JRA重賞のデータ分析や種牡馬/コース別データをまとめています。

京都芝2400mデータ|血統・騎手・枠順・馬体重など8つの特徴を分析

 
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。


京都芝2400m・過去10年のデータ分析です。

人気・脚質・枠順・馬体重別の成績や京都芝2400mを得意とする血統(種牡馬・母父)や騎手・調教師を分析しています。

京都競馬場 芝2400m

直線:403.7m


京都大賞典が行われる京都芝2400mはポケットからのスタートで1コーナーまでの距離は約600m。

長距離戦のためコーナーに入るまでには隊列が決まり、ペースが落ち着くのが早いため先行馬が有利です。3コーナーの下りからペースが上がり、ペースによってはマクリも見られます。

ダービーに続いて宝塚記念も三連複的中!

絶好調レーンJに導かれ見事な優勝を果たしたリスグラシュー。G1馬にデムーロJ騎乗で6人気と少し舐められていたスワーヴリチャードをしっかり買い目に入れて的中です!回収率は『272%

↓実際に配信された無料情報です。

5/11(土)京王杯SC
3連複6-7-9 3,780円的中 6人気リナーテ入線◎
5/12(日)ヴィクトリアマイル
3連複3-4-9 35,490円的中 11人気クロコスミア入線◎
5/26(日)日本ダービー
3連複1-7-13 12,050円的中 12人気ロジャーバローズ入線◎

今週の無料配信は『ラジオNIKKEI賞

⇒(無料)ラジオNIKKEI賞の買い目を見る
メールアドレスを登録後、確認メールからログインして下さい。

京都芝2400mの傾向データ

京都芝2400m 人気データ


1番人気の信頼度はあまり高くありませんが、5番人気以内と6番人気以下では成績に大きな差があります。人気薄は2~3着には入っても勝ちきることは難しいコースで、軸は5番人気以内がお勧め

小頭数になることが多く、道中タテ長の展開になった場合は後方の人気馬が届かないこともあります。穴なら先行馬ですが重賞になると速い上がりを使える差し馬の成績が良く、逃げ残りは厳しいです。

京都芝2400m 脚質データ

※特別レースを集計

ペースが緩みがちなので先行馬が安定しています。直線も平坦なので行った行ったで決まる事も多く、差し馬はペースによっては早めに動かなければ前に届きません。

京都芝2400m 枠順・馬番データ

枠順


内の1~3枠が勝率10%越え、その中でも2枠の成績が抜けています。内枠有利な傾向はクラスが上がっても変わらず、重賞でも内に入った馬が有利なコースです。

馬番


馬番でも1~8番までの成績が良く、9番以降は成績を落としています。クラスが上がるとより内に入った馬が好走しやすく特別レースでは1~5番、重賞では1~2番の成績が抜けています

京都芝2400m 馬体重データ

※特別レースを集計

直線坂が無い平坦コースのため、馬体重による差はほとんどなく小柄な馬でも好走しています。

坂のあるコースで負けて人気落ちした馬が巻き返すこともあり、459kg以下の小柄な馬が人気以上に好走しやすく大型馬は人気以下の着順になりやすい傾向があります。

ただ重賞になると日経新春杯はハンデ戦、京都大賞典はGⅠ馬の秋の初戦になりやすいというレースの特徴からか、ある程度馬格のある460kg以上の馬が強いのが特徴です。

京都芝2400mの血統データ

京都芝2400m 種牡馬データ


成績ではディープインパクト産駒ですが回収値ではキングカメハメハ産駒が非常に高く、重賞でもディープインパクト産駒の3勝に対してキングカメハメハ産駒は7勝を挙げています。

重賞ではこの2頭が抜けており、3番手集団にジャングルポケット、ハーツクライ、アドマイヤドン、マンハッタンカフェ、ゴールドアリュールと続きます。

平場ではダイワメジャーやデュランダル、ストーミングホーム、タイキシャトルのような短距離向きの血統が穴を空けることもあり、血統のイメージだけで判断すると危険なコースかもしれません。

相性の悪い種牡馬

  • マヤノトップガン【0-1-3-26】連対率3.3%
  • グラスワンダー【3-1-2-26】連対率12.5%
  • ゼンノロブロイ【3-2-3-33】連対率12.2%
  • ブラックタイド【2-0-3-18】連対率8.7%

京都芝2400m 母父データ


母父サンデーサイレンス、トニービンは下級条件から重賞まで安定した成績を残しています。

重賞ではこの2頭の他にはノーザンダンサー系かナスルーラ系を母系に持つ馬が好走しやすく、ヒットザターゲット(母父タマモクロス)、テイエムプリキュア(母父ステートリードン)など大穴をあける場合もこのどちらかの血統が狙い目です。

相性の悪い母父

  • アンバーシャダイ【0-0-0-15】連対率0.0%
  • ストームキャット【0-1-1-19】連対率4.8%
  • ヘクタープロテクター【0-1-1-19】連対率4.8%

京都芝2400mの騎手・調教師データ

京都芝2400m 騎手データ


リーディング上位騎手を抑えておけば問題ないコースでルメール騎手とデムーロ騎手は勝率30%越え。福永騎手は中距離までの成績に比べるとやや地味な成績か。

若手では荻野極騎手は減量の恩恵もありますが(2-0-3-3)で複勝率62.5%。比較的人気馬に乗っていることもありますが好位につけるレースが多く、今後長距離戦で注目したい騎手です。

相性の悪い騎手

  • 菱田裕二【0-0-0-11】連対率0.0%
  • 国分恭介【1-0-1-34】連対率2.8%
  • 古川吉洋【0-1-0-18】連対率5.3%

京都芝2400m 調教師データ


関西の長距離戦はやはり友道調教師。シュヴァルグランやアドマイヤジュピタなど重賞でも結果を残しています。

また関東所属で唯一上位に入っている小島茂調教師は中穴の激走が目立ち回収値は飛び抜けた数値。出走数は多くありませんが、見かけたら抑えが必要です。

相性の悪い調教師

  • 安達昭夫【0-0-2-16】連対率0.0%
  • 庄野靖志【0-1-0-16】連対率5.9%
  • 梅田智之【1-0-2-12】連対率6.7%

京都芝2400mの平均タイム

平均タイム(3歳)

クラス平均タイム前3F後3F
未勝利2.27.935.335.5
500万2.27.835.735.3

平均タイム(古馬)

クラス平均タイム前3F後3F
500万2.27.035.335.3
1000万2.27.436.035.2
1600万2.26.235.735.2
オープン2.24.835.435.2

京都芝2400mで行われるレース

  • 日経新春杯
  • 京都大賞典
  • 比叡S
  • 烏丸S

京都芝2400mまとめ



・先行馬
・1~3枠/1~6番
・父ディープインパクト、キングカメハメハ、ネオユニヴァース
・母父トニービン、サンデーサイレンス、クロフネ
・ルメール、デムーロ、川田将雅、武豊
・友道康夫、小島茂之、藤原英昭
・11~18番
・父マヤノトップガン
・母父アンバーシャダイ、ストームキャット、ヘクタープロテクター
・菱田裕二、国分恭介、古川吉洋
・安達昭夫、庄野靖志、梅田智之

京都競馬場 芝コース

芝1200m 芝1400m(内) 芝1400m(外) 芝1600m(内) 芝1600m(外) 芝1800m 芝2000m 芝2200m 芝2400m 芝3000m 芝3200m

京都競馬場 ダートコース

ダ1200m ダ1400m ダ1800m ダ1900m

全競馬場コースデータ

東京競馬場 中山競馬場 阪神競馬場 京都競馬場 中京競馬場 新潟競馬場 福島競馬場 小倉競馬場 札幌競馬場 函館競馬場
この記事を書いている人 - WRITER -
毎週JRA重賞のデータ分析を行なっています。過去10年分の人気や枠順、馬体重や前走データなどを細かく分析。各競馬場のコースデータや種牡馬データもまとめています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アザラシでもわかる重賞ナビ , 2018 All Rights Reserved.