エルコンドルパサー、カーリアン
・太宰啓介
・谷潔、浅見秀一、清水久詞

京都競馬場 芝コース

芝1200m 芝1400m(内) 芝1400m(外) 芝1600m(内) 芝1600m(外) 芝1800m 芝2000m 芝2200m 芝2400m 芝3000m 芝3200m

京都競馬場 ダートコース

ダ1200m ダ1400m ダ1800m ダ1900m

全競馬場コースデータ

東京競馬場 中山競馬場 阪神競馬場 京都競馬場 中京競馬場 新潟競馬場 福島競馬場 小倉競馬場 札幌競馬場 函館競馬場
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.